5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

1984年 ゴジラ

1 :どこの誰かは知らないけれど:2005/11/02(水) 01:16:46 ID:Zfq4H+Uj
昭和59年公開のゴジラを語るスレです。

2 :どこの誰かは知らないけれど:2005/11/02(水) 01:32:18 ID:WdtfdLIn
2げっと

3 :どこの誰かは知らないけれど:2005/11/02(水) 11:04:19 ID:TpYRvNoH
スーパーXが良いね。

4 :どこの誰かは知らないけれど:2005/11/02(水) 11:16:00 ID:TpYRvNoH
ショッキラスの大群を映像化してたらどうなっていたのかな?

5 :どこの誰かは知らないけれど:2005/11/02(水) 14:44:12 ID:pWngtU8w
>>4
デストロイア幼体以下のしょぼさ

6 :どこの誰かは知らないけれど:2005/11/02(水) 23:06:19 ID:X4+VevMq
ガッハッハー!! 日付変更線が>>6ゲットじゃ!!
       .[N]
       │
        \
        /         >>1 いつも新鮮なニュースをありがとう!
      /           >>2 たまには海外旅行もいいぞ!
      \           >>3 最近どうよ?
       │          >>4 ウルトラクイズで日付変更線を使ったクイズあったよな?
  24時間 .│         >>5 観光客が境界線を飛び越えて遊んで困ってます。
  進める ←          >>7 ・・・。
       │          >>8 俺を飛び越えて来い!(潮騒)
        \
        │ 24時間
        → 遅らせる
        │
        /
       │
      . [S]

7 :どこの誰かは知らないけれど:2005/11/04(金) 00:47:14 ID:SH1+RYzD
ハイパワーレーザービーム車がこの作品だけなのが勿体無い

8 :どこの誰かは知らないけれど:2005/11/05(土) 02:13:04 ID:7B/ze1gE
小林桂樹の総理大臣がよかった。

9 :どこの誰かは知らないけれど:2005/11/05(土) 21:21:43 ID:jggsjrup
でっけえ顔して歩くんじゃねえこの田舎もんが〜!

10 :どこの誰かは知らないけれど:2005/11/05(土) 21:38:29 ID:CByjDM7n
武田鉄也とかの無駄なゲストは邪魔だった。

11 :どこの誰かは知らないけれど:2005/11/06(日) 13:56:31 ID:NGxKDuNn
原発職員の石坂浩二。

12 :どこの誰かは知らないけれど:2005/11/08(火) 13:55:07 ID:RgTgPopq
名作age

13 :どこの誰かは知らないけれど:2005/11/08(火) 20:29:16 ID:ADsPLsep
かわいかった靖子タン


14 :どこの誰かは知らないけれど:2005/11/08(火) 20:50:42 ID:rZNRwJcM
かまやつひろしの笑ってるんだか驚いてるんだか判らない新幹線内の神父も
いらない役だったなあ。
あれゴジラが迫ってるのになんで新幹線走ってるんだと観てて疑問に思ったが。
裏設定って言うか小説版だと避難する連中を運んでて、なんとかゴジラが来る前に
通過出来ると思って発車・・・結局犠牲者増やしただけだった・・・・・

あとレイモンド・バーが初作海外版と同じ役で出てるアメリカ版84ゴジラじゃ
かまやつの馬鹿面はカット。石坂の警備員はゴジラが迫るシーンに絶叫が挿入され
踏み潰された雰囲気。

15 :どこの誰かは知らないけれど:2005/11/09(水) 09:31:51 ID:kFlmdCKE
ラストの三原山のシーンがよかった。

16 :どこの誰かは知らないけれど:2005/11/09(水) 11:12:49 ID:vrrBWD14
>>14 そうだったんだ。俺は、あの新幹線と武田鉄也等のゲストや下手くそな新人女優
、そして唐突に出て来るスーパーXで萎えた。ゴジラが頻繁に現れる世界観
ならともかく、何のためにあんなもん自衛隊がって・・。(エクスキューズ
があったかも知れんが・・)よく考えれば、それを抜いたら結構、いい線
行ってるストーリーかもね。

17 :どこの誰かは知らないけれど:2005/11/09(水) 12:21:38 ID:jaoXkUDD
>>7
>ハイパワーレーザービーム車
当時、仲間内でZライトメーサー砲って云ってたな。

18 :どこの誰かは知らないけれど:2005/11/09(水) 22:51:39 ID:69t9C/Pc
このゴジラは能をイメージした歩き方だっけ?

19 :どこの誰かは知らないけれど:2005/11/10(木) 18:27:51 ID:C/tve9iu
エンディングにかかるクサい英語の歌にシラけた。

20 :どこの誰かは知らないけれど:2005/11/10(木) 22:25:28 ID:UufjdgZ/
そういうひともいるんだ

21 :どこの誰かは知らないけれど:2005/11/10(木) 23:50:54 ID:9oJssVd3
サイボットゴジラとサイボット靖子

22 :どこの誰かは知らないけれど:2005/11/11(金) 00:19:19 ID:ME+k8cVl
石坂浩二は「日本沈没」では首相だ。警備員から出世したなあ。

23 :どこの誰かは知らないけれど:2005/11/11(金) 01:57:38 ID:QNLmEGVC
しかし、あれももう21年も前の作品なんだよな・・・
ゴジラ復活と盛り上がってた時代も遠くなりにけりか・・・
ゴジラシリーズも一応幕を降ろし、再び休眠期に入ったんだから。


24 :どこの誰かは知らないけれど:2005/11/11(金) 10:30:07 ID:hsTastgB
20年前って言ったら昔で言えば昭和30年代40年代で壁の向こうの昔の時代って感じだったのにな
59年だと地続きの現代って感じだ

25 :どこの誰かは知らないけれど:2005/11/11(金) 11:21:48 ID:kpszz245
橋本監督は制作総指揮の方がよかったかも・・・

26 :どこの誰かは知らないけれど:2005/11/11(金) 12:46:57 ID:9te4f8FW
ルンペンの「ゴジラが怖くて赤いきつねが食えるか!」ってセリフには場内大爆笑だった。

27 :どこの誰かは知らないけれど:2005/11/11(金) 17:57:14 ID:gKaXQKWQ
>>24
現在から84ゴジラまで遡るより、84ゴジラからメカ逆まで遡る方が長いように感じる。
実際にはメカ逆〜84ゴジラまでの方が半分以下なのに。

28 :どこの誰かは知らないけれど:2005/11/11(金) 20:25:32 ID:aBPZHmZI
「ゴジラ復活!」
期待をして劇場へ駆けつけた俺だった。

そういえば、封切り前には俺の住んでいる福岡の天神で、
しばらくサイボットゴジラが野外展示されていたなぁ。
夜間はシートで覆われていた。
みうらじゅんのマネをして盗みに行こうかと考えたが
さすがにあればかりは無理だったなw

29 :どこの誰かは知らないけれど:2005/11/11(金) 23:44:03 ID:Rzo4qqBn
小林桂樹の三田村首相(・∀・)イイ!!
東京で暴れるゴジラカッコ(・∀・)イイ!!


30 :どこの誰かは知らないけれど:2005/11/12(土) 14:59:45 ID:lfTfpgfz
スーパーXが新宿でカドミウムを撃ちまくる

31 :どこの誰かは知らないけれど:2005/11/12(土) 20:03:00 ID:vg/7yl6T
>>それはアンタが年取っただけだ

32 :どこの誰かは知らないけれど:2005/11/12(土) 21:05:59 ID:+0alFLEb
新宿以外も壊してほしかった・・・

33 :どこの誰かは知らないけれど:2005/11/13(日) 11:31:48 ID:LA0W66Bh
>>31
1954年の第1作から1975年のメカ逆まで、22年間で15作。
1984年のこの作品から2004年のFWまで、21年間で13作。
年数も本数も大体同じくらいなのに、前者と後者で全然時間感覚違うんだよな・・・

34 :どこの誰かは知らないけれど:2005/11/13(日) 12:26:41 ID:MgT9FGfP
>>33
うわっホントだ。1984年なんて、つい最近の感覚だったのだが・・・。
靖子ちゃんは40を超えて、そしてこの俺は・・・来年ついに生誕半世紀・・・。


35 :どこの誰かは知らないけれど:2005/11/13(日) 12:51:56 ID:b64H+vu8
>>33 小学校1〜6年の6年間と30〜36歳の6年間じゃ時間感覚
全然違うからねえ。
日常会話で「そう言えばこの前さあ・・・」なんて何気に出した話題が実は
2〜3年前の事なんて、大人になるとざらにある。「大怪獣総攻撃」からして
もう4年も前の作品だからな。
第一次怪獣ブーム世代からすると「怪獣大戦争」は幼少の頃観た懐かしい作品
「メカゴジラの逆襲」は中学時代で記憶もしっかり焼きついてて比較的最近作な
感覚。「1984ゴジラ」ヲタとして作品の完成待ちわび(場合によってはエキ
ストラ参加)34氏の言うようについ最近の作品のつもりでいたが、実は二十年
以上前の作品!それこそ機龍メカゴジラやファイナルゴジラからゴジラ初体験
した小学生からすりゃ、自分らにとっての初代ゴジラ並みの存在ですよ。

36 :どこの誰かは知らないけれど:2005/11/14(月) 19:15:11 ID:KsyYzeNy
一応、平成ゴジラもすべて封切館で観ている俺だが、
数週間も経たないうちに詳細を忘れてしまう。
やっぱり、単なる年中行事として惰性で観たものなので
思い入れがないのだろうな。

37 :どこの誰かは知らないけれど:2005/11/14(月) 23:03:53 ID:Jn6Y+d8i
しかし、その年中行事も今年はもはやない・・・
それはそれで空しく、寂しいものだ。
今年の12月10日からの東宝は「あらしのよるに」とかいうアニメだろ。
「去年まではこの時期、ゴジラだったんだよな。」という思いが、ポスターやCMを見るたびこみ上げてくる・・・

なくしてみて初めてわかる価値がある、とは陳腐なセリフだが、そのとおりだと思う・・・

38 :どこの誰かは知らないけれど:2005/11/14(月) 23:04:39 ID:/Vv5DhqF
今年の12月はセイザーxですがと釣られ

39 :どこの誰かは知らないけれど:2005/11/15(火) 01:32:02 ID:IOZJt7hx
ファンの間で、その気持ちが鬱積して、何十年後かにまた・・・。

40 :どこの誰かは知らないけれど:2005/11/15(火) 01:35:13 ID:gr0rJ7+A
年1回でしょうもない作品を作るくらいなら、
数年に1回くらいで面白い作品を作ってほしいものだが。

41 :どこの誰かは知らないけれど:2005/11/15(火) 12:50:25 ID:Py0482w4
>>19
うちらごっじら、わてらごっじら

42 :どこの誰かは知らないけれど:2005/11/15(火) 12:58:24 ID:tSaPES8A
>>38
「あらし」は東宝邦画系、「セイザー」「ムシキング」は洋画系、と言わずもがなのことを書いてみる。

43 :どこの誰かは知らないけれど:2005/11/15(火) 14:41:06 ID:WPsqZk5G
その辺の仕組みがいまだにワカラン・・・
年一回の東宝特撮というポジションとしては間違いないわけだが(少なくとも見る側にとっては

44 :どこの誰かは知らないけれど:2005/11/17(木) 23:06:01 ID:CwZv2QLW
まあしかし、この作品から次作「ビオランテ」まで再び5年もの空白があったのも事実。
しかも84年に比べ、89年は特に復活に向けた熱気といったものは無かったにもかかわらず復活した。
そして翌90年に1年の空白を置いたのみで、その後10数年に渡り怪獣映画の時代は続いた・・・

次に復活する時も、わりとあっさりした形で復活するんじゃなかろうか・・・?

45 :どこの誰かは知らないけれど:2005/11/18(金) 11:46:19 ID:yEY8i+2m
それはわざとレスがほしくて書いたものか?
84の次回作構想はすでに84上映時から決まっていてそれをストーリー公募やいろいろと
手の込んだ制作をしていたため5年と言う月日がたってしまった
まあだからこそあれだけの出来で今も平成一のゴジラといえばビオランテと言われるほど
語り継がれる作品になったわけだが

ともかく84〜ビオランテはそういう経緯で決して単発作じゃない
つかそれくらい中のストーリー見れば普通気づくだろ

46 :どこの誰かは知らないけれど:2005/11/18(金) 12:37:19 ID:2KQ3MGED
もれはそのびぶらんて(なぜかへんかんできない)があまりに酷かったのでゴジラシリーズを見放した訳だが・・
まあがめらシリーズも続けていれば似たようになっていた鴨しらんが

47 :どこの誰かは知らないけれど:2005/11/19(土) 15:43:32 ID:VXKnD9t8
>>45 ビオランテ製作遅れた理由のひとつにね、リアルで三原山噴火しちゃって、
島民の感情に触れるとまずいってんで、あの噴火騒動治まる迄休眠状態だった
てのもあるね。これ噴火当時の新聞に載ってたよ。
さらに噴火始まった頃、あそこまで大きくなるとは思わず劇中で使えるのでは
と考えて東宝のスタッフが噴火撮影してたとの事。これのその新聞に載ってた。

48 :どこの誰かは知らないけれど:2005/11/19(土) 17:16:12 ID:blTjmZfu
実際使ってたね

49 :どこの誰かは知らないけれど:2005/11/19(土) 17:23:15 ID:DI5RhdwQ
「あれはビオランテだ」w

そういえば、俺は「ビオランテ」を最後に
高橋幸治を映像で見ていないなぁ。
ひいきの役者さんなんだけど。

50 :どこの誰かは知らないけれど:2005/11/19(土) 17:44:27 ID:t2+/bj8n
政府閣僚には渋い俳優さん使ってたね。小沢栄太郎とか、加藤武とか。

51 :どこの誰かは知らないけれど:2005/11/19(土) 17:48:30 ID:DI5RhdwQ
キャプテン中田博久までが出てたのにはビックリ。

おっと! ビオランテの話が続きすぎだね。

52 :どこの誰かは知らないけれど:2005/11/19(土) 20:04:39 ID:Lk+nI8cW
「その化け物を作り出したのが人間だ。人間の方がよっぽど化け物だよ」と
三田村首相が米ソの大使を説得するシーンにシビレタ




53 :どこの誰かは知らないけれど:2005/11/19(土) 22:20:21 ID:blTjmZfu
それは林田が牧に言った台詞だよ
三田村が言ったのは「非核三原則が日本のエゴイズムなら核を使いたがるのも米ソのエゴイズムでは」


54 :どこの誰かは知らないけれど:2005/11/20(日) 00:05:07 ID:jqKod/EL
三田村総理と三田村邦彦

55 :どこの誰かは知らないけれど:2005/11/20(日) 23:43:31 ID:VRdr0aAP
監修には田原総一朗氏でしたね。


56 :どこの誰かは知らないけれど:2005/11/20(日) 23:53:59 ID:xbmHQO11
あの会議が「朝まで生テレビ」みたいに
徹底的に荒れたら面白かっただろうね。

渡辺アナ
視聴者からのFAXをご紹介します。東京にお住まいの山根さんから
「ゴジラを殺してはいけません」・・・



57 :キングアナル:2005/11/21(月) 09:38:09 ID:GmX8ELi2
>>56
山根さん第二のゴジラがいたら…・・・ってセリフは不安じゃなくて期待感からだったのかよ!

58 :どこの誰かは知らないけれど:2005/11/21(月) 12:33:14 ID:j/WECLgD
ビオランテって評価高いけど…そうかなあ。
リアルで見て、ショボーンとした記憶が…。

59 :どこの誰かは知らないけれど:2005/11/21(月) 17:00:55 ID:BQgVe2n3
名前がスーパーXじゃなくて富士一号とかさくら一号だと勝ってたのかな?

60 :どこの誰かは知らないけれど:2005/11/21(月) 21:48:11 ID:7Lq/q9IX
鏡餅X

61 :どこの誰かは知らないけれど:2005/11/22(火) 18:07:21 ID:/Y3/OEny
「司令!カドミウム弾はもうありません!鏡餅ときな粉だけです!」
「かまわん!離陸しろ!」


62 :どこの誰かは知らないけれど:2005/11/22(火) 18:11:50 ID:orAwOkL6
ゴジラがイタイイタイ病になったら
どうするんだ!

63 :どこの誰かは知らないけれど:2005/11/23(水) 00:05:30 ID:y2bYUhrZ
「司令!カドミウム弾はもうありません!通常兵器だけです!」

あのセリフはゴジラ映画で名言の一つに入ると思うに1票


64 :どこの誰かは知らないけれど:2005/11/23(水) 00:35:37 ID:R8ooiWNg
で、通常兵器に平気でレーザー光線が混じっている、と…

65 :どこの誰かは知らないけれど:2005/11/23(水) 01:51:58 ID:ShnVIRy2
メーサーの意味がわからん

66 :キングアナル:2005/11/23(水) 11:58:05 ID:p9oOd3Tw
>>58
俺もビオランテには不満たらたらなんだが、
これからのゴジラはこういう路線でいくからな!
ってやる気は感じられた。それで次回作に期待したんだが……。

なんていうか俺の中ではビオランテは映画の予告編みたいだったな。
期待感を煽る以外の価値はあまりなかった……。

67 :どこの誰かは知らないけれど:2005/11/23(水) 12:31:29 ID:F1/iGEiN
ほうほうビオランテの何が気にいりませんかな?

68 :どこの誰かは知らないけれど:2005/11/23(水) 17:15:02 ID:+4trOKPH
ビオランテかぁ〜
ストーリー自体よりもやはりビオタン自体が…
動物なのか植物なのかハッキリしろと小一時間…

69 :どこの誰かは知らないけれど:2005/11/23(水) 22:21:35 ID:8OXdHSfO
中の人が沢口靖子というのが許せん

70 :キングアナル:2005/11/24(木) 10:01:05 ID:Zy4fEiKB
>>67
自衛隊マーチがゴジラの行進に使われていたり、
超能力少女の存在そのものだったり、
ラストの沢口靖子演出だったりします。
まー俺の主観ですよ。
特撮シーンとか怪獣のデザインや戦闘などに不満はない。
あと権藤さんも好きだよ。

71 :どこの誰かは知らないけれど:2005/11/24(木) 18:53:34 ID:uYpRBiBw
ラストで靖子ちゃんの姿が空に写ったときは
一同大笑いだった。

72 :どこの誰かは知らないけれど:2005/11/24(木) 20:45:41 ID:cGOD35o2
すぎやまこういちが結構がんばったな。
でも伊福部昭が「こんな曲にされるくらいなら自分がやったほうが良かった」
ってキングギドラでは音楽監督に再抜擢。
どっちも好きだな。

73 :どこの誰かは知らないけれど:2005/11/25(金) 11:56:34 ID:NqtVUMkr
すぎやまがやると、どうしてもドラクエに聞こえる。

74 :どこの誰かは知らないけれど:2005/11/25(金) 14:49:53 ID:FlnQsBCh
当時子供だった俺たちにはそこがセールスポイント

75 :どこの誰かは知らないけれど:2005/11/25(金) 20:17:09 ID:xUiJK87F
小六禮次郎も結構がんばったね。音楽監督。
スーパーXのテーマなんて伊福部には及ばんとしても名曲だと思う。
でもやっぱり伊福部じゃないと「ゴジラ」見てる気がしないんだよなぁ・・・

76 :どこの誰かは知らないけれど:2005/11/26(土) 01:23:37 ID:2cC0c5wT
>超能力少女の存在そのものだったり、
>ラストの沢口靖子演出だったりします。

>ラストで靖子ちゃんの姿が空に写ったときは
>一同大笑いだった。

自分としてはファンタジーと受け止めましたが?
というか沢口靖子がだめなのか?他の女優さんならよかったのか?

77 :キングアナル:2005/11/26(土) 11:01:31 ID:1FdLXjkz
ファンタジーだろうがなんだろうが演出というものがあるからなあ
俺の主観とあんたの主観は違うってだけの話だね

78 :どこの誰かは知らないけれど:2005/11/27(日) 03:45:24 ID:VrvtPA0Q
宝田明には声がかからなかったのかな?

79 :どこの誰かは知らないけれど:2005/11/27(日) 06:39:15 ID:IUlqhJzB
「ゴジラが復活する!」とあれだけ大騒ぎして、あの出来だもんなあ・・・。
3Gって知ってる?
84年冬の超大作?ゴジラ・グレムリン・ゴーストバスターズ。
で、結局見たのはゴーストバスターズ。
ゴジラはもとより期待してなかった・・・。

80 :どこの誰かは知らないけれど:2005/11/27(日) 13:55:47 ID:+mcoFQ3F
おれ5歳だったから、他の怪獣でないのと話がやたら深刻だったのを覚えてる
ちゃんと現代の映像になってると気付いたのは消防になってから
面白さに気付いたのは工房になってからだ

81 :どこの誰かは知らないけれど:2005/11/27(日) 17:03:26 ID:+W8uWVcw
>>78
何故宝田?
ゴジラ役者の第一人者っつったら平田昭彦その人しかいないはず
しかし平田さんはその年にさよならジュピターに出てて出演見送り

次回作ビオランテの白神博士候補だったが目前に他界してしまう経緯については
知ってるだろうけど

82 :どこの誰かは知らないけれど:2005/11/27(日) 20:15:29 ID:b75W/wyf
初代のを再現した鳴き声がよかったな

83 :どこの誰かは知らないけれど:2005/11/28(月) 01:05:42 ID:lwkGWYp4
あの鳴き声は、まさに恐怖の象徴だった。
キンゴジ以降の動きが軽くなったゴジラには
ちょっと合わないけどね。

84 :どこの誰かは知らないけれど:2005/11/28(月) 21:24:14 ID:j3cSradP
新幹線は停車しなけりゃ良かったのに・・・


85 :どこの誰かは知らないけれど:2005/11/28(月) 21:26:06 ID:j3cSradP
伊福部とすぎやまが合体するってのに多少不安は感じてたが
すぎやまはさすがだ。杞憂だった。
あのゴジラの咆哮を創ったのも伊福部だからなぁ。

86 :どこの誰かは知らないけれど:2005/11/28(月) 21:37:46 ID:hlf786Py
>>84
ゴジラの目の前ピッタリに止まるものなぁw

87 :どこの誰かは知らないけれど:2005/11/28(月) 23:34:44 ID:DJQVYFkf
フナムシはいまだにトラウマ。海水浴に行ってもテラコワスw

88 :どこの誰かは知らないけれど:2005/11/29(火) 01:47:43 ID:/XxRXyNH
でっかいパラポナアンテナを付けたロシア船が東京湾に堂々と停泊してるし・・

89 :どこの誰かは知らないけれど:2005/11/29(火) 11:34:59 ID:+D79mYEY
>>81
はて?平田さんには本当は本作の首相役をやってもらうはずだったけど、
でも亡くなられたので…だったと思ったんだが…?

90 :どこの誰かは知らないけれど:2005/11/29(火) 13:35:32 ID:GG3aJ0H6
林田博士役じゃなかったけ?癌が悪化してたから無理だったみたいだけど。この年に亡くなったんだっけ?

91 :どこの誰かは知らないけれど:2005/11/29(火) 18:05:44 ID:O9363TyY
フナムシは俺の地元の桟橋に常に300匹くらいいる。釣えさに最適。

92 :どこの誰かは知らないけれど:2005/11/29(火) 19:54:48 ID:AEliFEKD
林田博士→新聞社のデスクと変更されたけっきょく叶わなかった

93 :どこの誰かは知らないけれど:2005/11/30(水) 11:16:50 ID:OwNe0JXK
>>91
血を吸われないように気をつけろ。

94 :どこの誰かは知らないけれど:2005/11/30(水) 12:38:58 ID:NWUpOHiG
↑えええええええええええええええええええええええ!!!???

95 :どこの誰かは知らないけれど:2005/11/30(水) 14:11:59 ID:cKQvniul
有楽町の集英社の看板が目立ってた。

96 :どこの誰かは知らないけれど:2005/11/30(水) 18:05:33 ID:WlafGOuc
>>91
俺が近づくと一斉にマッハ1くらいで走り去る。
自分から血吸いにくることなんて皆無。

97 :どこの誰かは知らないけれど:2005/11/30(水) 18:21:21 ID:aRcrag0G
もう日劇の姿がなかった・・・

98 :どこの誰かは知らないけれど:2005/12/02(金) 13:32:46 ID:fAb3cV26
金子先生やらエモヤンが出てた

99 :どこの誰かは知らないけれど:2005/12/02(金) 21:54:18 ID:I1PkjVWQ
フナムシってよく見るとかわいいんだよなぁ・・・それでも頭から針突き刺して
釣えさにするけど・・・ショッキラス、ごめん

100 :どこの誰かは知らないけれど:2005/12/02(金) 22:21:02 ID:nFbiZifU
>>96はゴジラ

>>99はマンダかな?


101 :どこの誰かは知らないけれど:2005/12/02(金) 23:53:18 ID:c6RhyXT1
アメリカ版のゴジラ1984ってDVDになってないの?ビデオ持ってるけど
怪獣王より編集がうまい。特に嘉手納基地からのミサイル発射のあたりなんかね。
それにビオランテ靖子の中の向こうの女優さんの声の演技がうまい。
DVDでも欲しいなあ。リージンフリーのアメリカ版でも出てないかな。

102 :どこの誰かは知らないけれど:2005/12/03(土) 08:39:50 ID:CYyj3w3e
でもあれモノラルスタンダード・・・

103 :どこの誰かは知らないけれど:2005/12/04(日) 19:32:51 ID:O3jV8VWZ
新宿だけじゃなくて銀座とかでも暴れたらよかったかも?

104 :どこの誰かは知らないけれど:2005/12/06(火) 12:49:09 ID:9iOOUUKf
シリアス路線を目指した作品という意味でよかった。

105 :どこの誰かは知らないけれど:2005/12/06(火) 15:44:23 ID:rJXl6xfB
サントラ出てる?

106 :どこの誰かは知らないけれど:2005/12/07(水) 15:16:47 ID:fqtae2Y0
今は中古で手に入れるか、ゴジラ・サウンドトラック・パーフェクトBOXのBOX4の発売を待つかだね。

107 :どこの誰かは知らないけれど:2005/12/07(水) 23:25:31 ID:wwR0t76c
>>103
銀座通ったけど、あれじゃだめ?
マリオンに映り込んでる画は、良かった。

108 :どこの誰かは知らないけれど:2005/12/08(木) 03:21:52 ID:l1Y5vKXI
>>49
「帝都物語」ってビオランテの前だっけ?

109 :どこの誰かは知らないけれど:2005/12/11(日) 02:49:09 ID:KnkatUs5
そうだね、ビオランテの方が後だね。
高橋幸治さんは連合艦隊にも出てたね。

110 :どこの誰かは知らないけれど:2005/12/14(水) 09:00:03 ID:7Qc3rSUO
九年ぶりの復活作としては良かったね。

111 :どこの誰かは知らないけれど:2005/12/14(水) 10:23:50 ID:4TqgiGCd
原点に戻そうという意気込みは感じたな。

112 :どこの誰かは知らないけれど:2005/12/14(水) 12:05:21 ID:rTwko5Rn
これ以前のゴジラは自分の生まれる前なわけだが、この作品はまさしく現代のゴジラって感じがしてよかった
舞台が現代で高層ビルやコンピュータが出てきたり、音が綺麗でステレオだったり

113 :どこの誰かは知らないけれど:2005/12/14(水) 15:40:34 ID:iDfoZr+P
たぶんそういう要素てんこ盛りで期待しまくってた人たちが
実際に画面を見てなんだこの程度か…って落胆したのが
不評の原因だと思う

114 :どこの誰かは知らないけれど:2005/12/15(木) 10:35:40 ID:TLWbyYrg
昔の人って大変なんだな

115 :どこの誰かは知らないけれど:2005/12/16(金) 18:54:34 ID:VPOfQZTi
これは初代ゴジラのリメイク?

116 :どこの誰かは知らないけれど:2005/12/17(土) 22:35:36 ID:aFeEn3hz
ゴジラがよっかかってたビルって
geogleの地図で示すと何処?

117 :どこの誰かは知らないけれど:2005/12/17(土) 22:40:22 ID:QVJmu/Qc
>>107
>マリオンに映り込んでる画は、良かった。
「ゴジラ伝説」のジャケット、そのまんまだけどな。

>>115
一応、初代ゴジラの続編。

118 :どこの誰かは知らないけれど:2005/12/18(日) 03:45:33 ID:vA2YYe6h
森本毅郎がニュースを読んでたな。

119 :どこの誰かは知らないけれど:2005/12/18(日) 05:08:43 ID:x5Ncgi/S
>>108
「帝都大戦」を見に行ったとき「ゴジラVSビオランテ」の予告(特報?)がかかってたよ。
初代「ゴジラ」の映像を使ったバージョンでした。

120 :どこの誰かは知らないけれど:2005/12/19(月) 17:18:43 ID:UZsMewsU
ラストのゴジラの咆哮に妙に感動した・・・

121 :どこの誰かは知らないけれど:2005/12/19(月) 17:23:54 ID:y4lW5Sx4
>>115 ゴジラの逆襲〜メカゴジラの逆襲までは無かったことにする
という発想はこの時、生まれた。それなりにうまく行ってたんじゃ
ない。ウルトラシリーズなんてそれぞれ独立かと思ったら兄弟だとか
無理やり繋げて意味解らなくなってるし。最近は『ティガ→ダイナ』
以降はそれぞれ別設定ではっきりしていていい。
 でも、平成以降は一本ずつこれの繰り返しなんだよねえ。

122 :どこの誰かは知らないけれど:2005/12/19(月) 17:41:51 ID:Eny9ZRD7
>>121
無限ループ

123 :どこの誰かは知らないけれど:2005/12/19(月) 18:16:25 ID:RhhyZWfs
俺のゴジラはチャンピオン時代の正義ゴジラ。
むしろ84以降をなかったことにしたい。ファイナルウォーズは認めるが。

124 :どこの誰かは知らないけれど:2005/12/19(月) 19:17:47 ID:HgS+9O1K
>>123
てことは初代もなかったことにしたいと?

「怪獣は超自然災害のようなもの」というのが小4のときの84ゴジラ体験で
すり込まれた怪獣観だ。だからパニック映画と同じ面白さを期待してる。
「日本沈没は怪獣の出てこない怪獣映画だ」とはよく言ったもんだと思う。
ただシリーズ化でその災害の中心がどんどんチンケになっていったのは悲しすぎる。

125 :どこの誰かは知らないけれど:2005/12/19(月) 21:09:39 ID:RhhyZWfs
ま、原体験によってゴジラのイメージも違うから、仕方ないよな。
俺の場合は、70年代前半の正義ゴジラが原体験で、怪獣カードだの怪獣図鑑だの
雑誌だのの媒体でさんざん刷り込まれてるから、初代とか84以降のゴジラには
違和感ありまくりなんだよ。
このスレに合わせて書くなら、せっかく復活した84ゴジラが正義怪獣じゃなくて、
悪者で人間から攻撃されまくるってのに怒りをおぼえ、今にいたっている。

126 :どこの誰かは知らないけれど:2005/12/20(火) 00:03:26 ID:/yCC8F4X
そうかぁ、世代によっては、あなたのようなファンもいるんだね。

もっとも俺が小4のときは、もう「ゴジラの息子」の頃だったから、
すでに恐怖のゴジラではなくなっていたけど。

127 :どこの誰かは知らないけれど:2005/12/20(火) 00:15:21 ID:64Gd/Wle
>>125
俺は70年代前半の正義ゴジラが原体験だけど、初代が一番好きだよ。
84以降はVSビオランテ、VSメカゴジラ、GMK、Xメカゴジラみたいな
「ゴジラVS人間」がメインになってる作品が好き。・・・でも、84は微妙w

128 :どこの誰かは知らないけれど:2005/12/20(火) 07:03:39 ID:0o9hQioH
>>115
ゴジラの逆襲のリメイク。タイトルはゴジラ2とか、新・ゴジラの逆襲にすべきだった

129 :どこの誰かは知らないけれど:2005/12/20(火) 23:53:25 ID:ayLBgwtE
84ゴジラは全体的に気合は感じられるんだけど、武田鉄矢が煩すぎだった。
あと、スーパーXも、もうちょっと現実感ある兵器にして欲しかった。

130 :どこの誰かは知らないけれど:2005/12/20(火) 23:55:19 ID:ayLBgwtE
84ゴジラは全体的に気合は感じられるんだけど、武田鉄矢が煩すぎだった。
あと、スーパーXも、もうちょっと現実感ある兵器にして欲しかった。

131 :どこの誰かは知らないけれど:2005/12/21(水) 00:14:00 ID:ENlDI1/Q
このゴジラを観るまでゴジラは正義の味方と思ってたよ

132 :どこの誰かは知らないけれど:2005/12/21(水) 00:19:27 ID:uMP8Qjvf
gらえ「

133 :どこの誰かは知らないけれど:2005/12/21(水) 04:36:20 ID:KfGWuzvO
ビオランテ
沢口靖子の浮遊生首に客はみなワロタ
決めの感動シーンで笑いを取ってしまうあたりに
ゴジラ映画の位置づけが何となくわかる

134 :どこの誰かは知らないけれど:2005/12/21(水) 11:01:35 ID:q36eibBj
>>133
大森一樹は修行も無しに商業映画の監督になったから、全然駄目。
いつまでも自主製作のノリでやってるから、全然評価されない。

135 :どこの誰かは知らないけれど:2005/12/21(水) 13:08:59 ID:nQ7NNVlz
監督は才能。
修行しようがしまいが良い監督は良い監督、ダメな監督はダメな監督。
北野武だって修行なんかしてないだろうが

136 :どこの誰かは知らないけれど:2005/12/21(水) 14:00:04 ID:tUSfMnZ8
>>134
橋本幸治は修行に修行を重ねてこれだったわけだが。

137 :どこの誰かは知らないけれど:2005/12/21(水) 15:23:35 ID:IZGE5XUr
ご冥福をお祈りします

138 :どこの誰かは知らないけれど:2005/12/21(水) 19:58:51 ID:N7JPo+9T
藤木悠

139 :どこの誰かは知らないけれど:2005/12/22(木) 11:58:40 ID:nmuRRxWQ
どこのどなたかは存じませんが
修行に修行を重ねたのに才能ない万年助監督必死だな

140 :どこの誰かは知らないけれど:2005/12/22(木) 12:30:28 ID:Yu/33db+
鍛えてないな〜

141 :どこの誰かは知らないけれど:2005/12/23(金) 13:58:25 ID:sn/9gFr+
この作品ってウルトラで言ったら80みたいなモンで、つまり何と言おうかドーでもいい感じ・・・。

142 :どこの誰かは知らないけれど:2005/12/23(金) 18:01:09 ID:wyaSAXgP
核ミサイルの影響で駄目になるスーパーXって・・・

143 :どこの誰かは知らないけれど:2005/12/23(金) 21:54:08 ID:4ng+UsPh
核爆発のジャイアントパルスなら大抵の電子機器は影響を受ける罠

144 :どこの誰かは知らないけれど:2005/12/23(金) 22:04:55 ID:Y9hFGxsp
回路にプラチナ使ってるって設定なんだっけ

145 :どこの誰かは知らないけれど:2005/12/24(土) 00:52:08 ID:CrR6KN6x
チタン合金だろ

146 :どこの誰かは知らないけれど:2005/12/24(土) 01:47:38 ID:/GHn1vNo
かつてのシリーズには無かった、自分よりはるかに大きな超高層ビルの間
で戸惑うゴジラとか、その50階建てくらいの超高層ビルを倒すとか、
うまくやれば実に魅力的な作品になっただろうな。
結果としては、トホホな作品になってしまった。

ミニチュアの出来は、実はそれほど悪くないと思う。平成ガメラとそれほど
変わらない。樋口は84ゴジラの製作にかかわっていたらしいな。
撮影とか、照明とか、何かが悪いので「ちゃちな模型っぽいビル」に見えて
しまうのだろう。平成ゴジラシリーズ全体にいえることだが。

147 :どこの誰かは知らないけれど:2005/12/24(土) 03:14:43 ID:CrR6KN6x
照明が明るすぎたのは、ラッシュを見たお偉いさんが
「これじゃ何が写っているのか分からん、もっと明るくしろ」
という指示があってのことらしい

ミニチュアの出来はいいだろう。
VSシリーズでは結局これを超えるクオリティの物は出なかったと思う

148 :どこの誰かは知らないけれど:2005/12/24(土) 03:53:07 ID:/GHn1vNo
同じ時期に公開されたゴーストバスターズでは、マシュマロマン登場の
シーンのビルはどう見ても本物にしか見えないほどだが、照明がちょ
うどうまいぐあいに暗くしてあるからだよな。ミニチュアそのものは
84ゴジラと同じレベルだ。よく見ると車がひっくりかえってマンホー
ルから水が噴き出しているところなんて模型そのものなのだが、暗く
してあるから目立たないのだ。

>ラッシュを見たお偉いさんが

東宝の「お偉いさん」とやら、たぶんもう死んでいるだろうけど、余計な
ことを言ったもんだな。
東宝って会社は大嫌いだ。

149 :どこの誰かは知らないけれど:2005/12/24(土) 05:27:52 ID:Lmi+I/Fp
>>147
お偉いではなくビデオ事業部だと聞いたけど。
当時はテレシネ技術がまだ未発達の頃。
家庭用モニターの性能もまだまだだったし
暗い画面の映画では商売にならなかった。
なので、ビデオの売り上げを考える場合
もとの映画の画面を明るくするのが至上命題だったのね。

尤も、これがこれが間違った考えかというのは別問題。
後年のGMKは往年の「明るいナイトシーン」に疑問を持っていた
特技スタッフが暗さの限界に挑んだものではあったが
特撮板のスレを見ると未だに暗い画面への反発があるのも事実。

150 :どこの誰かは知らないけれど:2005/12/24(土) 09:56:37 ID:kht17oXu
暗かったラッシュ映像は本編に使われてるんだろうか?
デジタル技術でも今から暗くするのは難しいだろうな

151 :どこの誰かは知らないけれど:2005/12/26(月) 05:13:38 ID:iAoC4BQ8
おまいらテレビの明るさを調整しろよw

152 :どこの誰かは知らないけれど:2005/12/26(月) 22:29:38 ID:x8xws9rE
三田村内閣ってかっこ良いね。

153 :どこの誰かは知らないけれど:2005/12/27(火) 02:13:48 ID:OqF+rAG3
田島義文が出てて驚いた。

154 :どこの誰かは知らないけれど:2005/12/29(木) 22:49:43 ID:2ouXmi1L
自衛隊がゴジラ発見するのがやたら遅いような気が。

155 :どこの誰かは知らないけれど:2006/01/02(月) 00:47:42 ID:sQPsijyR
統幕議長がかっこよかった。

156 :どこの誰かは知らないけれど:2006/01/02(月) 01:58:34 ID:PkwiaBrf
ゴジラ展でみたサイボットゴジラには心底度肝を抜かれたなぁ・・・。
あの圧倒的なド迫力が画面では悲しいかな全然生かされてないんだよね。

157 :どこの誰かは知らないけれど:2006/01/02(月) 04:48:11 ID:R6s1I7IU
>>156
だってあれは撮影での必要性から生まれたものじゃないから。
現場では後年のビオランテで作られたような
アップ用のギミックを欲しがっていた。
それを無視してアレを作ったのは「観客の度肝を(劇場の外で)抜く」という
宣伝上の必要性から。あと「SFXしてますよ」というポーズのためね。
手動のギミックの方が表現力は豊かだけど
機械仕掛けにした方が知らない人にはハイテクっぽく感じられるでしょ。
「客寄せ」という意味では零戦燃ゆの総ジュラルミン製のレプリカの流れ
「ポーズ」という意味ではBBJの疑似モーションコントロールの流れを汲んでいる。
どちらも「記者会見用にこんな大金を注ぎ込みやがって」と現場で陰口を叩かれたもの。

158 :どこの誰かは知らないけれど:2006/01/02(月) 16:16:50 ID:lId2JWOt
現場でどうおもわれたかはソースがないと判別できんが、俺は度肝を抜かれたからあれでいい

159 :どこの誰かは知らないけれど:2006/01/03(火) 17:13:48 ID:MUwRoti5
じゃあ、サイボット靖子は?

160 :どこの誰かは知らないけれど:2006/01/04(水) 02:05:07 ID:bL/YvnRT
俺、それ欲しい!

161 :どこの誰かは知らないけれど:2006/01/05(木) 06:19:30 ID:orceQlC6
どうみても靖子です。
本当にありがとうございました

162 :どこの誰かは知らないけれど:2006/01/09(月) 00:52:11 ID:idtsMayz
沢口靖子ってこの作品がデビュー作だっけ?

163 :どこの誰かは知らないけれど:2006/01/09(月) 01:35:54 ID:VhFaIXvl
武田鉄矢の「刑事物語」じゃなかったか

164 :猫柳四十半ば郎:2006/01/09(月) 06:58:07 ID:1/rb4ftJ
>>163 確かそう、劇中セーラー服姿見せてたっけ。まさか後年「タンスにゴン」で
再びセーラー服姿見せるとは思わなかったが(^^;)

165 :どこの誰かは知らないけれど:2006/01/12(木) 20:16:44 ID:H96PhlEN
中野特撮の集大成?

166 :どこの誰かは知らないけれど:2006/01/12(木) 21:21:03 ID:IbJ8HYT5
爆発が多彩で美しいよ

167 :どこの誰かは知らないけれど:2006/01/12(木) 21:49:29 ID:qGW9BH4T
「またまたへんないきもの」で、リアルショッキラスな巨大フナムシモドキが。
    コワッ。

168 :どこの誰かは知らないけれど:2006/01/13(金) 21:47:19 ID:qxiAjAzz
ショッキラスの素晴らしさとは?

169 :どこの誰かは知らないけれど:2006/01/14(土) 00:41:08 ID:342W71UX
>>168
白けさせるだけ白けさせたけど
二度と登場しなかったところ。

170 :どこの誰かは知らないけれど:2006/01/14(土) 19:56:16 ID:N1BtK20N
なるほど、もう一回登場してたら駄目だったわけですね。

171 :どこの誰かは知らないけれど:2006/01/15(日) 19:28:32 ID:fbH14Nb6
あやまれ!ジラにあやまれ!

172 :どこの誰かは知らないけれど:2006/01/16(月) 22:31:03 ID:XTx2JQLm
ジラとショッキラスはどっちが強いのかな?

173 :どこの誰かは知らないけれど:2006/01/16(月) 23:12:55 ID:6kgJOL+m
>>148
あのシーンは水のように見えても実はガラスの粉末なのだ
車も細かくコントロールしている
さらにはミニチュア全体もフォースドパースで作られている
そこまで神経を注いでつくっているものと
適当に作ったセットに適当にぬいぐるみを立たせただけのものとで
仕上がりが違うのは当然

174 :どこの誰かは知らないけれど:2006/01/17(火) 11:27:42 ID:5LOBLmJ3
>>173
フォースドパースって何?強めにかかったパースのこと?
今の映画に飽きて、昔の特撮映画見てるんだけど、CGに比べて荒削りだけど
それなりに手が込んでるってのはすっごいよくわかる。
ああいうのをどうやって撮ったかに興味あるんだけど、80年代ミニチュアSFXの
テクニックを集めた本って今は売ってないだろうなあ。

175 :どこの誰かは知らないけれど:2006/01/17(火) 12:16:35 ID:6hhlXRlL
>>173
当時のcinefex誌のゴーストバスターズ特集によると、
あの粉末は90mesh程度の珪酸塩。
それを瓶に詰めたものを固まらないようにバイブレーターでシェイクしておき
タイミングを計って圧搾空気で吹き上げたのだそうで。
車を動かすのは撮影間際の土壇場になって決まったとのこと。
何しろヘッドライトを点灯するのも急遽決まったくらいで
「じゃ、どうせなら動かしてみるか」程度の思い付きだったらしい。
画面の中の衝突事故は実は偶発的な「ミス」だったのだそうで。

ちなみにあのカットでは強制遠近法のセットは用いられていない。
上から望遠気味のレンズで撮った俯瞰カットなので
少なくともあそこでは必要ないね。マシュマロマン登場のカットは
横移動なので強制遠近法は必要なし。交差点に現れるカットは
マシュマロマンのみブルーバックで背景は実景。

何にせよ最初にコンテで絵が決まっていて、それに合わせて少数のカットを撮るものと
一つの同じセットを四方から沢山撮る事を前提になっているものを並べて
「適当」と言うのは何となくフェアでは無いような気がする。

>>174
>ああいうのをどうやって撮ったかに興味あるんだけど、80年代ミニチュアSFXの
>テクニックを集めた本って今は売ってないだろうなあ。

ttp://members.at.infoseek.co.jp/b8270/xbunko.html
の中子真治・著「SFX映画の世界 完全版(1〜4)」がお勧め。
無論、今となっては絶版だけどぐぐってみたら意外に古本市場にあるみたい。

あとはこれ。
ttp://sprocket.eek.jp/month2004Feb1.html
今でも本国では刊行中の専門誌の邦訳版。
これも古本で見かけるので入手可能かも。

デジタル移行前のILMの事ならこれ。
値段は張るが図版、内容ともに値段分だけの事はある。
ttp://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4022558008.html



176 :どこの誰かは知らないけれど:2006/01/18(水) 00:08:24 ID:DnpmTrAj
>>175
「SFX映画の世界」は中学校の図書館にあったのを読んだことがあります。
いろんなテクニックが幅広く紹介してあって面白かったです。

1つの映画についてのメイキング記事だとcinefexのほうが充実してそうですね。
探してぜひ読んでみたいです。

ILMのはすごいですね(値段も)。マットペインティングについてのでっかい洋書を
この間手に入れて、大きい本だと迫力があるなあと思っていたところなので、
機会があったら手に入れてみます。

ありがとうございました

177 :どこの誰かは知らないけれど:2006/01/18(水) 09:23:39 ID:bSTZi4jR
>>176
シネフェックスはバンダイの邦訳版が休刊した後
暫く経ってから他社が邦訳版を出している。
こっちはまだ新刊があるんじゃないかな。
でも、ジュラシックパーク以降のデジタル時代の映画が主なんだけど。
ちなみにこちらも今は休刊。
ttp://www.toyspress.co.jp/cinefex/

本国版はこっち。
絶版で売り切れになったものもゼロックスコピー版で売ってくれたりする。
写真は真っ黒に潰れて見えないけど、文章だけは読める。
ttp://www.cinefex.com/

178 :どこの誰かは知らないけれど:2006/01/18(水) 10:37:55 ID:eUSfZA6T
竹上官房長官がかっこよかった。

179 :どこの誰かは知らないけれど:2006/01/21(土) 00:03:04 ID:+WR4J9JU
ゴジラは興行考えれば60年代か90年代だが一番おもしろかったのは80年代。
たかだか2作されど重みのある2作


180 :どこの誰かは知らないけれど:2006/01/21(土) 00:53:45 ID:azye2uGe
「鳴り物入りで公開されたが映画そのものは全然面白くなかった復活第一作」と
「前があまりにも酷かったので実際の出来よりも良く見えて傑作と扱いの第二作」と
バリエーションにも富んでますね。

181 :どこの誰かは知らないけれど:2006/01/21(土) 03:09:27 ID:fHyLaGhV
FWの前にレンタルDVDで初代から全部再見したんだ。

当時、ショボイとかまあまあとか思ってたんだが、
意外と健闘していると思ったよ。

182 :どこの誰かは知らないけれど:2006/01/21(土) 05:00:54 ID:y9X9Tsyz
不当に低く評価されてる気がしなくもない

183 :どこの誰かは知らないけれど:2006/01/21(土) 07:16:49 ID:vlSAkCvZ
だね
現代人としては昔の人たちの概念はちょっと理解し切れん(お互い

184 :どこの誰かは知らないけれど:2006/01/21(土) 13:45:15 ID:CWpzfiyD
久々に列車(新幹線)をくわえるゴジラを過剰な演出だと思いながらも
原点に戻ったみたいで嬉しかった


185 :どこの誰かは知らないけれど:2006/01/21(土) 20:13:22 ID:eCuyHvjf
70年代まで続いた「怪獣映画=子供向け路線」を廃して、大人の鑑賞にも耐えうるドラマを構築しようとした姿勢は大いに意義があるだろう。VSビオや後のガメラシリーズにつながる系譜になったと思いたい。


186 :どこの誰かは知らないけれど:2006/01/21(土) 20:46:51 ID:BKRcviGy
>列車(新幹線)をくわえるゴジラ
握っちゃいるけど、くわえてないですけど…
よくネタにされてるけど、弱い地震程度ですぐ止まる新幹線が
ゴジラの前をのうのうと走るのがどうにも納得がいきません

187 :どこの誰かは知らないけれど:2006/01/21(土) 21:07:48 ID:vlSAkCvZ
線路が壊される前に一本でも多く避難を
止まらないのは演出上仕方ないと

新幹線視点のカット、本編よりスチールのがカメラが低くていい感じだった

188 :どこの誰かは知らないけれど:2006/01/21(土) 21:18:08 ID:vlSAkCvZ
電車で思い出したけど、電車系の描写はしばらく自粛かな?

189 :どこの誰かは知らないけれど:2006/01/22(日) 00:55:11 ID:7/J2sL2A
去年は脱線事故続きだったしね。
列車ネタは怪獣総進撃のモスラでやってたがゴジラ自身だとキンゴジまで
遡らないとなかったと思われ。それ以外でも海岸でのゴジラ迎撃や最後の三原山
爆破なんかは人間対ゴジラを強調した久々の展開だったんで良かった。


190 :どこの誰かは知らないけれど:2006/01/22(日) 04:17:06 ID:eGBhtL3g
84を観てから以降、特撮で電車走らせてるシーンがすごい観たくて
いろいろ探したんだけど満足したものってあまりなかったな

ベストはやっぱり初代の品川駅かなあ

191 :どこの誰かは知らないけれど:2006/01/22(日) 04:20:37 ID:zGMVO5e/
>>190
つ【交渉人真下正義】

映画は色々ツッコミどころがあるが特撮のレベルはかなり高い。

192 :どこの誰かは知らないけれど:2006/01/22(日) 13:41:19 ID:0IuPGisP
ある意味結構リアルで好きだな。
街をあんまり壊さないからどうこうっていうけど実際現れたら
あんなもんだと思うな。わざわざ自分よりデケェ高層ビル
ぶっ壊したってゴジラ側としてはあんまり意味ないだろうし。
東京に上陸の理由もただの気まぐれで上陸したに過ぎなさそう。

そしてスーパーX最高。


193 :どこの誰かは知らないけれど:2006/01/22(日) 16:12:58 ID:q9IbMwxB
スーパーX、イイよな。

PCエンジンの格ゲーでの無敵っぷりは爆笑したなあ。

194 :どこの誰かは知らないけれど:2006/01/22(日) 17:16:37 ID:wRoEOhnA
映画では浮いてるだけだったのにな。

195 :どこの誰かは知らないけれど:2006/01/22(日) 19:52:01 ID:oo2I6Alc
スーパーXいいよ。
いまでも家電売り場で電気炊飯器みると、「スーパーXが並んでる」と心が踊るもの。

196 :どこの誰かは知らないけれど:2006/01/22(日) 20:09:59 ID:JfzlgTBI
この作品はとにかくBGMがよかったなぁ・・・

スーパーXもそうだが、個人的には
空が赤くなったときに使われたBGMも神秘的で好きだった。

197 :どこの誰かは知らないけれど:2006/01/22(日) 20:15:11 ID:tA2v1nSd
サントラを持っているが今でも十分に聞ける、飽きのこないトラックが多い。
全体がジミ目なために傑出したトラックは少ないが(自衛隊のテーマ、スーパーXのテーマくらい)、曲を通して統一感があり、理想のBGMの姿といえないでもない。
特に、ゴジラが新宿副都心を去るシーンから三原山火口への墜落、それを見守る首相たち内閣一堂という流れにかかる曲の数々は珠玉の出来だと思う。

余談だが、エンディングにかかった「GODZILLA・愛のテーマ」は曲単体として聞いてもなかなかいい出来だと思う。


198 :どこの誰かは知らないけれど:2006/01/22(日) 20:30:18 ID:wRoEOhnA
>>197
曲単体としてはどの曲も魅力的なんだけど劇伴としてはどうかね。
場面の頭と共に始まって、その後に尻つぼみになっちゃうか
場面と共に終わってしまうかのどちらかってケースが多かったように思う。
結果としては盛り上げられた観客が置いてきぼりを食うだけ。

まぁ、作曲に当てられた時間も少なかっただろうし
劇伴であると同時にサントラアルバムの収録曲である事も求められるという
どっち付かずの作業を強いられた作曲家には気の毒だけど
劇伴としての効果限定で考えた場合、あまり良いスコアじゃなかったと思う。


199 :四葉:2006/01/22(日) 21:13:08 ID:lz/e3MWJ
>>190
鉄道の特撮シーンというと、古いところでは、
セシル・B・デミル監督の「大平原」があるですね。
インディアンに襲撃された列車が、線路の上に倒された給水塔のタンクにぶつかって
クラッシュするシーンがあるです。
また、峠の木製のトラス橋が列車の重みで崩れるシーンもありました。
丸太を満載した貨車が次々と転落するミニチュアワークがすごかったです。
同じくデミル監督の「地上最大のショウ」で、強盗に停止させられたサーカス列車に、
後続のサーカス列車が追突するシーンもよくできたミニチュア特撮シーンでした。
強盗の手下はサーカスを馘になった男で、列車に恋人が乗ってることに気づいて、
仲間を打ち倒して、危険を知らせるために後続の列車に向かって
オープンカーを走らせ、後続列車も制動をかけるも間に合わず、
オープンカーをはじき飛ばしてついにクラッシュするです。
スピルバーグ監督の「宇宙戦争」にこのシーンがテレビ画面の中に流れるですが、
「大平原」も「地上最大のショウ」も特撮はゴードン・ジェニングスで、
この人はジョージ・パルの「宇宙戦争」の特撮をやってましたから、
オマージュとして出したんでしょうね。

それからアルフレッド・ヒッチコック監督の「十七番」も蒸気機関車と乗合自動車の
チェイスシーンがミニチュアワークで描かれてますよ。
最終的には鉄道連絡船に突っ込むクラッシュシーンが待ってます。
ヒッチコックといえば「間諜最後の日」のクライマックスで、
主人公のブルドック・ドラモントの乗った列車が急降下爆撃機に襲われるシーンが
ミニチュアワークでしたね。
クラッシュシーンはありませんが、「第三逃亡者」では、主人公たちが追っ手を振り切るため、
踏切を間一髪で横断するシーンがあるですが、これもよくできたミニチュアワークでしたぁ。

鉄道の特撮シーンにはあと「リスボン特急」なんかもありますね。
走っている列車にヘリコプターで乗り移るシーンがミニチュアワークでしたよ。
地味なところでは。「秘密兵器リンペット」で主人公一行がコニーアイランドに向かうシーンで、地下鉄列車がなぜかミニチュアワークでした。
まあ戦時中が舞台なので、当時の地下鉄をカラーで再現するためだったんでしょうね。

邦画では「てんやわんや」で主人公の佐野周二が都落ちするシーンで、
ワンカットだけですけど、夜行列車のよくできたミニチュアワークが出てきます。
また「私の名は娼婦」のラストカットでは夜の街をゆく主人公の頭上で
高架線の電車が駅に停車するところもミニチュアワークとの合成シーンでしたが、
この特撮ショットは円谷英二の手になるものでしたね。
「大いなる旅路」に蒸気機関車のクラッシュシーンがあるですが、
これは本物を使ってましたぁ。

以上、思いっきりスレちがいですぅ。

200 :四葉:2006/01/22(日) 21:14:09 ID:lz/e3MWJ
ついでに200ゲットですぅ。はははのは。

201 :190:2006/01/22(日) 21:21:39 ID:eGBhtL3g
>>199
ありがとう。
なんか個人的にすげえ良スレ(笑)

有名どころでは「カサンドラクロス」とかどうなんだろう
ダイハード3の地下鉄クラッシュもミニチュアだったような。
初代の品川駅はEF58なのが個人的にツボです。

84に戻すと、あの新幹線よくできてたなあ
連結器が外れるところで火花飛ばしてたのが忘れられん

202 :どこの誰かは知らないけれど:2006/01/22(日) 21:59:22 ID:q9IbMwxB
>>201
もしかして、日本特撮は〜スレの鉄ちゃんか?

203 :四葉:2006/01/22(日) 21:59:55 ID:lz/e3MWJ
>>201
いえいえ、どーいたしましてですぅ。
調子づいてもうちょっと書きますと、
ライブシーンの背景ミニチュアワークの列車なんかも
チェキしておきたいところですね。
松竹版の「自由学校」で御茶ノ水の川べりで
バラックを建てて生活している人たちが、夜、宴会をするシーンで
背景の夜の街並がミニチュアの中で電車が動いてましたね。
これは「妖星ゴラス」の水野久美のアパートの窓外の景色に
ミニチュアワークを使ったのと同じ効果です。
イングリッド・バーグマンがアナスタシア役をやった「追想」にも
窓外ミニチュアワークがあって、その中を電車が行ったり来たりしてましたっけ。
どーでもいーことですが、このときアナスタシアの侍女の声を東美江がアテてたんですけど、
その後記者会見のシーンでガヤにまじっていて、取材を振り切っていくユル・ブリンナーたちに
「ちょ、ちょっとまってくださいよぉ〜」と素っ頓狂な声をかけていましたが、
このときは完全にカネゴンの加根田金男くんの声になってましたぁ。
って、はちよんゴジラのはの字も出てこないカキコになっちゃいましたぁ。

204 :どこの誰かは知らないけれど:2006/01/22(日) 22:04:09 ID:eGBhtL3g
>>202
いや違うけども。

もっとふさわしいスレがあるならそっちに行きます

205 :四葉:2006/01/22(日) 22:34:18 ID:UCSrxaFV
この手の話はここでするといいかもしれないですね。

【特撮の華】〜すばらしきミニチュアワークの世界〜

http://bubble4.2ch.net/test/read.cgi/rsfx/1132391547/l50


206 :どこの誰かは知らないけれど:2006/01/23(月) 00:23:38 ID:F64UI84J
とりあえず空気が読めない人ってのが判った。

207 :どこの誰かは知らないけれど:2006/01/23(月) 01:09:39 ID:vgPNS41/
84ゴジラスレの空気、って…

208 :どこの誰かは知らないけれど:2006/01/23(月) 07:49:09 ID:dzC/DCLL
フォッグメーカーで作った空気

209 :どこの誰かは知らないけれど:2006/01/23(月) 19:28:10 ID:MmRIJuio
ソ連はいらなかったような。
単純にアメリカだけでよかったような気も。
まあ冷戦時代だから仕方ないけど。
これのアメリカ版見てムカついたからさ。


210 :どこの誰かは知らないけれど:2006/01/23(月) 19:55:13 ID:NpkISvet
列車のシーンは福知山線の脱線事故のすぐ後だったためかバットマンビギンズがインパクト強かった

211 :どこの誰かは知らないけれど:2006/01/24(火) 18:29:55 ID:xfCAW0CL
俺にとってのゴジラ作品は、初ゴジ、84ゴジ、ビオゴジの3作のみ。
これを3つ並べると、きれいに3部作みたいな形で完結するんだよな。そういう意味で、初ゴジとビオゴジの橋渡しみたいな位置づけで、84ゴジも一定の評価を下したい。
沢口靖子側のラブロマンスの要素ははっきり言って蛇足もいいところだった。三田村首相率いる政府サイドVSゴジラのスタンスを貫いてくれればもっと良くなった気もするが、子供向けの路線を脱しようとする意欲を買って、全体佳作の点数はやれるかと思う。

まあ、84ゴジの最大の意義は、自分の中ではゴジラ最高傑作のビオゴジを生み出したという一点に尽きるんだよな。


212 :どこの誰かは知らないけれど:2006/01/25(水) 16:20:03 ID:t3DBc3Bl
ビオゴジのどこが最高傑作かと・・・
小一時間

213 :どこの誰かは知らないけれど:2006/01/25(水) 16:32:38 ID:8Z2W8bX8
ではあなたにとってはどの作品が最高だと思う?

214 :どこの誰かは知らないけれど:2006/01/26(木) 19:23:02 ID:h6NF1fMv
3大決戦など往年のゴジラに出てた夏木陽介の博士役は悪くない。小林桂樹も
良かった。ただ以前のゴジラ映画に比べると主人公の影が薄かった事、初代東宝
シンデレラの沢口がゴジラとの繋がりを絶ってしまうような演技だったこと
(小高によって救われたが)武田鉄也もあまりいただけない


215 :どこの誰かは知らないけれど:2006/01/26(木) 22:00:53 ID:lseGPus0
いや、あまりどころか全然いただけませんよ!

216 :どこの誰かは知らないけれど:2006/01/27(金) 11:30:06 ID:AezZkXZ8
だーれも居なくなっちまって。アイラブ東京か!ウェルカムゴジラか!

ど〜んなもんかなこれが!!

ダメだこりゃ、大学生のコンパやってんじゃね〜んだから酒はカミでないと口にあわねぇんだっ・・・

でっかい顔しあがってこの田舎モンがっ!!新宿にくりゃ都会人だ!そー思ってんだろ!


217 :どこの誰かは知らないけれど:2006/01/27(金) 12:30:08 ID:iPzApdIt
>>14
遅レスだがこれ小説あるのか

218 :どこの誰かは知らないけれど:2006/01/27(金) 17:17:23 ID:DCzo8YEs
>でっかい顔しあがってこの田舎モンがっ!!新宿にくりゃ都会人だ!そー思ってんだろ! 

これって、鉄矢が上京したてのころに新宿の浮浪者に投げつけられた言葉らしいな
小学生の頃に読んだ84ゴジラ大百科本に書いてあった

219 :どこの誰かは知らないけれど:2006/01/27(金) 22:17:13 ID:mSQ21Aa1
ゴジラの映画の中でそんなこと言われても前々面白くないもんな
当時、武田の出番では、劇場はしらけた空気で一杯だった

220 :どこの誰かは知らないけれど:2006/01/28(土) 22:28:48 ID:uvrF8u3a
武田鉄矢の場合、誰が演じてるかよりも、
ちゃんと話にアクセントのある役回りだから許せるんだ。

避難のドサクサに紛れて高級レストランで盗み食いするホームレス…って、カメオの使い方としては秀逸だと思う。

ムッシュよりかは役に立ってる。


221 :どこの誰かは知らないけれど:2006/01/29(日) 03:11:27 ID:MHrr2bt0
カメオというか、もろに面出ししてるけどね

個人的には森本毅郎が本人役で出てたのに衝撃を受けた。
しかもアナウンサー写してるテレビカメラをなめながらの構図で
そのシーンだけはなんかやけに迫真性があった。

84年版以前の怪獣映画のマスコミ報道のシーンで、
アナウンサー本人が出てきた前例ってあったっけ?

怪獣映画を初めてちゃんとみたのがこの作品だったんだけど、
怪獣というウソを成り立たせるには周りのリアリティを高めるしかないんだなと
子供心に直感したシーンだった。


222 :どこの誰かは知らないけれど:2006/01/29(日) 10:39:13 ID:HWGHLz6M
>>221
> 84年版以前の怪獣映画のマスコミ報道のシーンで、
> アナウンサー本人が出てきた前例ってあったっけ?

池谷三郎さん死去、79歳 「ゴジラ」でアナ役

 池谷三郎氏(いけたに・さぶろう=元TBSアナウンサー)19日午前11時18分、間質性肺
炎のため神奈川県鎌倉市の病院で死去、79歳。東京都出身。自宅は公表していない。通
夜は21日午後6時から、葬儀・告別式は22日午前11時から、いずれも神奈川県逗子市久
木1の2の6、逗子二葉会館で。喪主は妻、葉子(ようこ)さん。

 TBSのアナウンサー第一期生。ラジオ番組「浪曲天狗道場」の司会を務め、映画「ゴジラ」
にもアナウンサー役で出演した。

http://www.sanspo.com/geino/top/gt200210/gt2002102115.html

223 :どこの誰かは知らないけれど:2006/01/29(日) 11:35:55 ID:rANRtRCL
「宇宙大怪獣ガメラ」にも、現役のアナウンサーさんがでてたはず

224 :どこの誰かは知らないけれど:2006/01/29(日) 12:13:55 ID:mEKRq5Vn
>>221
平成ガメラでは現実にあるワイドショー番組まで使われたな

225 :どこの誰かは知らないけれど:2006/01/29(日) 22:02:01 ID:kfHLKh2x
小林桂樹
http://that4.2ch.net/test/read.cgi/rmovie/1108461584/l50

226 :どこの誰かは知らないけれど:2006/01/29(日) 22:10:45 ID:kfHLKh2x
【金八】武田鉄也【織金】
http://tv7.2ch.net/test/read.cgi/actor/1133004944/l50
石坂浩二
http://tv7.2ch.net/test/read.cgi/actor/1135744005/l50

227 :どこの誰かは知らないけれど:2006/01/30(月) 01:32:19 ID:1tZ7WvUD
アメリカとソ連の特使と、三田村首相との会談は、ゴジラ映画である事を忘れてしまいそうになる。
それと、ソ連の核衛星からミサイルが発射され、沖縄の嘉手納基地から迎撃ミサイルが発射されるのも、
何かパニック映画を見ているみたいだった。


228 :どこの誰かは知らないけれど:2006/01/31(火) 00:16:42 ID:lnr0APhZ
パニックってか軍事サスペンスだな。

229 :どこの誰かは知らないけれど:2006/01/31(火) 08:44:57 ID:XR4YasBH
軍事スリラー?路線を今後のゴジラも押すべきだと思う、そうすればマニア以外の客が期待できるのでは?

230 :どこの誰かは知らないけれど:2006/01/31(火) 21:37:14 ID:gdlj7XB1
橋本監督と中野監督のコンビの最後の作品?

231 :どこの誰かは知らないけれど:2006/01/31(火) 23:53:50 ID:nylVNOw5
コンビでいえば唯一
ジュピターも唯一

232 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/01(水) 09:29:12 ID:3MRVMMs0
>>227
冷戦下の人間が作ったとは思えないほどの夢物語に感じた。

233 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/01(水) 18:15:16 ID:yz2M2phh
ありえないけど、本多猪四郎を監督に起用してたらどうなってたんだろ。
たとえ(ありえないけど)東宝がオファー出してても、「乱」の撮影に大忙しだったからできるはずもなかったんだが。


234 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/01(水) 23:02:17 ID:6vr2X3Ii
【三宅島】火山を観光の目玉に エコツアー構想[060201]
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1138764564/l50

235 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/02(木) 04:19:33 ID:JjTUA+jo
初代ゴジラの怖さを受け継いだ、わりかし正統派な作り、特撮もまあよくできてる
作品なんだが、なぜかいまいち評価されず影の薄い作品だ。


236 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/02(木) 10:17:37 ID:FjEU4CAs
この作品あたりから著名人のカメオ的出演という悪い習慣が始まり、
映画の雰囲気を台無しにしてしまっている。


237 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/03(金) 10:53:06 ID:PePlUFUz
チャンピョン祭り世代の人にはうけが悪いのかな?

238 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/03(金) 14:20:34 ID:Q7vGxCt7
Gガンダムをガンダムだと思ってる人間が∀ガンダムを観るようなもんか

239 :キングアナル:2006/02/03(金) 23:09:45 ID:52JfNtej
>>235
いや、初代みたいに怖くないかも。
さりとてGMKみたいに憎くもない。
そんなゴジラだった。

特撮も確かに「まあよくできてる」けれど、同年同季節のグレムリンやゴーストバスターズと比較すると明確に技術が落ちてた。

パニック邦画としてはしっかりしててよくも悪くも後世の怪獣映画の基礎を作ったのは確かだが、
逆に「この時代にゴジラを出すこのの現実性のなさ」が際立ったかも知れない。

あなたの言うように全体的に正統派の作品で、
「一般の大人が観客として見に来られる最後の邦画ゴジラ」でもあるけれど、
やっぱりもう時代が求めている何かをあまり提供できなかったよね。
せめて特撮技術が神がかっていればなあ。

240 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/04(土) 00:29:39 ID:Qac30ZKh
パニック映画って言うのは「予兆」が醍醐味だと思うんだけどなぁ。
小さな積み重ねがあって、それが現実化する。
そういう語り口が楽しいんだけど、この映画では無かったね。
折角の新規巻き直しの機会だったのに「ゴジラがいる事が前提」って事になっちまった。
これではパニック映画の醍醐味なんかありゃしない。
「小さな積み重ね」っていうのを省けるから脚本書く分には楽なんだろうけど。

241 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/04(土) 01:39:37 ID:axckcHe2
洩れにとっては生まれて初めて見たゴジラ映画なんで印象深いです。
米ソ冷戦構造をストーリーに取り入れたのも当時としてはリアリティが
感じられたし、敵怪獣がいないぶん都市破壊に徹するゴジラは怖かった。
首都高速炎上の場面が使い回しだなんて知らなかったしw


242 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/04(土) 02:01:26 ID:qWs0+K7J
同じく。
当方74年生まれのおっさんだがw

243 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/05(日) 00:30:43 ID:QWyG0wOl
小説版に書かれてた話全部入れて作ってたら評価もまた変わったかもね

244 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/05(日) 15:10:53 ID:0vDmvz0J
自衛隊の戦車隊との攻防、ビルを盾に飛ぶ対戦車ヘリ部隊との攻防
なんてシーンも見てみたかった。
スーパーXの攻撃を支援する為に同時攻撃をしかける
AH−1や74式戦車の猛攻撃・・・

245 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/05(日) 19:34:03 ID:knN5Zvhs
>>240
それは1作目をなかったことにすること?
それは賛成だ
しかし、ミレニアム以降ゴジラのテーマはvsモスラ〜vsスペースゴジラも薄かったが
核からエネルギー・怨念・クローンとどんどん変わっていったが今の時代何が合うのだろうね

>>243
どんなことが書かれてた?

246 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/06(月) 01:35:38 ID:4xcDmxtI
>>240
激しく同意。
おれにとっても怪獣映画の醍醐味ってそれだ。
変哲のない日常に「何か普通ではないただならぬ事が起こりはじめている」あの感じ。
それだけで思わずのめりこむ。

247 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/06(月) 02:05:22 ID:ktbzGR6Z
>>240
84もリセットされたvsキングギドラもミレニアム以降でもそれはなかったな
平成ガメラもあまりそれは感じられなかったがギャオス保護ガメラ攻撃から政府の方針が変わっていくところは楽しめた
怪獣映画でまだその辺が描かれてたのはUSAゴジラ位なのではないのだろうか

248 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/06(月) 04:00:30 ID:2X973pC2
リセットしなかったにしても手抜き過ぎだ。
「君が見た巨大生物とはこれかね?」の写真。
選りに選って誰でも知ってるあの写真ってどーなのよ?
俺はもう、あれで既にガッカリしたね。
別に鮮明な写真である必要なんて無いんだから
ソフビと国会議事堂の写真の切り抜きくらいあれば
もっと説得力のある小道具が出来たろうに。
ボケボケで「何となくゴジラと国会議事堂」くらいの方が
よっぽど説得力あると思わん?

249 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/06(月) 11:59:07 ID:+xDnUsfO
そこのなにがいけないのかさっぱりわからん

250 :キングアナル ◆ANALdoof0M :2006/02/06(月) 12:13:25 ID:hzOr/472
わからんことはないけれど、何となくである必要性も感じない。

やっぱりこのゴジラはどなたかが言ったように照明をもう少し暗くすれば、
それだけで充分いい映画になったのかも知れないなあ。
映像に迫力があれば、内容が少しくらいまずくても名作になっちまう。

251 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/06(月) 13:26:31 ID:dLJQnZo4
AVIDで色調いじったバージョンを出せばいいのに

252 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/06(月) 16:01:10 ID:+xDnUsfO
ttp://sakura2.room.ne.jp/%7Eboogie/cgi-bin/img-box/img20060206160021.jpg
暗くしたヨン

253 :キングアナル:2006/02/06(月) 20:18:45 ID:hzOr/472
さすがに動いてないとわからないなw

254 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/07(火) 00:16:50 ID:YVVUAU/n
>選りに選って誰でも知ってるあの写真ってどーなのよ?

「ゴメス」と「ジラース」も混ぜれ。

255 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/07(火) 02:35:07 ID:sGVGb14b
東京SOSの潜水艦のシーンがこの作品の潜水艦のシーンと被ってしまう。

256 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/07(火) 13:18:32 ID:1bJmcmWb
>>249
「過去にゴジラが日本に現れた」っていう事を視覚的に説明する小道具は
この映画の劇中に於いてはあの写真しかない。
それが散々ガイシュツの旧作の有名なスチールっていうのは手抜き以外の何物でもないと思うが。
この映画のセンスの無さが如実に現れていたと思う。
ああいう小道具にはある種の「パロディー的なセンス」が求められると思うんだけど。

それにあれはその場に居合わせた人間が撮った写真には全然見えない。
使われた写真がそういう目的では撮られてないから当たり前なんだけどな。

257 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/08(水) 01:51:57 ID:OaO9I3QJ
この作品のいいところはちゃんと政府が政治をしてること。
国連の独立機関のGフォースと違って日本政府が働いてるとこが個人的に好印象だな。
だから三田村総理も際立って見えるためであって。
凶悪さのみを追求したゴジラと自衛隊の海岸線での攻防は初代を髣髴とさせる。


258 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/08(水) 03:41:28 ID:KqIBdl2H
政治ねぇ。

核の傘に依存している小国が
2大国を相手に核の使用を思い留まらせるって時点で
一気におとぎ話になっちまいましたな。

259 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/08(水) 12:19:18 ID:Diu9CBCJ
>>259
俺はやっぱり手抜きには思えん
俺があの映画以前の昔を知らない若い世代だからかも知れんけど、
お馴染みの写真を使ったことにより、過去との繋がりを強くストレートに出せてると思う
あの映画の世界では、あの写真はカメラマンが撮った写真なんだなと、無意識に思える

もちろん新しく作るなら作るでいいけど

260 :キングアナル:2006/02/08(水) 12:28:21 ID:ZQ1WXFti
コロコロに連載持ってた漫画家が書いた84原作に忠実なゴジラだと
その写真が何なのかは読者には見せなかったのを思い出した。

読んでる側としては「ゴジラに決まってるのに何もったいぶってんの」と思った。

261 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/08(水) 15:40:01 ID:Gvxwb81X
初代ゴジラから直結する世界(昭和ゴジラシリーズが無い世界)なのに、
なんでキンゴジの模型が置いてあるのか理解出来なかった。

262 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/08(水) 20:53:06 ID:A46gdiiD
>>258
あそこまで実際には言えないだろうがそれを映画の中だけとは言えやってくれて、スカッとした

263 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/08(水) 21:29:10 ID:Lh9cuCDf
あれで非核三原則を知った小4の俺

264 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/08(水) 21:37:43 ID:sixUBH4F
>>258
ロードショーの時には劇場でせせら笑いが起きてたな。

265 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/08(水) 22:48:52 ID:OIvRLis7
映画見ながらよく客の反応までわかるな
爆笑とかならともかく

266 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/08(水) 23:56:33 ID:GtvG/ijA
隣の客とか後ろの客の事じゃね?

267 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/09(木) 01:57:31 ID:zSIRONUb
>>265
客が一斉に歯の隙間から息を吹き出すような音を立てたら嫌でもわかるよ。
ちなみに他の観客の反応が感じられたのはここと
冒頭のフナムシの脅かしカットの一回だけ。武田鉄矢には全員無反応。
マリオンで平日の7時台の回だった。入りは半分ほど。
終映後のロビーがやけに白けた雰囲気だったのが印象的。

268 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/09(木) 02:22:11 ID:XAAbivjj
チャンピオン祭り世代の作品で育った人は対怪獣戦が無いと駄目なのかな?

269 :キングアナル ◆ANALdoof0M :2006/02/09(木) 02:32:04 ID:Ssrhy7sD
その世代より子供たちがそうなんじゃない?
子供たちがジュラシックパークよりゴジラを見たがるのはそういう動機でしょ。

270 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/09(木) 09:49:04 ID:ROIZkXCn
伊福部先生亡くなってしまった・・・合掌

271 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/09(木) 12:41:09 ID:r7TvfNM+
国内版と海外版でソ連船の中の人の扱いが180度違うのに時代を感じる

272 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/10(金) 01:47:41 ID:SACnRAES
今ならショッキラスの大群をCGで・・・

273 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/10(金) 11:32:05 ID:XOsQfX/+
公開時に見たときは消化不良だったけど、
今見直すと丁寧に作ってあると思うよ。
ただ、丁寧すぎて昨今のスピーディーな展開に慣れてしまうと、
物足りなく感じている。

274 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/10(金) 14:20:38 ID:DaHZb151
ゴジラのオナニー

275 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/10(金) 15:39:27 ID:S7ZjdPqi
>>273
当時からテンポが悪くてどうしようもないと感じてたけど・・・。

276 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/10(金) 15:47:44 ID:bKVqbdfI
悪いんじゃない
じっくりと歩を進めてる
と、川北特撮育ちの俺には見えた

277 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/10(金) 16:27:15 ID:NHWtNSvz
じゃあ、批判してる方々はどの作品が良いと思う?

278 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/10(金) 18:11:52 ID:Uqbs/f75
ビオランテ冒頭のシーンを見ると、この映画が神に思えてくる。
実際に見るとしょぼい。
音楽はいいのがいくつかあるね。

279 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/11(土) 02:31:03 ID:oAQAbKt7
御大が身罷られた直後に書くのは心苦しいが
冒頭の伊福部ゴジラのギターアレンジは萎えたな

都庁がやけに低かったのも印象深い

280 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/11(土) 04:30:44 ID:mjn70mWP
すぎやまバージョンもそんなに悪くないと思うんだがなぁー

281 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/11(土) 04:42:31 ID:6PfthQCh
10歳の少年にはかっこよかった
今でも。現代のゴジラって感じがして

282 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/11(土) 04:54:56 ID:mjn70mWP
>>264
しかし、20年も前の映画館の観客の事をよく覚えてるね。

283 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/11(土) 06:25:27 ID:95ek0e5O
劇場で観客が一斉に白けた笑い声を上げるなんて体験は滅多に無いからな。
しかもそれが鳴り物入りのゴジラ復活第一作となれば憶えてても不思議はなかろ?
当時はタカ派のレーガンとKGB出身のアンドロポフが角を突き合わせていたリアル冷戦時代。
大韓航空機がソ連に撃墜されたのがこの映画の公開の前年。
そんな時代にあんな絵空事が説得力を持つわけがない。

284 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/11(土) 08:50:38 ID:+hRIgsB9
>>283
その当時の空気知らないんでどういったストーリー展開なら納得できたの?

285 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/11(土) 10:21:02 ID:xRTvzR5u
まあソビエトはあんな通り準備してたわけだけどな

286 :キングアナル ◆ANALdoof0M :2006/02/11(土) 11:12:26 ID:B1Pk9ZKD
>>284
核兵器を使いたいというやりとりそのものがいらなかったのかも知れない。
当時小学生だった俺ですら>>283みたいにうそ臭く感じてしまったもんなあ。
でもゴジラ映画だからちょっとぐらいの偽善がまかり通ってもいいかなと、
そのような気持ちで受け止める事は出来た。

287 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/11(土) 11:39:40 ID:95ek0e5O
>>284
トンデモ兵器が出てくる空想科学映画でも良い。
怪獣出現という事態の冷静なシミュレーション映画でも良い。
どちらかにトーンを定めてそれを深く掘り下げて欲しかった。

米ソ冷戦なんていう生々しい要素が出てくる割にはスーパーXなんてものが登場する世界。
しかもその冷戦による衝突の危機は「絵空事の論理」で片付けられてしまう。
要するに八方美人過ぎて、どちらも中途半端だっていうのがこの映画の最大の欠点だと思う。

無論、「スーパーXなんてものを持ってるから大国に物申せる日本」という設定があれば
あれはあれで別に構わないんだけど、映画ではそれを匂わせる描写は無かったしね。


288 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/11(土) 13:21:22 ID:Bs8BiJnr
Xっていうくらいだからアメリカに黙って作ったんだろうな。

289 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/11(土) 14:58:40 ID:cbGeCS1+
ヘドラ飛行形態にインスパイヤされたんかな

290 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/11(土) 20:01:09 ID:tYxaZUZ7
その当時の日本は相当弱い立場だったという事か

291 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/11(土) 20:59:50 ID:Tb5iFjfQ
狂死牛肉は持たず、使わず、持ち込まず・・・!

292 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/11(土) 23:25:29 ID:xRTvzR5u
三田村総理が優秀で
ゴジラという状況がそうさせたんだろう


293 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/11(土) 23:26:39 ID:GwVgtIyN
京王プラザホテルに穴を開けて戦うのがイイ

294 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/11(土) 23:54:46 ID:Bs8BiJnr
東京に核ミサイル撃ちこむほうが無理があるってことで。

>>293
同意!

295 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/12(日) 22:34:46 ID:SNYAc7RJ
>>290
今もそんなに変わらん。
てか「西側の重要なお友達」とアメリカから見られなくなった分だけ
今は昔よりも立場は弱いかもな。

296 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/13(月) 14:04:34 ID:bxQwj9ad
ビルの倒れ方も建築工学の先生からお墨付きをもらってたんだっけ?

297 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/13(月) 14:16:16 ID:jNnxm+In
>>296
昭和作品の酷い時は、ベニヤ板ビルが多かったから流石に改めたか。

298 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/13(月) 14:57:32 ID:/bJtV4yJ
お墨付きって言ったって「これで学術的に完璧」って程ではないんじゃない?
倒れても原型を保ってるような丈夫な高層ビルなんてあるわけないし。
「ガラガラ崩れたりしない点は正しい」程度の消極的なお墨付きなんじゃないかと。
どうせ制作側も欲しがっていたのは「監修してもらった」という事実だけで
「監修の結果得られた正しい映像」じゃなかったろうし
監修した側も大人だからその位は心得ていたと思うよ。

299 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/13(月) 15:41:12 ID:+5ulKEuh
倒壊したら三つに割れるでしょうって参考意見をもらったからその通りに壊れるようにした、
ってどこかで読んだ記憶があるな。
ただ、それが本編で実現されているのはどう見ても井浜原発の煙突の倒壊シーンなんだが…

一応日本沈没の頃から高層建築の倒壊は専門家の意見を参考にしていたらしい。
中野が「日本沈没」のオーコメでそう言ってた

300 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/13(月) 15:45:42 ID:+5ulKEuh
ttp://www.iga0125.info/history10.shtml
ここ読むと、スリーマイル事故とレーガンのSDIを下敷きにしたって書いてあるな。
あのミサイルは戦術核だったのか…

301 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/13(月) 16:24:31 ID:Ad6y1wHx
日本沈没、地震列島、ゴジラと似たような感じだね。

302 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/13(月) 17:21:09 ID:BpSWnnVM
>>301

全部中野昭慶だからね。
スタジオ撮影丸出しの昼間なのに爽快感のないどんよりとした空、スモーク、ガソリンと火薬を豪快に使った爆発…
この人の感覚では、昼間も夜間と差ほど変わりないらしい。

303 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/13(月) 17:45:00 ID:QFhtI8lp
たしか公開当時の批評で「ビルの崩れ方が古臭い、高層ビルらしくない」というのがあった。

304 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/13(月) 19:31:14 ID:OUELA5Ma
ダイナミックで見るといつも震えが来るけどな

305 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/14(火) 17:59:49 ID:6K3mMNcG
主演は田中健なのか?小林桂樹なのか?

306 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/15(水) 01:06:46 ID:JVmJyT/U
ベストオブゴジラ1984−1995(輸入盤)にこの映画のエンディング曲がないのが残念。
グッバイゴジラみたいな歌。

307 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/15(水) 01:12:18 ID:NdybO07n
伊集院光の本名は「田中健」

308 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/15(水) 02:36:41 ID:2jxcrgW7
>>306
サントラのみの収録だね。

309 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/15(水) 04:26:20 ID:HMFI3N5m
武田鉄矢がホームレス役で出てたような記憶がある

310 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/15(水) 04:27:05 ID:HMFI3N5m
ごめん上げちゃった

311 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/15(水) 13:28:18 ID:OZk6ToV4
エンディングもいいがその前の三原山にゴジラが上がってくる時の曲もいい
サントラには入ってるだろうが、なかなか見つからないんだよこれが

312 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/15(水) 19:50:19 ID:JVmJyT/U
>>311
ベストオブゴジラ1984−1995(輸入盤)に入ってるやつが多分それ。

313 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/15(水) 19:53:29 ID:JVmJyT/U
最後の歌と湾岸集結が無いんだけど、後者は東宝怪獣行進曲2で持ってる。

314 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/15(水) 20:37:59 ID:Ft9eRDOs
ウチはジャングルと言う中古CD屋でサントラ買いました。
まだあるかも?

315 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/15(水) 22:21:25 ID:cAsdo/KV
スカトロ物ではないけど、飲尿がある作品をあげてください。
女の子が自分で出したのを飲んだり、
チンポから直接飲んだり、
ジュースに混ぜたり、食べ物にかけて飲んだり・・・




316 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/15(水) 22:33:47 ID:cAsdo/KV
★61歳筑波大助教授を逮捕 少女と性的関係

・茨城県警土浦署は24日、県青少年環境整備条例違反の疑いで、同県つくば市上郷、
 筑波大大学院助教授山下浩容疑者(61)を逮捕した。

 調べでは、山下容疑者は2004年7月26日、つくば市内のホテルで、交際していた
 当時17歳の無職少女(18)=同県筑西市=と性的関係を持った疑い。「悪いことを
 して申し訳ない」と容疑を認めているという。

 山下容疑者は03年、知人の若い女性の紹介で少女と知り合い、昨年8月ごろまで交際。
 洋服を贈ったり現金を渡すなどしていたという。

 少女が昨年10月「別れた後も(山下容疑者に)付きまとわれて困っている」と土浦署に
 相談、発覚した。

ソース/共同通信社
http://flash24.kyodo.co.jp/?MID=RANDOM&PG=STORY&NGID=soci&NWID=2006012401002300



317 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/15(水) 22:34:51 ID:cAsdo/KV
【社会】保健室のベッドで中2女生徒にマッサージしながらキス…中学教諭を停職処分に 「自分でも何でやったか分からない」
1 :れいにゃφ ★ :2006/01/23(月) 19:02:24 ID:???0
 福井県教育委員会は23日、補習授業中の女子生徒のほおにキスをしたとして、
同県鯖江市の公立中学校の40代男性教諭を停職1カ月の懲戒処分にしたと発表した。

 県教委によると、教諭は昨年12月10日夕、保健室で補習させていた
2年生の女子生徒が腰痛を訴えたため、ベッドに生徒を移して、マッサージを
しながらキスしたという。保護者からの抗議で発覚した。

 教諭は「自分でも何でやったか分からない。教育者として大変すまない」
と話しているという。

[2006/1/23/18:53]

http://www.nikkansports.com/ns/general/f-so-tp0-060123-0025.html



318 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/15(水) 22:35:56 ID:cAsdo/KV
【北海道】高1少女(16)に現金を渡す約束しホテルでいかがわしい行為、道職員(31)逮捕
1 :道民雑誌('A`) φ ★ :2006/01/26(木) 15:01:59 ID:???0

児童買春:高1少女とホテルに、31歳道職員逮捕

  北海道警帯広署は26日、帯広市東12南7、東部耕地出張所技師、
  岩田学容疑者(31)を児童買春禁止法違反の疑いで逮捕した。

  調べでは、岩田容疑者は昨年9月24日、同市内のホテルで、
  当時高校1年の少女(16)に18歳未満と知りながら現金1万5000円を渡すと約束し、いかがわしい行為をした疑い。
  容疑を認めているという。少女とはテレホンクラブで知り合ったらしい。

  横田実副十勝支庁長は
  「道庁が厳しい財政状況を乗り越えようとしている矢先に誠に申し訳ない。
  気持ちを引き締め業務に取り組みたい」との談話を出した。【仲田力行】

毎日新聞
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/jiken/news/20060126k0000e040084000c.html




319 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/15(水) 22:36:49 ID:cAsdo/KV
【大阪】取り調べ中にわいせつ、元警部補に有罪判決…「卑劣極まりない犯行」
1 :諸君、私はニュースが好きだφ ★ :2006/01/24(火) 23:47:20 ID:???0
 覚せい剤取締法違反容疑で逮捕された女性に取り調べ中、わいせつな
行為をしたとして、特別公務員暴行陵虐罪に問われた大阪府警東住吉署
の元警部補・赤池章好被告(50)(懲戒免職)の判決が24日、大阪地裁で
あり、丸田顕裁判官は「圧倒的に優位な立場を利用し、被害者の人格を
踏みにじった卑劣極まりない犯行で、刑事司法への信頼を損なわせた」
として、懲役3年、執行猶予4年(求刑・懲役3年)を言い渡した。

 判決によると、赤池被告は昨年7月、同署刑事課の取調室内で3回に
わたり、取り調べを担当していた女性の胸を触るなどした。

ソース(読売新聞) http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20060124ic22.htm



320 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/15(水) 22:38:14 ID:cAsdo/KV
【社会】 塾の教室で、14歳女子生徒に20分わいせつ→塾経営の男逮捕…沖縄
1 :☆ばぐた☆ ◆JSGFLSFOXQ @☆ばぐ太☆φ ★ :2005/12/15(木) 00:20:01 ID:???0 ?##
★教室で女子生徒にわいせつ=塾経営の33歳男逮捕−沖縄県警

・中学2年の女子生徒にわいせつな行為をしたとして、沖縄県警豊見城署は14日、
 県青少年保護育成条例違反の疑いで、豊見城市金良、学習塾経営諸見勲容疑者
 (33)を逮捕した。

 調べによると、同容疑者は11月17日午後10時20分ごろから同40分ごろにかけ、
 自分が経営する市内の塾の教室で、女子生徒(14)の体を触った疑い。 
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051214-00000171-jij-soci

※関連スレ
・【社会】 "世代のギャップ、恋愛感情、大人の対応…" 難しい「塾講師と生徒の距離」
 http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1134542106/



321 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/15(水) 22:38:58 ID:cAsdo/KV
【裁判】 小学生女児をレイプ、ロリコン警官に懲役3年6月
1 :☆ばぐた☆ ◆JSGFLSFOXQ @☆ばぐ太☆φ ★ :2005/12/09(金) 12:02:50 ID:???0 ?##
★女児暴行の兵庫県警元巡査長に懲役3年6月…神戸地裁

・小学生女児に乱暴したとして、婦女暴行の罪に問われた元兵庫県警甲子園署地域1課
 巡査長、中村和洋被告(30)(懲戒免職)に対する判決公判が9日、神戸地裁であった。

 佐野哲生裁判長は「女児の受けた心身の苦痛は大きく、警察官への信頼を損ねたことも
 看過できない」として懲役3年6月(求刑・懲役7年)を言い渡した。

 判決によると、中村被告は2003年11月ごろに神戸市内で女児に暴行したのに加え、
 04年7月にも大阪市内のホテルに連れ込み、乱暴した。

 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051209-00000305-yom-soci



322 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/15(水) 22:40:06 ID:cAsdo/KV
【社会】 「君は性病にかかっている」 74歳エロ僧侶(元・教師)、女子高生を検査するふりしてレイプ…秋田
1 :☆ばぐた☆ ◆JSGFLSFOXQ @☆ばぐ太☆φ ★ :2005/12/06(火) 20:37:18 ID:???0 ?##
★女子高生に暴行の僧侶逮捕 秋田、元高校教師

・秋田県警由利本荘署は6日、強姦容疑で元県立高校教師の僧侶松山憲隆容疑者(74)
 =秋田県由利本荘市岩城下黒川森下=ら2人を逮捕した。
 調べでは、松山容疑者は11月中旬ごろ、同県内の女子高生(17)を「性病にかかって
 いる」などとだまし、検査を装って山形県内のホテルに連れ込み暴行した疑い。

 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051206-00000230-kyodo-soci



323 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/15(水) 22:41:04 ID:cAsdo/KV
【社会】女児に「つばをください」と声をかける不審な男が出没 東京・杉並区
1 :珍ペイφ ★ :2005/12/16(金) 05:19:36 ID:???0

東京都杉並区で14日、下校途中の小学3年の女児(9つ)が、不審な男に唾液(だえき)を
採取され、写真を撮られそうになっていたことが、15日までにわかった。女児にけがはなく
逃げて無事だった。男は自転車で走り去った。

荻窪署によると、自転車に乗った男が、1人で歩いていた女児に近づき「つばの研究をしている。
取らせてほしい」と声をかけた。男は女児を神社まで連れて行き、写真のフィルムケースに女児の
唾液を入れたという。
その後、男が大きなカメラを取り出し写真を撮ろうとしたため、怖くなった女児は近くの自宅に
駆け込んだ。男は身長170センチくらい、年齢は40歳くらいだったという。

杉並区教育委員会によると、杉並区では以前にも不審な男が、「つばをください」と女児に声を
かけるケースが数件あった。同区では相次いだ女児殺害事件を受け、「児童の下校見守り強化期間」
を設置、児童への安全対策を強化していたばかりだった。

近隣住民によると、現場周辺では女児が不審な男に手をつながれたり、女子中学生が“変なおじさん”
にいきなり目隠しされるなどの“事件”が起きているという。ある母親は「全国で事件が相次いでいて、
それに便乗したんじゃないですか」と不安そうに話した。

ソース
http://www.yomiuri.co.jp/hochi/news/dec/o20051215_30.htm



324 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/15(水) 22:41:47 ID:cAsdo/KV
【社会】公安警察官、女子中学生と淫行で逮捕・懲戒免職…「若い子に興味があった」
1 :諸君、私はニュースが好きだφ ★ :2005/12/07(水) 21:17:07 ID:???0
 未成年と知りながら女子中学生と性行為をしたとして、埼玉県青少年
健全育成条例違反の疑いで、警視庁公安2課の福川貴司巡査長(32)
が警視庁に逮捕されていたことが7日、分かった。

 福川巡査長は同条例違反罪で罰金50万円の略式命令を受け、警視庁
は7日、懲戒免職にした。監督責任で公安2課長(55)を警視総監訓戒
などとする処分を発表した。

 調べでは、福川元巡査長は9月と11月、インターネットの出会い系
サイトで知り合った東京都と埼玉県のいずれも15歳の女子中学生と
埼玉県内のホテルで性行為をしたとされる。

 中学生の1人が、両親とともに警視庁に届け出て発覚。11月19日に
逮捕された。福川元巡査長は警察官であることを明かしていなかった。

 福川元巡査長は「若い子に興味があり、ほかにも何人かと関係を持った」
と供述したという。

 山下史雄警務部参事官は「あってはならない行為で極めて遺憾」と
している。

ソース(nikkansports)
http://www.nikkansports.com/ns/general/f-so-tp0-051207-0032.html
別ソース(日テレNEWS24)
http://www.news24.jp/48297.html


325 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/15(水) 22:43:16 ID:cAsdo/KV
【裁判】 「悪質だが、反省してるし」 4歳女児らにわいせつの鬼畜男に、執行猶予判決
1 :☆ばぐた☆ ◆JSGFLSFOXQ @☆ばぐ太☆φ ★ :2005/12/08(木) 18:44:54 ID:???0 ?##
★少女へ強制わいせつ、元郵便局員に判決

・今年8月、静岡市の路上で4歳の少女へわいせつな行為をするなど強制わいせつ致傷
 などの罪に問われている元郵便局職員に対し、静岡地裁は8日、執行猶予つきの有罪
 判決を言い渡しました。判決を受けたのは、静岡市葵区羽鳥の元・郵便局非常勤職員
 中川勝晴被告37歳です。判決によりますと中川被告は今年8月、勤務中に静岡市葵区の
 路上で遊んでいた4歳の少女の体を触るなどしたうえ、軽い怪我を負わせた強制わいせつ
 致傷のほか、2件のわいせつ行為を働いたものです。

 8日の判決公判で静岡地裁の竹花俊徳裁判長は「成人女性に満たせない欲求を女児に
 向けた悪質な犯行だが、反省の態度もみせている」などとして中川被告に懲役3年、執行
 猶予年を言い渡しました

 http://www.tv-sdt.co.jp/scripts/news/news3+.php?seq=5586

※原文ママ。



326 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/15(水) 22:48:43 ID:cAsdo/KV
【社会】 "ミラーマン" のぞき植草一秀氏、教壇復帰へ
1 :☆ばぐた☆ ◆JSGFLSFOXQ @☆ばぐ太☆φ ★ :2006/01/25(水) 18:15:38 ID:???0
★植草一秀氏が教壇復帰へ=客員教授で招請−名古屋商科大

・のぞき目的でスカートの下に手鏡を差し出したとして、東京都迷惑防止条例違反で
 有罪が確定した植草一秀・元早稲田大学大学院教授(45)が4月から、名古屋商科大学
 大学院の客員教授として教壇に立つことになった。同大が25日、発表した。 
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060125-00000111-jij-soci

※元ニューススレ
・【社会】"ミラーマン" のぞき植草元教授、手鏡1枚没収の刑&罰金50万円判決★2
 http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1111626594/
・【社会】"ミラーマン" 盗撮AV大量所有、のぞき植草元教授の初公判★5
"犯行当時、所有する乗用車内に、女子高生らのスカート内部の盗撮を内容と
 するアダルトDVD2枚、女子高生らに対する痴漢を内容とするアダルトDVD
 10枚の市販のアダルトDVD合計12枚を所持していた。自宅居室内に盗撮を
 内容とするアダルトビデオテープ8本、痴漢を内容とするアダルトビデオテープ
 3本を含む市販のアダルトビデオテープ計12本を所持していた。

 植草被告は女子高生風の制服やミニスカート、下着を購入したうえ、女性に
 着用させ、スカート内をポラロイドやデジタルカメラ、携帯電話機のカメラで
 撮影することを繰り返していた。犯行当時、車内に制服やミニスカートなど
 を着用させるなどした女性を被写体とし、立たせたり、四つんばいの姿勢に
 させたうえ、スカート内をのぞくようなアングルで撮影した画像多数を含む
 ポラロイド写真合計240枚、および合計238件の画像が記録された
 デジタルカメラのピクチャーカード合計15枚を所持していた。
 携帯電話にも、平成14年12月21日付から平成16年3月20日付保存の
 画像のうち、前同様のアングルで撮影された画像31件を保有していた。"
 http://news13.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1087540574/



327 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/15(水) 22:51:41 ID:cAsdo/KV
【社会】61歳筑波大助教授を逮捕 少女と性的関係
1 :うちゅ〜φ ★ :2006/01/24(火) 18:03:00 ID:???0
★61歳筑波大助教授を逮捕 少女と性的関係

・茨城県警土浦署は24日、県青少年環境整備条例違反の疑いで、同県つくば市上郷、
 筑波大大学院助教授山下浩容疑者(61)を逮捕した。

 調べでは、山下容疑者は2004年7月26日、つくば市内のホテルで、交際していた
 当時17歳の無職少女(18)=同県筑西市=と性的関係を持った疑い。「悪いことを
 して申し訳ない」と容疑を認めているという。

 山下容疑者は03年、知人の若い女性の紹介で少女と知り合い、昨年8月ごろまで交際。
 洋服を贈ったり現金を渡すなどしていたという。

 少女が昨年10月「別れた後も(山下容疑者に)付きまとわれて困っている」と土浦署に
 相談、発覚した。

ソース/共同通信社
http://flash24.kyodo.co.jp/?MID=RANDOM&PG=STORY&NGID=soci&NWID=2006012401002300




328 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/15(水) 22:53:48 ID:PjR1mQ2O
ぬるぽ

329 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/15(水) 22:58:33 ID:Ft9eRDOs
みなさんは最後の三田村首相の涙の意味はどうとった?
私はゴジラに対する離別と思ったんだが。

330 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/15(水) 23:35:33 ID:cAsdo/KV
【社会】「気持ち抑えられなかった」 中2女子と"みだらな行為" 21歳警察学校学生を書類送検…警視庁
1 : ◆10000/JzLc @よろづ屋φ ★ :2006/02/03(金) 19:03:30 ID:???0
★警察学校学生:中学生とみだらな行為 警視庁・書類送検

 女子中学生とみだらな行為をしたとして、警視庁は3日、警察学校学生の
巡査(21)を東京都青少年健全育成条例違反容疑で書類送検するとともに、
停職3カ月の懲戒処分とした。

 調べでは、巡査は1月8日、新宿区歌舞伎町のホテルで、知り合いの中学
2年の少女(14)とみだらな行為をした疑い。容疑を認め、同日付で辞職した。

 同庁によると、巡査は昨年12月に友人と同区のゲームセンターで遊んで
いる際に少女と知り合った。「好きになり、気持ちを抑えられなかった」と供述
している。巡査は今年2月に警察学校を卒業し、同庁に正式採用される予定
だった。

http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20060204k0000m040022000c.html


331 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/15(水) 23:36:37 ID:cAsdo/KV
【社会】 「もう終わりだ…」 いけばな名門の次期家元、中3少女わいせつで逮捕…滋賀
1 :☆ばぐた☆ ◆JSGFLSFOXQ @☆ばぐ太☆φ ★ :2006/01/31(火) 11:07:32 ID:???0
★いけばな協会幹部逮捕、中3少女わいせつ

・滋賀県警甲賀署などは30日、中学3年の少女にわいせつな行為をしたとして、滋賀県
 青少年育成条例違反の疑いで京都いけばな協会常任理事、植松雅裕容疑者(34)を
 逮捕した。

 調べでは、植松容疑者は05年9月、滋賀県湖南市の駐車場で、テレクラなどで
 知り合った同市の中学3年の少女(15)にわいせつな行為をした疑い。

 植松容疑者は華道松月堂古流の次期家元。少女には偽名を使い「27歳で運送関係の
 仕事をしている」とうそをついていたが、容疑を認め「もう終わりだ」などと供述している。
 少女とは数回会ったという。京都市の華道界関係者によると、松月堂古流は江戸時代
 中期に始まった京都でも古い流派で、全国に門下生がいる。

 http://www.nikkansports.com/ns/general/f-so-tp0-060130-0018.html


332 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/15(水) 23:37:25 ID:cAsdo/KV
【社会】 「娘のように感じ、かわいかった」 女子生徒にキスしてクビ、50歳教諭の言い訳…佐賀
1 :☆ばぐた☆ ◆JSGFLSFOXQ @☆ばぐ太☆φ ★ :2006/02/02(木) 14:07:50 ID:???0
★女子生徒にキスしてクビ、50歳教諭がキモい言い訳

・佐賀県教育委員会は1日、女子生徒に無理やりキスをしたセクハラ行為があったとして、
 県立高校の男性教諭(50)を懲戒免職処分にした。

 県教委によると、教諭は昨年11月3日夕、顧問を務める部活動の女子生徒を自宅まで
 自分の車で送る途中、公園の駐車場に車を止め、車内で女子生徒の両手を握り、
 いきなり2回キスをした。

 女子生徒が今年1月、女性教諭に相談し発覚。男性教諭は県教委の調べに「頑張って
 いるので目をかけていた。娘のように感じ、かわいかった」と弁解したという。
 http://www.zakzak.co.jp/top/2006_02/t2006020207.html

※関連スレ
・【佐賀】教職員、不祥事相次ぐ 今年度懲戒処分 わいせつや飲酒運転、願書出し忘れ・・計14人
 http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1138839054/


333 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/15(水) 23:43:33 ID:cAsdo/KV
【社会】 "犯行多数か" 女子中生を脅し、服脱がせ写真撮影→ロリコン陸自隊員逮捕…宮城
1 :☆ばぐた☆ ◆JSGFLSFOXQ @☆ばぐ太☆φ ★ :2006/01/31(火) 20:01:50 ID:???0
★女子中生の服脱がせ写真 陸自隊員逮捕

・宮城県警塩釜署は31日までに、強制わいせつの疑いで、宮城県多賀城市高崎、陸上
 自衛隊東北方面武器隊の3等陸曹伊藤靖典容疑者(25)を逮捕した。
 調べでは、伊藤容疑者は昨年12月13日午後3時40分ごろ、多賀城市で、帰宅途中の
 女子中学生にナイフを見せて脅して建物の階段踊り場に引き込み、服を脱がせて写真を
 撮った疑い。

 伊藤容疑者は3年前から、多賀城市と仙台市で小中学生の女子に同様のわいせつ
 行為を10数件繰り返したことを認めているという。
 1月27日に帰宅途中の別の女子中学生がナイフで脅される事件があり、捜査員が
 近くにいた伊藤容疑者に職務質問すると、逮捕の容疑を認めた。

 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060131-00000244-kyodo-soci



334 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/15(水) 23:50:12 ID:cAsdo/KV
やあ!ゴジラファンの諸君!
わいせつ事件簿は楽しんでくれたかい?
キミ達もわいせつ行為にチャレンジだ!!

335 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/15(水) 23:53:56 ID:PjR1mQ2O
立派な犯罪教唆です(判例あり)。

警視庁への通報と、スレの保全請求をいたしました。
今後、情報開示請求に基づきあなたの実名と住所は
司法当局に把握されるでしょう。

短い間でしたが、ほんとうにお疲れさまでした。

336 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/15(水) 23:59:10 ID:jW/eKi69
ネットなめとったらえらいことになるからね

337 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/16(木) 00:09:31 ID:RFrTMDNR
マジですか?ほんの冗談なんだけど。
もう二度とやりませんので住人の皆様許してくださいね。
ではあっしは消えますだ。インターネット怖すぎよ・・・・・。

338 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/16(木) 00:18:10 ID:KWd0ivqQ
住人が許しても司法当局が許してくれるかどうかだね。
もう通報はK察のサーバに行ってるだろうし、
なにもかも遅すぎ(笑)

ネット犯罪はマスコミの餌だからちょっとすごいことになりそう

339 :337:2006/02/16(木) 00:26:18 ID:RFrTMDNR
マジですか?
だから冗談なんだってば・・・。
もう許してね・・・(泣

340 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/16(木) 00:42:40 ID:KWd0ivqQ
ていうかあんたが315-334を書いた奴と同一人物だって証拠ないし
冗談につきあうのもめんどいから寝るわ。

341 :315〜334、337:2006/02/16(木) 00:51:31 ID:RFrTMDNR
同一人物だから焦っているんだよ。
本当もう二度としませんので許してね・・・(泣

342 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/16(木) 01:09:57 ID:cYK7uH1S
なに自作自演してんだよ。
気が済んだら(・∀・)カエレ!!


343 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/16(木) 01:40:57 ID:GppOFMkk
>>329
ゴジラが倒せて嬉しいんじゃないの?

344 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/16(木) 04:34:40 ID:wh4HR9Hn
>>341
削除依頼を出せば、まだ間に合うかもしれんぞ。
運営や警察も鬼ではない。
急げ↓

http://qb5.2ch.net/saku/

345 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/16(木) 19:15:19 ID:OYOpavJp
東京湾で迎撃する自衛隊イイフ

346 :どこの誰かは知らないけれど :2006/02/16(木) 21:02:50 ID:YzJWcfGr
ずーっと疑問に思ってたんだけど、ビオランテの冒頭のシーンって、
この映画の再編集なの?それとも新しく撮影したの?

347 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/16(木) 23:22:11 ID:alheAxCd
再編集だよ
テンポや癖のようなものが川北さんのそれになってる
タンクの爆発>ビル倒壊の長めのカット>タンクの爆発とか、シチュ的にはおかしいはずなのに決まってる

348 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/17(金) 00:24:15 ID:jBll/Hk3
>>347
ありがとうございます。

ビオランテは映画本編よりもあの冒頭の対スーパーX戦のシーンが
気に入っており、中学生の頃あのシーンだけを何度も繰り返して見ては、
こんなに凄いシーンあったっけなぁ…と首をひねっておりました…
今度両方見比べてみます。

349 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/17(金) 01:11:46 ID:k6rCHTvj
子供の頃、ビオランテは冒頭が一番好きだった。今は本編も好きだが。
スーパーX最高!

350 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/17(金) 01:25:02 ID:J6AmMwNp
SFC版は知らないけどPCEの格ゲーでは卑怯なほどの強さだぞw>スーパーX

351 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/17(金) 01:36:08 ID:YctQyPms
本編でも強いぞ。

352 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/17(金) 02:29:33 ID:iKLAgX1v
>>350
スーパーXだった? X2じゃなかった?

353 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/17(金) 02:57:53 ID:J6AmMwNp
>>352
ソフトを引っ張り出して確認したらその通りだった…。
記憶違いでスマソ。orz

でもマジで強いので、当時、格ゲー慣れしてない友人に使わせて対戦しまくったよ。

354 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/17(金) 03:35:25 ID:iKLAgX1v
>>353
ソフト持っているのか羨ましい
どっかで昔試遊したが、自分の滅茶苦茶なコマンドにはキングギドラ系が一番あってた

355 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/18(土) 02:52:21 ID:7JPGuHMt
PCEじゃなくSFCなら持ってる。なんか怪獣の数が違うらしいね。
あのゲームとしては海底軍艦よりスーパーX2のほうがよかったぜ。

356 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/18(土) 04:27:53 ID:zh8bfwTs
>>355
PCEはギドラだけで旧ギドラ・vsギドラ・メカギドラと3体もいたからなあ
その後発売されたSFCでは減って寂しかった

357 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/18(土) 04:44:21 ID:EI2+sUh7
>>356
ゴジラだけでも10種類あるし。w 
CD−ROMならではだったね。

へタレゲーマーなのでクリアは出来なかったが。

358 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/18(土) 22:20:22 ID:7JPGuHMt
この映画の高速道路炎上シーンて、もしかしてノストラダムスの大予言?

359 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/19(日) 04:07:23 ID:yadzpwxh
この作品はわりかしよく出来てた作品だよね。
観客動員数も300万人だっけ?成功した作品でもあるな。

360 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/19(日) 19:01:31 ID:chxs/+CU
>>358
たぶん東宝のバンク。
「ノストラダムスの大予言」は1974年。私の初見は「日本沈没(1973)」。
「地震列島(1980)」でも使われていたような気がします。


361 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/20(月) 00:47:10 ID:uaoU834R
「日本沈没」では使われてなかったと思うが
「地震列島」ではちゃんと使われてたね

362 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/20(月) 00:58:17 ID:HMmBEMY3
>>360
あれバンクだったのか。ちゃっちかったのを覚えてるw
あれが高速道路にいる人の視点で、インディペンデスデイの炎の壁が迫ってくるようなシーンだったら神演出だったのに

363 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/20(月) 01:47:01 ID:mXJvLPZF
実際にああいうふうに炎上するの?次から次へと。

364 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/20(月) 02:05:30 ID:uaoU834R
あのシーンを載せたグラビアのキャプションを読んで「誘爆」という言葉を覚えた

ああはならんでしょ、さすがに。でもカッコイイから好き

365 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/20(月) 02:56:57 ID:x5jwnPX0
原発を設定に入れたり三原山への誘い込みは見てて良かったと思う。
スーパーXもイイ


366 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/20(月) 10:51:29 ID:O+uwNQZr
>>358
「ノストラ〜」のあのシーンを撮影中のトラブルで、
第9ステージが全焼・・・したらしい。

しっかし、ゴジラが目前に迫るまで探知できない曳航ソナーって・・・。

367 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/20(月) 18:17:29 ID:ADw8yb2h
海から出てきてパイロットもビックリ。

368 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/21(火) 03:17:56 ID:TyYWUBPc
首相って何で泣いたの?

369 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/21(火) 12:16:02 ID:QypffegD
当時「ラドン」の評価がめちゃ高く
ああいう終わり方にしろとプロヂューサーが
いったので首相を泣かすことにしたのだと思うな

370 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/21(火) 20:43:16 ID:dlpowvSL
いや、勝手に泣いたんだって。
小林氏が鬼籍に入られた今、どうして泣いたのかは
不明

371 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/21(火) 21:25:00 ID:TyYWUBPc
もしかして、「ゴジラは悪くないのに、殺すなんてあんまりだ」ってことかな。
第1作みたいに。まあこれは死んでなかったけど。

372 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/21(火) 21:52:17 ID:MjdlE+F+
>>371
いつ亡くなったと

373 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/21(火) 23:41:16 ID:P6iG07Tx
>>370
いつ亡くなられたんだ

374 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/22(水) 03:09:07 ID:sCvOhskn
>>370
勝手に殺すでない。


375 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/22(水) 05:42:37 ID:HygCSETQ
>>368
とりあえずゴジラ騒動はこれで終わるんだろうけど、
色々なゴタゴタがあったから引責辞任せざるを得ないんだろうなぁ、
という首相の悲しさの表現。

376 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/22(水) 06:48:46 ID:6StPldyO
>>375
ビオランテのときと総理違うんだ

377 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/22(水) 23:00:26 ID:ZhqYC7NH
>>376
5年経っているからね。別人ぽいな。

378 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/22(水) 23:18:10 ID:/trKCpWT
「東宝が威信を賭けてゴジラを復活」で集まった俳優陣と
「あれだけ騒いで出来たのがコレ」な後に集まる俳優陣では違うだろうしな。
小林桂樹の続投ってわけにはいかないだろ。

379 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/22(水) 23:31:38 ID:m3sYXdNF
出来としては結構良かったんではないか?

380 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/24(金) 02:14:32 ID:p4nTGri2
核をめぐる政治ドラマ
沢口靖子がメインのロマンス
ゴジラvsスーパーX


焦点のボケた怪獣映画だと観た当時は思った
(橋本監督はスーパーXは出したくなかったらしいけど)

381 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/24(金) 04:02:50 ID:fVqEZrSC
スーパーXよりスーパーX2
東京破壊シーンより大阪破壊シーン
沢口靖子いらねは共通。
そんな俺でも、やっぱりこの映画は大好き。
好きだけど見終わった後に物足りなさが残る。
でもあれだ、ゴジラの足は好き。

382 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/24(金) 04:17:09 ID:fVqEZrSC
思ったんだけど、東京湾での戦い、スーパーXの戦いは、
音楽があっていない or 無音だ。そのせいだな。

383 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/25(土) 15:21:25 ID:ZfbnPLlK
当時、ずーっと待ってた「リアル嗜好のゴジラ」だったからね。
音楽全般に「ケレン」がなかったので、あの「スーパーX」のテーマでグッときちゃった。
有名人がゴジラに関わることが嬉しい感じ。
それ以前は「誰だよ」みたいな出演者が多くて、トホホだったんだよ。


384 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/25(土) 23:20:27 ID:lRe7FUQK
サントラのゴジラ愛のテーマは別の人が歌ってたっけ?

385 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/27(月) 15:10:48 ID:sfQ23NoS
レコードは元の人達が歌ってるけどね。

386 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/28(火) 03:23:08 ID:wRZ3+OJ4
はじめて観たゴジラ映画だったから、あのくらいの温度がデフォルトになってしまった。
なのでスーパーXは、あの曲込みで許せるよ。
自衛隊は別に強くなくてもいいんだと思ったよ。
逆に妙に熱っぽかったりするとウソくさくて萎える。スーパーX2には萎えた。
巨大なミニチュアセットでインチキシミュレーションをやってのけるのが特撮だと
信じ込んだので、ヒーローものやロボットものを特撮というにはいまだに抵抗がある

ゴジラに風穴開けられた高層ビルの向こう側からこっち向いたときの
レンズフレアがチャームポイントだな


387 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/28(火) 13:34:22 ID:Nkj9RqBA
なにこの過去スレのコピペ

388 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/28(火) 16:38:29 ID:oQ49TR2O
コピペ光線

389 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/28(火) 21:45:20 ID:xbdpLhw0
要するに渋い首相とすーぱーXのミスマッチだな、と

390 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/28(火) 23:40:53 ID:DVM4z+Mo
もし、平田さんが博士で出演してたらもっと良くなったね。

391 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/01(水) 12:04:14 ID:djzumUKl
この映画って確かサイボットゴジラを使って撮影されたんだよねぇ?
着ぐるみをまったく使わなかったん?
それにしちゃー他の映画との違いがわからないような気がするんだけど。
ってーか、以降の映画で着ぐるみが使われてることを考えたら、
やっぱり評判よくなかったのかなぁ。

392 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/01(水) 12:24:49 ID:91QpXX0U
>>391
使われたのは上半身の動きのみが必要なカットなどのホンの一部。
動きが急にぎこちなくなり、造形も少し違うので簡単に見分けが付く。

てーかさ。
歩いたり出来るサイボットなんかが1984年当時に
低予算の日本映画で撮影に使われるくらいなら
今ごろASIMOなんて話題になるわけないとか思わん?

393 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/01(水) 13:04:47 ID:djzumUKl
思う。
結局、こんなものを作りました!って客寄せパンダに過ぎなかったわけか。
でも4mのサイボットゴジラ見たかったなぁ。

394 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/01(水) 14:53:02 ID:qY/GhSp0
サイボットの費用を別の所に使えば・・・

395 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/01(水) 18:15:24 ID:KK0dYT7X
いやいや、宣伝費として考えてたら安いもんだろ

396 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/01(水) 18:20:23 ID:xRe7VhCj
画面でも効果上げてたしな

397 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/01(水) 19:40:14 ID:fwbqOmUm
どの辺に??

398 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/01(水) 19:56:23 ID:XAiQy4Y4
>>397
大きくて取り回しが悪く、撮影に手間を食ったため
他の場面のクオリティーを落としている辺り。

399 :梅木うめ基地:2006/03/01(水) 23:29:33 ID:1EZjvi7k
映画に使われたサイボークゴジラがチェカーズと共演してたな。その後ゴジVSキングキのとき広告の為人前に出てオークション?に出されたとさ

400 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/01(水) 23:39:19 ID:7eqRMSjr
サイボットゴジラ、外国のお金持ちに買われていった

401 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/01(水) 23:47:43 ID:GOv0/3r/
サイボットはリアルに見えるカットと見えないカットが両方あるから人によって評価が分かれるな

402 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/02(木) 00:02:38 ID:cJ/428lQ
このゴジラは正面から見ると妙に面白いね。

403 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/02(木) 00:57:22 ID:NyXAf5ed
>>393
記憶違いか。なんか15メートルだと思ってた。

404 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/02(木) 02:20:28 ID:6gzMlLYF
田中健が片手添えて一緒に写ってる写真あったな

405 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/02(木) 06:53:05 ID:ciNd6Cea
サイボット、東京湾で航空機と戦ってる以外どこに使われてた?

406 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/02(木) 07:38:13 ID:mETBnr+z
>>403
なんかねー、
検索してみると4m、8m、15mって高さの表記が分かれてたw
どれが本当?

407 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/02(木) 13:50:55 ID:jvxfo09g
全高4.8m

>405
各種アップ、咆哮シーンで多用されてる

原子炉の炉心抱えて渡り鳥に気付くカット
湾上の戦闘機戦。横からのバストアップ△
同シーンの顔アップ
地上部隊への熱線発射直前の目アップ
熱線後の咆哮
新幹線の窓の外
レストランの鉄矢に吼えるとこ
カドミウム弾シーンのアップ(スーパーX内のモニター含む
同シーン横からのバストアップ
その直後の熱線発射
スーパーX戦終盤の熱線発射アップ
逃げる鉄矢に背後から吼える△
三原山噴火時の咆哮

パッと思いつくのではこれだけ
△マークのとこが自分的に作りもの臭いと思ったところ
大きな動きより細かい動きの方がリアルだった

408 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/03(金) 19:26:34 ID:bBHGXZcp
愛のテーマは良いよ!

409 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/03(金) 22:56:33 ID:vO3+0OUG
街に展示されていたときに記念撮影をしなかったのが悔やまれる。
福岡市天神の大丸デパート前だった・・・。

410 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/03(金) 23:18:30 ID:3MTQSI+o
>>409
懐かしいなあ。
あの頃の福岡は地下鉄開通して1年くらいで、まだまだラドンの頃の面影が残っていた。
さすがに岩田屋近辺は変わっていたが(西鉄地下だし)
川沿いの最初のカットのシーンはほとんど変化していなかった。
テアトル西神でよく映画をオールナイトで見てたなあ。
某地球防衛軍漫画家とか某土方君漫画家とかも来ていたなあ。

411 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/04(土) 01:26:32 ID:DzMMbKFy
>>365
亀レス申し訳ないですけど…
え〜っ!?原子炉抱いてエネルギーチャージするゴジラや、
生存本能無視して火口に落ちてくゴジラには、萎えましたよ。
少なくとも自分は…。

412 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/04(土) 03:39:38 ID:IKRJ0hxH
生存本能云々以前にただの人形を投げ込んだようにしか見えなかったな。

413 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/04(土) 05:25:37 ID:p7DKYRU2
三原山ダイエット小顔効果により、ゴジラの顔が小っちゃくなって、
次回作から登場します。
背びれの並びも変わるけど。

414 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/04(土) 06:32:29 ID:q8HRi6CB
火山に落ちたのは爆破したから。

415 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/04(土) 12:31:12 ID:3PGrqJv3
>>411
火山の中でも平然と生きているゴジラだから
人間が風呂に入る程度のもの。

416 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/04(土) 14:15:41 ID:HC22k6ca
>>415
vsモスラでは生まれ変わりのゴジラがマントルの中を通ってフィリピンから富士山まで移動したって?

417 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/04(土) 23:24:48 ID:UEW405QD
>>416 そんなゴジラがモスラの鱗粉で、いかにも苦しそうにもがくんだもんなあ・・・

418 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/04(土) 23:48:10 ID:Db2WKot/
永久に死ねないが苦しみだけは感じる存在なのかもしれないね

419 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/05(日) 02:37:49 ID:bMKrk4lA
>>410
俺は今でも時々、なくなった「てあとる西新」跡の道を通るたびに
あの楽しかった土曜日の夜の事を思い出しているよ。
まだホームビデオが完全普及する前だったから、特撮オールナイト
5本立て上映を眠気と戦いながら必死に観ていたなぁ。

420 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/05(日) 19:27:16 ID:EO1luP3L
>>410,>>419
ノスタル爺乙。
といいつつ俺も当時を思い出す。
家族揃って行った最後の映画だったなあ・・・

421 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/05(日) 23:31:03 ID:FyxFlFpJ
若造の自分は昭和59年と31年じゃ現代と昔ってくらい違うと思ってたけど
地続きなんだな

422 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/06(月) 11:04:52 ID:tQyxlVXC
84ゴジラ嫌いな人は結局の所どの作品が好きな分?

423 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/06(月) 21:30:26 ID:wejnC03G
好きな分

424 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/07(火) 01:00:52 ID:O+myW74l
ポッチャリ靖子ちゃんが見れるから84も好きです。

425 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/08(水) 21:06:22 ID:JcR/8z4N
図書館で小説借りた。面白かったよ。ショッキラスとか。

426 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/10(金) 15:10:46 ID:jU4CxD1X
ジュピターも84ゴジラも好きな作品。

427 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/10(金) 16:24:30 ID:2KNzjY2R
それは橋本幸治がすきなんじゃ…

428 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/12(日) 13:15:19 ID:sNcP0+7o
当時は、VSメカゴジラが好きだったかな。

429 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/13(月) 00:25:02 ID:KaJLOTCK
ゴジラ映画では初のパナビジョン作品

430 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/14(火) 15:33:03 ID:wQBgT0H7
やはり次に復活するゴジラも原点回帰なんかね?

431 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/14(火) 20:32:27 ID:pqPqx6bk
復活っていつだよ。10年くらいは作らないほうがいい気がする。
昭和みたいに繋がりを意識しないシリーズだといいなあ。

432 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/16(木) 13:14:50 ID:bYZZuuon
2時間半くらいの前後編完全完結で超シリアスでハードなゴジラが観たいのう。


433 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/17(金) 10:43:25 ID:Y/Dduw2S
5時間も見せられるのはきついな

434 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/18(土) 17:03:26 ID:n6TPsRUd
シリアスでハードなゴジラは近年だとGMK?

435 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/18(土) 22:19:45 ID:6qNDNfkC
>>431
10数年後の復活ゴジラか。

多分、もうそのときの俺は糖尿病に犯されて
失明しているだろうから観れないだろうなぁ…。

…なんて事を書き込みながら、今夜も一杯飲るのだ。

436 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/21(火) 00:11:04 ID:CMaS2Kbv
スーパーXって陸自所属だっけ?

437 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/21(火) 10:18:42 ID:fG/f09DU
>>436
陸上自衛隊 幕僚幹部付実験航空隊 首都防衛隊 首都防衛移動要塞 T-1号

84年か、人生どん底の頃だったな。転勤したばかりの大阪で会社をさぼって観たっけ。

438 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/21(火) 12:32:32 ID:oO7MvX/c
井上泰幸さんの最初の構想では、スーパーXはエアウルフみたいな戦闘ヘリだったらしいね。

439 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/21(火) 20:56:19 ID:x2akRYp/
そもそもゴジラが現れなかったら首都防衛にどうやって運用するつもりだったのかね?

440 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/21(火) 23:10:46 ID:oO7MvX/c
たぶん、暴徒鎮圧。 つまり銃前には都民・・・

これじゃ押井守の作品だな

441 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/21(火) 23:50:56 ID:mDYk/oTW
暴徒の上でホバリングするだけで暴徒は吹っ飛んでいくだろ。
「ピース暴徒」なる集団に対してはレーザーでなぎ払ってほしい。

ところで、スーパーXの動力源って何?

442 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/22(水) 02:25:50 ID:t5DTlKGI
>>441
ファンの駆動は電池
飛翔エネルギーそのものは
ワイヤーを経由して人力が主たる源

443 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/22(水) 23:03:03 ID:0639w1uu
無粋な!

444 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/23(木) 01:06:21 ID:GKIGAfn1
確か核融合じゃなかったか?やはりスーパーXいーね。アルファ造形だっけ?
バルカン、ミサイル、レーザー、チタンのボデーに馬鹿でかいサーチライト、
いったい何を目的に陸自は製作したのだろうw
あさりよしとおの漫画でヘドラにカドミウム弾打ち込んだら元気になっちゃう
話が有ったな。

445 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/23(木) 03:09:55 ID:1fHM+NT2
でも、後継機のスーパーXUにはレーザー兵器付いてないんだな。
バルカンにスーパーミサイルとスーパー魚雷。
ダイヤの鏡で予算が尽きたか。

446 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/23(木) 08:42:01 ID:HSWFcxPp
〈搭載原子炉〉      プラズマ核融合反応トカマクタイプ 1基
〈補助加熱〉       中性水素原子ビーム照射
〈揚力&姿勢制御エンジン〉原子炉直ジェットスチームターボファン 3基
〈推進エンジン〉     ターボファンジェット 2基

慣れない単語に苦労する俺。

447 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/23(木) 12:09:56 ID:XruVI3Pc
>>445
Vでは復活したんだっけ?

448 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/23(木) 12:40:42 ID:GKIGAfn1
>>445
スーパーXUにカドミウム弾を標準装備していたならもっと楽勝だったのにw

449 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/24(金) 20:34:09 ID:REogyi1y
赤いオーロラとか原発に渡り鳥とか終末的SF観がかっこ良いね。
なんか静かな破滅感が独特で個人的には好き。

450 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/24(金) 22:44:24 ID:Lvt9dU4s
アクターの頭にゴジラの頭が乗った感じで
役者の動きと関係なくゴジラの頭がぐらんぐらん
あっちを向いたりこっちを向いたりするのが
なんとなくぐだぐだで好き

451 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/25(土) 11:23:45 ID:Zawg3vJa
だから「能」の動きが必要

452 :梅木うめ基地:2006/03/25(土) 13:22:49 ID:yI3M6BqJ
初代スーパーXのソフビが昔あったのは本当ですか?マルイという会社が作ってたらしいですが

453 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/25(土) 14:03:12 ID:u8Trdf14
ラストの三原山の火口に落ちて行く時の曲がイイ!

454 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/25(土) 14:05:01 ID:o+h+wbBW
>>452
発売されていたよ。メーカーはマルイじゃなくてニットー。

455 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/25(土) 14:55:50 ID:Zawg3vJa
ついでだが沢口靖子の劇中歌「さよならの恋人」も発売されている。
イントロが泣かせる・・・いろんな意味で。

456 :梅木うめ基地:2006/03/25(土) 17:18:49 ID:yI3M6BqJ
454
返事ありがとう。欲しいです!あとスーパーXの精密な詳細が書いてある劇場パンフが欲しい。

457 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/28(火) 13:10:00 ID:v2ihQfx3
ゴジラが三原山に向かう時の曲もイイ!

458 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/28(火) 15:58:06 ID:GF9fWZ5n
松田聖子の「夏服のイブ」を見に映画館に行った時だったかな?
映画が始まる前に、東宝シンデレラガールに選ばれた沢口靖子
って、プロモート映像が流れてた記憶がある。ゴジラのヒロイ
ンに抜擢、ってナレのところでなぜか観客が爆笑してたよ。


459 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/28(火) 16:39:28 ID:fl6BA43U
ヘリコプターからの主観カットでビルの窓中の登場人物が平べったくなってるのがイイ!

460 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/28(火) 17:49:44 ID:FkffLzqu
田中建がラジオで聞いてた曲もイイ!w

461 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/29(水) 00:01:06 ID:TD2atr63
>>455
それが沢口靖子の「さよならの恋人」だっけ。

462 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/29(水) 02:07:13 ID:PEeVjg2s
コンクリートの森は〜

463 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/29(水) 02:59:14 ID:qJ3Y5DdG
『ゴジラ』って題名は第1作でしょ?『ゴジラVSショッキラス』でもないかw。

464 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/29(水) 03:06:41 ID:P3mDw8u0
沈む夕日を隠し〜

やはり持ってるヤツいたか、ゴジラと沢口のデュエット曲。俺は結構好きなんだがw

465 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/30(木) 17:27:33 ID:h8BJWevL
ゴジラ1984

466 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/30(木) 17:58:06 ID:QkPtMIqc
>>456
ttp://www.geocities.jp/godzilla_bbs/g294.jpg

これかな? 調べてみたけど絶版っぽいね

467 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/30(木) 19:31:59 ID:SzPUWYF6
絶版って、パンフは劇場にしかないよ。俺は前にヤフオクで買った。

468 :466:2006/03/30(木) 19:53:31 ID:QkPtMIqc
>>467
あーすいません、勘違いです。
スーパーXの模型が絶版ってことですが、
読み返したらパンフでしたね orz

469 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/31(金) 22:01:15 ID:gmTTBdqH
>>468
売ってたらほしいな、この模型。

470 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/31(金) 23:34:03 ID:rxX/P085
昔からガレージキットを扱っている模型店なら、有るかもしれないよ。
それに何年か前に一度再販された筈だし。

 そういえばスーパーXって、スタッフの間ではダルマって呼ばれてたとか。
そもそもスーパーXはカドミュウム弾と通常兵器だけで、レーザーは発射出
来ない設定だったし、スーパーXという名前も後で公募するものだと、少なく
ても特撮スタッフは考えていたらしい。
 試写会を見た時、金子氏が「スーパーX」と呼ぶは、いつの間にか勝手に
レーザーを合成されてるのを見て、特撮スタッフの人達は相当ヘコんだらし
い。
この話はCS番組で、84ゴジラをテーマにした対談番組で、当時のスタッフだ
った樋口氏の発言。

471 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/32(土) 09:27:32 ID:iWrscZW7
いつからレーザーが自衛隊の通常兵器になったんだろうと、公開当時から疑問だったが、成程、そういう裏事情があったのか…

472 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/32(土) 09:42:51 ID:xnKTA0gP
名前はともかく、スタッフが知らない間にレーザーが合成
されるわけないだろ。

まぁ、アルバイトにはそんンな事は知らせないかもしれんが。

473 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/32(土) 09:50:26 ID:iWrscZW7
レーザーはポスプロの光学合成だから、有り得るんじゃないの?
現場はスーパーXとゴジラに弾着を仕込むだけだから。

474 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/32(土) 10:04:57 ID:V/3qKVsB
>>468
俺も食玩では満足できんから欲しいよ

しかしスーパーXは炊飯器を連想するなw

475 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/32(土) 12:50:19 ID:qAfXePvM
>>471
赤いメーサーはいいの?

476 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/32(土) 12:53:36 ID:UTL6SnX6
あの画像だと弾着だけでは地味だよな。せっかくの最終決戦なのに。
自衛隊自体がジミーに書かれているからあのくらい派手レーザーじゃないと
怪獣映画としては画面的に弱すぎるからじゃね。

477 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/32(土) 12:55:07 ID:vVIKUYuS
何の説明もなしに
自衛隊がレーザーやメーサーを装備してるのが
日本の特撮らしいなあって思った。ハリウッドでは
そういうの無いよなあ

478 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/32(土) 15:40:50 ID:UTL6SnX6
その辺は演出とか、軍関係の協力の有無かなぁ。
平成ガメラとか映画URUTORAも通常兵器だけでも結構迫力あった。
米軍規模ならそのまま地球防衛軍作れるもんなw
自衛隊も空母とか持ってたらもっと迫力ある画面が見れただろうけど

479 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/32(土) 21:09:32 ID:Tdi/qhZb
弾着はさすが中野さんだけあって多彩だったな

480 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/32(土) 23:08:14 ID:bzfHMuci
人間の動きを機械で忠実に再現するには600個のアクチュエータが必要らしい。
よっ人造人間を現在の技術で製作するとなると600個のアクチュエータが必要。
動力源は小型・高出力の燃料電池になるだろうし、各アクチュエータの制御に100個近いCPUが要るだろう。
各種センサで人間の視覚・聴覚・触覚の代用は可能だろうが、嗅覚・味覚の代用は困難だろう。
必然的に大型化し、身長180cm以上で体重は200kg以上になるだろう。
製作費用だけで30億は掛かるだろうし、見た目は美少女アンドロイドに程遠い容貌だろうなぁ。
※アクチュエータは駆動力(機械を動かす力)を発生する機器。
現在のヒューマノイド・ロボットではアクチュエータとして一般にモーターを用いています。


481 :どこの誰かは知らないけれど:2006/04/02(日) 00:23:38 ID:GsTXzK6x
>480
特撮マニアならスーパーロボット「学天則」を忘れるな。

482 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/02(日) 10:15:11 ID:JjIVs4Uz
公開当時、TBSで特別番組があったのがビデオで出てきました。
過去のゴジラ作品からのクイズやら糸井重里のコピー塾、
素人参加のネタコーナーで大川総裁や世を忍ぶ仮の姿のデーモン閣下も出てました、

483 :どこの誰かは知らないけれど:2006/04/02(日) 13:38:15 ID:UMYxvkkQ
しんすけの奴?

484 :どこの誰かは知らないけれど:2006/04/02(日) 15:23:16 ID:GsTXzK6x
中島さん髪ふさふさのヤツ?
鶴太郎が田中Pに「ゴリラと鯨が××できるんですか?」と、つっこみ入れた
ヤツだっけ?

485 :猫柳四十半ば郎:2006/04/02(日) 16:36:52 ID:WvVsAo0G
>>444 それはあさりよしとお氏じゃなくて西川伸司氏の「ゴジラ伝説」では?
それともあさり氏もそんな漫画描いてたの?ヘドラにカドミュウム弾なんてパロ。

486 :どこの誰かは知らないけれど:2006/04/03(月) 00:43:57 ID:kxKtvbes
>>483
>>484

そそ、しんすけ、武田鉄矢とかの。
クイズで、宝田明ゲストだったり初代ゴジラの中の人中島さんでたり
ゴジラ公開でゴールデンで特番放送なんてこれ以降しなかったね。

ゴジラ復活って大イベントだったんだなと実感。

487 :どこの誰かは知らないけれど:2006/04/03(月) 13:23:01 ID:d9b0nHmm
ゴジラ生誕30周年記念作品。

488 :どこの誰かは知らないけれど:2006/04/03(月) 18:03:58 ID:enICn54c
>486
あー、オイラもそれビデオ録画したな。ムック本も出たし。
たしかに当時大イベントだったと思う。

489 :どこの誰かは知らないけれど:2006/04/03(月) 19:55:16 ID:8SHqghrf
みうらじゅんの「ダサいぜゴジラくん」は面白かった。

490 :どこの誰かは知らないけれど:2006/04/03(月) 22:44:07 ID:4Y1hEQYy
みうらじゅんといえば、この映画の前後に劇場展示物のゴジラを盗んだ下手人だ。

491 :どこの誰かは知らないけれど:2006/04/03(月) 23:12:54 ID:MUJG4ogp
俺はガイガンの鱗を一枚持ってるぜ

492 :どこの誰かは知らないけれど:2006/04/04(火) 17:01:32 ID:0vaCewmz
中野特技監督は沢口をほめてたな。

493 :どこの誰かは知らないけれど:2006/04/04(火) 18:29:06 ID:vADAR0dy
光って爆発するの得意だもんな沢口

494 :どこの誰かは知らないけれど:2006/04/05(水) 22:46:26 ID:uy394e7G
なるほど、中野が気に入るわけだw

495 :どこの誰かは知らないけれど:2006/04/07(金) 16:55:13 ID:3x6KBl2i
夏木陽介ってメカゴジラの逆襲にも出てたっけ?

496 :どこの誰かは知らないけれど:2006/04/07(金) 17:16:29 ID:0NCMiw+S
沢口のプロフィールから「ゴジラ」「ゴジラVSビオランテ」の出演歴が消えている件について

497 :四葉:2006/04/07(金) 17:20:02 ID:8X5amPzd
>>495 夏木陽介ちゃまはゴジラ映画はこの「ゴジラ1984」と「三大怪獣
地球最大の決戦」だけですぅ。

498 :キングアナル ◆ANALdoof0M :2006/04/07(金) 22:26:55 ID:8/Ya40YT
>>496
あらまあ。代表作の中から消えているなら分からないでもないが。

499 :どこの誰かは知らないけれど:2006/04/09(日) 01:48:22 ID:X7Un3VHK
こちらのスレッドも宜しくお願いします
【大怪獣】  ゴジラ VS ガメラ  【宇宙怪獣】
http://sports9.2ch.net/test/read.cgi/wres/1144114898/l50

500 :どこの誰かは知らないけれど:2006/04/09(日) 13:16:27 ID:uB2BkMRT
沢口にとっては代表作では無いのかな?

501 :どこの誰かは知らないけれど:2006/04/09(日) 19:54:17 ID:jDsRz4Po
当時、封切りを張り切って見に行った
せっかくの復活だったのにいまいち突き抜け切れてなくて残念な映画だった
だがクラスメートらに
「ゴジラなんて中に人が入っててダサ!厨房になったらゴーストバスターズだろ!アッチは本物の特撮なんだぜい!」
とか云われるとムカっと来たもんよw

502 :四葉:2006/04/09(日) 20:30:07 ID:BqX7K78f
>>501
>ゴジラなんて中に人が入っててダサ!

湯浅憲明監督は「怪獣には人間がはいってるてことを
百も承知で楽しんでいる大人以上に大人な子供たち」
っていってますね。
こっちの方がクールですぅ。
マシュマロマンにも人がはいっているのに…。

503 :どこの誰かは知らないけれど:2006/04/09(日) 22:10:39 ID:QumHOb3N
でもマシュマロマンのほうが何倍も巨大感があったな
特に出現シーン。

504 :どこの誰かは知らないけれど:2006/04/09(日) 22:33:55 ID:R9Ctw5uW
>>501
グレムリンも忘れないでください。

505 :どこの誰かは知らないけれど:2006/04/09(日) 22:39:24 ID:zoGktsyI
>>503
ゴジラ、というか東宝特撮映画を愛していただけに、あのシーンは無念だった…
なんでアメ公の方が巧ぇんだよぉって…

506 :どこの誰かは知らないけれど:2006/04/09(日) 23:08:17 ID:IAxHjayE
技術とアイディア、予算の差もあるが・・・人材かなぁ
ちょっと映像が当時観てても古かったよ。
やっぱ日本映画界自体が古いまんま進歩していない様に見えた。
CM業界なんかではどうやって撮ったんだと思う様な映像が作られていたのに・・・

当時香港ではもっとキツイ条件で世界的なアクション映画作ってたもんな。

507 :どこの誰かは知らないけれど:2006/04/10(月) 11:05:09 ID:Qwl1lUiH
マシュマロマンのは実際に何十mもあるのが出てきたような「現実的巨大感」があった
ゴジラのは画面すべてが現実を超越した「空想的巨大感」があった
結局はタッチの差に過ぎないのではないか
なんて思うのは俺が若いからかな

自虐的にならんと自然な目で見て欲しいものだが、きっとみんな自然な目で見た感覚で言ってるんだろうな

508 :四葉:2006/04/10(月) 13:27:56 ID:pv9qii08
>>503
>でもマシュマロマンのほうが何倍も巨大感があったな
>特に出現シーン。

あちゃ〜、おっしゃるとおりですね。
あの出現シーンは実際のニューヨークの街路にマシュマロマンを
トラベリングマット合成したものですね。
足元の部分のマスクが手描き抜きらしくマシュマロマンの前を通過する
タクシーの車蓋灯のエッジが多少ガビガビする点以外は
パースもライティングも一致して合成の違和感を感じませんでしたですぅ。
他のショットは、高速度撮影とローアングルでそれなりに巨大感を出してますが、
やはり正直言って出現シーンほどの巨大感は覚えないです。
ひとえにあの出現シーンが他のショットをフォローしてるんですね。
こーいうのをクレショフ効果とかいいませんでしたっけ?

ただ>>507さんがいおっしゃるようにゴジラと単純に比較することはできないですね。
マシュマロマンの登場シーンはせいぜい10カット前後で、その範囲内ならば、
アラの出そうなアングルや演出は注意深く避けられますが、主人公キャラのゴジラでは
なかなかそうも行かないでしょう。
海外のぬいぐるみ怪獣は、どうも巨大感を気にするあまり高速度撮影に頼りすぎで
リック・ベイカーのラウレンティスコングも怪獣ゴルゴも動きがもっさりしてますね。
ぬいぐるみ怪獣の撮影についての撮影速度の使い分けは、中の人の演技力もあいまって
大変難しくて、この辺はまだスピーディな演技をもみせるゴジラの方が一日の長があるかもしれません。
でも、あのマシュマロマンの出現シーンや、マンホールから水が噴出してる
俯瞰ショットに匹敵する斬新で迫力あるショットは残念ながら84ゴジラでは見られなかったですね。

ところで3G対決といわれたあの時、本当の大人はもうひとつの“G”、
「ゴールドパピヨン」を見に行ったということですぅ。

509 :どこの誰かは知らないけれど:2006/04/10(月) 13:35:09 ID:4YK29zJ7
しかしなんで橋本さんをこの作品の監督にしたんかな?
他に人がいなかったんかな?

510 :どこの誰かは知らないけれど:2006/04/10(月) 16:56:11 ID:r3hR7qmt
映画監督の人材なんて実際撮ってみないと分かんないよ。
「あの人がこんな画を撮れるとは思わなかったよ」なんて言うのも良く聞く話。
逆に人気監督を持ってきても合わない場合は合わない。(大森○樹とか・・・)

当時、市川昆がSF撮ったらあの『竹取物語』になっちまった例もある(藁

511 :どこの誰かは知らないけれど:2006/04/10(月) 17:01:46 ID:HO98aC2N
>>509
社員監督だからでしょ。

>>510
大森一樹は「ビオランテ」「キングギドラ」で、
ジャンルとしての「ゴジラ映画」や「東宝特撮映画」から踏み出した、
エンターテインメントのかたちを提出したと思うよ。

512 :四葉:2006/04/10(月) 17:19:51 ID:1SfPNniV
故・福田純監督も社員監督だからゴジラも撮れば若大将も撮り、暗黒街物も撮れば
スパイアクション物も撮る、さらにはコント55号のコメディも撮ってますぅ。

特にゴジラは本多監督に比べて低予算の時に任されてる中奮闘してるのに評価が
低いの納得出来ないですぅ。特撮ファンのお兄ちゃまは福田監督作品をもっと
評価すべきですぅ。

513 :どこの誰かは知らないけれど:2006/04/11(火) 02:24:48 ID:RJqLgxl2
き・・・きさま、メガロを評価しろと?

514 :どこの誰かは知らないけれど:2006/04/11(火) 20:32:37 ID:T+QSaF/d
最後の最後でメカゴジラを撮ったんだから認めてあげてw
本多さんは逆にゾーン撮っちゃってるんだしw

515 :どこの誰かは知らないけれど:2006/04/11(火) 21:22:42 ID:xcGdUAvk
斜陽期のゴジラ映画を撮ってるあたり福田監督と手塚監督ってにてるね。

516 :どこの誰かは知らないけれど:2006/04/11(火) 21:38:37 ID:GQr6AZ55
福田監督は晩年、「結局、ぼくらがゴジラをだめにしちゃったってことなのかなあ」と
寂しそうに口にされていた。

そんなことはない! と思う。

517 :どこの誰かは知らないけれど:2006/04/12(水) 00:19:53 ID:0NNLpysd
若大将や55号、ゴジラと、これだけ国民的作品を残したのだからある意味
大衆映画の名手だろうね。
福田作品は傑作でもないが飽きさせない娯楽性は見るべき所もある。
個人的にはゴジラがヒーロー化するのは子供心にうれしかったのだが。

518 :どこの誰かは知らないけれど:2006/04/12(水) 09:45:43 ID:9sZS4N/k
ってか東宝はそろそろミニチュアいやオモチャで撮影するのやめてくれ…リアル感ゼロになる-.-#
ゴジラをブルーバックで撮って本物と合成した方がマシ!!って言っても東宝だから合成の仕方も古臭いと思うが…
VFX専門の会社を使えケチ会社(`へ´) ゴジラを愛するからこそムカムカするわっ-_-#
例えば最初ジュラシック・パークを見た人はあまりのリアルさに恐怖を感じただろう…
ゴジラでは昭和ゴジラの途中から変わった、わざわざ映画にするほどでもないレベルに。あんなプロレスごっこテレビでやれば良かったのに(#`ε´#)

519 :どこの誰かは知らないけれど:2006/04/12(水) 18:32:38 ID:0NNLpysd
でも、ハリウッドゴジラがあれだしなー
ゴジラが大きくなるほど町並みは小さくなるからね逆に迫力は無くなるんだよな。
模型って縮尺が小さくなるほど細部が造りづらくなっておもちゃっぽくなるし
人間を入れ込んでも米粒より小さくなっちゃう。
平成ガメラやマシュマロマン、映画URUTORA程度の縮尺の方がリアリティ出しやすいん
じゃないかな?

520 :どこの誰かは知らないけれど:2006/04/12(水) 21:39:54 ID:xrl1hdbJ
初代ゴジラで、円谷監督や本多監督が検討を重ね、「一番迫力とリアルさを感じさせる大きさ」って
ことで、あの1/25のミニチュア縮尺と身長50メートルの設定が生まれたんでしょ?

521 :どこの誰かは知らないけれど:2006/04/13(木) 00:47:34 ID:XeI69IsQ
あの当時の東京を襲う場合ね
それ以上だとでか過ぎる。それ以下だと迫力がない
で、ビルがでかくなるにつれてゴジラの身長も巨大化していったわけだけど、
これだと人間と絡んだり普通の街を襲う時に絵になり辛いというジレンマがあるわけで

522 :どこの誰かは知らないけれど:2006/04/13(木) 01:03:38 ID:kYfTQGUh
昭和29年当時は迫力とリアルさを感じさせる大きさだったかもね。
初代ゴジラは怪獣映画と言うより戦災映画の作法に近い。
夜景にサーチライトが飛び交い地下鉄を防空壕に見立て人々が空を見上げながら
逃げまどい野戦病院には放射能を浴びた子供が列を成し
遠く燃える東京の街を黒い巨大な影がゆらめく。
これは空襲のイメージだったのではないだろうか?まだ終戦後10年目の話だ。

これに1番近い映像イメ−ジは後のゴジラシリーズよりガメラVのラストの京都
ではないかとオイラは思う。

523 :どこの誰かは知らないけれど:2006/04/13(木) 11:21:19 ID:f/TWibSn
ゴジラの逆襲も大阪大空襲そのままだけどね

人間との最適対比で考えるべきだろう
すると50mサイズ

524 :どこの誰かは知らないけれど:2006/04/13(木) 21:47:58 ID:gtsAF7/c
初ゴジも、50メートルの国会議事堂を壊すシーンでは、画面効果のために
縮尺を大きくしてるんだし、あんまり高層ビルにこだわって合わせる必要はないように思うけどねえ

525 :どこの誰かは知らないけれど:2006/04/13(木) 23:03:57 ID:hy+KWmto
平成ガメラも設定80mだけど画面上じゃ30mくらいしかない場合があるとかね

526 :どこの誰かは知らないけれど:2006/04/13(木) 23:26:58 ID:13NCt6d/
撮影は極秘撮影だったんだっけ?

527 :どこの誰かは知らないけれど:2006/04/14(金) 10:06:37 ID:AtR+0oYi
東京の高層ビル群の中で迷子になるゴジラ

528 :どこの誰かは知らないけれど:2006/04/14(金) 11:41:06 ID:0oqSytgc
レーザー車両のミニチュアが、いかにも小さくて、ミニチュア然として見えた。大縮尺の弊害だ

529 :どこの誰かは知らないけれど:2006/04/14(金) 18:25:40 ID:2DQJxgST
レーザー車両も実車で造ればカコイかったのに。
原型はこれでどうや!!
ttp://www.geocities.jp/aobamil/shasin/sisetu/koudou.html

530 :どこの誰かは知らないけれど:2006/04/14(金) 21:03:45 ID:Wq3OeGIv
>>529
移動指揮車は実車ベースだったが全然カコヨクなかったぞ。
いかにもレンタカーな4tトラックのアルミ・バンが意味なく開くと
中には『さよならジュピター』からの使い回し計器類がズラッと。

531 :どこの誰かは知らないけれど:2006/04/14(金) 21:28:23 ID:a+r7Bhzb
>>518 実景との合成しろっての?そんなもん平成VSで散々やって馬鹿な合成
してたじゃん。
「ゴジラVSモスラ」横浜駅の向こう側を進むゴジラ。普通に走ってる相鉄線。
「ゴジラVSメカゴジラ」京都駅の向こう側を進むゴジラ。丁度新幹線が駅に
到着、何も気にせず乗車しようとする客。
「ゴジラVSデストロイア」香港の街を進むゴジラ。よく見ると普通に歩いてる
一般人や普通に走るバスや自動車。
羽田空港でデストロイアに引き摺られるゴジラ。避難勧告が行われた後なのに
何故か動いてるジャンボジェット。そして待機中の飛行機に搭乗しようとしてる
客の姿(香港公開版ではこの場面カット)

怪獣プロレスは動物の戦いっぽくないから非現実的で嫌だと抜かしてた特技監督は
実景との合成ではまるで気を使ってない馬鹿たれだねと思ったよ。

532 :どこの誰かは知らないけれど:2006/04/14(金) 21:33:37 ID:DbNYSh5t
悪意の解釈だな

533 :(,,゚д゚)さん 頭スカスカ:2006/04/14(金) 22:06:43 ID:grIbUK/c

サ・・サンダーマスク最終回 あれは合成じゃなかったな

534 :どこの誰かは知らないけれど:2006/04/15(土) 05:17:29 ID:TahNWzwq
>>531
ま、この映画でも同じような事してるし。

てーか、新宿西口のさくらやの向こうにボーッと浮かんでいるゴジラの合成は
技術的にアマチュアの8mmカメラでも出来るレベル。
通りの向こうに立ってるつもりなんだろうけどね。
幽霊みたいに浮かんでいるようにしか見えない。

535 :どこの誰かは知らないけれど:2006/04/15(土) 08:14:37 ID:8w4/G5FK
でもあのカットは照明的には一番リアルだったかもしれんよ
ネオンと体の艶しか写ってないてのは


536 :どこの誰かは知らないけれど:2006/04/15(土) 10:35:37 ID:TahNWzwq
>>535
真面目に街灯りを光源にしたら、あんな風には絶対になりまへん。
ああなるためには「ゴジラと同じ高さのビルがゴジラの両脇とちょっと後方に並ぶ」
という条件と「ゴジラの周囲の足元に全く光源が存在しない」、
さらにうるさい事を言えば「ゴジラの真上と後頭部の上に光源が存在」しなくてはならない。
「街の灯りだけで手前のネオンと競り合うくらいの明るさにゴジラが照らされるか?」
というのはこの際無視してだけどね。明るさは別として光の方向性が全く違うので、ああはならない。
本当なら全部下からの光なわけだから、足元から膝あたりまでは全体的明るく
そこから上は徐々に下を向いた面しか光が当たらなくなる。
手は完全に下を向いた面しか光は当たらず、顔に至っては顎の下しか見えない。
眼球には街が写るので、目の辺りにチョンチョンと光の点が出来る。
こんな感じだな。そもそもリアルに感じるなら>>534みたいな事は絶対に書かん。

・足元だけ不自然に暗く落ちている
・ゴジラが極力下半身を動かさないように演技している(ビルとWらないようにしている)
↑の二点は「ちゃんとしたマスクを切ってない」という事情しか感じさせず
公開当時見てて情けなく思ったものだ。あれって「合成」と呼ぶより単なる「二重露光」でしかないもん。


537 :どこの誰かは知らないけれど:2006/04/15(土) 19:45:37 ID:tfAb/nNq
そのカットを当時のメイキング本から
ttp://sakura2.room.ne.jp/%7Eboogie/cgi-bin/img-box/img20060415194132.jpg
厳密に言えば大きさとか不自然だが、イメージ的には巨大感もあり、いい雰囲気という印象
もちろん厳密にやったらもっとよくなったかもしれないが、映画として絵にならないかも知れないとも感じる

538 :四葉:2006/04/15(土) 22:01:30 ID:XJynf+TV
>>536
>手は完全に下を向いた面しか光は当たらず、顔に至っては顎の下しか見えない。
>眼球には街が写るので、目の辺りにチョンチョンと光の点が出来る。

なるほどこれでは>>537さんの仰るとおり絵にならないですね。
「ゴーストバスターズ」のマシュマロマンがビルの谷間を歩く
合成ショットでは、光源が街灯ということで下から光が当たってましたが、
あれ全体が白いうえ、大きさも小さいので全身を見せることが
できたですけれど、ゴジラの場合、単なる「二重露光」でなく、
まじめに「合成」したとしても、ライティングは
うそっこにするしかなかったでしょうね。

でも>>537のショットはリアルな怪獣というよりも怨霊のような感じで
かえって雰囲気はいいかもしれませんね。

539 :どこの誰かは知らないけれど:2006/04/16(日) 06:45:03 ID:755mt60f
>>538
実物大のマシュマロマンをあそこに置いて普通に撮影したって
「絵になる」照明の当たり方になるかどうかは疑問だな。
あれだって>>536のような雰囲気を残しつつそれを映像として成り立たせるため
現実には無い光を足している。大きさや色はあまり関係ない。
ゴジラだって同じ風に見せる事は十分に可能。
マリオンに写り込むゴジラはそういう照明だったもんな。

>>537
久々に見たがやはり酷い合成カットだな。
記憶よりもちゃんとしたマスクを切ってるのは意外だったが。
実景の黒部分にそのまま乗せられるようにこういう照明になってるんだろうな。
足元までちゃんと光を当てたらマスク一枚では済まないものな。
動くエキストラを抜くために一コマ一コマ移動マットを切らなくてはならない。
どっちにしてもゴジラと手前の実景が同じ空間にあるとは思えない印象だ。

540 :どこの誰かは知らないけれど:2006/04/16(日) 11:56:41 ID:YARmz6vr
遠近感が変だよね。
途方もなく大きいゴジラが遠くにいるようにしか見えない。

541 :どこの誰かは知らないけれど:2006/04/16(日) 18:29:11 ID:/2ge7R24
特撮によくあるデフォルメだよ
イメージ優先で大きさをあえて崩すやつ


542 :どこの誰かは知らないけれど:2006/04/16(日) 22:11:34 ID:ERiv6Lm3
「物は言いよう」ってやつだな。

543 :どこの誰かは知らないけれど:2006/04/16(日) 23:00:12 ID:/2ge7R24
そのとおり
事実この作品の前にも後にも同じような手法は使われてるわけだし
このカットに不満のある人は他の映画にも不満持たなきゃいかんよな

544 :どこの誰かは知らないけれど:2006/04/16(日) 23:07:02 ID:NbDqqdIQ
怪獣プロレスからリアル路線にもどしたと言う事では価値のある作品だな。

545 :どこの誰かは知らないけれど:2006/04/16(日) 23:11:30 ID:T/S2yEfM
この作品の不振がVS物への移行を促したという話を聞いたことがあるけど、本当?

546 :どこの誰かは知らないけれど:2006/04/16(日) 23:14:43 ID:+O9QOsSC
>>543
(´・ω・`)特撮映画自体に不満がある連中だろ

547 :どこの誰かは知らないけれど:2006/04/16(日) 23:25:28 ID:34KpSSFD
本作は怪獣映画やゴジラ映画ではなく、「日本沈没」「東京湾炎上」「地震列島」に連なるポリティカルディザスタームービーとして位置づければしっくりくる(顔ぶれが殆ど一緒だし)。
ゴジラという災害に政府や自衛隊が如何に対処し、戦ったかを、もっと徹底させていれば、よりシリアスで面白い作品になったかもしれない。
田中友幸としては、それでは広く客を呼べないので、新聞記者と被害者の妹とのラブロマンスと脱出劇とか、ゴジラに私怨を持つ博士とか、自衛隊のスーパー平気とかを出して、娯楽色を高めようとしたのだろう。
ハリウッドゴジラが138分の長尺だった事も考えてみれば、贅沢にキャストを張り込み、大作仕立てで制作した復活編なのだから、思い切ってそれくらいハードにしてもよかったのではなかろうか。
続編の「VSビオランテ」は、新怪獣こそ出てくるものの、自衛隊の徹底した対ゴジラ作戦の有り様が、大森・川北コンビの、復活ゴジラ、自分たちならこう撮った、という模範解答に思える。

548 :キングアナル ◆ANALdoof0M :2006/04/17(月) 12:29:51 ID:Hrf/iNR7
そうするとある意味ビオランテの流れを受け継いでるのは平成ガメラ三部作なのかも。

549 :どこの誰かは知らないけれど:2006/04/17(月) 18:05:01 ID:Uz1nXxGc
>>543
>事実この作品の前にも後にも同じような手法は使われてるわけだし

幽霊とか透ける必要がある場合だけ、な。
普通なら空ごと入れ替えるか、ブルーバックでゴジラだけ合成するだろ。
こんなナメた合成を使った映画なんて批判しようにも
思い出せるのは僅かにさよならジュピターくらいだ。
スペース・アローがブラックホールに落ちる場面だな。
白黒映画の時代には時々みられた手法だが
この時代にやるような事ではない。

550 :どこの誰かは知らないけれど:2006/04/17(月) 23:25:57 ID:uWtVj7hp
ゴジラへの着弾爆発がどうにかリアルに見える最期の映画だね。
以後は火花散りすぎでどんなにうまく処理してもチャチ。
昔の特撮で出来ていた爆発の土煙表現がどうして出来なくなったのかなあ?

551 :どこの誰かは知らないけれど:2006/04/17(月) 23:28:05 ID:n+HUXvcM
中野さん

552 :どこの誰かは知らないけれど:2006/04/18(火) 18:16:26 ID:dwZd1xrx
>549に何か言ってやったほうが良いんだろうか・・・
めんどくさくなってきた

553 :どこの誰かは知らないけれど:2006/04/18(火) 18:23:56 ID:C/eMeZsQ
ほっとくしかないだろうね・・・

554 :どこの誰かは知らないけれど:2006/04/18(火) 21:43:13 ID:wl0dw9CJ
俺は547の見解に同意。
この後作られたSF映画が「首都消失」とかだったからな。やはりハリウッドと比べるのはキツイ。
まぁ、作品としては別に嫌いじゃないけど。

1984ゴジラ以前にも「復活の日」や「戦国自衛隊」とか名作SF映画が有った。
本作ももう少し当時の角川のようなパワーが有れば別な意味で良いSF映画になったと思う。

555 :どこの誰かは知らないけれど:2006/04/18(火) 22:53:51 ID:dwZd1xrx
帝都物語はSFに入る?

556 :どこの誰かは知らないけれど:2006/04/18(火) 22:58:46 ID:tuvoAnyr
少し(S)不思議(F)
ならSF

557 :どこの誰かは知らないけれど:2006/04/18(火) 23:05:51 ID:+1/EVLYw
星雲賞だか日本SF大賞だか獲らなかったっけ

558 :どこの誰かは知らないけれど:2006/04/18(火) 23:26:07 ID:wl0dw9CJ
「ガメラ2レギオン襲来」は両方取ってたような希ガス

559 :どこの誰かは知らないけれど:2006/04/19(水) 07:46:03 ID:R7sA4zDi
>>550
川北以降、派手に火花が飛び散る着弾が用いられるようになったのは事実だが
この映画の着弾を「リアル」と言い切るのはちょっと無理があるように思う。

560 :どこの誰かは知らないけれど:2006/04/19(水) 12:17:21 ID:f0ctMZPp
火花パチパチは一発でスケール判明してちゃちさ200%アップだから救いようがないな。
まあ、中野の炎上がり黒煙ばかりに何も見えないのも問題だけどねえ。

561 :どこの誰かは知らないけれど:2006/04/19(水) 12:24:49 ID:TNbHTNgn
>559
厳密にいうとリアルじゃないんだろうけど、多彩でそれらしさにあふれてることは間違いない
スーパーXの砲撃シーンでよくわかる
火の粉がバッて広がったりとか、レーザーの当たったとこにさらに透過光当てたり

562 :どこの誰かは知らないけれど:2006/04/19(水) 14:25:20 ID:9z94B638
作品は良かった。面白かった。ゴジラのデザインが、生頼範義画の
ポスタ-通りだったらもっと良かった。


563 :どこの誰かは知らないけれど:2006/04/20(木) 00:26:47 ID:YBgacp16
GODZILLAでビルの穴ごしにアパッチが攻撃するシーンがあるけど
84のスーパーXの攻撃シーンが元ネタかな?

564 :どこの誰かは知らないけれど:2006/04/20(木) 09:49:49 ID:kfhslUmy
鼻糞黒子を隠した沢口靖子が可愛かった
それだけ

565 :どこの誰かは知らないけれど:2006/04/22(土) 02:53:28 ID:7zSNLPox
>>563
あのシーンはこの作品を元にしてるんだろうね。
エメリッヒのゴジラも言われてるほど悪くないしね。

566 :どこの誰かは知らないけれど:2006/04/22(土) 08:54:18 ID:n/GICRCM
>>565
中盤の対攻撃型ヘリコプター、ニュー・ヨーク市街戦まではね。
そのあとは…

567 :どこの誰かは知らないけれど:2006/04/22(土) 08:57:21 ID:W716+OiR
この映画のおかげで正義ゴジラの怪獣プロレス路線が否定されたことを恨む。

568 :どこの誰かは知らないけれど:2006/04/22(土) 11:16:30 ID:siWM/arE
>>567
アニメでは怪獣プロレスしてなかったの?

569 :どこの誰かは知らないけれど:2006/04/22(土) 12:43:03 ID:maQn/Z6F
怪獣同士の取っ組み合い=プロレスは、川北特技監督が嫌いだったんだよ。

570 :どこの誰かは知らないけれど:2006/04/22(土) 13:34:37 ID:d0FowmTy
俺は消防の頃、今は亡き父と一緒に見にいったよ。

スーパーXを見て自衛隊もとうとうゴジラと対等に!と感動した。
でもコミック版ってビルの下敷きになってスーパーX破壊されたよね?
映画は機関停止だっけ?

571 :どこの誰かは知らないけれど:2006/04/22(土) 13:38:59 ID:ROt4a9ad
映画でも機能停止、不時着したところへ
ゴジラの倒した高層ビルがモロに崩れてきて下敷きあぼーんだよ

572 :どこの誰かは知らないけれど:2006/04/22(土) 19:00:57 ID:c+HHNVfi
全員死亡らしいぞ。

573 :名無しの権太郎:2006/04/22(土) 19:09:17 ID:bxbFzXFL
http://www.rak1.jp/one/user/mery_tsu/

574 :どこの誰かは知らないけれど:2006/04/22(土) 19:54:54 ID:siWM/arE
>>572
チタン合金でも駄目だったのか

575 :どこの誰かは知らないけれど:2006/04/23(日) 03:00:53 ID:S7sqfspO
スーパーXというよりメカショッキラス。

576 :どこの誰かは知らないけれど:2006/04/24(月) 01:37:13 ID:5HfpbvMy
スーパーXの形状はショッキラスを元に作られたのか!
するとスーパーXIIは石鹸とかか?
XIIIは?

577 :どこの誰かは知らないけれど:2006/04/24(月) 02:44:20 ID:luaAnQ2u
カドミウム弾は三発しか搭載されなかったのか

578 :どこの誰かは知らないけれど:2006/04/25(火) 00:30:36 ID:NKCW0iij
ゴジラが口を閉じようとするときに
カドミウム弾を発射しても遅いだろ。

579 :どこの誰かは知らないけれど:2006/04/25(火) 00:39:47 ID:0GqX/lEc
口の中でワンテンポ遅れて爆発してるだけでしょう

580 :どこの誰かは知らないけれど:2006/04/25(火) 16:02:22 ID:htrPKIh9
ゴジラ相手にはカドミウムなしではきつかったか。

581 :どこの誰かは知らないけれど:2006/04/25(火) 19:39:11 ID:aVVCmXDS
カドミウム弾は唯一ゴジラを倒した陸自の兵器かも。
ただ、ヘドラには使えない。

582 :どこの誰かは知らないけれど:2006/04/26(水) 20:27:16 ID:hbCJfeQH
永原秀一の脚本も悪くなかったと思う。

583 :どこの誰かは知らないけれど:2006/04/27(木) 18:49:20 ID:ezoeZAiX
この作品だと南海汽船ってもうないの?

584 :どこの誰かは知らないけれど:2006/04/27(木) 19:53:19 ID:U3e4YGqs
せっかくスーパーXの乗組員がいるのだから
通常兵器が効かず、ゴジラに高層ビルをぶつけられる直前の
彼らのリアクションの画がほしかった。
妖星ゴラスのおおとり号みたいな無念の気持ちがあったはずなのに
そういった細かな人物描写をけっこう適当にして
武田鉄矢とかの無意味な役柄を入れたりする点が難ですな。

585 :どこの誰かは知らないけれど:2006/04/27(木) 22:02:31 ID:BqX7JTk+
武田鉄矢をもっと早く出したらどうだろう
兄の居場所を知った沢口と肩をぶつけるとか
後になって「あ、あの時の」と観客は思うだろうし
唐突感は無くなる

586 :どこの誰かは知らないけれど:2006/04/27(木) 22:23:56 ID:3jP4lQic
最初から出さなければ唐突感を気にする必要がない。

587 :どこの誰かは知らないけれど:2006/04/28(金) 00:17:24 ID:CpFvhEIg
ゴジラと一緒にショッキラスが東京に出現、
そこで襲われる役に。

588 :どこの誰かは知らないけれど:2006/04/28(金) 00:38:45 ID:H2CsMJXU
武田には首相をやってほしかったな

589 :どこの誰かは知らないけれど:2006/04/28(金) 14:28:19 ID:oQ1U0crS
ゴジラのデザインを初ゴジそっくりでやって欲しかった。

590 :どこの誰かは知らないけれど:2006/04/29(土) 02:31:10 ID:4FXbM5VT
大体オメダやってた様な奴をヒーローに据えるのが間違いだろ
東宝なら勝野洋か三浦友和にさせりゃ良かったんだよ

591 :どこの誰かは知らないけれど:2006/04/29(土) 02:50:06 ID:iWmDSzWa
三浦だと「あんた春先に死んだべ」と言われて

592 :どこの誰かは知らないけれど:2006/04/29(土) 12:12:36 ID:NMw1yM/T
東宝は田中健にそれなりに期待してたんだろうなぁ。
「青春の門」2部作みたいな大作にも主演させてるし。
線の細い伊吹信介だったが…

593 :どこの誰かは知らないけれど:2006/04/29(土) 15:05:29 ID:tUz9bV6i
沢口は看板になった。東宝のカレンダーは結構長期間沢口が表紙だった。今はしらんw

594 :どこの誰かは知らないけれど:2006/04/30(日) 17:59:52 ID:e3vbSPez
監督が橋本で主演が三浦だとジュピターじゃん。

595 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/01(月) 19:20:16 ID:3nDJNBvv
それはそれで・・・・

596 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/02(火) 05:14:24 ID:cwRfMPO6
さーよーならー大きなーともだちー

まいおーるどふれーんど
さよならてぃるわぃーみーとあげいんー

597 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/02(火) 15:18:54 ID:UL9hXFuW
この映画は前年の復活祭からはじまるゴジラ復活イベントのひとつであって
内容を云々するものではない。
ゴジラがスクリーンに復活したことをわいわい楽しむためのもので、DVD
やらビデオやらであとから見てどうこうということはない。
だからあのときに実際に映画館で見た人にしかこの映画の意味はわかるまい。


そんな認識のおいら

598 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/02(火) 15:28:22 ID:ieGQrKVo
ゴジラ復活イベントはしらんが小4の頃劇場で見た
今も懐かしくてDVDで見てる
古いファンが口を極めて罵る理由はさっぱり分からん

599 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/02(火) 16:45:01 ID:oLqHe9B6
>>598
理由は簡単。
自衛隊活躍少なすぎ。
ゴジラ暴れなさ過ぎ。
他はどうでも、この2点さえ押さえてあれば、ファンは怒らなかった。

600 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/02(火) 16:52:01 ID:bejo1/ji
>>592

80年代半ばの田中健は東宝作品で主演や助演を飾っているね。
同時期東宝作品に田中と同様にネームバリューの割には頻繁にでていた
東宝芸能所属の古手川祐子と結婚した。
たしかこのゴジラ撮影中や公開の頃はもう婚約中だったはず。
東宝としては映画スター同士の結婚で、邦画黄金期の装いに持っていきたかったんだけど
この頃の邦画なんて角川映画ぐらいしか盛り上がらないから二人の結婚はたいして話題にならず
後年田中健が古手川家でマスオさん状態に嫌気がさして別居してあげくは離婚してしまった。

601 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/02(火) 17:02:04 ID:xAp8i4U+
>>599
俺は軍オタじゃないから、自衛隊なんぞ活躍しなくても全然不満はない。

それより、幼い日々、正義の怪獣と信じて疑わなかったゴジラが悪役になったことが不満だった。
正義ゴジラがなかったことにされてしまったことが、いまだにムカつく。

602 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/02(火) 18:02:06 ID:TjGGOybU
実際にゴジラが上陸したらあんなもんちゃうかね?
自衛隊もあれぐらいちゃう?

603 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/02(火) 18:06:18 ID:xAp8i4U+
大体、自衛隊ごときに圧倒されるような怪獣なんて見たくもない。

604 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/02(火) 18:07:23 ID:qHMbRNA0
お前に自衛隊のなにがわかる

605 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/02(火) 18:26:28 ID:axnva1Xs
>>603
つ空の大怪獣ラドン

606 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/02(火) 18:27:42 ID:axnva1Xs
>>601
つ「ゴジラ(1954)」

607 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/02(火) 19:38:45 ID:X5D6/HQg
ゴジラは正義でも悪でもない。人間が勝手に言ってるだけだ。

608 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/02(火) 21:10:56 ID:ieGQrKVo
あの宙ぶらりんな存在感がよかったんだけどな…

609 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/02(火) 21:32:26 ID:MgjSExGL
あきらかに人間の味方になった描写って
メカゴジラの逆襲で子供が助けを呼んだ時だけじゃないか?
後は結果的に人間の敵を倒したりしただけで。

610 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/02(火) 22:22:16 ID:oLqHe9B6
>>602
東京湾で護衛艦隊と海戦、それから航空機による攻撃、埠頭での水際作戦、上陸後は戦車隊と戦闘、戦闘ヘリ部隊との激闘、有楽町のセットは総て破壊する、新宿決戦でも、セットのビルは総て破壊。
これくらいやっとけば、あとはそのままでもファンは満足した。
有楽町や新宿のセットだって、造ったら壊さなきゃ勿体ない。そういうもんでしょう?

611 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/02(火) 22:44:18 ID:axnva1Xs
基本的に「当時の東京にゴジラを置きたかった」だけだから、
都市破壊は控えたんじゃないの?
見た当時はそう受け取ってた。
結果として1作目に有った「街中を行く巨大な影」のイメージは
うまく出せてたのではないかと思ってる。

ただ、都市破壊が少なかったのは、
確かに派手さに欠けてたように思う。
そのせいか以降の作品での都市破壊はかなり派手に。
「『派手に壊しゃ良い』ってものでもないなw」と思ったもんだ。

612 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/02(火) 22:59:22 ID:TtDKT5Bb
実際の自衛隊の隊員や実車が出ていればもっとよかったかもね。それでも
CCVのF-1戦闘機とかも面白かったし炭酸ガスレーザー車両とかも当時設定読んで萌えた。
実社会のニュース性を延長させたSFなんだよね85ゴジラって。
「なだしお」が出れば完璧だったのだが・・・

613 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/02(火) 23:02:11 ID:MgjSExGL
GODZILLAも黒人の海軍提督?が
「ここからは海軍の出番だな」とか言って、
ズンズンズンって曲をバックに潜水艦が出撃するシーンは燃えたなあ

614 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/02(火) 23:04:30 ID:6UsEKvjz
まあ見ててF-1CCVには萌えたね。あと成層圏で核ミサイルが爆発したときの
赤いオーロラみたいなん(電磁波)とBGMは神秘的だったな。
だけど新幹線襲撃シーンの0系新幹線だけど、模型は小窓だったのに中からゴジラ見た時のスチールん時は
長窓になってたような気が・・・。あと車体傾いてるのにカーテンが・・・。

615 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/02(火) 23:07:51 ID:axnva1Xs
>>614
>赤いオーロラみたいなん(電磁波)
成層圏での核爆発で発生する電磁波によるオーロラで正解。

>あと車体傾いてるのにカーテンが・・・
それは当時の特撮技術における仕様ですw

616 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/02(火) 23:18:16 ID:6UsEKvjz
F-1CCVほしい・・・。
あと平成ゴジラシリーズ全てにおいて言える事だが
場面変わるたびにゴジラの大きさ変わってる・・・。
(1984ゴジラで言うと有楽町出現のときはマリオンとほぼ同じぐらいだが
新宿に向かうときはかなりスケールアップしてた。)

617 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/02(火) 23:19:28 ID:MgjSExGL
T-2 CCVってどうなったんだろ?

618 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/02(火) 23:29:15 ID:6UsEKvjz
S59年ゴジラ好きだけど合成がいまいちなんと
有楽町でビルに当たらない様に進んでいくのが
減点対象。まあ悪くない。むしろ良い。

619 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/02(火) 23:53:32 ID:oLqHe9B6
F-1戦闘機がゴジラの放射能火炎でやられて海上に墜落していくシーン、着弾の光線の具合で、ピアノ線をするする滑って落ちて行くのが一瞬判るんだよ。
あれで一気に興醒めした。
これはスクリーンでしか判らない。
ビデオ、DVDで目を凝らして何度見ても判らないけど、劇場で見えちゃったんだよ。
もともと高くもない中野への評価が、更に下がった一瞬だった。

620 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/03(水) 00:00:32 ID:0eBR++lY
>>617
航空自衛隊岐阜基地に保管されていて、
航空祭の時に地上展示機として引っ張り出される。
飛行可能時間をまだ残しているみたいだけど、もう飛ぶことは無いだろう。

621 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/03(水) 00:00:38 ID:axnva1Xs
>>619
>これはスクリーンでしか判らない。
>ビデオ、DVDで目を凝らして何度見ても判らないけど、劇場で見えちゃったんだよ。

検証のしようが無いのがネックだな。
鵜呑みにしていい話かどうかさえも判断できないよ。

622 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/03(水) 00:05:56 ID:WzT6MNbg
中高年特撮ファンにとって中野氏の評価って低いんですか

623 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/03(水) 00:23:54 ID:dC59Hbp+
>>621
復活ゴジラだから、期待満々で劇場に駆けつけたんだよ。
多少粗があっても、見えない振りして楽しもうと、そう思ってたんだよ。
スクリーンにのめりこんで観ていたのも、粗探ししようと思ってたからじゃないんだ。
でも見えちゃったんだもん。炎上しながらピアノ線を伝って海面に突っ込んでいくF-1戦闘機が…
あれが夢か錯覚ならどんなに好い事か。
私の程度の頭では、こんな作り話は考えられません。

624 :621:2006/05/03(水) 00:54:16 ID:2ShgW8SG
>>623
悪いな。DVDで見えたというのなら俺も経験あるから
そのまま鵜呑みにするかもしれないけれど、
こういうのはやっぱり真偽は判断できないわ。
真偽はともかくとしてそういう話が有ったということで覚えておくことにするよ。
いずれスクリーンで観る機会が有ったら確認してみることにしよう。

625 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/03(水) 10:05:29 ID:mgvobnzE
昭和40年代後半に幼年期を過ごし、怪獣カードやら玩具やら雑誌やらの媒体で
ゴジラはヒーロー怪獣みたいな刷り込みがあった上、50年代前半もその気分を
引きずってたから、のちに知識として初期のゴジラが悪役であることを知っても、
いまは普通に正義側(劇中の人間というより、映画を見ているこどもの味方)と
思ってたから、84には正直、思い出をぶち壊された不快な気分しかない。

大人の鑑賞に耐えることより、ずっとこどもの味方であってほしかった・・・

626 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/03(水) 10:46:40 ID:Hx2ItirK
武田が全て悪い。せめて踏み殺されてくれれば。

627 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/03(水) 10:58:46 ID:dux2BZW6
>>625
>ずっとこどもの味方であってほしかった

あの頃それでやってたら、
平成VSシリーズも2000〜FWも無かっただろうな。

628 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/03(水) 16:50:35 ID:WzT6MNbg
>>627
つまりやってたほうが未来はマシだったというわけか

629 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/03(水) 18:46:33 ID:rVzSDtkx
メカゴジラの逆襲での興行収入や観客動員数が落ち込んでたし、マンネリ化してたからしかたないんじゃないかな?

630 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/03(水) 19:27:52 ID:KvBi6d43
正義のゴジラなんてごく狭い世代の視点じゃないか。

631 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/03(水) 20:26:39 ID:VtDPLeMS
>>623
ピアノ線丸見えなんて、この映画の中では些細な事だと思うが。
個人的にはこの映画の特撮には「萎えポイント」が沢山あり過ぎて
その程度の事ではいちいち指摘する気にもならない。

632 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/03(水) 20:58:18 ID:dC59Hbp+
>>631
いやあ、ピアノ線を見せないなんてのは、基礎も基礎、他のミスとは比較にならない減点ポイントでしょう。
最低でも、これをやっちゃあいけないよ。

633 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/03(水) 21:14:56 ID:VtDPLeMS
>>632
でも昔からあり過ぎて、もはや「お約束」って感じ。
円谷英二の頃だって頻繁に見えていた。
「吊っている」っていうのは合意事項のようなものなんだから
今さら見えたって何か言う気にはならないけどね。

ビルの壁に実写の人物が張り付いているようにしか見えない
ミニチュア+リアプロのカットよりは断然マシだと思うよ。
ピアノ線のバレは一瞬の出来事だからラッシュを見るまでわからないけど
リアプロのパースの狂いはファインダーで十分に確認可能だからね。
てか、プランニングの段階で「駄目だ」と普通はわかりそうなものだ。

634 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/03(水) 23:53:43 ID:0eS8u3Pt
やっぱりリアプロを角度つけて撮るのはタブーだったのか
映る人間をあらかじめ角度つけて撮るとか、他の窓も全部リアプロにするとか考えたんだが
萎えるほどじゃないが人形でよかったんじゃないかと思う

635 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/03(水) 23:55:32 ID:pGPZVXgv
窓に鏡を使うという手もあるが、夜間のシーンだと逆に難しそうだな。

636 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/04(木) 00:17:43 ID:woXHi/HB
             ______
         ,、 ‐ ''"        __ > 、
        / ` 、  _,,、 ‐''"~       \
       /l     : : /               ヽ
     _/: :` 、   : /                _/ 、
    /、 \   ` /、_           _. -‐''"~  ()\
  ./: : . ` 、 ` ‐ 、    7''' ‐‐ -- ‐‐''"          : :',
 /ト、    ` /‐'' 、 : :/: :  (_)      _,,,..‐¬    <ハ <どーも、スーパーXです
/ \` 、   /  `‐;_:_/: :          └'''"~     ,,、 : ト、
|    ` ‐ 、/ ` ‐ _/_ ~"'''‐┐            ''"     : l
|: : : :     / 、 .._  : :/ ~"'''‐┘    -‐‐'''"    ☆ _,,..、ヘ.  |
.\: : : : . /  \ `'''‐- ..,,_        _,,. -‐'''"~   ヽ /
:::::::.\: : |     \        ̄   ''"~ |     、_,,、 ‐''"/
::::::::::::.\l     :/l  ..,,_         |_..、 ‐'''" _,,、''" /
::::::::::::::::::::` ‐ 、:.::.:|、_l,,_         ̄   ''"~|  ̄ ̄ ̄   /
::::::::::::::::::::::::::::::: ̄    ~"''‐‐‐ --    ..,,_/_,,..   --‐''"


637 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/04(木) 00:50:08 ID:lI4Sm5QV
ケロロktkr

638 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/04(木) 00:52:33 ID:Q+zIM6BS
誰か>>636に胴体追加してw

639 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/04(木) 00:53:18 ID:xGtNm4B8
「スーパーXはまだか?」
「ただいま出撃しました!」
デッデデーデッデー デッデデデデデデッデ〜

ここで燃えるか、苦笑するか、分かれたと思う

640 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/04(木) 01:33:27 ID:5Hl68Yv+
>>634
リアプロは「カメラのレンズとプロジェクターの光軸を一直線にする」が基本。
ただしこれは光量が必要な場合なので、ミニチュアの場合は無視しても何とかなる。
映写面が小さい分、光量は稼げるからね。「レンズの光軸と映写面は垂直に」も同様。
本来はカメラの動きに合わせて光量も変化させないとマズいんだが、これも目を瞑って良いだろう。

でもこの場合「ミニチュアを撮影すると実写のアングルおよびパースを揃える」は基本中の基本だと思う。
でないと、こういうみっともない結果に終わってしまう。
なのでこの場合はヘリコプターからの主観にこだわるなら人形。
リアプロにこだわるならパースを揃えた客観的な固定ショットで処理する方が良かったと思う。

理詰めな作業が必要な手法に弱いって中野特撮の特徴なのかね。
この人の特撮の合成とかで感心した事ってあまり記憶にない。

641 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/04(木) 01:49:53 ID:ZCX1qZmc
こっちに出張して、講義してくれ。
中野マンセーばかりだ。
http://bubble4.2ch.net/test/read.cgi/rsfx/1146476489/

642 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/04(木) 12:13:14 ID:k6LidoFD
>>625
こう見る人もいるのか
自分はVS世代だから昔の頃の作品は萎える

643 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/04(木) 13:13:55 ID:x378J5qc
自分は小学校卒業するぐらいまでは昭和の正義ゴジラも好きだったが、
大人になるにつれて現実性が無いとしてアンチ昭和(正義)ゴジラになった。
純真に特撮好きだった俺も穢れたんだな・・・。

644 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/04(木) 13:19:17 ID:x378J5qc
>>642
秀同。自分もVS世代(小5の時にVSデストロイア)だから昔の作品は趣があった。
特にVSキングコング、VS昭和メカゴジラ2作

645 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/04(木) 19:36:53 ID:5Hl68Yv+
正義のゴジラの頃が幼年期だったけど、あまり好きじゃなかった。
正義の味方だったらウルトラマンや仮面ライダーの方が格好良かったからね。
ガキのくせに「ゴジラなんて子供の見るもの」と半分バカにしていた。
ゴジラに興味を持つようになったのは初代を見てからだな。
それから初代〜三大怪獣辺りを見るようになった。

で、復活ゴジラが来た。
「基本路線への復帰」って事で期待してたんだがな。
結果としては「ゴジラなんてどーでも良い」って結論しか出なかった。
vsシリーズは惰性でテレビで見た程度。

646 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/05(金) 03:26:18 ID:4PEWmts8
受け取り方はやっぱり人それぞれなんだな
世代だけじゃ語れない

647 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/05(金) 17:25:48 ID:m2YPVmFp
だろうな
俺は平成シリーズ世代だけどヘドラやがガイガン戦あたりも大好きだ

648 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/05(金) 17:33:57 ID:hrjuVxk/
まぁ、漏れはどっちも好きだったがw 大森1樹で終わった。
ビオランテは見れたんだが・・・ やはりシナリオだな。

649 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/05(金) 17:52:02 ID:n3kXZXbl
>>648
(米ソの)核をテーマにした83年のゴジラとそれに付け加えバイオ技術の発展と自衛隊を前面に出したvsビオランテと続いたのに
86年に起こったチェルノブイリのような原発事故が扱われることはなかったな

vsキングギドラは日本の経済発展
vsモスラは環境問題
vsメカゴジラはPKOに関係しているのか国際連合のような存在Gフォース
と次のvsスペースゴジラまで原発さえ出てなく核については触れなくなっていったなと思ってる

650 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/05(金) 17:54:40 ID:n3kXZXbl
>>649に追加
vsキングギドラにはアメリカの核実験と原潜襲撃は触れられてたと誤解の無きよう書いておく

651 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/05(金) 21:19:22 ID:hrjuVxk/
そしてUSA版はフランス核実験だなw
漏れは84ゴジラの終末思想感が好きだった。
政府や米ソの混乱の中で博士達が地味ーに、じわじわとゴジラの謎を解いていく
ストーリーも良かった。
ビオランテはストーリーは凡庸だったけど俳優が良かった。政伸の青年将校がイイ
だがその後の作品はちょっとなー

652 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/06(土) 02:25:38 ID:S1vi92wL
>>651
>漏れは84ゴジラの終末思想感が好きだった。

そんな雰囲気が漂ってたか?
「新しい事に挑戦して駄目だったBBJならともかく、お家芸の怪獣映画でこれなら日本の特撮映画も終わりだ」
という終末感はあったが。

653 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/06(土) 08:32:52 ID:eW2XAqaM
>>652
BBJを駄目だったと断定するのはちと早計。少なくとも特撮には見るべき箇所もあった。
復活ゴジラの特撮は、BBJ以降のものとは思われせないのが辛い。
宇宙空間の描写にはBBJのノウハウが活かせそうなのに、「惑星大戦争」レベルだし。
「竹取物語」もモーションコントロールを使ったという割には、飛行シーンは二重露光レベルのセコい合成だし。
これまで低予算ゴジラで頑張ってきた中野に対する慰労という意味で、最後に大作ゴジラの特撮を任せたのでしょう。
取り敢えず出来は二の次で…

654 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/06(土) 08:47:10 ID:7INHeMyo
BBJってさよならジュピターのこと? ググっても出てこないから、
しばらく頭をひねってみた。

わかるように書いてほしいな。君たちのようなすばらしい
物知りは多くはないので。

655 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/06(土) 10:06:31 ID:Z+Yk1CXr
"BBJ"なんて略称はまず使わないだろうにな。

>>654
>>653の「宇宙空間の描写」という言葉が無かったら俺もわからなかった。

656 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/06(土) 10:10:05 ID:YpZNUk7V
BBJはモーションコントロールカメラの精度が悪くて
実際には使い物にならなかったとか、模型が熱に弱くて
強いライトを当てられなかったとか、苦労が絶えなかったらしいな。BBJスレに書いてあった

657 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/06(土) 12:28:05 ID:BbEnHn/U
チャンピオン祭り世代だけど、
新作の正義ゴジラと旧作の悪役ゴジラとを平行してみていたから
別にゴジラ=正義という刷り込みは全くないな。
84ゴジラは恐いゴジラ復活というからそれなりに期待していたが
万事に中途半端だった。
特に非核三原則を説く小林桂樹首相には萎えたな。

658 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/06(土) 12:50:52 ID:0g9adtQf
>>657
自国にスーパーXという解決策があるのにむざむざ外国に核ミサイル撃たせる必要ないんじゃない?
あの世界の日本は超兵器持ってる国だから『現実の日本と全然違うんだよ』

659 :キングアナル ◆ANALdoof0M :2006/05/06(土) 13:59:04 ID:ifFlPhSp
ゴジラが出なければスーパーXは出番もなく世界史に出る事もなく、
闇に埋もれていたわけか。

660 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/06(土) 17:17:16 ID:vTQasfQ/
まあ、科学技術でいえば
この作品の日本はレーザー砲を標準装備しF1-CCVなんて純国産CCV機も装備し
秘密裏にスーパーXを配備している超軍事大国だし
アメリカソ連は衛星軌道に核ミサイル基地を配置し
米軍もソ連が衛星軌道から撃った核ミサイルを沖縄から迎撃ミサイルを発射して
打ち落とすスーパー軍隊。

661 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/06(土) 18:35:59 ID:A5lAonsd
嘉手納からの迎撃ミサイルが外れて、飛んでくる核ミサイルをゴジラが熱線で破壊したら
正義怪獣になってたんじゃね

662 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/06(土) 19:30:56 ID:FkqTY7p1
>>661
>飛んでくる核ミサイルをゴジラが熱線で破壊したら

ファイナルウォーズになってました

663 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/06(土) 21:28:50 ID:0g9adtQf
>>660
さらに付け加えるなら2度のゴジラ襲撃により東京大阪を壊滅させられながら
未来人に過去を改変される前の時点で新宿に高層ビル群が建つまで復興させた『スーパー経済大国だ』

ただビオランテのときのゴジラとの総力戦のダメージは相当だったらしく軍備の再編成と新兵器開発には至らなかったようだな
新ゴジラに易々と東京に上陸させるなどそれまでの国防政策誤ったとしか思えないがその前のキングギドラ襲撃で徹底的に軍事力削られたのかもしれない
※キングギドラが登場した世界でもvsビオランテがあったことはスペゴジで証明済み

664 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/07(日) 21:18:03 ID:WlwLYS+Z
まぁこの作品の好きずきはスーパーX好きにかかっているかもな。
やはり地味でフラットなストーリーなので見せ場ってここしかないのかもw

個人的にはもっと地味ぃーに猛毒放射能の恐怖におびえながらゴジラの謎に迫っていく
感じでやってほすいかった。 武田も石坂もいらないからw

665 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/08(月) 04:48:23 ID:ju3qgvtR
>>658
だから中途半端だってのはその辺だろ。


666 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/08(月) 13:39:30 ID:TgCt3+eZ
観客動員と興行収入だけで見たら成功作ではあるな。

667 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/08(月) 15:31:48 ID:0o3b0jKp
320万人・今でいうと興収30億越えか

668 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/08(月) 17:52:05 ID:hseOZzIt
GMKの着ぐるみを使って
84ゴジの登場シーン(サイボット含む)を撮り直したら凄く良くなると思う。
着ぐるみ(サイボット含む)の出来で損してるよね84ゴジは。

669 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/08(月) 18:32:20 ID:B5XZ6XzE
サイボットの顔に着ぐるみを合わせるわけには行かなかったのかな

670 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/08(月) 22:32:15 ID:5wFgn7li
ゴジラが原発を襲撃しているとき、主人公たちがその場に駆けつけたけど、
高濃度放射能を浴びて死ぬということは考えなかったのかなぁ?

ゴジラがビル街を歩いているとき、主人公たちはビルの一室でゴジラに向けて
帰巣本能の実験をしていたけど、ゴジラが突然自分たちのビルを破壊するかもなんて
考えなかったのかなぁ?

671 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/08(月) 23:32:34 ID:/gohm/20
>>669
すごくマヌケになるがいいのか?

672 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/09(火) 00:45:20 ID:eAcS3CeT
>670
初代ではその辺の核の恐怖がうまく描かれているんだよな。
ゴジが海へ帰ったあと東京は焼け野原になって子供達が被爆、家族を殺された
少年が泣きながら畜生とつぶやく。
核って怖いなって思うモンな、あのシナリオはすごい、現代人には書けない。
これは戦後の焼け跡世代と平和ボケ世代の差でもあるなw

でも・・・ スーパーXは好きだがw

673 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/09(火) 01:29:07 ID:vZ5SCZ0w
>>672
戦争を体験した人あるいは出来のいい戦争映画撮った人ならいいもの撮れる?

674 :672:2006/05/09(火) 03:40:42 ID:eAcS3CeT
本多、円谷、香川先生は戦争体験をゴジラというゲテモノ映画に良い意味で活かせたと言う意味。

作品の善し悪しに戦争自体は関係ないっしょ。ひとくちに戦争体験といってもいろいろあるしね。
中には太宰治みたいに戦時下にとぼけた小説書いてたヤツもいるしw 人それぞれっしょ。
作品の「厚み・重さ」というのはその人の人生観の活かし方だろうからね。

もちろん・・・ スーパーXは好きだがw

675 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/09(火) 19:06:06 ID:GdQotqe7
もしこの映画でスーパーXなどの超兵器は存在せず自衛隊の現有戦力のみの設定だったらどういった脚本になったんだろう

676 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/09(火) 19:15:50 ID:w8NMQNlu
そんなのガメラと同じになっちゃうじゃん。

677 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/09(火) 19:25:39 ID:Y32A+Wkc
護国聖獣のかわりにショッキラスが跳梁跋扈するGMKみたいな話。


678 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/09(火) 19:44:01 ID:eAcS3CeT
日本版ゴジラUSAとなる。 まあ、米軍なら倒せるかもw

679 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/09(火) 19:57:30 ID:E8fH7dEu
スーパーXは浮いていたが、お話的にも浮いている。
非核を論じているときにあれが浮かんでたらまずい。
田中P的には超兵器シリーズも強引に入れ込みたかったのだろう。

680 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/09(火) 21:09:20 ID:cPix3Gtm
公開前に流れた噂。
ようやく制作開始したゴジラだが期待するな。
新宿高層ビルでズラリ並んだメーサー車と
マイティ号がゴジラを迎撃する映画
ラストはサンダ対ガイラだし。
東宝はやはり60年代で終わったんだよ。

こういった意見をどこかで聞いた。
映画はほぼその通りだった。

681 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/09(火) 21:42:05 ID:748HzkI+
いかにも当時のマニアの言いそうなことだ
当時のマニア事情など知らんが

682 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/09(火) 21:55:58 ID:eAcS3CeT
>新宿高層ビルでズラリ並んだメーサー車とマイティ号がゴジラを迎撃する映画

これはこれで観てみたい気がするw

683 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/09(火) 22:21:43 ID:SyAgHShx
>>682
そっちの方が面白そうだ。
ドラマはシリアスでも、見せ場は派手でいいんだよ。
田中Pも中野も、久々の大作ゴジラでトチ狂ってたんじゃないか?

684 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/10(水) 18:48:51 ID:GWDdrv33
当時は今ほど寛容ではなかったのよ、
カイジュウとかそういうものに対しての世間一般の目が。
だから必要以上に「昔ながらの怪獣映画」の雰囲気を消して
「大人の鑑賞に耐えるリアルな映画」の振りをするしかなかった。
というのも察してあげてね。

685 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/10(水) 20:50:57 ID:Anh0ec4R
「ホンネ」と「タテマエ」ってのが現在のニュアンスで用いられるようになったのも
このころらしいね
関係ないけど。

686 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/10(水) 20:51:17 ID:p6BhJX/p
>>684
あの当時平成がメラのようなの作ってたら評価はどうだったのかな

687 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/11(木) 00:34:25 ID:jzskd25Z
造れないんじぁないかなー?当時はまだ自衛隊は社会の敵だみたいな主張しているメディアも
あった希ガス。平成ガメラはどう見ても自衛隊賛美だもんなw

教育の現場で国防など語るのもタブーだった時代。(今はどうか知らないが)
この10年後神戸で大震災が起こり当時の村山社会党内閣や兵庫県知事は自衛隊出動を
躊躇したとかなんだとか・・・
平和ボケなんて言葉が出てきたのもこの当時ではないか? もっと後かな?

688 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/11(木) 00:50:37 ID:s/FZFv6x
最近の怪獣映画は、自衛隊の出るシーンはすべて、自衛隊が脚本から検閲して口を出し、
場合によっては演出まで買って出る。 もちろん自衛隊が負ける描写があれば
協力しないという姿勢。 だから平成ガメラ(の全部かどうかは忘れた)は自衛隊が協力してない

689 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/11(木) 00:55:57 ID:chXoYayK
平成ガメラが2までは協力してるぞ。2の描写で怒って3で協力しなかったんだ
どう見ても自衛隊のイメージ良くなるであろう内容なのに。
インデペンデンスデイも米軍の協力得られなかったんだよなあ
序盤でボロクソにやられるから。 最終的には勝つ話なのに・・


690 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/11(木) 02:08:31 ID:jzskd25Z
>自衛隊の出るシーンはすべて、自衛隊が脚本から検閲して口を出し

その辺は軍板で語られているね。それなりに理由は有るようだ。
【怪獣映画】軍事的な考察【ガメラに敬礼!】ttp://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1145192955/

スポーン以前のアメコミは警察官が殺される部分とかうるさいとか聞いたが、映画ではw

691 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/11(木) 07:53:25 ID:2qMnLA+u
>>687
てか、自衛隊云々は別として作れないし「作ろう」という意見も説得力を持たんでしょ。
「ゴジラシリーズへのアンチテーゼ」的な部分が大きいシリーズなんだし。
ゴジラシリーズが元気であったという前提が無いととても作れなかったものだと思う。

692 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/12(金) 13:02:58 ID:1Prw9e44
ビオランテの後から自衛隊が協力してたら特殊兵器を出せなくなったんだっけ?

693 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/12(金) 22:39:47 ID:JOA6aM2V
怪獣映画は自衛隊にとっての、格好の宣伝媒体になってしまった

694 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/13(土) 00:19:34 ID:OtrQzynn
ま、常識で考えたら自衛隊がやられた後、高みの見物していた米軍が倒しちまうんだろな。

695 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/13(土) 17:13:17 ID:WY+AXQXB
>>688
自衛隊の航空機は落ちないから、落ちる描写はダメ、とかだっけ?

696 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/13(土) 17:53:31 ID:WwTiGsEG
>>694
マグロが好物のイグアナは、ミサイルを数発食らった程度でくたばったが、本家ゴジラは倒せまいて。

697 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/13(土) 18:04:44 ID:HKuNx97V
>>695
平成ガメラ1の時、やられるシーンはNGといわれて「じゃあ
米軍ならどうよ?」「それもダメ」とか揉めたことがあったそうだ。
陸自と海自はそこらへんは比較的寛容でしょ。

海自は映画でやられた船をチェックしててビオランテの後の
作品で「○○をゴジラに破壊させたい」とスタッフが言ったら
「その艦はビオランテの時にやられてます」といわれたらしいw


698 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/13(土) 19:26:10 ID:eWZNsR+/
>>697
マジか。すげーな海上自衛隊。

699 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/14(日) 17:19:42 ID:kOTMBXn1
>>696
いや、牛が好物の本家初代もどっこいどっこいだろ。

700 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/14(日) 19:44:51 ID:mJ2GOktE
「地球防衛軍」の時だっけ?国会で野党が一商業映画に自衛隊が協力するのは
けしからんってその後しばらく怪獣映画に協力してくれなくなったのは?
「サンダ対ガイラ」観た時は当然協力してんだろうなって思ったけど、して
いなかったそうだね。「日本沈没」あたりじゃない?また出てくれるように
なったのは。だけど、そのとき左翼の人たちから非難をうけたりしたそうだね。

701 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/14(日) 19:59:03 ID:uLdnp0Ex
大蔵省の中の人からもいろいろ言われたとも聞いた

702 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/15(月) 12:04:12 ID:6LhYsHwD
>>699
初代は牛に限らず何でも喰うだろ

703 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/15(月) 12:59:32 ID:5kBSSMVN
>>702
別に初代の好物の話ではなくて、アメ公の通常兵器で倒せるか否かという話なんだが。

704 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/15(月) 18:05:13 ID:Yl2ADvFx
そもそもアメ公が通常兵器のみで倒そうとすると思うのか?
自衛隊がやられるまで高見の見物をきめこみ空爆→気化爆弾→戦術核
それでも倒せないなら最終的には日本内陸への封じ込め(本土占領・全日本人強制移住)だな。
エサ(原発)は豊富にあるしw

まぁ、もともとヤツらはゴジラ倒す必要もないしw 利用するだけ。

705 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/15(月) 18:25:29 ID:te7ULPP7
>>704
あの時代日本の経済が麻痺した場合西側諸国への影響は?

706 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/15(月) 19:30:35 ID:j1G/IlOY
アメ公に倒されたり、利用されるゴジラなんて見たくもない。

707 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/16(火) 11:16:30 ID:2eg3d5e2
災難と思わずチャンスと思うえばいいとも

708 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/16(火) 19:43:35 ID:GxIP1h4S
>>705
首都に原発1基分の放射能をまき散らす未知の生物が暴れ回った段階で
その国の経済能力は壊滅するだろう。

709 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/16(火) 20:47:44 ID:TQNqKaPW
通産大臣はそこのところがお分かりになっとらんらしい。

710 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/17(水) 00:09:58 ID:fQmDRsiH
>>704
封じ込めってどうやるんだよ。
殺せないなら、止められないだろう?
具体案を出してくれ。

711 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/17(水) 03:16:08 ID:DUYw7Cy3
ファイナルウォーズ

よくあんな塵映画を作ったものだ…

712 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/17(水) 18:06:47 ID:eHtPHiFK
>>710
封じ込めなら殺す必要なし。
帰巣本能誘導、レーザー車両誘導、サーチライト誘導、カドミウム弾、人口落雷。
エサの原発は日本中にある。
さらに米軍ならスーパーX10基、レーザー車100両ぐらい作れるだろう。
そして日本の核を食い尽くせば近所の核大国ソ連に向かうはず。

アメ公は国家予算つぎ込んでもやるだろうな。

713 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/17(水) 22:27:21 ID:HSOxJtp3
>>712
それなんて小笠原怪獣ランド?

714 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/17(水) 22:49:26 ID:K3RmTkAq
それよりもゴジラ細胞からANEB作ればいいじゃん。
アメリカなら作れる学者いるでしょ。

715 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/18(木) 00:14:47 ID:FNLK1Gnd
>713
ウルトラマンコスモス+ボンフリー=怪獣ランド

716 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/18(木) 22:56:53 ID:tEguuTfo
キングバトラーとレディバトラーがやって来た!

717 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/19(金) 13:27:51 ID:8pitXsED
スーパーXはゴジラが出現したのにカドミウム弾搭載に時間がかかったね。

718 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/19(金) 16:53:42 ID:pCsWumcQ
カドミウム弾搭載申請書にうっかりシャ●ハタネームペ●で捺印したら
上司が「正式な書類にシ●チハ●は認められん」と言い張ったから

719 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/19(金) 21:50:20 ID:XGFRSKLu
http://tv7.2ch.net/test/read.cgi/sfx/1147485174/l50

糞尿臭い放射能汚物珍獣サイトのウンコ臭い管理人・ネ兄が2ちゃんねらーを
自分のサイトで馬鹿呼ばわりしたため、祭発生中。
おまえら、ネ兄のサイトを全力で潰しに行くぞ!!!

720 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/21(日) 02:14:34 ID:X2rIglxZ
スーパーXの損失額ってどのくらいなんかな?

721 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/21(日) 08:01:08 ID:Jl6Q5UC/
製作発表時から公開日までの多幸感は今でも思い出す

722 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/21(日) 11:34:02 ID:2USM19BX
【速報】加藤Iに続いてエロ格好いい歌姫の温泉盗撮流出!!
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/bath/1147958147/

723 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/21(日) 15:24:50 ID:aNbja+FY
>>719 ならお前が潰しに行けよな。 やるならやれよ。

724 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/23(火) 03:48:53 ID:Cjq0iW3J
中野監督ってこの作品でゴジラ降ろされたの?

725 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/23(火) 08:51:02 ID:XcIPYmJM
一説によると、川北が復活ゴジラの特撮は俺にやらせてくれ、と田中Pに頼んだら、今回だけは中野にやらせる。次からは任せるから。と言ったとか。
低予算ゴジラばかり撮らせて、大作ゴジラを一本も撮っていない中野に、慰労の積りだったんじゃないの?

726 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/23(火) 10:56:40 ID:7eo24aw3
ゴジラを撮りなれてる人間に撮って欲しかったんじゃないかね
慣れってのはけっこう大事だと思うし

727 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/23(火) 21:14:15 ID:HmfyzWQf
当時幻想文学のインタビューで田中文雄氏が
「サイボットゴジラ、最初耳が大きすぎてゴルゴみたいになっちまったんだよね」
と語っていたような。本がどっかに行ってしまったので確証が取れないが。

728 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/24(水) 07:17:23 ID:XDmGrcgK
デューク東郷?

729 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/26(金) 03:18:24 ID:sKcYMLUa
小六禮次郎が特撮映画の音楽を担当したのはこれだけだね。

730 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/26(金) 06:00:34 ID:qYiFCEts
>>728
無視してないで、だれか728に突っ込んでやれよ。
可哀想に。

731 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/26(金) 22:23:26 ID:Am/8OJYP
そっとしといてやれよ

732 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/27(土) 20:27:27 ID:Ss634SKT
この映画の自衛隊見てると御巣鷹の中継思い出す…
同じ頃だったし。

733 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/27(土) 21:53:27 ID:U0KKFoCR
半年違うでしょ。公開年は1984年の12月だし。

734 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/28(日) 00:01:28 ID:pLg5Rkml
あの当時は自衛隊なんて台風と雪祭り以外めったに出動しなかったからな。
やっぱ平和だったんだなぁ〜

735 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/28(日) 00:41:50 ID:1BgpYqm+
平成ゴジラを撮った大河原さんはこの時助監督だったんだね。


736 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/31(水) 03:16:07 ID:qBd4ElQ8
しかし大河原は今何してるんかね?


737 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/31(水) 06:50:38 ID:uD0gHx8f
>>724‐725
復活ゴジラ第二弾のストーリー公募の際、ストーリーに併せてスタッフに対する意見書までつけてきた輩が大量に居て、
「中野監督ではダメだ、川北監督では?」という意見が多かったことも影響してるらしい。

738 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/31(水) 09:16:35 ID:iYuAWWxJ
で、その川北もビオランテで燃え尽きた、と…

739 :どこの誰かは知らないけれど:2006/06/02(金) 20:45:01 ID:lFjyUwcc
>>737
ナチが民主的に第一党になったみたいだな

740 :どこの誰かは知らないけれど:2006/06/02(金) 21:04:57 ID:yUsOcaI8
「日本沈没」は散々らしいね。
樋口でなくて大河原が撮れば好かったかも。
脚本次第ではいい作品を撮るから。

741 :どこの誰かは知らないけれど:2006/06/02(金) 23:15:32 ID:bbk1EbCC
日本沈没はまあ前作の監督脚本出演者が凄すぎるからなあ。
特撮だけ勝っても逆転はできないだろ。

出演者だけ考えても丹波、小林、島田には勝てないよ。

いっそ旧作をデジタルリマスターして特撮だけ入れなおしたら?
まあ、それでも熱気で負けるだろうけどね。

742 :どこの誰かは知らないけれど:2006/06/02(金) 23:32:20 ID:lFjyUwcc
そうすればよかったとどれだけの人が思うだろう

743 :どこの誰かは知らないけれど:2006/06/03(土) 02:12:38 ID:sIf3w2tp
冒頭の漁船のシーンは田中プロデューサーのこだわりなんだね。

744 :どこの誰かは知らないけれど:2006/06/03(土) 06:59:53 ID:wknUAJ5d
>>741
映画自体が凄いと言うよりファンの思い入れが凄いだけなんじゃないか?
俺もあの映画が好きなんだが、そんなに神格化するような名作でもないと思う。
出演者はともかく、演出も脚本も急拵えの感が拭えず「凄い」と言い切るには抵抗がある。

745 :どこの誰かは知らないけれど:2006/06/04(日) 00:30:51 ID:0rhmLpBk
中野監督、ショッキラスの名前忘れてるね。

746 :どこの誰かは知らないけれど:2006/06/04(日) 01:47:45 ID:ECNS6BLB
まあ、あの当時観た日本沈没はすごいと思ったよ。今観るとどうだろ・・・
たしかにチャチくは感じるが全体的に未知なる迫力はあったと思う、特に難民列車とか。
復活の日は今観てもすごいと思うが。小松左京がすごいのか?w

747 :どこの誰かは知らないけれど:2006/06/04(日) 05:13:28 ID:pbyLHUfz
沈没は特撮以外はいまでも見れるよ

748 :どこの誰かは知らないけれど:2006/06/04(日) 06:06:29 ID:UdJGXOPF
>>746
確かに公開当時に観たときは凄いと思った。
でも今見返してみるとそれ程でもないね。
「昔は凄いと思った」という記憶がない状態で今みたら見られたもんじゃないと思う。
でもそういう要因を考えられずに「昔は凄いと思った=今見ても凄い」と思い込んでいる人が多いような。
これ、日本沈没に限った事じゃないけど。

749 :どこの誰かは知らないけれど:2006/06/04(日) 18:05:03 ID:kVcflKf3
>>740
今回の日本沈没,その肝心の脚本が一番弱いらしい。


750 :どこの誰かは知らないけれど:2006/06/05(月) 19:27:28 ID:MF3pyzQe
84ゴジラは言われてるほど特撮は悪くないじゃん。

751 :どこの誰かは知らないけれど:2006/06/05(月) 23:52:06 ID:eA1+j/bs
うん、メカも結構カコ良いんだよね、レーザー車両はゴジメカの中では一番好き。
赤いオーロラとか三原山のエンディングロールとかも美しかった。
小品感はあるが映画的には俺はわりと好き

752 :どこの誰かは知らないけれど:2006/06/06(火) 01:25:01 ID:J3/27Tds
自衛隊マーチとかスーパーXマーチとかが短すぎて、
戦闘シーンで使われてないんだよね。そこが残念でならない。

753 :どこの誰かは知らないけれど:2006/06/06(火) 16:56:48 ID:RYVlQT6L
まぁ実際は話が逆で画面に合わせて音楽をつけてるから
曲が短いんだけどな

754 :どこの誰かは知らないけれど:2006/06/08(木) 15:31:00 ID:qMPGt1L3
曲は良いのが多いにね。

755 :どこの誰かは知らないけれど:2006/06/08(木) 20:12:45 ID:JP7Tbj9/
スーパーXが登場した瞬間
映画館が爆笑の渦に包まれたあの日


756 :どこの誰かは知らないけれど:2006/06/08(木) 23:34:44 ID:kmmWH1Jz
俺が見たときはそんなことなかったな
満員だったけど

757 :どこの誰かは知らないけれど:2006/06/09(金) 04:01:43 ID:zt6BHMMW
メカゴジラの逆襲の本多監督の奥さんのインタビュー観たけど、この作品は本多さんが監督して平田さんが出演してたとしても高い評価は得られなかっただろうね。

758 :どこの誰かは知らないけれど:2006/06/09(金) 04:13:52 ID:DejmWfwG
でもちょっと変えれば名作になったんじゃない?
路線としては好きだよ。

759 :どこの誰かは知らないけれど:2006/06/09(金) 09:25:24 ID:KOV0MSnm
>>755
例の勇壮なテーマと共にスーパーXが登場したとき、思わずのけぞった…

760 :どこの誰かは知らないけれど:2006/06/09(金) 12:02:07 ID:nU9OruKn
どこに笑ったりのけぞったりするところがあるのか
昔の人の感性はさっぱりわからん

761 :どこの誰かは知らないけれど:2006/06/09(金) 12:22:21 ID:uiRe38nC
そりゃリアル路線で進んできた映画にいきなり超兵器が出てくりゃ驚くわな
当時はどういう世界観の映画なのか誰も知らなかったし、デザインも
インパクトがでかかった

でも、アレのせいで免疫がついたらしく、どんなトンデモ兵器が出てきても
みんな驚かなくなった

762 :どこの誰かは知らないけれど:2006/06/09(金) 13:02:56 ID:uhYJ3YNR
それ以前にもトンデモ兵器なんていくらでも出てきてるんちゃうの
マーカライトファープとか原子熱線砲とか

763 :どこの誰かは知らないけれど:2006/06/09(金) 13:48:06 ID:SgkJCMKf
冷やかしのカキコにつられただけだとおもうよん
あのとき劇場で笑いがおきたなんてことなかったもん

764 :どこの誰かは知らないけれど:2006/06/09(金) 19:54:53 ID:kVJ34/aO
確かに笑うっていうのは不自然かもな。
スーパーX登場の時に「なんじゃこりゃ」という呟きを聞いたことはあったが。


765 :どこの誰かは知らないけれど:2006/06/09(金) 20:17:47 ID:TI1glcBc
「なんじゃこりゃ」という呟きなら俺も聞いた

766 :どこの誰かは知らないけれど:2006/06/09(金) 20:35:31 ID:V4v38TJD
オイラはスーパーX2登場の時の方がのけぞったけどなw まさかシリーズ化されるとはw
だが84ゴジラは怪獣映画としてはスーパーX以外はわりと地味〜〜な感じだからな。
ゴラスのマグマみたいなにぎやかし系が必要と判断したんだろ。

でも・・・スーパーXは好きだがw

767 :どこの誰かは知らないけれど:2006/06/10(土) 11:21:19 ID:aItZDu6r
アメリカ版ゴジラでなにげにスーパーX戦が再現されていたのがいとをかし

768 :どこの誰かは知らないけれど:2006/06/11(日) 11:13:29 ID:3chgDsXt
きっと、エメリッヒもスーパーXが好きなんだよW

769 :どこの誰かは知らないけれど:2006/06/11(日) 14:27:20 ID:KGy1o2HH
スーパーXがストーリー状一番浮いてるトンデモ超兵器なのは間違いないが、
はたしてレーザー車両と三菱F1のみで画面的に盛り上がったかどうか?
現行兵器であれだけ見せられるアメリカはやはりすごいね、良くも悪くも・・・w

770 :どこの誰かは知らないけれど:2006/06/11(日) 14:44:13 ID:3/0BGz4b
ゴジラのいる世界にスーパーXがあっても
おかしくないじゃないか

771 :キングアナル ◆ANALdoof0M :2006/06/11(日) 14:55:13 ID:wU0D63Wi
ウルトラマンやパーマンがいても
おかしくないじゃないか

772 :どこの誰かは知らないけれど:2006/06/11(日) 14:59:13 ID:KGy1o2HH
流星人間ゾーンがいても
おかしくないじゃないか

773 :どこの誰かは知らないけれど:2006/06/11(日) 18:42:11 ID:iXqLXBqz
でもスペル星人がいないのはおかしい。

774 :どこの誰かは知らないけれど:2006/06/11(日) 20:02:21 ID:uAEWK+gO
でもアイツはいなかったからこそ面白かった

775 :どこの誰かは知らないけれど:2006/06/13(火) 02:16:48 ID:XiJ/b5UI
ここまで豪華なキャストにするのなら土屋嘉男氏とか出せばよかったのに。

776 :どこの誰かは知らないけれど:2006/06/14(水) 21:22:51 ID:YMNZVaOh
>>769
操縦士がサンバイザー下ろす後ろで地味に降下してるシーンは名作だと思うw

777 :どこの誰かは知らないけれど:2006/06/15(木) 14:17:31 ID:uH6/2KeP
この作品を批判してる人は、マンネリ化してた怪獣プロレス路線を続けほしかったのかな?

778 :どこの誰かは知らないけれど:2006/06/15(木) 23:53:46 ID:UuAue53p
>777
’この作品’と一絡げにしないこと。
人によって批判している部分は様々だから。

779 :どこの誰かは知らないけれど:2006/06/17(土) 19:53:34 ID:yRBjG6tz
仮に川北特撮だったらどうなっていたのだろう・・・

780 :どこの誰かは知らないけれど:2006/06/18(日) 11:35:59 ID:pK/AfNEX
街の破壊が多くなる
カットわりが細かくテンポが上がる
予告編やビオランテの大阪みたくなりそう

781 :どこの誰かは知らないけれど:2006/06/18(日) 16:07:36 ID:5sYHn/vH
84では特技監督は内容に関して発言権はまずなかっただろうね。


782 :どこの誰かは知らないけれど:2006/06/18(日) 16:09:26 ID:qWsNEhD/
>>779
スーパーXが合体メカになる

783 :どこの誰かは知らないけれど:2006/06/18(日) 20:54:36 ID:bhJjv2fl
基本的にはそうかわらんだろう
ゴジラが口からビームだすぐらいかな?

784 :官房長官の許可得てんだよ:2006/06/22(木) 20:30:53 ID:TqCpL/oI
なんで林田研究所に奥村がヘリコプターにぶら下がって救助に来るわけ?
そんなの自衛隊にまかせろよ。
それになんで核ミサイルはメキシコ湾上空にあるのに日本に発射装置持ち込む
必要あるんだ?


785 :どこの誰かは知らないけれど:2006/06/23(金) 14:43:36 ID:kSmTaxGu
>>777は公開当時、劇場に足を運んでない人だろうね

786 :どこの誰かは知らないけれど:2006/06/23(金) 22:36:57 ID:2GJR/faw
作品の意義と作品の評価は別モンだからね。あと興行的評価も。

787 :どこの誰かは知らないけれど:2006/06/23(金) 23:49:20 ID:hqrAXGw4
すごい難しいもんなんだな

788 :どこの誰かは知らないけれど:2006/06/24(土) 00:48:04 ID:UMaetpa2
つまり個々の主観と言う事だw まぁ評価は人それぞれ。
漏れはこのスレの住人が高評価をしていたのでうれしかったよ。

789 :どこの誰かは知らないけれど:2006/06/24(土) 08:46:05 ID:wSpTXiqG
今までの評価が低くされすぎてたと思う。

790 :どこの誰かは知らないけれど:2006/06/24(土) 10:00:23 ID:1DNl/8jk
これまでは目に見える場所で評価が出来る人間てのは限られてたからね
雑誌のライターとか読者欄の投稿者とか
そういうところの評価ってなんとなく世間の評価に見えやすかった

791 :どこの誰かは知らないけれど:2006/06/24(土) 18:34:11 ID:+Kom+p1q
久々の新作でプロデューサー以下スタッフがガチガチに
あがっちゃって、サイボットとか非核三原則とか妙な部分に
気がまわってしまい、ゴジラ/怪獣映画本来の面白さが十分
に発揮できないまま終わったという感じがする。



792 :どこの誰かは知らないけれど:2006/06/24(土) 20:50:40 ID:6DSHwxVQ
>>791
それが妥当な意見ですな。

793 :どこの誰かは知らないけれど:2006/06/24(土) 20:59:14 ID:1J9sD192
タレントやら芸能人がブームに乗っかって「出させろ出させろ」って言って来て、
それをまた宣伝になるからってあっちこっちに出したもんで、一種学芸会的なノリが・・・

794 :どこの誰かは知らないけれど:2006/06/24(土) 20:59:34 ID:2cs/ugtO
まあ当時期待して見た人は物足りなかったと思っただろうけど、
期待してなかった漏れは結構いいと思ったよ。84ゴジラ。

795 :どこの誰かは知らないけれど:2006/06/24(土) 22:10:09 ID:LjR25rdx
http://www.iga0125.info/work_list_g1984.shtml
>『メカゴジラの逆襲』から9年。初期設定に立ち戻り人類の脅威としてのゴジラが、子供向け作品ではなく一般映画として再びスクリーンに登場した。
>設定は第1作の30年後という形を取り、リメイクではなく新たなシリーズの幕開けといった趣き。
>新宿の超高層ビル群に合わせて体長は50mから80mになったものの、安丸デザインのおめめぱっちりのゴジラに違和感がある。
>凶悪な生物感を強調しても、高層ビル群に埋没するゴジラの姿は痛々しく見える。
>怪獣映画と言うよりは『日本沈没』や『地震列島』といったディザスター・スペクタクルの雰囲気に近い作品。
>涙ぐむ小林桂樹の演技とエンディングの熱唱に脱力・・・それが楽しくてたびたび観たりするのだが。

ま、大人向けを意識し過ぎたんだろうね84年版は。
それでもわたしは愛着があります。

796 :どこの誰かは知らないけれど:2006/06/25(日) 00:59:44 ID:AdGJsrFu
>凶悪な生物感を強調しても、高層ビル群に埋没するゴジラの姿は痛々しく見える。
この部分が全く理解できないんだ・・・世代の違いでしょうな

797 :どこの誰かは知らないけれど:2006/06/25(日) 01:23:00 ID:uUBCKAhK
いや、おっさんのオイラも理解できんよ。
高層ビル群での立体的な戦闘はわりと好きだし、マリオンの窓に映り込むゴジラとかも結構新鮮だった。

まあ「ゴジラ動きは『能』の芸術的所作を取り入れた」というのも理解できないけどw

798 :どこの誰かは知らないけれど:2006/06/25(日) 07:51:04 ID:ptpMgRZK
84ゴジラは派手にビルを爆破したり町を焼いたりしなかったから
所在無げにうろついてる感じがするんだろ

そもそも東京に上陸した理由も新宿まで行った理由もわからんし

799 :どこの誰かは知らないけれど:2006/06/25(日) 07:57:42 ID:iqSIG8HW
キングコング対ゴジラの浜美枝のセリフを思い出してやって下さいよ

800 :どこの誰かは知らないけれど:2006/06/25(日) 08:50:17 ID:P696tZHs
800ゲト


801 :どこの誰かは知らないけれど:2006/06/25(日) 18:49:08 ID:/d5A0afB
ゴジラとスーパーXの戦闘で、もっと音楽が盛り上げてくれれば、燃えたのに。

802 :どこの誰かは知らないけれど:2006/06/25(日) 19:22:26 ID:D94g7Opq
1954のゴジラが東京に上陸した理由ってなんだっけ?

803 :どこの誰かは知らないけれど:2006/06/25(日) 20:14:28 ID:ZajVr7SZ
>>802
「帰巣本能だよ」 by 重沢

804 :どこの誰かは知らないけれど:2006/06/25(日) 20:26:48 ID:VJOtZ5Ph
初代ゴジラは、原水爆実験のトラウマか、光に対して異常な敵愾心があるんだよ。
だから、人間どもが笑いさざめく光の都を蹂躙しに現れたわけ。

805 :どこの誰かは知らないけれど:2006/06/25(日) 20:38:17 ID:mt9rY+KA
>凶悪な生物感を強調しても、高層ビル群に埋没するゴジラの姿は痛々しく見える。

そらま、カメラワーク自体ゴジラを画面一杯に映すから巨大感も何もない訳で

806 :どこの誰かは知らないけれど:2006/06/26(月) 05:58:30 ID:X0nZnXyq
・超音波実験で反応したゴジラが尻尾で研究所のあるビルの壁面に穴空けてるわけだが
 対スーパーX戦で付近のガスタンクが爆発した際その壁面の穴で剥き出しになった階段にいる牧と直子は
 炎に包まれるどころか破裂した水道管からちょろちょろ流れる水の音聞きながらのほほん

・不時着したスーパーXにゴジラが住友三角ビルを押し倒すところ
 直前のカットではゴジラとスーパーXの位置が逆


スクリプトちゃんと見てるのか?ってくらい編集も雑なんだよな

807 :どこの誰かは知らないけれど:2006/06/26(月) 11:16:55 ID:hUpVxjvw
研究所内の、蛍光灯の光そのままで撮った青〜い画面も、当時無茶苦茶貧相な画面に見えた。

808 :どこの誰かは知らないけれど:2006/06/26(月) 11:58:08 ID:2QOi/Y8Y
もう20年もまえの映画だからねぇ・・・

809 :どこの誰かは知らないけれど:2006/06/26(月) 16:34:34 ID:qp6+q3rB
それにしてもあの着ぐるみの出来の悪さは何とかならなかったのか。
誰も指摘するやつはいなかったのかね。

810 :どこの誰かは知らないけれど:2006/06/26(月) 17:07:08 ID:6JDQbWt4
初代の続編って設定なのに
84ゴジラは「2代目」というより「初代が生きていた」って
雰囲気だったような気がしたが、俺の気のせいかな?

>>801禿同!!スーパーXのテーマは凄く良いのに短い!萎〜

811 :どこの誰かは知らないけれど:2006/06/26(月) 18:43:31 ID:Im5ozPNf
>>802 個人的には水爆で住処を追われて彷徨ってたら、散歩気分で上陸してきたと思う。
2度目の上陸で暴れたのは、戦車に攻撃されたからだと思う。

812 :どこの誰かは知らないけれど:2006/06/26(月) 21:09:02 ID:9tq5odgW
>>801
でも小六もよくやったと思うよ。全体的に音楽のレベルも使い方もいい。

813 :どこの誰かは知らないけれど:2006/06/26(月) 21:16:11 ID:MI30mBdS
>>812
小六の苦労もラストのグッバイナゴ〜ジラで台無し。

814 :官房長官の許可得てんだよ:2006/06/26(月) 21:51:41 ID:iwNAdL2n
おれは伊福部よりも小六の方が好き。特に新聞が印刷されてるシーンで
流れてる曲が最高。

815 :逝ってよし:2006/06/26(月) 23:00:13 ID:2w27Tg2b
ビデオに録画したことがあるね、この映画。
ゴジラ映画の中でむごいシーンがあるって聞いたことがある。

816 :どこの誰かは知らないけれど:2006/06/27(火) 00:05:16 ID:BoCnhRgy
一番とまではどうか知らないが、確に冒頭の巨大な虫に襲われ、ミイラ化した死体や、ゴジラの放射火炎に火だるまになる自衛官は酷い

817 :どこの誰かは知らないけれど:2006/06/27(火) 05:01:25 ID:v+tM5iiW
>>802
名所、旧跡、繁華街に向かうのが怪獣の習性かと思われる。
おじさんは先日、京都駅でガメラ想像して一人でにやけてしまっていた。

818 :どこの誰かは知らないけれど:2006/06/27(火) 07:27:37 ID:WBK1UmWh
>>810
たしかに「ゴジラは生きていた」ってセリフがあったような気がしたな。

819 :どこの誰かは知らないけれど:2006/06/27(火) 10:01:01 ID:K9IpzbRx
新聞刷ってるとこで字幕が出てたな
別の個体が生きていたということなんだろうけど

820 :どこの誰かは知らないけれど:2006/06/27(火) 18:01:56 ID:/zkW9I1u
そもそもなんでまたゴジラが出てきたのか、その理由が曖昧だし、
国の機能が首相以下ゴジラに対してあまりにも免疫なさすぎ。これは変。
関東大震災があったからこそ地震の発生メカニズムの研究が進んで、地震予知
も真剣に研究されているわけで、過去に「ゴジラ災害」を経験した国なら
当然ゴジラ研究もある程度進んでいると考えるのが自然だろう。それこそ
国会議事堂の瓦礫からいくらでもG細胞は採取できたはずだし。
あのスーパーXも付け焼刃でなく、最初から対ゴジラ兵器として研究開発
されていたほうが利にかなってると思う。
あと、ゴジラが「日本の」原発を襲うシーンがあるけど、あの世界の日本
に原発が存在するかどうかも微妙。広島、長崎に続いてゴジラの被害を
蒙った以上は国民の核・原子力アレルギーも我々の世界よりも深刻だと考える
べきだろうから、非核三原則どころか原発自体があの日本ではタブーになって
いるかもしれない。「こと原子力に関しては取り返しのつかないほどの後進国
(by松本零士)」になってる可能性大だろう。
せっかく田原総一郎とかアタマノイイヒトをブレーンにしたんだから、
当然そこまで突っ込んで世界観を構築してほしかった。
大法螺話を真剣に作ってこそ、面白いトクサツ映画が出来るんだと思う。
「妖星ゴラス」みたいな。


821 :どこの誰かは知らないけれど:2006/06/27(火) 20:48:06 ID:v+tM5iiW
そうだな。関東大震災の教訓が活かされてるなら神戸の惨状や耐震強度偽装は無かった
だろうし、原子力アレルギーが深刻なら東海村原発でウラン溶液のバケツ移送による
臨界事故も無かったと言える ・・・って、ぜんぜん活かされてないジャンw 

現実はもっと嘘くさいのは確かだ。 orz

822 :どこの誰かは知らないけれど:2006/06/27(火) 21:21:47 ID:b75CAIcx
バケツ移送どころか、バケツの中でウランかき混ぜてて核反応起こしちゃったんじゃないの。
目の前でチェレンコフ光を見ちゃったらしいし。

823 :どこの誰かは知らないけれど:2006/06/27(火) 22:45:05 ID:cB6CmcaQ
で、放射能を浴びた職員が巨大化したり、
特殊能力を持った超人になったりで、色々あったよな。
このことは一般大衆には伏せられたままだけど。

824 :どこの誰かは知らないけれど:2006/06/28(水) 00:23:05 ID:s89cess5
>>823
医師の眼前でアレヨアレヨと言う間に体組織がぐにゃぐにゃに壊れていったそうだね

825 :どこの誰かは知らないけれど:2006/06/28(水) 08:41:31 ID:KgC85AQ3
スーパーXはゴジラ対策に作られたのじゃなければ何のため?
極秘に開発されたらしいけど、あの世界の日本はやばい国だったのか?

826 :どこの誰かは知らないけれど:2006/06/28(水) 15:43:06 ID:8P0DmFR7
この作品もシリーズ化され、のちにメカゴジラまで出てくるとは
当時想像もつきませんでした。W

827 :どこの誰かは知らないけれど:2006/06/28(水) 17:15:52 ID:UtH+kBB2
メカゴジラはスーパーX何号機になるの?
できれば次回作ではメカゴジラと合体させたらいかがだろう。
スーパーXVが背中のウイング。Uが水中サポートメカ。そして我らのスーパーXが
頭部ヘルメットとなる。

ん〜 ちびっこ達の喜ぶ顔が目に浮かぶなぁ〜

828 :どこの誰かは知らないけれど:2006/06/28(水) 17:52:41 ID:CymNbUri
ようするに実写版ダグラムだよねこの映画。

829 :どこの誰かは知らないけれど:2006/06/28(水) 23:40:13 ID:OSUXhGEM
>>827
公開当時、
「(Gフォース)メカゴジラはスーパーX3号機的な位置づけ」
みたいなことを製作側が言っていた。

830 :どこの誰かは知らないけれど:2006/06/29(木) 00:00:50 ID:p8CKIrwE
>>825
首都防衛移動要塞というのが正式名称だったはず。
内戦状態やら大規模暴動とかに備え暴徒鎮圧用催涙弾装備とかなんかに書いてあったな。
ま、最初にあのメカありきで当初の用途なんて付け足しなんだろうけどね。

>>827 >>829
ガルーダがスーパーX3号機ととれないこともないので
後釜MGもスーパーX3号機的な位置づけでも不自然ではないな。
だがそうするとモゲラで二機分、VSデストのスーパーX3は事実上6?

831 :どこの誰かは知らないけれど:2006/06/29(木) 00:47:50 ID:9UUbpl4s
>>830
暴徒なんてローターだけで吹き飛ばせそうだけどな

832 :どこの誰かは知らないけれど:2006/06/29(木) 07:54:07 ID:OXt//Q0p
おれもそう思う。
内戦、暴動の対策であんな空飛ぶ「要塞」を作るってやりすぎじゃない?

リアルを追求している割にはすきがあるんだよなぁ、この映画


833 :どこの誰かは知らないけれど:2006/06/29(木) 14:35:26 ID:eJsdEpMu
なんだかんだ言ってもゴジラ対策も考えてたんじゃね?
少なくとも怪獣プロレスよりも面白い作品ではあるなw

834 :どこの誰かは知らないけれど:2006/06/29(木) 15:26:55 ID:9UUbpl4s
シミュレーション風味は後にも先にもあれくらいか

835 :どこの誰かは知らないけれど:2006/06/29(木) 15:40:42 ID:huXGBAGk
>>832
もともとゴジラが荒唐無稽なものなのに
それを中途半端に「リアル」に描こうとしてもボロが出るのは
当たり前なわけで。
志(?)は高くてもその結果がフナムシと武装鏡餅ではねえ。
>>834
シミュレーション風味はビオランテのほうがうまくいってると思うし、
本編特撮ともに、なんかスタッフの余裕みたいなものが感じられる。
黒木と権藤の対比とか、足跡レストランとか。



836 :どこの誰かは知らないけれど:2006/06/29(木) 16:04:05 ID:ymKU4BQ1
幽霊船のミイラがゆっくり振り向くところ、
まんま「サイコ」をできそこないになぞっているのに早くもゲンナリした。

837 :どこの誰かは知らないけれど:2006/06/29(木) 17:27:54 ID:9UUbpl4s
ビオランテは冒頭の伊福部テーマが子供心にかっこ悪くて最後までノリきれなかった
あのおかしなアレンジは意味不明。俳優の顔が安っぽいのもちょっと…

まあそんな思い出は別にいいんだけど^^;


838 :どこの誰かは知らないけれど:2006/06/29(木) 18:03:48 ID:ft46NA5f
>冒頭の伊福部テーマ
オスティナートのやつじゃないよな。
ロックのやつか。原型留めてないから逆に気にならん。。。

839 :どこの誰かは知らないけれど:2006/06/29(木) 18:19:05 ID:G4jKfxiG
批判しか書いてない人たちはどのゴジラ作品が好きなのかね?

840 :どこの誰かは知らないけれど:2006/06/30(金) 09:01:18 ID:YcHB3L69
>ロックのやつか。
これってCDに収録されてないよね?別にいらんけど

841 :どこの誰かは知らないけれど:2006/06/30(金) 09:50:11 ID:+Nwm6n4f
>>809
http://www.iga0125.info/history10.shtml
造形・安丸信行
1961(昭和36)年に東宝に入社。
初めは石膏ビルの担当だったが『キングコングの逆襲』のゴロザウルスを造形。
その後、カマキラス、工ビラ、ガイガン、ヘドラなどの人気怪獣を立体物として完成させていく。
安丸造形の魅力は、ゴロザウルスを頂点とする生物感あふれるディティールにある。


あれだ、積年の疑問だったが84ゴジラの頭部はゴロザウルスが入ってるんだな

842 :どこの誰かは知らないけれど:2006/06/30(金) 13:13:05 ID:o7EttbDG
>>840
いや、ビオランテのサントラとか輸入盤の平成ゴジラサントラに入ってるよ。

843 :どこの誰かは知らないけれど:2006/06/30(金) 13:15:00 ID:FPtHY66C
84好きは雰囲気だけで何でもマンセーしてるように見える

844 :どこの誰かは知らないけれど:2006/06/30(金) 21:20:56 ID:WlPfT4+y
名作だとは思ってないが、好きな作品だと言っただけで文句言われてもなぁ・・・
他の作品を批判している香具師もこのスレに居るわけでねえし。
昭和オヤジとしては個人が楽しめればそれで良いんでね と、思うぞ。

845 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/01(土) 06:41:33 ID:D3X1VC6Y
バイオウォーズって曲でしょ

846 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/01(土) 07:47:27 ID:Wa8LpSjP
リアルで見たのが中1の時。
あの作戦で本当にゴジラが投身自殺するのだろうか、と思った。
でも音楽で泣かされてしまった。

しかしのちに見たビオランテやバトラでその感動の記憶もすっ飛んでしまった。
ゴジラってマグマの中でも生きているし、それどころか泳げるのね。。。

847 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/01(土) 13:10:39 ID:kpKfDH0i
そしてあの暴走が始まったのねw まあ、結局怪獣プロレスに戻っただけか。

848 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/01(土) 16:00:44 ID:ilHLZgo6
 店じまいして久しい近所のラーメン屋が新装開店した。
かつてその店のファンだった俺は懐かしくなって店内に入った。
 でもその店はなぜかスパゲティ屋になっていた。困惑する俺に
「最近はラーメンよりもパスタがトレンディなんですよ。
それにうちのパスタは本場に負けない味ですよ」と店主は
妙に自信満々の口調で俺にいう。でも出てきたスパゲティは
どっちかというと焼きそばに近いもの、はっきりいえば
焼きそばのナポリタン風だった。 文句を言おうか迷ったが、
別に食えないというわけでもないし、腹も減っていたので
そのまま完食してしまった。
 最近その店はマンガ喫茶に変わったらしい。
 

849 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/01(土) 17:58:14 ID:gQwAqJ0z
食い物でたとえるのは止めたほうがいいよ
無駄に年くっただけでろくに頭を使ってこなかったおっさんだと思われる
その通りだったら申し訳ないんだが。

850 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/01(土) 18:22:40 ID:wNLM38jP
誤爆じゃなかったのか・・・

851 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/01(土) 18:41:20 ID:z6DWlKWg
>>848
お前、頭悪いだろw

852 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/01(土) 18:47:25 ID:j0MsmRf4
藤本真澄がもうちょっと長生きしていたらどうだったろうか?
影武者でも黒澤と勝の対立も藤本が存命だったらありえなかったろうし
本作でももうちょっとマシな脚本上がらなければGOを出さなかったろう。
田中は特撮現場に甘すぎる。

853 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/01(土) 20:16:01 ID:wnc/NMWJ
>>846
VSモスラはともかく、VSビオランテはいいと思うけど。
84のラストで「ゴジラは死なない」と言っていたしさ。

854 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/02(日) 01:07:08 ID:7w2P1J3J
タケダ「新宿歩けば東京モンだと思うなよ」は地味に名セリフwww

855 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/02(日) 01:11:22 ID:I3zQG1bj
武田マンセーしているよ( -Д-)ウワァ...
ここまで信者したくは無いなぁ

856 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/02(日) 01:22:19 ID:3ai28aff
>>855
ネタにきまっとろうが。

857 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/02(日) 12:00:24 ID:CswlLHrZ
リアリティが無いと言うけれど結構リアリティあると思うけどな・・・
この年の観客動員や興行収入はビルマの竪琴の次いで二位だっけ?

858 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/03(月) 16:24:33 ID:/7JLpU+1
>>852
「いい人」がいいものを作るとは限らないということですわな。
>>857
「リアル」と「お約束≒映画的デフォルメ」のさじ加減は、
残念ながらあまり上手くいっていないと思う。
発電所が襲われてる様を高見の見物してる主人公一行とか、
そんな大事な研究を被災地候補100パーセントの場所でやるなとか、
ファンには申し訳ないけど、なんか詰めの甘さ(と金八)ぱかり
目につく映画なのは確かだ。

でも怪獣映画のリアリティってけっこう難しい問題ではあるよね。
実体弾をかわしながら猛スピードで走り回るGodzillaは確かに
リアル(これも体重とか考えたら微妙なんだろうけどね)だけど、
見ていて全然面白くないのも確かなわけで。

859 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/03(月) 19:09:37 ID:r8rFjXjW
いやーそれがさぁー実際災害現場ではそんなに情報入ってないんだよねー。
台風、洪水、大地震、火災、臨界事故。現在進行で拡大する災害については
現代情報化社会でも驚くほど無力なんだわ。

災害の対策本部というのは基本的に地方自治体各町村に置かれる。
はっきりいって国家レベルでないと災害対策は無理。つまり有事国家となる。
また、特殊災害の民間情報については専門スタッフとヘリコプター等を常時抱えている
大マスコミに頼るのが実情。
84ゴジのパニックぶりにリアリティ無いと思われるかも知れないが、実際あんなもんだと思うよ

860 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/04(火) 20:40:53 ID:gPLMDfOK
どんなに情報が制限されていても
「昔の東京に現れて甚大な被害を与えたものと同様の巨大生物」
の足元に群がる群衆なんておらんでしょ。

861 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/04(火) 20:47:05 ID:4lvxPXtQ
平和ボケをした日本人ならいそうだし、中には逃げない人もいるんじゃね?


862 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/04(火) 21:39:52 ID:JoQL8YSn
と、言うよりどこへ逃げればいいかわからないし情報が行き渡らないだろうね。
スマトラやニューオリンズの洪水見てもそうだけど、来るのがなんとなくわかっていても
実際のところ政府も民衆も何もやれない。
ふつうの災害でも緊急避難所ぐらいしか知らないでしょ。そんなもんです。

863 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/04(火) 21:52:31 ID:WfetLbpx
>>861
その「中には」の人があれだけ集まったって事か(w
すごいリアリティーですね。

864 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/04(火) 22:39:42 ID:ORJJ5E+B
あれが3000人として、東京全体で考えれば少ないかも?

865 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/04(火) 22:47:35 ID:WfetLbpx
いや、合成の境目からどんどん湧き出ていたから、もっといたかも知れんぞ(w

866 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/04(火) 23:06:22 ID:xUgFzpyX
デモとかやってたんじゃね?AKIRAみたいに

867 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/04(火) 23:11:21 ID:l5nnwrVe
オタクっぽいのが多いモブなんだよな・・
最近の仮面ライダーの映画で1万人のエキストラ使ったって
やつも妙にヲタクっぽいのが多かった

868 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/04(火) 23:29:58 ID:e63pKvla
んなとこまで気にしちゃいねー
でも非難遅れてるなら「遅れてる」ってのを話の中で強調してもよかったかもね

869 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/04(火) 23:44:34 ID:oTP6A/Wq
特定宗教団体信者が終末思想に染まって集まっていただけ。万単位で逃げずに新宿にいても不思議じゃない。

870 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/05(水) 12:45:05 ID:FT684O63
ゴジラが原子炉破壊したときに「放射能を全部吸い取った」みたいな台詞があるけど、
あれってほっといたら放射能がダダ漏れになって林田たちは被曝するんじゃないの?

871 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/05(水) 13:48:34 ID:iV3cIQkE
「放射能を全部吸い取った」んだから平気なのかと思っていたよ

872 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/05(水) 20:27:56 ID:w/y+6kDO
ゴジラが出現した後、新宿とかに避難勧告のための車が
走ってたから逃げてない人も大勢いたかも

873 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/05(水) 22:17:28 ID:gH91QnNj
>>871
それを確認する前に原発に近づいていってなかったっけ?

874 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/06(木) 12:42:51 ID:n+KNfH8e
じっさいベテランの学者とか技師って平気で危険地帯入っていくよなw
付いてくこっちが尻込みするくらい。

875 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/06(木) 17:05:05 ID:Hqor6lai
>>874
それならば「ベテランの学者ってのはそういう人種なんだ」というのを
さりげない会話かなんかで事前にみせておくべきだろう。
そういう気配りがぜんぜんないんだよねこの映画。
そうかと思えば「放射能測定器」なんてテロップ出してみたりw


876 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/07(金) 15:19:20 ID:L4CMGJMA
何がwなのかわからん

877 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/07(金) 16:05:57 ID:3qV7A9Dh
「観客はたぶん放射能測定器なんてモノは知らないだろうから
ちゃんと説明しておいてやろう」という暖かい配慮だよ。
さよならジュピターでも「翻訳機」と出ていたので
この監督一流の演出方法なんだろうねw

878 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/07(金) 21:04:37 ID:OcCrGGdw
話変えちゃうけど1984のゴジラで最後に総理が出るけどあれ泣いてるの?それとも火山噴火
火山噴火がまぶしいの?


879 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/08(土) 07:52:56 ID:CC1Fg/LR
>878
自己陶酔してるだけ。

880 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/08(土) 11:49:09 ID:5FJNS+n3
あっ、そうなんだw一国の総理だからゴジラのせいで死んでいった者達
{一般人もそうだけどスーパーX乗務員とか最初にゴジラと戦った自衛隊の隊員とか
}とゴジラ自身のために涙を流していると思ってた{そう思いたい}w


881 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/08(土) 12:07:37 ID:z1JN2Lsd
ゴジラが、「皇居」や「スポンサーの看板のあるビル」をわざわざ避けているところがすごい


882 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/08(土) 13:06:56 ID:5FJNS+n3
おっ!!スーパーXの乗組員は死んでいたのか!?


883 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/08(土) 15:00:56 ID:wQEHzPWV
ゴジラは光のある方を攻撃するんだから皇居には行かんだろ、ふつうに市街地に向かう。
まあ、もともとゴジラって観光名所の城とか国会議事堂わざわざ壊しに行く生物だからなw

884 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/08(土) 15:02:53 ID:5FJNS+n3
こけて城壊したしねw

885 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/08(土) 16:07:18 ID:LHkIsa3a
みなさん!メカゴジラとキングギドラではどっちがゴジラの宿敵だと思いますか?

886 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/08(土) 17:06:35 ID:wQEHzPWV
キングシーサーだな。

887 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/08(土) 21:28:16 ID:6Uh7PdRE
菅井きんだな

888 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/08(土) 22:15:32 ID:xTPGVkvX
宿敵とすればやはりギドラ
メカはゴジラの影だからな

889 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/08(土) 22:53:27 ID:5FJNS+n3
俺映画館で父に初めて連れてってもらったのが「ゴジラVSスペースゴジラ」
だったからゴジラの敵=スペゴジが頭から離れない。個人的にはスペゴジの
凶悪さが好き!!

890 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/08(土) 23:41:37 ID:eR7EX/0D
初体験の味は何物にも代え難いよな

しかし84スレでこの流れは何なんだw

891 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/09(日) 12:35:19 ID:94OzVlEP
84のゴジラでスーパーXの出撃シーンが無いのが勿体無い。
「スーパーXはまだか!?」「スーパーX出撃しました!!」そのあと
いきなり空飛んじゃってるだもんw

892 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/09(日) 13:25:04 ID:7yk9sUaL
>>891
いきなり空飛んでるところだから唐突だよなあ。
ビオランテで整備中と出撃シーンをやったのはその反省かな?

893 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/09(日) 14:15:06 ID:94OzVlEP
スーパーXVは出撃に凝ってるしXVのテーマがかっこいい!!

894 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/09(日) 18:12:52 ID:d5rzjbw5
>>892
なんかのゴジラ本で読んだ覚えがあるがそんな感じだった。
ただ今度は落雷メカが唐突すぎる希ガス>ビオランテ。

895 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/09(日) 18:50:33 ID:LfNULAlS
実験段階のものを無理やり使ったんだから、観客だけでなく
劇中でも唐突なんだよ。

896 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/09(日) 19:05:06 ID:94OzVlEP
メーサータンクもビオランテの時、メーサータンクの存在を描かなかったような気がする。


897 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/09(日) 19:12:34 ID:RPF7NVRg
気になった事がない

898 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/09(日) 20:47:39 ID:FP+8M6y+
べつに昔のメーサーとか原子熱線砲も唐突に出てきてたし・・・ 怪獣映画に今更。

899 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/09(日) 21:37:53 ID:d5rzjbw5
キングコング吊った糸は割りと始めの方で出てた。
ま、いきなりでも伏線ありでもどっちでもとくに気にはならんが。

900 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/09(日) 22:50:14 ID:94OzVlEP
こういうのは超兵器があるのを前提に見ないと
おもろないよ。

901 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/09(日) 23:30:43 ID:bj5GKK1k
スーパーXの唐突な出現は中野監督の演出の責任だろ。 あのひとはプロセスをはしょるからな。

902 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/09(日) 23:35:58 ID:dJHcx0vB
この映画って橋本監督に対する中野特技監督の発言力が
強かったの?

903 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/10(月) 00:03:33 ID:Ktk9mj5Y
幸治(´・ω・`)

中野(`д´)

904 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/10(月) 00:58:58 ID:ZMXxCM7m
何だかんだいって結局スーパーXが気になって仕方ないんだから
俺たちの負けなんじゃないの?

905 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/10(月) 01:10:05 ID:WRSMb/GD
>>904
こんなご時勢だから対北朝鮮兵器として作ってほしい

906 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/10(月) 01:14:35 ID:iyUeRzYm
海面を飛ぶとヘドラみたいだな

907 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/10(月) 01:32:46 ID:AJ6qb836
>>906
カドミウム弾装備っつーのもなんか共通してるっぽいw

908 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/10(月) 15:35:20 ID:hbql0ICZ
昨日放送の報道特集によると、某国はミサイルの命中率をあげるために
工作員に発信機をもたせて誘導するというミッションを考えているのだとか。
あのバラシェーボ号もそういう使い方を考えていたのかもしれない。
と、好意的に解釈してみる。
でもゴジラが上陸するような非常時に、あんなでかいパラボラアンテナ
たてた外国船が停泊してたら、誰が見ても怪しいよなあ。
やっぱり社○党とか共○党の圧力があったのだろうか。うーんリアル。



909 :四葉:2006/07/10(月) 16:24:41 ID:X11vgSew
>>908
>某国はミサイルの命中率をあげるために
>工作員に発信機をもたせて誘導するというミッション
その昔、イスラエルがイラクに建設中の原子炉を破壊したとき
それと同じ方法を使ったそうですね。

910 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/10(月) 16:56:17 ID:oQYeETGF
それはひょっとして、工作員もろとも施設を破壊するということか?
発信器だけ置いてあっても電波を出しているのだから、すぐに発見されるだろうし。

911 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/10(月) 20:37:51 ID:l7wLR9Ym
やっぱゴジラって突っ込む点多いよね。
だから皆で楽しく突っ込めるよね。

912 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/11(火) 16:44:09 ID:Em0NBvU7
スーパーX及びその乗員の描写があっさりしすぎ。せめて、
「ゴジラ熱線放射、本機を直撃します!」
「耐えて見せろ!総員耐衝撃姿勢」
同時にすさまじい振動がスーパーXを襲う。
悲鳴をあげつつも必死の形相で持ち場にしがみつく乗員。
…みたいな描写がほしかった。
その点アメリカ版ゴジラでのヘリや潜水艦の戦闘シーンは
未知のバケモノと戦う羽目になった兵隊さんの心細さや、
それでも立ち向かっていく勇敢さなんかが割とよく出ていたと思うのですよ。

913 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/11(火) 18:11:15 ID:MxTK5A+v
でもゴジラが初上陸したときけっこう兵士がきんちょうしてたような
感じうけたような気はしますよ・・・

914 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/11(火) 18:18:36 ID:QWjzYDzj
>>912
ゆってる暇あったらよけた方がはやくね?

915 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/11(火) 18:49:29 ID:hZ8Jhizd
>>912
そうかね? 俺にはアメちゃんが化け物退治にウキウキしてるようにしか見えなかったよ。
で、意外な反撃を食らって始めて狼狽する、と。

916 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/11(火) 19:59:11 ID:MxTK5A+v
すーぱーXの船内の壁って防災頭巾みたいだって思ってるw

917 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/11(火) 20:24:31 ID:uK4mqZsa
>>912
スーパーXに関する描写があっさりしすぎだという点には同意。
照明弾とカドミウム弾を交互に撃つだけのシーンには萎える。


918 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/11(火) 21:43:18 ID:MxTK5A+v
おれもその点には同感・・・でもこのあと
素晴らしい戦いが待っている!!


919 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/11(火) 21:47:55 ID:9Bvg71Sx
自衛隊はビームとかレーザーは無しで
火器だけで戦って欲しかった。

920 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/11(火) 23:15:10 ID:MxTK5A+v
すーぱーX2は火器兵器だけでしたよね。X2のバルカン砲は無理あったけどw


921 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/12(水) 00:50:46 ID:6Q73robz
>>920
なんか肝心なの忘れてないか?

922 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/12(水) 02:22:35 ID:/ioPxL8B
>917
俺はリアルでよいと思うが

923 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/12(水) 07:32:30 ID:/FwUk8uk
>>917
大阪ビジネスパークでの、豊原名人の16連射よりはマシかと。
カタカタカタカタカタカタ・・・・・・・・・・・。

924 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/12(水) 17:52:30 ID:kxDU2z8T
>>921
920が言いたいのは大阪戦の話だと思うよ


925 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/12(水) 18:37:40 ID:VjK6bCsH
「リアル」だから面白いとは限らないしねえ。
しかも突っ込みどころ満載の「リアル」だし。
個人的には映画を見ている間だけでも観客を騙せたら成功ではないかと
思うけど。
ちなみに最近のアメリカ製大作映画は、出来のいい特撮で強引にお客を
騙してしまうのがずるいというか羨ましい。ID4とか。

926 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/13(木) 04:14:48 ID:rwHa6bV8
きみの最近は10年前のことか

927 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/13(木) 08:14:14 ID:HeVvAI6F
この昭和特撮板で愚問を・・・

928 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/13(木) 12:37:36 ID:KwjygEE+
84ゴジラの都合が悪くなると他の作品に矛先を向ける

929 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/13(木) 16:25:33 ID:S0RfwIv/
でも駄作を必要以上に擁護する必要はないと思う




930 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/13(木) 20:59:11 ID:N6eu2zmm
ショッキラスってフナムシじゃん。フナムシは水あか
とか死んだ生き物の死体を食べるんよ!!だから
ショッキラスありえない。フナムシ怪獣じゃなくて
フジツボ怪獣だったらどうなってたかなw

931 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/13(木) 21:55:27 ID:R73pNNph
名前がフンカラスとかになってて岩場で獲物を待ち伏せ。
うっかり踏みつけようものなら一瞬のうちに足首くらいは持っていかれる。

932 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/14(金) 15:06:06 ID:Zq8FYjeL
フナムシ軍団対自衛隊は意地でも映像化すべきだった



933 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/14(金) 16:00:56 ID:CMMQca9r
本多監督なら喜んでやりそう

934 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/14(金) 17:12:35 ID:N3C/zeBw
>フナムシ軍団対自衛隊
小説版ではちゃんと描写されていたのになあ。

935 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/14(金) 18:05:53 ID:deqahKhJ
>>932
いかにも吊られた動きでゆっくり飛んでくる巨大フナムシと
自衛隊役のエキストラ達の大げさなリアクションとの対比が
武田鉄矢以上の見せ場を提供してくれたでしょうね。

936 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/14(金) 18:45:47 ID:3RiT88b0
道路をうめつくしてゾロゾロとやってくる絵が浮かんだ
自衛隊員がバリバリ機関銃を

937 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/14(金) 19:16:32 ID:MXh7pS6M
日本映画って銃で撃たれると
ヤラレターって大袈裟にバンザイして死ぬのが泥臭くて
嫌なんだよなあ

938 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/14(金) 21:06:17 ID:VFds35u5
フナムシ軍団vs自衛隊って幼体デストロイアvs自衛隊Ωチーム&Σチーム
の前哨戦みたいwあとデストロイアをデストロイヤって呼ぶやついるよねw


939 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/15(土) 00:20:53 ID:kSp8t9BO
>>937
この映画でも背中に炎を背負ったままワザとらしくバンザイしている自衛隊員がいたねぇ。

940 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/15(土) 00:50:49 ID:xkD3qTsD
耐熱服で着ぶくれて腕が下がらなかっただけと思われ

941 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/15(土) 01:06:17 ID:FjPJo5rI
実際ああなるんじゃねえの

942 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/15(土) 08:02:47 ID:4yN/jl2E
ミイラの無線局長、タシーロ似だろ。

943 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/15(土) 09:59:15 ID:XxJjc0cb
撃たれてバンザイの元祖はロバート・キャパの戦場写真「崩れ落ちる兵士」かな?
あれもポーズが不自然なため、やらせか報道かで疑問の声があるが、報道写真の歴史を
塗り替えた作品でもあるな。
キャパのノルマンディはスピルバーグがプライベートライアンのイメージにしたと
言ってるから、あのわざとらしさがインパクトの強さにもなっているんだろう。
怪獣映画でリアリティ云々も野暮というものだw

944 :四葉:2006/07/15(土) 10:21:14 ID:Im7oFotu
>>937
セルジオ・レオーネ監督の映画だと、
撃たれた人はみんな後ろ向いちゃいますね。
「ミスターノーボディ」のラストで
ヘンリー・フォンダのジャック・ボレガードが撃たれるショットでは、
このやり口を真似ていていい味出してましたね。こっちむいたんですけど…。

>>942
あの人は「美女と液体人間」で第二龍神丸に乗り移って
中島春雄チャマの宗ちゃんともども溶かされちゃった
松ちゃんの加藤茂雄チャマですよね。
タシーロなんかよりずっと好い顔をしてるですよ。

>>943
あれってバンザイしてましたっけ?
両腕を下におろしていたように憶えているですが…。
片っぽの手には小銃を提げていたはずですし。

945 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/15(土) 13:40:19 ID:XxJjc0cb
日本映画のヤラレターがバンザイならキャパもバンザイになっちゃうだろうねw
プラトーンもバンザイだなw

946 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/15(土) 19:35:30 ID:INfv/4RS
>>941
実際にああだとしても撮り方と演じ方が問題でそ。
何もカメラ前で「凄いでしょ?」という撮り方をしなくても良いと思うが。
あれって時代劇の頃からの伝統に則った演じ方だよな。
斬られたら必ず見得を切って倒れるというパターンの発展型。
光学合成で自衛隊員の集団が白熱するカットだけに留めておけばスマートだったのに。

947 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/15(土) 21:01:40 ID:0jjhjDhg
ああ
そうだなあ

948 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/16(日) 01:00:49 ID:5NTYoC8T
斬られ役の大部屋俳優や顔の出せないスタントさん達の涙ぐましい努力の成果でもあるな。
なまじ現場の手間暇かけた苦労を見てると切るに切れない部分もあるのだろう。

まあ、観客とのギャップはあるがな。

949 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/16(日) 02:00:57 ID:mzgWzCkG
つうかそんなところに違和感感じたことが無いから

950 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/16(日) 02:17:37 ID:Rge1+RRj
君が監督する時はぜひこだわってくれ

951 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/16(日) 09:02:19 ID:6lGpRaw9
こだわりかあ
熱線の濁流を踏ん張って耐えながら鉄砲構えようとする歩兵てのは考えたことがあるが
GMKのパクリっぽくなりそうだなあ

952 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/16(日) 20:51:24 ID:PXv6envc
ありゃ??GMKにそんなシーンあったっけ??今からGMK見るね!!

953 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/17(月) 07:30:36 ID:RFT4qRWb
どなたかエンディングの歌詞を和訳してくださいm(__)m

954 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/17(月) 09:13:51 ID:kmwR0H1C
くたばれゴッズィラ

955 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/17(月) 09:57:15 ID:kmwR0H1C
ttp://015.gamushara.net/bbs/movie/html/kiryuu.html
ここにも居やがった

956 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/17(月) 11:35:18 ID:+2yPDLqZ
>955
なんか閉鎖的な掲示板だな
語られてること自体は必ずしも間違ってはいないが

957 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/17(月) 16:17:34 ID:eqKfZ+m5
鳴り物入りで復活したわりには
なんか低いレベルで妥協しちゃったなあという気がする。
本多・円谷作品みたいなビンテージ物的味わい深さもないし。
でもこの映画がなければその後の特撮バブル(?)もなかったわけで、
一種のイベントと考えれば、まあ成功作なんだろう。


958 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/17(月) 17:58:30 ID:NhrkK7iK
当時の名前がサイボットゴジラだっけ?

3時のあなたで徹子に紹介されてたなw

959 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/17(月) 17:59:29 ID:NhrkK7iK
じゃなかった
ザ・ベストテンだったw

960 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/17(月) 19:22:46 ID:TkYXN1GV
実際ゴジラを見たことない歩兵は、ゴジラが近づいてきたら真っ先に走って逃げると思うのだが・・・。

961 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/17(月) 20:42:13 ID:MjkeQVIJ
>>957
愛すべき駄作と俺は思ってる
何故か捨てられない

962 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/18(火) 07:55:34 ID:OdbXo9XO
エンディングはオリジナルよりサントラに収録されていた
日本人バージョンの方がしっとりしていて良いと思う

963 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/18(火) 15:26:18 ID:mvuo93D4
ジャンプ放送局でずっと追ってた頃の切り抜き、まだ大切に持ってるなw
鳥山明がエキストラに参加したとか載ってたっけ。

964 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/21(金) 13:50:14 ID:gi7Bgj98
小林さんって最近見ないけど病気なんかね?

965 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/21(金) 17:21:40 ID:hQVHLGoG
小林さんって総理のこと?

966 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/21(金) 21:05:00 ID:tiByZbP5
携帯のCMに出てたろ

967 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/22(土) 02:10:14 ID:qxiw5SpC
もう80過ぎじゃなかったっけ?

968 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/23(日) 14:49:25 ID:qjBnmBJC
最近、携帯のCMも出てないね。

969 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/23(日) 17:26:17 ID:MAZmbSd1
総裁選も近いからお忙しいのじゃよ。

970 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/24(月) 15:29:41 ID:TlXFazT/
牟田刑事官

971 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/24(月) 15:35:47 ID:f1fc2gKl
えぶりまん

972 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/25(火) 00:48:47 ID://nhs1Bo
ぶらりぶらぶら物語 ・・・なんて誰も知らねェよ! と、一人ボケつっこみ。

973 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/25(火) 21:03:25 ID:TU3vHY1o
えぶりまん氏は、83歳くらい。
先日のチャップリン特集でインタビューを受けていました。
結構お痩せになっていました・・・。

ゴジラのエンディングの曲、レコード買いました。
ジャケットでは新宿の高層ビルよりデカイゴジラが映っています。
英語詩は載ってるけど、日本語訳は載ってませんでした・・。


974 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/25(火) 21:13:24 ID:iJYmT0sD
グッバイナウゴジラで歌詞あってる?

975 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/25(火) 21:54:25 ID:iir0i2su
>>974
あってるっす。
さびの部分なら

Goodbye now,Godzilla
Goodbye now,Godzilla
Until then
Take care now,Godzilla
Take care now,Godzilla
My old friend
SAYONARA till we meet again

976 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/25(火) 23:03:38 ID:5+q87b+/
田原総一郎の協力ってどの辺なんかね?

977 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/26(水) 00:40:57 ID:HRDXWVWo
核のコメントでもしたのかな?
もともと田原総一郎ってATGの映画監督とかもやってた作家くずれだからな。
どこ協力しててもおかしくない。 

978 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/26(水) 01:18:56 ID:k1fpJvcT
なんだかよくわからんが橋本監督によれば:
「あの人はマスコミの方ですからジャーナリスティックな話題といいますか、
この作品を作る意義というか一般の客の好みとか、今ゴジラを作るとしたら
こういう面をキチンとやったらいいのではないかという助言を頂きました」

979 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/26(水) 02:45:32 ID:m/ZH080o
佐藤慶のデスクは良かったがな

980 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/26(水) 07:28:28 ID:3mkiUamG
新倉芳美とジャッキー

981 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/27(木) 04:22:42 ID:hZwgY+E7
次スレ、どうするの?

982 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/27(木) 04:27:48 ID:CjbZ+2AU
もういいんじゃないの

983 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/27(木) 16:33:32 ID:95ZybI7Z
さすがに1作品だけで1000までは厳しいからねw
同じ話ばかりになるしね。

984 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/27(木) 17:20:27 ID:vHBV33Qg
懐古マンセースレだったら続けてほしい
あの頃みんなどんな思いでこの映画を待ち続けたかみたいな話はし足りない気もする

985 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/27(木) 17:46:16 ID:Nky+sdEf
核を使いたがる両国首脳をどうやって説得するか。
その過程をもっと具体的に描いたら結構面白いシーンになったのでは。
「納得してくれたよ」ではなんか拍子抜け。




986 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/27(木) 22:56:29 ID:2pG+GOAP
「パラシェーボ」ってどういう意味なのか、未だに知らない・・・

987 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/27(木) 23:10:57 ID:kIYkIq8m
ミサイルの名前がダズビダーニャだっけ

988 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/27(木) 23:11:40 ID:BhmpdP8S
あのハゲのロシア人って火花で死んだのか?

989 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/28(金) 02:36:27 ID:jFqwR58C
田原の協力が無い方が良かったかもねw

990 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/28(金) 02:40:22 ID:H3odxgeg
不本意かもしれんが、↓に合流か。

昭和ゴジラ総合スレ
http://bubble4.2ch.net/test/read.cgi/rsfx/1104567427/


991 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/28(金) 02:51:52 ID:jFqwR58C
なんだかんだ言っても新スレを立てちゃいましたんで今後も新スレでマターリと語ってください。

992 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/28(金) 22:20:33 ID:Tczv7hVr
あった↓これか?新スレ

http://bubble4.2ch.net/test/read.cgi/rsfx/1154022587/l50

993 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/29(土) 21:26:07 ID:ikBUwc/s
993

994 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/29(土) 22:00:51 ID:djdUVkhK


995 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/30(日) 02:28:24 ID:BBWwWaDc
スーパーSEX

996 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/30(日) 02:29:09 ID:BBWwWaDc
グッバイナ ゴッジィラ

997 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/30(日) 02:30:01 ID:BBWwWaDc
グッバイナ ゴッジィラ
 

998 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/30(日) 02:30:42 ID:BBWwWaDc
ウンチィ

999 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/30(日) 02:31:56 ID:BBWwWaDc
SAYONARA

1000 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/30(日) 02:32:59 ID:BBWwWaDc
till we neet again

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

242 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)