5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【円谷】 ゴ ジ ラ 【大特撮】

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/04 21:06:22 ID:vGZzabnx
水爆大怪獣映画

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/04 21:07:22 ID:DQvuupTl
ファイナルウォーズについて語ろうか

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/05 10:03:04 ID:OEvtJnTo
夏貸しとくれば..

やっぱ平成以前に成りますかね?
10年ひと昔と言いますし。

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/05 10:21:25 ID:5D7kjLEb
つか、重複にならん?

昭和ゴジラ総合スレ
http://bubble3.2ch.net/test/read.cgi/rsfx/1104567427/l50

それとも、ゴジラシリーズではなく、映画「ゴジラ」のスレなのか?

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/07 13:37:43 ID:LGML8Xp/
いっそコロッサス「大特撮」を語るスレにしちまうとか

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/07 13:40:40 ID:JZbx42zX
>>5
ソノラマ版しか持ってない俺でも、仲間に入れてくれるなら・・・

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/08 20:53:18 ID:UYuo67U6
どのマラ?

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/08 21:25:34 ID:x/52v3Cj
>>7
不潔ですわ、宝田さん!

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/09 01:55:17 ID:cg50E0i4
>>1に「水爆大怪獣映画」とあるんだから一作目を指すのが普通だと思うが。

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/13 21:20:42 ID:P3t0EQ3X
やはり今見ると成瀬組の撮影スタッフの本編の画調で押す本多演出と、
円谷の特撮の画調はチグハグだよ。
特にマペット(手踊り人形)のゴジラのシーンは稚拙な感が強い。
ナイト・シーンが多くて特撮の粗さが目立たなくて良かったな。

11 :どこの誰かは知らないけれど:05/01/21 19:24:38 ID:A8Uev/AC
まぁ、初期の作品はなんでもそうでしょ。
ノウハウも何もなかったんだから。

12 :どこの誰かは知らないけれど:05/02/12 20:31:03 ID:4oDoH2Qt
あげとく

13 :轟天建武隊:05/02/26 21:56:12 ID:29kkGwla
今日、CATVでやってた東宝特撮シリーズで、なつかしの映画がたくさん見れた。
「ガス人間第一号」「マタンゴ」「海底軍艦」「サンダ対ガイラ」「地球防衛軍」
「日本海大海鮮」ETC。で、やっぱり初代轟天号の神宮司大佐を演じた田崎潤の
よかったこと。この人、軍人やらすとばっちグーだわ。ちなみに、その元の上官が
加山雄三の父親の故・上原謙が演じていたことをすっかり忘れていたが・・・

14 :どこの誰かは知らないけれど:05/03/03 01:29:47 ID:H/l9Bdi1
南太平洋に向かう船上のシーンで息子がウクレレ弾いて出てきたら厭だなと思いつつ見たあの日…でつ

15 :どこの誰かは知らないけれど:05/03/03 20:50:09 ID:G4w2lONT
>>14
もしそういうシーンがあったら、ぼかぁ「冷や汗」だなぁ・・・

16 :どこの誰かは知らないけれど:05/03/04 07:55:48 ID:dZ9vvs+f
第一作のゴジラ上陸によって炎上する東京は
やはり東京大空襲のイメージなんだろうな。

17 :どこの誰かは知らないけれど:05/03/16 20:13:01 ID:30Fr8wFm
外人のゴジラおたくさんですね。
ttp://www.shado-x.com/

18 :どこの誰かは知らないけれど:2005/03/22(火) 05:56:49 ID:nxEWTWMK
東宝特撮映画ファン必聴!!
   ↓
http://www.towerrecords.co.jp/sitemap/CSfCardMain.jsp?GOODS_NO=836038&GOODS_SORT_CD=101

19 :どこの誰かは知らないけれど:2005/03/24(木) 16:14:43 ID:x4jHGkVH
そうかな?

20 :どこの誰かは知らないけれど:2005/04/06(水) 13:05:46 ID:SElBEhVG
ゴジラ八ツ山橋付近に上陸!

21 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/14(土) 18:19:56 ID:xRXonUoS
しかし今見ると様々な試行錯誤の手法を散りばめた
バラバラの品質水準の特撮がごった煮の作品だな

22 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/14(土) 19:25:46 ID:Va0n5YU0
漏れにとっては、これが結局ゴジラシリーズの最高傑作だな。


23 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/14(土) 20:03:49 ID:EPjPzJFT
>21
良くも悪しくも最初だからな

24 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/15(日) 15:23:08 ID:VGRWAW0X
尾形が乗っていたバイクはキャブトンだね。提携企業だね。南海サルベージ
の事務所にもポスターが貼ってあった。恵美子と一緒に行く予定だった
ブダペスト弦楽四重奏団のコンサートは、実際にあの年にあった。
河内桃子の恵美子はいつ見てもいいね。学者のお嬢様らしい気品がある。
妻を失っている古生物学者とその美しい一人娘。山根博士父娘はいい雰囲気だ。

25 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/15(日) 16:06:42 ID:OrQrZ+15
狼少年ケン、よくマンガ復刻できたと思うよ。

26 ::どこの誰かは知らないけれど:2005/05/22(日) 18:10:21 ID:8YjRHjUD
ヴォクが考えた「メカゴジラの逆襲」
ブラックホール星人がメカゴジラを強化パワーアップ
さらにキングギドラ、ガイガン、メガロ、ヘドラらチャンピオン怪獣を連れてきた
ゴジラ一匹では大苦戦
その時、怪獣島からアンギラス、沖縄からキングシーサー、そしてジェットジャガーがやってきた!
うおー!
人が作ったロボットだけど〜!

同時上映「ピアノマン」

27 :どこの誰かは知らないけれど:2005/06/03(金) 14:48:54 ID:h+r0F5L4
ワロタ

28 :どこの誰かは知らないけれど:2005/06/04(土) 12:48:02 ID:kN/ZlA0O
菅井きん
http://tv7.2ch.net/test/read.cgi/actress/1116045287/l50

29 :どこの誰かは知らないけれど:2005/06/20(月) 19:53:49 ID:jjIyxX99
この映画、三越あたりでゴジラがヌイグルミの重さに耐えかねて
前のめりになって倒れるシーンが一瞬写っている、別バージョン
があると、聴いたことがある。
 名作ゆえの、伝説なのだろうか・・・・。

30 :どこの誰かは知らないけれど:2005/06/21(火) 07:49:42 ID:LweyWg/Q
>>29
ゴジラ写真館の第1集には、ゴジラが三越の手前で前のめりになっている写真が掲載されているが・・・。
別プリントがあるかどうかは別として、コケタことは事実かも。

31 :どこの垂れかは知らないけれど:2005/06/21(火) 23:24:42 ID:EqBq0fHf
「構造が無い」

これは当時、武蔵野美術学校(現、武蔵野美大)の彫刻科の某学生が、悪友、もとい学友に
東宝に特撮美術スタッフとして強制連行されて、その現場でゴジラの喜ぐるみの中に人が
入った姿を見た時の第一印象である。
この当時、ゴジラスーツの制作に携わった人達の中で、きちんと美術学校で彫刻の基礎を
学んだ人はいなかったらしい。

この学生さんは、十数年後、円谷プロで、我が国最大のスーパーヒーローと、それと戦う
怪獣達のデザインをした。

32 :どこの誰かは知らないけれど:2005/06/21(火) 23:29:19 ID:wuuAmApY
242 どこの誰かは知らないけれど 2005/06/21(火) 22:29:32 ID:hXRN/ngs
ふ〜ん。
むずかしい議論だね。

よくわかんないが、
「サンダーバード」をはじめて観た時は、衝撃がはしったよ。
特撮シーンの多く、「本物か?」と思ったもんね。
特に海上に浮かぶ船の遠景なんか、本物にしか見えなかった。
あきらかに、それまでの日本の特撮とはちがう、と思いましたな。

という感想。



245 どこの誰かは知らないけれど 2005/06/21(火) 23:10:52 ID:wuuAmApY
>>242
だろ。円谷英二の特撮なんかあれに比べりゃ犬の糞以下wwwwwwwwwwwww。



33 :どこの誰かは知らないけれど:2005/06/21(火) 23:35:37 ID:kcLuPJ1y
こっちでは自分を晒してるのか・・・

34 :どこの誰かは知らないけれど:2005/06/22(水) 00:32:10 ID:+rM5v6nb
w・・w男の親父か誰かが円谷プロを解雇でもされたんだろう。
気の毒に・・・
それにしてもこいつのキーボードには「W」のキーが10個位付い
てそうだな。

35 :どこの誰かは知らないけれど:2005/06/22(水) 11:13:21 ID:iidVBktm
>>34
いや、たぶん「wwwwwwwwwwwww」ってキーが付いてるんだ。

36 :どこの誰かは知らないけれど:2005/06/25(土) 23:25:33 ID:LaYLuBa6
日本の特撮チャチィ!!
       \\   日本の特撮チャチィ!!//
   +   + \\ 日本の特撮チャチィ!!/+
                            +
.     +   /■\  /■\  /■\  +
        ( ゚∀゚ ∩( ゚∀゚ ∩)( ゚∀゚ )
   +  (( (つ   ノ(つ  丿(つ  つ ))  +
         ヽ  ( ノ ( ヽノ  ) ) )
         (_)し' し(_)  (_)_)
さぁ皆さん ご一緒に!
日本の特撮チャチィ!
日本の特撮チャチィ!





37 :どこの誰かは知らないけれど:2005/07/18(月) 13:21:18 ID:oySWmFNa
初見の感想は、
恵美子悪女ヒドス
芹澤カワイソス

38 :どこの誰かは知らないけれど:2005/07/23(土) 01:00:32 ID:OrfLSamT
「ゴジラ」のどこかに佐原氏が出てるって本当? 探したけど
見つからない

39 :どこの誰かは知らないけれど:2005/07/24(日) 11:46:16 ID:vN3F8/Kq
納涼船(?)のシーンと、新聞記者が一斉に電話にとりつくシーン。(一言だけ「もしもし」というせりふもあるw)

40 :どこの誰かは知らないけれど:2005/09/13(火) 00:09:34 ID:jCPl48sZ
age

41 :どこの誰かは知らないけれど:2005/11/01(火) 00:04:51 ID:rQURVT18
ファミリー路線最大の成功作となった[vsモスラ]が公開された次作からシリーズの観客動員数は減少を始める。
「ファミリー路線」に観客が満足していたのならリピーターは確保されてた筈なのに。一体[vsモスラ]と[vsスペースゴジラ]の間の1993年に何があったのか!?
[ジュラシックパーク]の公開だ。その後、CG技術の発達に反比例してシリーズの売り上げはどんどん落ちていく。
それ以前の映画では"都市の中を巨大生物が暴れ回る"という映画は日本の怪獣映画しか無いと言っても過言ではない状態だった。
ハリウッドのレベルで同じ事をやろうとするとベラボウな金が要るし技術的に非常に困難なため、ハリウッドはその手の映画を作る事が出来なかった。
なので日本の怪獣映画は競合相手のいない隙間産業として辛うじて観客に支持されていただけなのだと思う。
大半の観客がゴジラに求めていたのは"1カットでもゴジラが大きく見えたら◎"こんなものだろう。
要するに、特撮がチャチでも他に競合する様な映画も無かったので、我慢して付き合ってた訳だ。
でもCGの技術はそんな我慢から観客を開放してしまった。脳内補完無しでも設定通りの身長に見える恐竜は観客の絶大な支持を集め日本の怪獣映画のステータスをより低いものにしてしまう。
それに進歩するCG技術と共に次々と繰り出される"見たことのない映像"のインフレは"都市の中を巨大生物が暴れ回る"というイメージの価値そのものを低くしてしまった。
そして遂に[GODZILLA]がトドメを刺す。どう見てもイグアナなアレではあったが、"都市の中を巨大生物が暴れ回る"という映像を高いクォリティーで見せつけ大半の観客の餓えを殆ど完全に満たしてしまったのだと思う。
その後はご承知の通り、観客動員数は何をやっても釣瓶落としとなってしまい復活以降最も幼年層を意識して作られた[FINAL WARS]は[セカチュー]の興収を食い潰して[2000]と並ぶ興行的な失敗作となってしまった。

42 :どこの誰かは知らないけれど:2005/11/01(火) 00:12:02 ID:loSAJqh+
>>41
ソレ、ドコカラノコピペ?

43 :どこの誰かは知らないけれど:2005/11/01(火) 10:13:58 ID:vCC24Brb
なんでコピペに見えるのかわからん

44 :どこの誰かは知らないけれど:2005/11/01(火) 10:24:59 ID:vCC24Brb
というものの俺は41の意見にはあまり賛同できない。
GODZILLAやジュラシックパークは爬虫類の出て来るパニック映画で、
ゴジラはプロットは似ているものの、生物学を無視したかのような身体の巨大さがパニック映画を逸脱している原因となっている。
初代ゴジラ以外はいわゆる本物らしさを大きく切り捨て、そういう形状のキャラクターが特定の持ち味に逆らわずに暴れまわる映像を提供するのに腐心している。
よって本質的なゴジラファンはそれにパニック映画を求めているわけではないので何も飢えは満たされていまい。
でも41の言うとおり、あれでゴジラ特撮の拙さに気づいた人はたくさんいたわで、ゴジラを見ても失望するばかりとなり、
そういう人の一部はガメラに流れてしまったんだよな。
ちなみに俺もモスラを最後に最終作品までゴジラを視るのを止めたが、
なぜやめたかというと、モスラまでは「まだビオランテ以上の路線を歩むかもしれない」との淡い期待があったから。
でもスペースゴジラとかいうセンスの無いタイトルを知った時、東宝の路線が嫌というほどわかりゴジラには絶望した。

45 :どこの誰かは知らないけれど:2005/11/04(金) 22:46:59 ID:RMW5v7B4
山根博士が狂っていく様子がいい。
さすが志村喬

46 :どこの誰かは知らないけれど:2005/11/05(土) 23:30:28 ID:Y8F4PJrB
チープな特撮映画じゃなくて迫力あるリアルな映画を作ろうとした意欲作

47 :どこの誰かは知らないけれど:2005/11/06(日) 11:28:51 ID:3kNSYONc
>>45
別に狂ってはいないだろ。
あれで狂っているのなら、山根博士の最後の台詞は何だと言うのだ?

悪いことは言わない、もう1回最初から見直せ。

48 :どこの誰かは知らないけれど:2005/11/14(月) 19:18:56 ID:KsyYzeNy
ゴジラを殺すのに反対したあたりを
狂ってきたと思ってるんじゃない?

49 :どこの誰かは知らないけれど:2005/11/18(金) 15:27:57 ID:R6V9DV86
いまよりも倫理的にしっかりしていた時代だし(しかも戦後)、人命>科学の進歩
みたいな発想は嫌悪されてたんじゃないかな。
そこが学者の傲慢さも現してるわけで。
ゴジラ抹殺に反対するっていうのは、少なくともあの世界ではマイノリティであろうし。
芹沢を失って、最後には山根博士も目が覚めたんだろう。

VSデストロイアで山根博士の子孫がゴジラとデストロイアを戦わせて共倒れをさせよう
と言って周囲から軽い反感を持たれるが、そういう倫理観<現実 的な発想が山根博士に
似ている、と言えるし。というよりもそういう設定だと思うし。

50 :どこの誰かは知らないけれど:2005/12/15(木) 14:27:40 ID:mNTdX5i5
http://www.2chan.net/

51 :どこの誰かは知らないけれど:2005/12/29(木) 06:47:44 ID:HORwCBFt
>>41
>特撮がチャチでも他に競合する様な映画も無かったので、
>我慢して付き合ってた訳だ。
一般の観客が映画に「我慢して付き合っ」たりするのか?

52 :どこの誰かは知らないけれど:2006/01/03(火) 09:50:44 ID:CEjmJmBD
ガキのお守りに連れてった映画なら普通の大人はガマンして観てたろうな。

53 :どこの誰かは知らないけれど:2006/01/12(木) 22:50:04 ID:doXo+R8C
円谷英二が撮影してた8mmが
DVDになるらしいよ。


54 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/07(火) 03:11:27 ID:VsugbNGK
この作品が過大評価されてるのは、映像ソフトを気軽に観ることが出来なかった60〜70年代に書籍等によってさんざん刷り込まれた結果だと思うね。戦争批判云々もおそらく後の世代が過剰に反応しただけで、製作者側にそういう意図はなかったと思う。

55 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/11(土) 16:03:13 ID:iQynhj9b
なんだかんだ言ってもゴジラは第一作目に限る。
後は強いて言えば、金誤字、燃誤字だ〜ね。

56 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/11(土) 23:52:26 ID:TXqeyPyV
伊福部氏追悼age

本作は日本最高の怪獣映画だと思います。未だに。

57 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/14(火) 01:05:48 ID:IXXuv9PD
ゴジラ対若大将が見たい

58 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/23(木) 01:41:20 ID:Sh1htCiw
>>56
俺は邦画では最高傑作だと思う。

59 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/23(木) 20:42:24 ID:Q5W0R6jo
>>58
俺も最高傑作とは思わないまでも大傑作と思う。
しかし同年に上映された七人の侍には正直かわなない。

60 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/24(金) 15:38:18 ID:qYhZ8Z+F
まぁ、なにが最高傑作かは好みだから・・・。
実際あの年のキネ旬のランキングでは「七人の侍」でさえ3位だし。

61 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/25(土) 01:11:20 ID:W7lgofdn
あれは当時左翼に叩かれたからな
自衛隊擁護映画だって。

62 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/27(月) 04:38:20 ID:qctEfPjR
そういう点で言うと自衛隊の初の実戦は対ゴジラ戦。

63 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/01(水) 02:27:19 ID:38Ho9s0i
>>61
と、確か佐藤忠夫は書いていたが、実際のところどうだったんだろう。
あの時代の左翼の方が、今の左翼と比べると本気で革命起こそうとしてた分、
馬鹿は少ないような気がするけど・・・。ごく一部の話なんじゃないの?

64 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/01(水) 15:18:48 ID:y0yvo1FE
>>63
そのごく一部がとてつもなく力を持っていた時代だ

65 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/12(日) 05:24:13 ID:VY6Rhep7
まるでその時代を生きてたかの様な口ぶりだな!
なぁ、おいw

そんなとてつもない力を持った連中に睨まれた「七人の侍」が
ヒットして、なおかつキネ旬3位というのは変ではないか?
いつの時代にもヘンテコな見方をする連中はいるけどさ。
それだけのことよ。


66 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/15(水) 00:46:18 ID:dZectPkL
>>65
別に生きてたとしても少しも不思議ではないが。

67 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/16(木) 02:23:15 ID:0MZVDBnu
60代のちゃねらーなんているのかね?

68 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/17(金) 20:59:08 ID:Y6+S7+MQ
50代や40代でもその時代を生きてるだろ。
例えガキだったとしても見るものは見ているわけで。

69 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/19(日) 18:33:33 ID:1mogC6M9
屁理屈言うなよ。
昭和29年当時の左翼の社会的影響力をリアルに知っている奴は
どう考えたって60代だろ?

70 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/20(月) 13:25:29 ID:dfVzOhuY
>>67
極めて稀に生息していると思われる

71 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/21(火) 18:32:17 ID:XF22nRCj
>>69
いや、屁理屈じゃなくてさ。ガキの頃でも大人の事情ぐらいいくらか察しがつくだろ?
あるいは大人になってから「あれはああいう事だったか」と気づく事も多々ある。
それぐらいの事はまともな成人なら誰でもわかりそうなものだが。
それに60台のちゃねらーがいて何か不都合あるかい?

72 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/21(火) 23:17:19 ID:GtImX0ha
もうリアル小は放っとけ。

73 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/22(水) 01:48:24 ID:0gq9knhI
結局、仮定の話だけだなw
>>64の発言が当時をリアルに知っての証言とは思わない。

74 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/29(水) 06:09:09 ID:5WA8VdNJ
ゴメスってソフビは別物だがウルトラQの映像みるとゴジラにしか見えない(´Д`)

75 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/29(水) 13:01:47 ID:ziiFymqK
んな事言ったら、ジラースは・・・・

76 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/29(水) 16:51:35 ID:2TJnCEkh
>>74
俺の中ではゴメスは「アーマードゴジラ」…。

77 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/32(土) 13:32:22 ID:7JdzTiur
>>75

ブルマァクのソフビはジラースの方がゴジラに似ていた。

つーか、ゴジラはオーロラプラモのコピーだったから全然似てなくて買う期しなかったなw

ジラースの襟を取ってゴジラにしたかったのだが、消防当時の俺では技術がなく断念w
(襟を切り取ろうとした直前に、これ取ったら首もげるじゃん、と気が付いた)


78 :どこの誰かは知らないけれど:2006/04/19(水) 12:10:28 ID:9z94B638
最近DVD見たが、恐い。特に操車場進むゴジラ




またDVD見たが、恐い。ゴジラが歩く姿
が、「山が動く」という感じだ。





79 :どこの誰かは知らないけれど:2006/04/23(日) 11:01:24 ID:C57QmnGR
初登場が山の上から顔を出すっていう場面だったからか、むしろ“山よりデカいとにかく巨大な物体”というイメージがある。

80 :どこの誰かは知らないけれど:2006/04/28(金) 14:34:36 ID:oQ1U0crS
初ゴジは、都市破壊じゃなく人間の作った世界を
彷徨っている印象。84ゴジも似た印象。

81 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/04(木) 23:03:24 ID:8lj2RqFG
初代ゴジラは核の象徴というより、海底から上がりこんできた未知の生物って感じがする
香山滋先生の原作読んだら余計そう感じる

82 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/04(木) 23:09:58 ID:l0Cy/Ka9
「闇に包まれた街を行く巨大な影」というイメージがあるな。

83 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/06(土) 23:40:10 ID:wmsQMBco
スレタイと違うけど、核の愚かさを映し出した作品としては世界大戦争がなかなかだったよ。
今見たらなぜか涙が止まらなかった………

84 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/08(月) 00:25:06 ID:0o3b0jKp
1961年の「映画評論」の記事
ー「モスラ」が大ヒットした。
 水ものの映画興行の中で、特撮映画{特に東宝の)が
 ほとんど絶対の安定性を持っていることを、あらためて証明した
 形だ。ー

こんな記事はもう二度と拝めにゃーな

85 :訂正:2006/05/12(金) 08:49:05 ID:XyIulYlE
>>84
映画評論→映画芸術1961年10月号

86 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/12(金) 10:32:03 ID:k4J+vOh4
かつて隆盛を誇り、現在は絶滅しきったジャンルとして
「怪談映画」があるが、怪獣映画もまたしかり、ってとこですな。

87 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/15(月) 08:27:11 ID:scR0SCJc
怪談映画はホラーとして健在だが

88 :どこの誰かは知らないけれど:2006/06/10(土) 01:15:52 ID:Y49Equ9L
test

89 :どこの誰かは知らないけれど:2006/06/10(土) 04:59:17 ID:cI76j6sS
>>86
リングや着信アリは「怪談映画」だろ?

90 :どこの誰かは知らないけれど:2006/06/10(土) 08:01:05 ID:C5SeCpQJ
ファイナルヲーズ

恐ろしく糞だった

91 :どこの誰かは知らないけれど:2006/06/11(日) 18:12:31 ID:GOwSAlY7
期待する方がおかしい。

92 :どこの誰かは知らないけれど:2006/06/12(月) 07:38:53 ID:0mP3StQC
1作目を意識して作られたであろう84がつまらなかったのはなぜでしょう?

93 :どこの誰かは知らないけれど:2006/06/15(木) 21:05:58 ID:Otp6Fv/y
つまらない正義ゴジラに慣れてたから。

94 :どこの誰かは知らないけれど:2006/06/16(金) 00:58:41 ID:F3/Q5h2P
正義ゴジラへのアンチテーゼにしかなってなかったから

95 :どこの誰かは知らないけれど:2006/06/16(金) 02:43:14 ID:pH41fetI
1作目ほどアバレも街ぶっ壊しもしてないし。
CGが無くても、「xメガギラス」のフジテレビ周辺破壊しまくりシーン並みの
スペクタクルは作れたと思うけどなぁ。

96 :どこの誰かは知らないけれど:2006/09/08(金) 13:57:43 ID:f0WBTqcf
79年ごろ、日劇で大ゴジラ博という東宝特撮日替わり連続上映という
祭りがあって、「定期券」買って毎晩行った。その時初めて第一作を見た。
怪獣映画というより戦争映画、実話ドキュメンタリーのような迫力があった。
他の怪獣映画とはまったく別次元だと絶句した。話の重さにも圧倒された。
その後、公開当時の映画評では散散酷評されたと知ってずいぶん腹が立った。
大人になって見直したら、当時の映画評は決して外れてはいないと分かったが、
中学時代に出会えてよかったと思う。「映画」の圧倒的な魅力と凄さを、この作品から
教えてもらった。

97 :どこの誰かは知らないけれど:2006/09/08(金) 14:19:26 ID:V/BqJSxu
.

98 :どこの誰かは知らないけれど:2006/09/11(月) 05:06:18 ID:clyOQwLj
コマーシャルに出てるが…。
☆付きとはね。

99 :どこの誰かは知らないけれど:2006/09/11(月) 10:06:23 ID:qYjVxvVJ
本放送見逃した方は要チェック。

http://www.nhk.or.jp/shiruraku/200609/tuesday.html



100 :(*´Д`) ◆73WIRNrboA :2006/09/11(月) 18:11:35 ID:bePnzC3w

100

101 :どこの誰かは知らないけれど:2006/10/13(金) 22:09:51 ID:WwymY+//
( ´∀`);y=ー(*´Д`)

( ´∀`);y=ー(*゚д゚)・∵. ターン



102 :天ノ川 創:2007/01/01(月) 08:29:22 ID:rR5oT18m
アマテス降臨!

103 :どこの誰かは知らないけれど:2007/01/03(水) 00:14:28 ID:XJQlxf8c
>>102
だれあんた?

104 :どこの誰かは知らないけれど:2007/01/08(月) 21:20:19 ID:1M6Q6Pfd
なあ、特撮に詳しいみんなに聞きたいんだけどさ、ゴジラ(初代)も
ラドンも、日本誕生も、50年以上前の映画で、とっくに著作権切れの
筈だよな。
なのになんでこんなにDVDが高いんだ?
http://www.toho-a-park.com/video/new/tokusatsu/index.html
往年のハリウッド映画なんて、500円均一なのに・・・
タダで見せろとは言わないが、一本300円くらいで動画配信くらい
してくれたって良さそうなもんだと思わないか?
特撮を愛するみんな、どうよ?

105 :どこの誰かは知らないけれど:2007/01/09(火) 22:25:57 ID:GfymHB0d
>>104
映画の著作権期間は延長されますた。

日本誕生はまだ50年経ってないだろ。



106 :どこの誰かは知らないけれど:2007/01/10(水) 13:41:49 ID:gy1+CZHz
ディズニーがミッキーマウスの著作権をあきらめない限り、永久に延長され続けるだろうなw

107 :どこの誰かは知らないけれど:2007/01/10(水) 20:34:02 ID:8NYiqLnf
他人様のものは平気で盗むくせに自分のものはやたら騒ぎやがるからな、こいつら
つぶれちゃえばいいのに・・・

24 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)