5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【三代目】円谷皐【次男】

1 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/26(日) 04:46:59 ID:NR10nbJW
今日のようにオタク文化の市場が確立してなく、
映像作品の二次利用がせいぜい地上波の再放送の限られていた
特撮冬の時代に円谷一亡き後、三代目社長として円谷プロを支え
続けた氏の功績(功罪?)について語ろう。

2 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/26(日) 05:49:44 ID:tUzgP23s
        /''⌒\
      ,,..' -‐==''"フ  /
       (n´・ω・)η   楽々2ゲットー!
       (   ノ   \
       (_)_)
     ~"''"""゛"゛""''・、
 "”゛""''""“”゛゛""''' "j'
 :::::ヘ :::::....ヽ :::;;;ノ  ::(
 ::  ゝ  :::::......ノ:;;..:::::::ヽ

3 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/26(日) 11:54:04 ID:wYqlqMVc
歌手




4 :ソンポート・センゲンチャイ:2006/03/26(日) 13:30:22 ID:Cq3FNruU
ありがとう。

5 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/26(日) 13:50:10 ID:8eC2SDVN
3男のアキラと仲が悪くて円谷プロ本体から追い出した人
一夫に世襲させるため昌弘や英明を閑職に追いやった人
長らく夫婦不和で最後は愛人宅で倒れた人

つくづくハジメさんが長生きしてくれてたらな、と思うよ

6 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/26(日) 22:23:47 ID:3i/ikobT
第一期を支えた方々が亡くなっていき、特撮ブームが去ったなかで、劇場版の製作等で円谷特撮を盛り上げ、グレート、パワード、グリッドマンといった後の平成ウルトラの源流になる作品の指揮をとった彼は結構、偉い気がする。まあ、厄介な荷物も作ってくれたらしいが

7 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/27(月) 22:00:23 ID:LT35/HAX
CD出したのはやりすぎ

8 :どこの誰かは知らないけれど:2006/04/02(日) 10:54:31 ID:wpOifAza
ウルトラマンを国民的ヒーローにまで成長させた偉大な人。


9 :どこの誰かは知らないけれど:2006/04/02(日) 13:09:56 ID:WM9fdu1R
ソンポテに酔わされ女を抱かされ、アジア圏での権利譲渡書類にか〜るくサインを・・・

10 :どこの誰かは知らないけれど:2006/04/02(日) 14:26:19 ID:/CikWEV2
>>5
一さんは現場を可愛がり過ぎるんで、経営者・プロデューサーとしては問題があったって言われてるけどね。
長生きしてくれたら作品の質は保たれたかも知れんが、円谷プロの存続は難しかったかも知れない。
かといって、のぼるが優秀な経営者だったとは思わないがな

11 :どこの誰かは知らないけれど:2006/04/02(日) 17:27:10 ID:wVyYcONE
>>7
確かCD出した時、「タモリクラブ」に出演してたね。

12 :どこの誰かは知らないけれど:2006/04/03(月) 03:31:00 ID:Yq3VZvXw
ゆ〜めがひろ〜がる せ〜かいがひろ〜がる えんたにのぼるの もの〜がたり

13 :どこの誰かは知らないけれど:2006/04/03(月) 19:37:21 ID:lYr9odYA
素敵な出会いを有難う

14 :どこの誰かは知らないけれど:2006/04/03(月) 20:15:19 ID:WfVwKbab
おまんまん

15 :どこの誰かは知らないけれど:2006/04/19(水) 19:43:18 ID:cLIITayM
金儲けが目的でしょうから一概になんともいえませんが、
ウルトラマンキッズやグレート・パワードなど革新的な企画を出したのは正当に評価してよいと思います。




16 :どこの誰かは知らないけれど:2006/04/19(水) 21:03:41 ID:ihD0BZmH
命日はいつ?
死因は?

17 :どこの誰かは知らないけれど:2006/04/19(水) 22:16:34 ID:BaLgd7HL
アーチェリーを流行らせようとしたんだよね

18 :どこの誰かは知らないけれど:2006/04/23(日) 00:08:05 ID:ZqpavVF0
のぼる

 と

あきら



19 :どこの誰かは知らないけれど:2006/04/24(月) 21:14:45 ID:wc6lW/Jn
ふたりはプリケツ


20 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/26(金) 14:27:07 ID:bLGa4T8w
亡くなったのは11年前ですか?

21 :どこの誰かは知らないけれど:2006/06/25(日) 11:58:59 ID:JjVlTPeh
>>20

そのとおり

22 :どこの誰かは知らないけれど:2006/06/25(日) 14:09:28 ID:p81VSlJ3
一代目が苦労して店を作り

二代目が親の言いつけを守って店を大きくする

三代目が店を傾ける

23 :どこの誰かは知らないけれど:2006/06/25(日) 22:23:39 ID:Odd7NzZj
あらゆる企業の目的が「ゴーイングコンサーン」であるならば、少なくとも
氏が社長職在任期間中に円谷を倒産させなかったことは評価される。
例のチャイヨーへの権利売却も、(当時は現在ほどキャラクタービジネスへの
感覚が低かったであろうが)台所事情がそれほど厳しかったからこその苦渋の
決断であったと考えたい。
まあウルトラというブランドが現在まで通用するキャラクターだとあの時代
には誰も予測できなかったのだろうけどね。
ただそんな円谷の台所事情など知る由も無いモノゴコロがつく頃に第2次
怪獣ブームの洗礼を受け、小学生時代に第3次怪獣ブームをリアルに経験
していた者としては、氏の社長時代の円谷作品は正直言って面白いと思わ
なかった。(「ボーンフリー」は除く)
「アイゼン」や「アステカイザー」なんかも以前の円谷作品と比べ手抜きの
印象を受けていた。「スターウルフ」や「猿の惑星」は子供心に大ヒットした
洋画のパクリという印象だった。
いまでこそウルトラに頼らない作品作りは評価されるのだろうけど、当時の
僕はとにかく新しいウルトラを見たかった。
ようやく待ちに待って始まったのが「ザ☆ウルトラマン」だった。
アニメ作品ということでずっこけた。
実写のウルトラが見たいという意見が大きかったのだろう。
翌年満を持して実写作品「80」が始まった。
主人公が中学校の先生だった。子供達に「金八」のパクリであると馬鹿にされ
ていた。
その頃第3次怪獣ブームはもう去っていた。

24 :どこの誰かは知らないけれど:2006/06/27(火) 21:22:07 ID:MLcsCZty
俺だけだろうか。
石ノ森章太郎とのコラボレーションを実現させてほしかったのは。

25 :どこの誰かは知らないけれど:2006/06/27(火) 23:40:16 ID:3q0X7+Y0
つ【ウルトラマンVS仮面ライダー】

26 :どこの誰かは知らないけれど:2006/06/28(水) 00:18:11 ID:gNWCM8JS
>>24は石森原作・円谷制作のオリジナル特撮が見たかったってんだろ

27 :どこの誰かは知らないけれど:2006/06/28(水) 08:12:43 ID:wJ0n0LYD
「猿の惑星」×
「猿の軍団」○

28 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/13(木) 01:09:53 ID:pHqyEOUO
円谷一の研究本、読んだ奴いる?
すごく読み応えのある一冊だった。

のぼるの研究本は今後出版されるだろうか?
それ以前にのぼるは研究対象になるだろうか?



29 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/13(木) 07:05:59 ID:YjWNIhny
>>28

もう出てたの?
白石雅彦が書いたとか言う本のこと?

30 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/13(木) 10:53:56 ID:RXlISehB
>>29
そう。昨日偶然本屋で発見。中身を確認しないまま購入したが、
著者が白石雅彦だったので大当たり。かなり貴重な研究本です。
ただ高野宏一のインタビューが行われていなかったのが残念。
まだ喧嘩しているのかよ。。。


31 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/13(木) 14:59:07 ID:pr9IK89t
「円谷一 ウルトラQと“テレビ映画”の時代」

32 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/13(木) 23:38:40 ID:cecCzdIK
>>28
情報サンクス。本日早速買ってきた。
まだ半分ぐらいしか読んでいないが、なかなか良い。
近頃の特撮系の本は、手抜き本が多いが、これは労作。

33 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/14(金) 01:01:37 ID:rcefrwbZ
>>33
だよね!すごく貴重な研究本だと思います。
この手の本はちょっと前だったら朝日ソノラマあたりから出ていたのですが、
平成に入ってから流れが変わってきたのかな?
いまは双葉社が良心的な仕事をしている。
つか白石氏の仕事振りが素晴らしいすぎる。
いずれにせよ氏にこうした場を提供した双葉社はエライ。

それにしてもアギラのインタビューを読むと一は“一さん”、
のぼるは“二番目の兄”と微妙な表現をしているのが気になった。
やっぱりアギラとのぼるは仲が悪かったんだなあ。

34 :名無しさん:2006/07/14(金) 17:01:35 ID:bQf+mNE/
フジテレビ辞めなければなあ・・・

35 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/14(金) 20:49:06 ID:hXj4ZJkk
のぼるがフジテレビ辞めなければ
早々にアギラが円谷プロの社長に就任。
そして倒産。

36 :どこの誰かは知らないけれど:2006/09/28(木) 22:26:22 ID:rleHzr7/
アギラ、NHKに出ていたね

37 :どこの誰かは知らないけれど:2006/09/28(木) 23:05:05 ID:zmN6Ql0G
バンダイが助けるから倒産はないだろね

38 :どこの誰かは知らないけれど:2006/10/08(日) 23:37:30 ID:Wd7GmgaV
誰か円谷一族の家系図書いてよ

39 :どこの誰かは知らないけれど:2006/10/14(土) 10:50:17 ID:y9qd//te
のぼる元社長の書いたエッセイ集を持ってます。
フジをやめて円谷エンタープライズを立ち上げたときの話とか
そのころの円谷は写真撮影にきた出版社にタダで写真をとらせていたから版権をしっかりとったとか
福島でイベントをやったときにいきなり自衛隊員が乱入してきて格闘ショーをはじめたのをみて自分が思わず実況してそれが怪獣ショーの起源になった話とか
アーチエリーを流行させようとした話とか
外国のエンターテイナーを呼んでピンポンパンに出演させた話とか
息子さん(今の誰?)にチン毛が生えたか聞いた話とか
そういうエピソードを101集めたお話でした。
資料としては価値があるかなあ〜と思うんですけど。

40 :どこの誰かは知らないけれど:2006/10/14(土) 11:48:27 ID:HFC37ViB
その話を読んでるだけで面白そう

41 :どこの誰かは知らないけれど:2006/10/14(土) 19:28:02 ID:pzXjRjuB
>>39
円谷のぼる氏の息子さんは円谷一夫氏(現・円谷プロ会長)。

42 :どこの誰かは知らないけれど:2006/11/07(火) 13:53:01 ID:eGy529AH
円谷皐氏がソンポートと契約したのはタイ国内での権利のみ。

で、皐氏存命中はバンダイがウルトラの玩具をタイで売っても
  文句一つ言わない。
が、皐氏が無くなったとたんに、偽造契約書を持ち出してきた。
で、確認もせず、鵜呑みにした新社長以下が金銭的解決を提案
で、それに気を欲くしたタイ側が権利を主張。
で、訴訟
で、タイ法廷は偽造を認めない。
   理由のひとつに「だったら何故最初に金銭的解決申し出たんだ」
で、日本でも同様の訴訟をやっていたが、
  日本の法廷は「外国との事は外国でしろ」と門前払い

10 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)