5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

NHK朝ドラ再放送 簡潔あらすじスレ【別館】

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/18(金) 10:04:25 ID:6X8q+dFm
こちらのスレは簡潔なあらすじだけを要望、依頼するスレです。
毎日書いて下さる親切な方はこちらにどうぞお願いします。
見忘れた、見損ねた、録画失敗した人で、長文、台詞入りの詳細あらすじを好まない方は、
こちらで要望、依頼してください。

あらすじを書いていただける方へ
簡潔にまとめたあらすじはこちらでお願いします。

只今は君の名はです。

「詳細なあらすじを書く人と詳細なあらすじを読みたい人」により立ったスレはこちら。
NHK朝ドラ再放送 あらすじスレ2
http://bubble4.2ch.net/test/read.cgi/natsudora/1154179681/

↑のスレで諍いが起こる為、住み分けをしてお互い気持ちよく利用できるようにするため立てました。
気にいらないからとそれぞれのスレを荒らすことなく、皆さんご協力をお願い致します。

関連スレ
連続テレビ小説 君の名は 
http://bubble4.2ch.net/test/read.cgi/natsudora/1144223788/l50

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/18(金) 10:33:14 ID:6X8q+dFm
8/16水曜日の内容
末永は牛につきっきり。かわりに春樹が札幌にいくことになる。マツキチから話があると言われるユミ。サブローと将来の約束したのに春樹に行くなと怒られ、泣く。ユミをたぶらかすなと春樹に迫るサブロー。僕も大事な人を失ったんだと春樹。
翌日駅まで春樹を送ったユミ。美幌駅まで着いた真知子に偶然会い末永牧場まで送る。牧場についた真知子だが春樹は札幌。帰るのに5日ほどかかるがそれまで待つことに。
つづく

翌日の内容
旅館の女将さんからもんぺを借りて乳搾りを手伝う真知子。真知子の心は踊っていた。松吉に牛乳をくみ、小さい頃よく飲んでいたと話す真知子。母は自分は飲まないで真知子にやり、大事にされて育ったが、東京大空襲で亡くなってしまった、と松吉に話す。
末永家。食卓。じゃがいもが。「こんなのしかないけど」末永夫人。「よかったら真知子さんハイカラな料理作って」「シチューでも」。真知子中心の食卓にユミ不満げ。
佐渡。真知子の手紙を読んだカンジがカンカン。信枝は真知子の行方を聞きに綾さんのとこにいくことに。
東京。永橋が浜口家のお土産を買うところにスリの少年。永橋がとっつかまえようとしたところに蘭子通りすがり。その少年をひきとる。

浜口家。綾の紹介で生命保険の勧誘に定彦が勝則と会話。ほかに興信所の仕事もしてますと名刺を渡し帰る。
入れ違いに永橋。真知子と会った話をし、別居をすすめる。「親を捨てろと言ってるわけじゃない、距離をおいたらどうかと言ってるんだよ」と永橋。
それを廊下で聞いてしまう徳枝。
つづく


3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/18(金) 10:36:25 ID:455EPTUQ
 17日(木) 第三部 旅立ち・北海道編 第118回 出演
浜口真知子:鈴木京香
浜口勝則:布施博
本間定彦:古館伊知郎
あさ:伊藤嘉奈子 米夫:井上康
捨松:中野英雄 忠公:三井善忠

松吉:高品格
末永:村田雄浩
ユミ:松永麗子
牧子:塚田きよみ 三郎:土門廣

角倉勘次:宍戸錠
角倉信枝:佐々木すみ江
宿の女将:関悦子 ゴロー:八百坂圭祐|早川プロ

美村蘭子:佐藤友美
永橋:加藤武
浜口徳枝:加藤治子

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/18(金) 10:37:14 ID:455EPTUQ
18日 第三部 旅立ち・北海道編 第119回 出演
浜口真知子;鈴木京香
浜口勝則:布施博
本間定彦:古舘伊知郎
あさ:伊藤嘉奈子 石上 梢:河合美智子

永橋:加藤武
末永:村田雄浩
牧子:塚田きよみ 三郎:土門廣
篠山ヤエ:中村美代子 ゴロー:八百山圭祐
稲川素子事務所 鳳プロ

美村蘭子:佐藤友美
後宮悠起枝:田中好子
浜口徳枝:加藤治子

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/18(金) 10:38:24 ID:6X8q+dFm
>>2はあらすじスレ2のID:AHJm+rGNさんとID:j3rW65cgさんの簡潔なあらすじの転載です。

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/18(金) 20:50:41 ID:NgbmoGF8
7月24日(97回)
真知子とあさがアイロンをかけている。勝則のズボンのポケットから「新世代編集部津野智」
という名刺をみつけて、真知子にわたすあさ。
 春樹は、「新世代」の取材で、天天教の教祖を尋ねるが、新しい信者を連れてくるようにと、
追い返される。その帰り、「あや」へ行くと、真知子が来ている。ぎこちない真知子と春樹。
春樹は、「あや」の店においてあったほおずきをもらって、下宿に帰ると、徳枝が下宿を訪ねてくる。
先日遠くへ行ったほうがいいと言ったことの、侘びに来たという。
 徳枝が家へ帰ると、玄関に春樹の下宿にあったのと同じほおずきが飾ってある。
真知子が「あや」の帰りに、買ってきたものだった。

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/18(金) 20:58:24 ID:NgbmoGF8
7月25日(98回)
定例の婦人会が近づいた。夜の商売をしていた人たちの更生施設の慰問だという。
身重の真知子に代わって、あさを連れて行くという徳枝。
しかし、様子のおかしいあさ。あさは、かつて、夜の商売をしていたことがあると、
真知子と勝則に、泣きながら打ち明ける。


8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/18(金) 21:07:31 ID:NgbmoGF8
7月26日(99回)
徳枝が、天天教の祈祷に訪れる。そこへ春樹がやってくる。実は、春樹に会えるかもしれないと
期待して、ここへ来たのだと笑う徳枝。
 真知子が、自殺しようと、伊豆へ行ったときのことに話が及ぶ。真知子は伊豆から帰って、
やり直そうと努力している、もう少し長い目で見てあげてください、と言う春樹。
徳枝の帰宅が遅くなり、真知子と勝則が心配して待っている。徳枝が、春樹のところへ
行っていた事を知り、勝則は不機嫌になる。「知らなかったよ、この家の者はみんな
そんなに後宮と親しかったなんて・・・。この家には、俺の知らないことが多すぎる」


9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/18(金) 21:13:50 ID:455EPTUQ
7月25日(98回)・7月26日(99回)の主な出演者
浜口真知子;鈴木京香
後宮春樹:倉田てつを
浜口勝則:布施博
あさ:伊藤嘉奈子 石上梢:河合美智子
加瀬田和子:羽田美智子 田上うらら子:益田愛子

加瀬田岸枝:中原ひとみ
浜口徳枝:加藤治子

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/18(金) 21:21:06 ID:NgbmoGF8
7月27日(100回)
昨晩、役所に泊まった勝則に徳枝が着替えを届けにくる。
真知子は、綾をたずねて、また、勝則の考えていることがわからなくなったと、愚痴を言う。
春樹のことを意識していないのなら、この間店で春樹と偶然出会ったことを
勝則に言えたはずだ、甘ったれないで、と叱られる真知子。綾は、安産祈願の水天宮のお守りを
真知子に渡す。
 浜口家仏壇の前で、徳枝が縫い物をしている。赤ん坊の産着を縫ってくれていたのだ。
徳枝もまた、水天宮のお守りを真知子に渡す。
 翌朝早く、真知子は、また役所に泊まった勝則を訪ねて、おにぎりを届ける。
綾の店で、春樹に会ったことを話す。「隠すつもりはなかったんです。これからは、
正直に話しますから。・・・早く帰ってらして・・・」少し、心を開いた表情の勝則。
 一方春樹は、新世代の編集部で就職を辞退したいと言う。

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/18(金) 21:24:39 ID:NgbmoGF8
また続きは、後日。

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/18(金) 23:55:31 ID:6X8q+dFm
>>6-11
お疲れさまです。
このままそれぞれ住み分けしていきましょう。

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/19(土) 01:18:24 ID:VCAfVG/t
>>1-11
乙です。

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/19(土) 08:23:36 ID:IRQc6Fkm
昨日
永橋に別居を進められた勝則だが、真知子が北海道にいったと知るやいなや「それ相当の苦痛を与えてやりますよ」「後宮に会いに、、、、」徳枝も「勝手に男に会いに行った女の為に何故私が別居してこのうちを出なきゃなりませんの?」

それを聞いた永橋。「あなたがたの価値観を少しかえたら丸く収まるというのに。。それだから真知子くんも信じてくれる後宮くんのところにいったんだよ」と多少あきれ気味。

真知子が北海道にいったのを他にも、蘭子やゆきえがしることになる。また、あさは浜口家をクビになる。またみんなで暮らすことに。



15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/19(土) 08:35:09 ID:IRQc6Fkm
今日

ユミが真知子に嫉妬してけがさせるが大したことはない。
真知子は自分がまだ離縁していない身であることを末永夫妻に話す。
真知子は思わず北海道にきてしまったがよかったかどうか後悔。末永夫人「したけど、もうきてしまったんだから。夏の花は咲きたくても春には咲かないっしょ時期があるわよ」
末永も「とにかく後宮に会うことだな。今後のことはそれからだ」と励まされ、救われた表情の真知子。
東京。ゆきえがあやのところに。どうやら真知子が北海道にいったのを浜口家にしれたらしい。
そこへ信枝もやってきて、真知子の北海道行きを浜口家が知ってしまったとわかる。信枝が浜口家にゆく。
徳枝に「姦通罪が適用されれば、今頃暗いところにいるところでしたよ」
「それも昨年廃止になってそれを見越したかのように、案外頭の良い方だと感心しておりましたのよ。ただ勝則があんなに人を憎むことがあったかしら。立場があるからおかしなことはしないとおもいますけど」と。
信枝は「どうか穏便に離縁してください」とビビり気味

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/19(土) 08:40:05 ID:IRQc6Fkm
北海道
末永が旅館の真知子に
「真知子さん、後宮が明日戻るって。電報が」
「明日」
「よかったな。真知子さん。もう後戻りは。。ナシだぞ。とにかく明日だ」と春樹の思いを知っている末永は真知子に言う。真知子は明日いよいよ春樹に会えるのだと思うと胸をはずませ、星空をながめる。
つづく

こんなカンジですかね。とても詳細にはかけませんね

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/19(土) 08:42:12 ID:fMWZCdcq
7月28日(101回)
前あらすじスレで、どなたか書いていらしたように記憶しているのですが、
ご確認よろしくお願いします。一応簡潔に書きます。

新世代編集部で、せっかくの就職だが、辞退したいと言う春樹。この就職の
話は、実は勝則からの口利きであったと、編集長から知らされる。
 下宿へ戻ると、加瀬田修三が蘭子たちへ金を届けるために来ていた。
修三と共に、「あや」へ行くと、いつかの記憶喪失の男が・・・。綾が、
男の名は、美村礼二、真珠店の店主だったと言う。蘭子の夫であることに気がつき、
そのことを礼二と綾に話す修三。

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/19(土) 08:50:25 ID:fMWZCdcq
7月29日(102回)
あらすじ2スレで、ちょっと書きましたが、この日は録画失敗。記憶だけで
書きますので、違っていたら、ごめんなさい。

 徳枝と永橋夫人が、応接間で、自分たちの娘時代のことや、自分たちの姑の
ことを話している。(個人的なことというより、時代背景というかんじだったと
思います)
春樹の下宿に姉の悠起枝が来る。
春樹は、自分がここにいることで、大切な人(真知子)に迷惑がかかる。彼女の
幸せを祈って、遠くへ行く、と姉に告げる。姉は、自分を頼りにしてくれる弟が
いることがうれしい。自分も春樹が必要なの。だから、どこへ行っても必ず
戻ってくるって約束して・・・と、春樹への思いを伝える。悠起枝の心情に心を
打たれる春樹。
        という感じだったと思います。

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/19(土) 09:01:54 ID:fMWZCdcq
7月31日(103回)
仕事が一段落した勝則が、家に帰ってくる。新世代編集長の津野が、返却してきた
春樹の履歴書を勝則に渡す真知子。自分が春樹を追い詰めたのかも、という勝則に、
辞職した部下の心配した、あなたのやさしさですわ、と言う真知子。
 仕事の部下たちを、家に呼んでもてなすことにした徳枝。やがて、部下たちがやってくる。
「(子供は)どちらがお望みですか」と聞く部下に「そりゃあ男の子に越したことは
ございませんわ」と、徳枝。「僕は女の子が」と勝則。徳枝に気を使って(?)
「私は男の子が」と言う真知子。
 そこへ、佐渡から、勘治伯父が、たくさんの干物を持ってやってくる。

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/19(土) 09:13:30 ID:fMWZCdcq
8月1日(104回)
部下たちが帰った、浜口家居間で、徳枝、勝則、真知子、勘治が話している。
食料を届けてもらったことは、ありがたいけれど、裸踊りはやりすぎだった、
悪ふざけにもほどがある、このうちには、それなりのもてなしの仕方がある、
そういう誇りを汚したことを謝ってほしい、と勘治に言う真知子。
「あや」に、礼二と春樹の行方を聞きに梢が来る。記憶喪失の男が美村礼二で
あることを梢に話す綾。
 勝則は真知子に、伊豆へ行かないか、と言う。
 一方春樹は、北へ向かう列車の中にいた。

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/19(土) 09:25:38 ID:fMWZCdcq
8月2日(105回)
 勝則は、 新婚生活は伊豆から始まった、だから、もう一度やり直すために伊豆へ行こうと
真知子を誘う。
 春樹は北へ向かう列車の中で、老人と五歳の女の子と知り合う。同じ列車の中で、
復員兵の男が、饅頭や薬などを高値で売りつけている。男の隙を見て、饅頭を手に取る
女の子。気づいて、女の子をたたく男。男につかみかかる春樹。男に10円を渡す春樹。
じいちゃんに食べさせたかった、と言う女の子の言葉に、「3個で10円だ」と言って、
春樹と女の子にも饅頭を渡す男。戦争から帰ったら、肺炎になっており、高いペニシリンが
買えず死んだ妻の話をする男。悪手をする、春樹と男、柳沢清。

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/19(土) 09:39:16 ID:fMWZCdcq
あっごめん、悪手は、変換ミスです。握手。
8月3日(106回)
 臼井夫人の病気見舞いと、徳枝にうそをついて、伊豆へやってきた勝則と真知子。
旅館の一室で。勝則の後ろを見て真知子が「あっ、お母様!」これは真知子のウソ。
続いて勝則が「おふくろ・・・」さっきのお返し。旅館の仲居が「お母様がお見えに
なりました」・・・「ここじゃないわ。」赤の他人のマチガイ。笑いあう二人。
 里帰りしてくる、あさ。「今、そこに記憶喪失のおじさんがいたよ」
追いかけようとしない蘭子。このまま、夢の中にいたいのだ、と言う。
 浜口家に役所の婦人が来ている。臼井夫人のことに話が及び、臼井夫人が、病気だと
いうのは、ウソだということに気がつく徳枝。
 一方、綾は、礼二を連れて、蘭子の店の前に来る。


23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/19(土) 09:50:44 ID:fMWZCdcq
8月4日(107回)
 蘭子の店の前にいる、綾と礼二を見つけて、梢が駆け寄る。
やがて蘭子が帰ってくる。「こんなとき何て言ったらいい?お帰りなさいって
言いたいけど、あなた、何にも覚えていない・・・お帰りなさい」
「すみません、何も覚えていないんです。あなたのことも自分のことも」
礼二を支えてくれてありがとうございました、と綾に礼を言う蘭子。
「この人、これからもよろしくお願いします。私はこの人と暮らせません。
そんな資格ないんです」
 空襲のとき、千枝子と離れ離れになってしまったことを礼二に謝る蘭子。
家に帰った綾の所に、蘭子がやってくる。
綾「お帰りなさい、って言ったでしょ。ああ、この人本当に待っていたんだな、って。
悔しいけどすごくすてきだった」
立ち去る蘭子。
一方、伊豆では、真知子と勝則がつり橋のところにやってくる。






24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/19(土) 10:15:25 ID:fMWZCdcq
8月5日(108回)は、あらすじ2スレにありましたね。
そちらをご参照ください。
8月6日(109回)
 赤ん坊はあきらめてもらうことになるかも、と医者に言われる徳枝と勝則。
真知子は、お守りを握り締め、苦しそうに夢を見ている。
医者が、待合室に出てきて、徳枝と勝則に告げる。「嫁さんも頑張ったんだが・・・」
 診察室で、目を覚ます真知子。「男の子だったそうだ」勝則がそう言うと
涙を流す真知子。
蘭子の店。夜遅くまで、店を開けたままにしている蘭子。おそらく、夫が来るのを
待っているのだろう・・と察する悠起枝と、梢。
 そこへ、流産の知らせを受けたあさが、どうしていいのかわからないと、
あわててやってくる。
 伊豆の診療所では、ペッドの真知子が、徳枝に、今回の不注意を謝っている。
医者に呼ばれた徳枝は、診察室に行く。「何ですって。今おっしゃったことは
ホントに・・・?」診察室から廊下に出て、庭を眺める徳枝。無表情の中で、
少しだけ笑ったような・・・。

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/19(土) 10:30:41 ID:fMWZCdcq
またまたごめんなさい、109回は、8月7日ですね。
8月8日(110回)
病院の廊下にいる徳枝のところに勝則が来る。
真知子が伊豆で死のうとしたことを、徳枝に話す勝則。「だから僕ら、伊豆で
やり直そうって」「でも、真知子さん、そのとき、伊豆へは一人で行ったのかしら」
意味がわからず、けげんな表情の勝則。
真知子は、もう子供は産めないと、医者から告げられたことを勝則に言う徳枝。
 やがて、急を聞いた綾が、やってくる。
 まだ回復しない真知子のそばで、早く仕事に戻るようにと言う徳枝。
旅館の勝則の部屋に綾がやってくる。お母さんと、別れて住むのがいいのではないか、
と勝則に提案する綾。廊下で、その話を聞いている徳枝。

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/19(土) 10:42:24 ID:fMWZCdcq
8月9日(111回)
診察室、真知子のベッドの横に徳枝が来ている。しばらく佐渡へ戻ったらどうかと
言う。「もう、赤ちゃんは無理なの、もう産めないのよ」
旅館に佐渡から信枝伯母が来ている。そこへ、ふらふらと病室を抜け出してきた
真知子が入ってきて倒れる。
 医者の診察を受け、やがて気がついた真知子は、勝則と二人で話がしたいという。
 真知子と話をした後、勝則が徳枝たちのいるところへ来る。「僕たちと別居して
ください」真知子が自殺しようとしたとき、伊豆で、そばに後宮春樹がいたことを
口にする徳枝。勝則「後宮が?」「知らなかったでしょ?」うなだれる勝則。

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/19(土) 10:50:18 ID:fMWZCdcq
8月10日(112回)
 自殺未遂のとき、伊豆に後宮春樹がいたことを聞いて、激怒する勝則。
「ちくしょう、みんなして、人をだましやがって!」
いきさつを話そうとする綾と信枝だが、勝則は聞く耳をもたない。
勝則は、真知子の寝ているところに来て、問い詰める。「おなかの子は、本当に
俺の・・・?」「もう答えたくありません」
 一週間後、真知子は回復する。東京へ戻った綾と真知子。綾は、小料理屋「あや」
を閉店にする。
 そして、10ヵ月後、綾は、料亭かすがで、働いている。真知子は、家で、洋裁の
仕事をしている。

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/19(土) 11:06:38 ID:fMWZCdcq
8月11日(113回)
料亭かすがに、信枝が綾を尋ねてやってくる。はじめは冷たく裏へ回るように
言う女将だったが、佐渡で取れた、たくさんの食料を持ってきてくれたことを知ると、
急に丁寧な扱いをする。
 綾と真知子の住むアパートへ来た信枝。真知子に、離婚のことをそろそろきっちり
したほうがいいのではないかという信枝。
 一方、浜口家。徳枝が、勝則にお見合い写真をわたす。初めて真知子に会ったとき、
この女をずっと守っていきたいと思った。でも、守り通せなかったのは、自分に弱い
部分があったから。「それは何なの?」「母さんです」苦しそうな表情の勝則。
 綾のところへ、本間定彦がやってくる。天天教の教祖がドロンしていまい、
今は、保険の外交をしているという。「あや」の店にとどいていた葉書を
綾に渡す。
 綾が、アパートに戻ると、電気もつけず、真知子が座っている。
今度、洋裁学校のドレスメーキング(ドレメ)の人たちを雇うことになって、真知子は
クビになったのだという。「私なんかもうだめ」と暗い真知子に、どうして
洋裁学校にでも行くなりの努力をしないのか、と綾は泣きながら、叱る。
「一生懸命生きてると、この人に顔向けできるか?自分の人生、恨んだり、悔やんだり
する前にすること、あるんじゃないか」
後宮春樹からの葉書を見せる綾。
 場面変わって、浜口家の門の前にやってくる真知子。

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/19(土) 11:14:41 ID:fMWZCdcq
8月12日(114回)
 朝、勝則の出勤前に浜口家を訪れた真知子。「あなたに離婚の催促をされる
いわれはありません」追い返される真知子。
真知子は、勝則の役所に電話して、話す時間を作ってほしいという。今夜、家に
来てほしいという勝則。しかし、家に行くと、また、冷たく徳枝に追い返されてします。
 真知子は、蘭子の店を訪れる。春樹のことを教えてほしい、と。
 帰り際、送ってきた春樹の姉に、「今度はあなた自身で、春樹のこと、確かめて。
春樹のこと、知りたかったら自分から飛び込んでいく勇気だっているんじゃないの」
女だって、自分の意思で自分の人生、決めてもいいんじゃないかしら、と言う悠起枝の
言葉に打たれた真知子は、北へ向かう夜汽車の中にいた。

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/19(土) 11:18:45 ID:fMWZCdcq
8月14日、15日は、あらすじ2スレに、
16日17日は、>>2
18日>>14
19日>>15


31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/19(土) 23:52:51 ID:sQAh5r0F
ID:fMWZCdcqさん乙かれでした。
最後のまとめがあると見やすくていいですね。

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/20(日) 06:58:09 ID:1uZvQRMM
>>31
お前がここに来てたら住み分けになってないだろ
あらすじスレ2に帰れよ

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/20(日) 20:03:28 ID:fZtMPAoq
>>30
これだけ書けるなんてすごいね。
まとまってるし、読みごたえあった。
>>32
そうだよね。
ID:sQAh5r0Fはこっちに来ないでほしい。
クレクレ厨とともにあらすじ2に籠っててくれるとありがたいね。


34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/21(月) 00:23:48 ID:zn2UNLnq
ID:1uZvQRMMID:fZtMPAoqあなた達は電波スレで篭っていなさい。
自スレだけで暴れているだけでは我慢できず、ここまで荒らすんですか?

みっともなくて醜い人。

あのスレをみればあらすじスレ2を荒らしていたのも、
ここでも争いレスをまいているもあそこの住人だとわかりますよ?

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/21(月) 00:25:04 ID:zn2UNLnq
いえ…、ID:1uZvQRMM=ID:fZtMPAoqですね。
この荒らしは1年以上前からこの調子です。
粘着荒らしなのであらすじを書いてる人はスルーして下さいよ?

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/21(月) 01:18:55 ID:QKY3PAFV
>>34
こいつのこの低脳なレスみたら、こんなやつが立てたスレに書き込もうとは思わないのが通常だよね。
せっかく簡潔wあらすじを書こうと思った新参者も、こんな自分が低レベルのどうしようもない物体なのに
他の少なくともレベルはものすごく上の人間に、哀れな意味不明なファビョったカキコで形だけかっこつけ
る駄目駄目人間の姿を見て、苦笑を禁じえないと思う。
遅くないので、この>>1のごみをさげすんで、二度をかきこまないようにすればこれ以上恥をかかなくてす
むよw

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/21(月) 08:26:52 ID:KBRe4o+L
21日
駅で春樹を待つ真知子。春樹がどんな顔をするのか不安と期待でいっぱいの真知子。
ユミがきて「ユミが春樹のお嫁さんになるんだ。東京に旦那さんがいるんだろ。東京に帰りなよ」「あの方にお会いしてから。それからね」「東京の旦那さんに殺されるよ」「かまわないわ」と覚悟を決めている真知子。
春樹がつく。「おかえり春樹」「やあ。ユミ」そこへ真知子が。驚く春樹。「真知子さん」「お久しぶりです.....きてしまいました」
見つめ合う2人だったがユミが春樹の手をとる。

ユミの馬車に2人乗る。「北海道は初めてですか?長旅疲れたでしょう?」「でも風景も綺麗で楽しかったですわ。それに少しずつおそばに近づいているかと思うと。」無言、春樹。
「ユミ、美幌はどこを案内したらいいかな?」真知子と会ってから、テンションがちがう春樹に
ユミが「春樹、おかしいよ、ユミの顔さっきから一度もみてくれてないよっっユミも春樹をずっと待ってたんだよ」と。
気まずい空気のまま末永牧場。
末永夫人、末永、松吉、ユミ、サブロー、真知子、春樹を囲み食卓で話をする。
話は春樹の報告から末永たちの結婚のきっかけに。和気あいあいとした雰囲気に真知子、うれしげ。


38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/21(月) 08:41:53 ID:KBRe4o+L
時間になったのか、牛乳缶を運びに牛舎にいく真知子。松吉「今日はもういいよ」ユミ「ちょっと手伝ったからってエラそうに」と。真知子が独りで運んでいるのを春樹が手伝う。
「手伝ってくれていたんだって?こうやって運ぶといいよ」と持ち方を教える。

末永家。末永夫人と話す真知子。実は春樹とはこんなに長く向き合うのは初めてだと緊張気味。別部屋では春樹と末永が札幌の件をうまくいきそうだと話していた。「その件は後で。はなすことあるんだろ?四日も待ってたんだ」真知子をみる春樹。
夜。庭先で春樹と真知子。「いい方たちばかりですわね」「ええ、僕もきたわれました。少しは強くなったかな」「ええ」笑う真知子。
「東京はどうですか?」「綾さんはかすがというお店で働いていて蘭子さんは旦那さんにお会いしたんですけど、結局また会えず。
初めてお姉さんにお会いしましたわ」と話す真知子。「姉に?」「ええ優しい方でした。」「姉は優しすぎてひとに気を使うところがあるんです。」
「東京は女の人の方が元気みたい。それに私も働いていたんですよ。内職でしたけど、アパートに布を広げて、裁縫を、、」と話す真知子に春樹は「仕事?アパート?」と驚く。
2人で夜空を見つめる。
あんな別れ方をしたのに、自然に真知子を受け入れて何故きたんだ、なにがあったんだ、と聞いてこない春樹に優しさを感じた真知子であった。
つづく

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/21(月) 14:00:04 ID:IeeXL7cB
H.18 8月21日(月)
連続テレビ小説 君の名は 第三部 旅立ち・北海道編 第121回 A続型
原作:菊田一夫
脚本:横光晃 星川泰子
音楽:池辺晋一郎 演奏:東京コンサーツ
題字:篠田桃紅 | 考証:松平誠 考証協力:天野隆子
アイヌ民俗関連監修:萱野茂 所作指導:鈴木宗卓
方言指導:佐渡稔 山中篤 西國成男
語り:八千草薫

 出 演
浜口真知子:鈴木京香
後宮春樹:倉田てつを
ユミ:松永麗子
牧子:塚田きよみ 三郎:土門廣
駅員:丸谷小一郎 | 鳳プロ

末永:村田雄浩
松吉:高品格

制作:石井愼
美術:藤井俊樹 技術:沖中正悦 音響効果:太田岳二
撮影:安田熙男 照明:大地祥嗣 音声:坂野伊和男 記録編集:田中美砂
演出:宮沢俊樹

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/21(月) 23:58:21 ID:rgNhcLFP
かつてiconに実名を暴露された駒崎が滋賀県に実在する医療関係者の実名と
その医療機関を明らかにし、名指しで、この医療関係者=icon だと断定した。
そのうえ医療関係者を「盗撮好き」「風俗大好き」だと誹謗中傷三昧を開始。
過去に自分の実名を暴かれた駒崎にとっては最大の報復だったのだろう。

しかし事実誤認が判明。実名違いは、実在する医療関係者に対する責任問題
になってしまった。しかし駒崎は謝罪や誹謗中傷した経緯の説明もせず
「断定ではなく推論だ」と言い出し責任逃れを始めた。
新たな局面を迎えた「天花スレ」で必死な言い訳が続く(本文には●●の実名・職業掲載)
   ↓
2006/07/13(木)
「iconの本名は●●か?」「当該の●●のアドレスはかつて夢先案内人Σ(iconのソープ板のHN)のものだった。」
 http://bubble4.2ch.net/test/read.cgi/natsudora/1134639625/736
 http://bubble4.2ch.net/test/read.cgi/natsudora/1155365255/4
と医療関係者を中傷開始。
   ↓
2006/08/07(月)
「その実名暴露爆弾レスが炸裂したときは、●●のサイトは健在だった。」
「そこには、iconの、キャッチフレーズ 健康がわたしの願いです と自筆署名入り
 御真影まであった。共産党の志位委員長をちょっといやらしくしたような感じだ。」
「答は一つ。この●●が、このサイトの常連だったからである。」
「この常連の●●がiconであることになる。」
 http://bubble4.2ch.net/test/read.cgi/natsudora/1134639625/851
 http://bubble4.2ch.net/test/read.cgi/natsudora/1155365255/7
と完全に 断定 している。
   ↓
2006/08/21(月)
「あくまでも 推論 だろ。」
 http://bubble4.2ch.net/test/read.cgi/natsudora/1134639625/947
 http://bubble4.2ch.net/test/read.cgi/natsudora/1155365255/41
と事の重大さにやっと気付き逃亡を開始w。


41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/22(火) 11:28:12 ID:/l/HzB+3
8月22日(火曜)

夜、旅館に真知子を送ってきた春樹。
「ご迷惑だったでしょうね」「迷惑?」
「こんなところまで突然追いかけてきて・・・・・・・」
「真知子さん」「私の至らなさのせいで、貴方の人生を随分狂わせてしまった・・・・」
「そんな風に思ったことは一度も・・・」
真知子を見つめる春樹。
「真知子さん、貴方が浜口さんに嫁ぐ前の晩、僕が言った事を覚えていますか?」
「ええ」「あの頃から僕の気持ちは何ひとつ変わっては居ませんよ」
「明日、大きな北海道を観に行きましょう」そう言って別れる。
旅館の部屋で1人、真知子。嫁ぐ前の日の春樹の言葉を思い出す。
「真知子さん、これから先、何があっても僕は貴方を守ります。あなたの為なら命を捨てます。
そう思える人に出会えた事を嬉しく思います」それを思い出し、涙ぐむ真知子。

浜口家。徳枝が勝則の世話を焼いている。勝則、不服そう。
「まだ真知子さんのことを考えてるんですか?」「貴方の願いどおり、嫁を追い出せましたよ」
「あんな男のもとに走った女の子とをまだ思ってるんですか?」
「母さんは本当に真知子が不貞を働いたと思ってるんですか? 僕らが1年近くもほっておいたから、
真知子は後宮のところにいったんでしょう・・・・。飼ってたコジカに、噛まれたような気分ですよ。
僕が自分でわなを仕掛けて、そして自分で苦しんでいる・・・・」と勝則、苦悩。

場所変わって、志摩。久しぶりの加世田修造。ブローカーとともに金を受け取るが、
砂糖の密輸に関わるが仕事を今度限りで辞めたいと伝える。そうか、とユキエの相手でもある水島(?)
は納得したようだが、妖しげな部下達を呼び、修造の旅館にいく。



42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/22(火) 11:30:13 ID:/l/HzB+3
蘭子の店。ゆきえと蘭子が話をしている。思い出話になり、レイジのことをまだ吹っ切ってないという蘭子。
千枝子のことに話題がでると、ゴローが「千枝子って子なら知ってるよ。大人の人が千枝子に会いたいっていう人がいたからあわせるって
いってたよ」といい、春樹とともに千枝子を探した日のことを思い出す。

北海道。朝。春樹が何かの作業をしてる。そこに末永。
「後宮、今日はいいから、真知子さんのところにいってやれ」
春樹が、真知子に会いに着替えて支度をしようとするとユミが出てくる。
「あの女のところにいくのか?!いっちゃやだ!」ユミ、春樹の手を離そうとしない。
険しい表情の春樹。


つづく


43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/22(火) 14:32:44 ID:0VYNR+4i
詳しいあらすじの線引きがはっきりしてないですね。
>>2-30はここでいいと思います。

>見忘れた、見損ねた、録画失敗した人で、長文、台詞入りの詳細あらすじを好まない方は、
>こちらで要望、依頼してください。

>あらすじを書いていただける方へ
>簡潔にまとめたあらすじはこちらでお願いします。
>「詳細なあらすじを書く人と詳細なあらすじを読みたい人」により立ったスレはこちら。
>NHK朝ドラ再放送 あらすじスレ2
>http://bubble4.2ch.net/test/read.cgi/natsudora/1154179681/

ID:QKY3PAFVは話にでている>>34-35
電波板のスレで日々、暴れている方ですよね。
誰もあなたを相手にしてないことに気がついたらいいのに。
ネットでしか暴れられないヘタレの一番のゴミクズの荒らしさん。

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/22(火) 14:34:17 ID:0VYNR+4i
転載しておきますね。
それぐらい長文で台詞も細かくあるならあらすじスレ2が妥当だと思います。

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/22(火) 16:31:41 ID:4dqdfBRQ
H.18 8月21日(月)
連続テレビ小説 君の名は 第三部 旅立ち・北海道編 第122回 A続型

浜口真知子:鈴木京香
後宮春樹:倉田てつを
浜口勝則:布施博
石上梢:河合美智子 あさ:伊藤嘉奈子

後宮悠起枝:田中好子
松吉:高品格
末永:村田雄浩
ユミ:松永麗子 三郎:土門廣
長島:鶴田忍 女将:八月薫子
ゴロー:八百坂圭祐 千枝子:小川京子
若い男:西川亘 | 稲川素子事務所 鳳プロ

浜口徳枝:加藤治子
加瀬田修造:橋爪功
美村蘭子:佐藤友美
小野瀬綾:いしだあゆみ

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/22(火) 16:59:44 ID:/l/HzB+3
>>43、44さんへ
ごめんなさいね。41と42です。
まだまだ、かなりはしょってますよ。特に修造の所とかね。
末永や綾のセリフなんかも殆ど書いてないし。

ちなみにあっちのスレに一度書いて、
もっともっとと言われて荒れてしまっていたのでこっちに書いたんですよ。

出来ればこちらは荒らしてほしくないと思っているのですけど?



47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/22(火) 17:22:21 ID:bt0cFSXV
立て直しましたから、こっちに移動しませんか?

NHK朝の連続テレビ小説(再)あらすじスレッド
http://yy25.60.kg/test/read.cgi/nanashisan774/1156231921/

2ch外の掲示板ですが、2chと同様に専ブラで見られます。
もちろんIEでも携帯でも見られますよ。

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/22(火) 19:55:32 ID:OfFVXBhm
もう詳細スレはなくなってもいい。向こうのためにこちらを利用しないでほしい。
転写もしないでほしい。書きたい人が書き手の判断で自由に書く。それでいいじゃん。

>>47 今さらなんですか?新しい詳細スレ?

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/22(火) 21:48:02 ID:bt0cFSXV
今更何しに詳細スレですか
このスレの避難所ですよ
荒らし避けには2ch外に避難所を置くのが最善策ですからね

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/22(火) 23:20:44 ID:nSDtlN0E
>>46
無責任な人ですね。
ちゃんと詳細スレに書いて下さい。
依頼もたまってますよ。お早目にお願いします。


51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/23(水) 00:01:18 ID:0VYNR+4i
>>46
丁寧なレスありがとうございます。
あらすじスレ2でお待ちしていますね。

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/23(水) 08:53:17 ID:MI/NbXyT
23日(水)
あの女のところに行くな、行ったら自分のところに戻ってこなくなるとユミ。しかしそれをふりきって旅館にいる真知子のとこに向かう春樹。
旅館にいき、対峙する真知子と春樹。真知子は、今までの経緯を話し、浜口家に戻らない、東京にかえって離婚成立を待つと伝える。春樹も真知子を忘れることができなかった、だが2人の気持ちが固まれば、先はある、と真知子と共にいつか一緒になることを決意。抱き合う2人
旅館を出て美幌峠に向かう。定彦が北海道につき、2人をみつける。
山に向かう真知子と春樹を馬で追いかけるユミ。それをおう三郎。
春樹と真知子の元につき「真知子、殺してやる」と激しく真知子に襲いかかる。止めようとする春樹と三郎。足を踏み外してしまうユミと三郎が、転がりおちてしまう。

つづく

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/23(水) 13:10:17 ID:ChPy1+pS
H.18 8月23日(水)
連続テレビ小説 君の名は 第三部 旅立ち・北海道編 第123回 B続型
浜口真知子:鈴木京香
後宮春樹:倉田てつを
ユミ:松永麗子 三郎:土門廣
篠山ヤエ:中村美代子 宿の女将:関悦子

本間定彦:古館伊知郎
松吉:高品格

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/23(水) 20:15:18 ID:OlHIqqdG
本当の荒らしが暴れていた時は何もしなくてそれほど荒れなくなってから避難所って・・・
外部サイトを設けるのは自分の思い通りにしたいから?
IPや出所を調べるつもりで?自分管理だと色々出来るし。

あらすじ本スレが荒れたのはもっともっとといわれたからでしょうか?
それもあるかもしれない、けど、変な荒らしがきて荒らしていたことが大きいと思う。
最大原因の荒らしがいなかったような発言、わかっているのに
そ知らぬふりをしている発言内容を怪訝に思います。

ここは簡潔あらすじスレだし、使い分けのルールは守るのがいいと思います。
アンチはアンチスレでというルールを守らないために荒れるスレって多いです。
電波板の荒らしの隔離スレを見ているとわかることって多い。
汚い男言葉で罵る電波板の隔離スレ荒らし住人に、
ここで文句を全く言わない第三者っていったい誰でしょうかw

荒らしについて正しく書いている人について文句を言うわりに綻びが見えます。

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/23(水) 21:12:50 ID:3YD8BG/5
http://makimo.to/2ch/bubble4_natsudora/1121/1121096050.html
27 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 2005/07/15(金) 02:47:22 ID:uCXT0BDM
何かまだ荒らしに荒らされてますね。
同じ朝ドラ再放送組みでも前のええにょぼの時と大違いで驚いています。
きっとええにょぼスレの住人ではなかった人が荒らしてるんでしょうね。
突発的に使い捨てコテを使うのも荒らしのパターンみたいですし
前スレでも気色悪い歴史の人物みたいなコテつけてた人いましたよね。
>>4で既出のコテはええにょぼスレにいなかったじゃないですか。
いけずがテーマみたいになると同類のおかしな方々を引き寄せてしまう
ようで残念でなりません。


28 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 2005/07/15(金) 07:30:25 ID:C1W8YSKH
ええにょぼの時は、こんなに細かい台詞や当たり前のことを
しつこく訊いてくる人や長文で語る人はいなかったと思う。
又、それを指摘されていちいちキレる人もいなかった。

ファイトはさっさと見るの止めたからスレ見てないけど
その前のwkbやtnkは大荒れだったよね。
ドラマがグダグダだとスレもグダグダになるんじゃない?

そんな事してる間に、舞ちゃんと徹次ケコーンしちゃったよ。

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/23(水) 21:14:17 ID:3YD8BG/5
29 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 2005/07/15(金) 10:11:33 ID:uCXT0BDM

>>28
ええにょぼ住人だったけど粗筋聞いてくる人や不明点を聞いてる人はいたよ。
答えがなかったことで催促する人もいたし
それはそれでどうしても知りたいのだろうと思って見てた。
ここのスレはそれをすると叩く粘着がいるけど。
最初のスレの粗筋騒動でわかる通り、粗筋聞くことに過剰に
反応する変な人はいなかったから実に平和だった。
だってもう完全におかしかったでしょ?
粗筋聞くな、録画は15分余計にしておくべきだってビックリしちゃったよ。
長文は粗筋で教えてあげてる人は長文になったてたね。
粗筋も要約じゃなく台詞形式でそのまま教えていた人もいたし・・・
ここだったらいちいちこんなことでも叩く粘着荒らしがいるでしょ。
やっぱり、住人の荒らしとの割合と雰囲気だね。
ええにょぼはこのスレみたいに暴れて叩き粘着が許されない雰囲気もあった。
指摘されてキレてる人なんかいないでしょ?どこから思うの?
違う人なのに荒らしに粘着された人が怒っただけだと思ってた。
違うIDの人でもないことをあるって書き込んでいて不思議に思うんだけど。
あなたが指摘したと見せかけて荒らしてた人じゃないよね?
ファイトスレも以前は見てたけど前スレと同程度の長文やり取りあったよ。
でもいちいち叩く粘着荒らしはいなかったしね。

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/23(水) 21:18:13 ID:3YD8BG/5
144 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 2005/07/16(土) 01:30:29 ID:94utDo84
本日の纏め

84mZpcUi→>>43から>>104まで
延々と28レス消費
立派なキチ荒らし

やっぱ朝ドラに尋常じゃない位執着してるのって
オウ゛ァが多いんだな
だから普通なら恥ずかしくてやらない
感想文を延々展開するなんて
ボケたことをしだすのか
挙げ句の連レス

やれやれ


146 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 2005/07/16(土) 08:53:10 ID:P7W3ySKr
誰がどうみても昨日の荒らしは

ID:b40z0rBS= ID:84mZpcUi=ID:dEaIKBpA= ID:asrfYrBk=ID:A3KyaowX=ID:UUdFjheyだよな・・・・・

自分がIDを変えて自演しておきながら、他人を自演扱いする・・・・・
誰がみてもわかることだが
ID:b40z0rBS= ID:84mZpcUi=ID:dEaIKBpA= ID:asrfYrBk=ID:A3KyaowX=ID:UUdFjhey以外は
IDが交互にでてきたりするので、自演でないことはあきらかなのに
IDを「また戻したようですね。」なんて言い出すしまつ・・・・・

自分で自分の基地外ぶりを晒すこともあるまいに・・・・

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/23(水) 21:25:37 ID:3YD8BG/5
294 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 2005/07/17(日) 21:16:28 ID:xGk7T92J
手間取っていましたが、やっと専用ブラウザで取得出来ました。
これでNGあぼーん出来ます。
ID:opfJPH0SはNGにいれないことにします。
前スレの話は、スレを読んでみないとわからないですね。
間違うこともあるでしょうし。

NGID推奨
ID:MH6DK6ju
このIDの荒らしはストーカーでかなりの妄想癖を持っていますね。
くれぐれも断定してる書き込みに惑わされないようにして下さい。

ID:ntR0TQox、ID:BsuNBr/9
ID:o/A9Lzun
ID:lf9bwHml
ID:opfJPH0S
ID:X59YIDP/
ID:vOliG2wt
ID:xSLYrndx


295 名前: ↑これがこのスレに巣食う有名な粘着荒らしです 2005/07/17(日) 21:17:55 ID:MH6DK6ju
※はじめてこのスレをのぞいた人はびっくりしていると思います。
 明日になればIDは変わりますが、文体やコピペのしかたをみれば
 すぐにこいつだとわかると思いますので、レスを返したりしないよう
 注意してください。

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/23(水) 21:50:19 ID:r1cGIkFV
なに、ごちゃごちゃぬかしとんじゃ、ごみどもが
キチガイがえらそうに書き込んでんじゃねえぞ、こら
糞スレいくつも立ててなに考えとんじゃ、くらあ 

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/23(水) 22:05:58 ID:3Sa6HgDZ
なんかこのスレに張り付いてる人とそっくりだね、そのコピペの人。
しつこいクレクレ厨だったり連投が大好きだったり
根拠もなく他人を荒らし呼ばわりしたり等号厨だったり。

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/23(水) 22:16:10 ID:DzlHEy2J
>>54
あなた、詳細あらすじスレを仕切っている人でしょ?
荒らしはスルーとか言いながら、荒らしに文句を言わない人に
不平を並べるのもどうかと思うよ。
建設的な批判も受け付けないタイプに見えるけど(違ってたらごめん)
もう少し大人になった方がいいと思う。
それができなかったら、本スレやここに来ないで、自分が仕切っているスレに
帰ってください。



62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/24(木) 11:40:54 ID:aOK48NG8
24日(木)
ユミは病院のベッドで寝ている。たいした怪我はないが絶対安静で、暫くは歩けないだろうとのこと。
サブロウの怪我はそうでもない。春樹とサブロウ、それに真知子がユミを見守る。
松吉、末永の妻もかけつける。「大丈夫か?!」心配そうに見守るが「怪我は誰のせいでもない」と松吉。
ユミとサブローが汚してしまったので痛手の末永牧場。手が足りない。
真知子は夜行で帰る予定だったが、こうなってしまったのも、自分達のせいだといい、真知子はユミの看病をする為に暫く残ることに。

東京では、勝則が定彦の電報の報告に、「こんな報告か」と不満げ。
徳枝の「まだあの女に未練があるのか?」という言葉を振り切り、
自分の目で自分の失ったものを確かめてみる、と北海道に行くことを決意。
また、定彦に続き、佐渡の信枝も北海道に向かっている。

綾の店では悠起枝が自分の働き口がないか、綾に相談に来る。蘭子の店の売上も芳しくない。
昼も夜も働くという悠起枝に綾は「再婚したらどうか」と言うが、私なんて、と戸惑う悠起枝。

北海道。サブローは真知子と春樹を見て
「おにあいだよ。真知子さんも春樹を忘れられなかったんだろうな。俺もユミを待つ事にしたよ」と。
病室では看病していた真知子が目覚めたユミに声をかけるが、
ユミが「真知子なんか東京に帰れ」と冷たくあたり、淋しげに思いつめていた。





63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/24(木) 15:10:17 ID:mSvPhMCY
>>62
ありがとうございます。
>>54
>荒らしについて正しく書いている人について文句を言うわりに綻びが見えます。

ここは荒らしについて語るスレではありませんし、
グダグダと荒らしについて正しく書いてる人など不要です。

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/24(木) 18:39:57 ID:ogu4FKZ5
荒らしは過去スレまで粘着して、コピペしている人物、そうID:3YD8BG/5です。
その後IDを変えてるので戻れないでしょう。
ID:3Sa6HgDZ
ID:DzlHEy2J

あすか時代から荒らしている哀れな人で進歩がないからどうしようもないのでしょうけど。

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/24(木) 18:41:27 ID:ogu4FKZ5
>>63
ID:mSvPhMCY
なぜ関係のない過去スレのコピペには何も言わないのですか?
あなたがそのコピペ荒らしだからではないですか。
わかりやすすぎ。

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/24(木) 18:46:47 ID:ogu4FKZ5
ID:3YD8BG/5の中の人、コピペ荒らしもうやめて下さいね。
あなたが本スレから出てこなければいいだけなのです。
あなたが本スレの住人であらすじスレの荒らしなのは知っていますけど、迷惑なんですよ。
ID変えて自己擁護するのもやめてくださいね。呆れてしまうから。

あなたの並外れた粘着性は「2005/07/15(金)」という1年以上の前の
スレのレスを持ってきてしまうところに集約されていますよ。
周囲がそれをおかしく思わないと思って自演でレスをつけるところも惨めですね。

あなたがどう自演しようがわかりやすすぎて晒し者になっていることに気がついた方がいいかと。

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/24(木) 19:13:42 ID:lu8ajb+J
いつまでも粘着されるのと
私1人にリモホ見えるけど快適なの、どっちがいい?
別に他人のリモホなんかにゃ興味ないけど。

NHK朝の連続テレビ小説(再)あらすじスレッド
http://yy25.60.kg/test/read.cgi/nanashisan774/1156231921/


あとで前のあらすじスレにうpされたあらすじもまとめとくよ。

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/24(木) 19:42:17 ID:mSvPhMCY
>>65
>なぜ関係のない過去スレのコピペには何も言わないのですか?

荒らしはスルーだからですよ。
あなたもいちいち荒らしの相手するのやめたらどうですか。
コピぺ荒らしにマジレスして馬鹿みたい>>66


69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/24(木) 20:08:35 ID:pGRPr97d
はいはい、このスレ終了、駄目人間が立てたスレだから当然だなwwwwww

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/24(木) 23:50:52 ID:ogu4FKZ5
>>68
ID:3YD8BG/5の中の人を荒らしという認識だったんですね。
黙っているのでどういう風に受け取っているのかわかりませんでした。
マジレス控えます。

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/25(金) 01:34:28 ID:/2QoUzZ8
フシアナさんって皆さんご存知だと思います。
有名なトラップとして、初心者を騙してIPを晒させることに使われたり、
個人がホストを出すために使います。フシアナさんをするのを嫌がる人は今も多い。
個人の掲示板は、見るだけでも管理者に多くの情報を与えます。管理者が善意のみで成り立つ人ならいいですね。
スキルがあればできることは様々。そしてあらすじ詳細用スレ、あらすじ簡潔用スレがあるのに
今更他所に個人掲示板を立ち上げるその意図って何でしょうか…?
{参照}
IP(確認くんでわかる情報全て) アクセス解析、どのページからきた等。

粘着って誰のことでしょう?
一番の粘着者が何もわかってないと思います。
あらすじスレ、本スレでも遠い過去レスをベタベタ粘着気質を発揮してコピペ、
詳細あらすじを書いた人が褒められたら嫉妬して嫌がらせをしたり、嫌味なレスをつけて、
詳細あらすじを書きづらくする環境を作った張本人。
このスレが立った時も、あらすじ2スレが立った時もマイナスな感情を込めてレスをつけていた人。

もう潮時だと思います。醜い行動はやめてくださいね。
いい年をした人なんでしょうに。

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/25(金) 13:17:17 ID:fJssudOm
>>71
粘着キチガイはけーーーーーーーーーーーーーーーーんwww

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/25(金) 14:22:31 ID:36pRT/Pm
今日のあらすじ
ユミ、あいかわらず真知子をきらう。
定彦、末永牧場に行く、旅館でも真知子と会う、話す。
ユミの看病する真知子。

おわり

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/25(金) 14:37:43 ID:dYubr04K
>73
長すぎます
ここは簡潔あらすじスレですよ
では私がお手本を見せます。

「今日も末永牧場はイモだった。」

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/25(金) 18:16:02 ID:KYI3YTxa
>>74
長すぎます
ここは簡潔あらすじスレですよw
お手本
「おわり。」

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/25(金) 23:47:11 ID:9ul77kgQ
ID:XzHM+Wicあらすじスレ2まで荒らしてここでも荒らし?
あのね、あなたが暴れると皆引いてしまうわけです。
自分が立てた2ちゃんじゃない場所に皆を引きずり込もうと荒らすって
最低最悪の行為じゃありません?

何があなたをそこまで荒らしと粘着に走らせるのか、
あなたのような性格の持ち主ではない私はわかりかねますが
もっと大人な対応なさって下さい。



77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/26(土) 01:19:55 ID:WJAX3JIE
>>76
あわれなゴミがわざわざ腐った頭の中身を晒しにきたぞ、ごみ、くせえから、消えろや、糞尿wwwwwww

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/26(土) 20:33:43 ID:20zUcs9S
8月26日(126回)
春樹がユミの病室で、「銀河鉄道の夜」を、読んでやっている。

 末永牧場玄関前。「北海道ちゅうところは、もっと涼しいところかと思うとったけど・・・」
汗を拭きながらやってきたのは、佐渡のハンカチ伯母さん信枝。
 伯母は居間に通され、末永、末永の妻、松吉、三郎の昼食時。
伯母「いろいろありましてな、一刻も早う連れて戻らんとなりませんので・・・」
松吉「真知子さんももう子供ではねえんだけどなぁ・・」
三郎「後宮さんもな・・・」
末永「気を悪くしないでください。二人とも、後宮と真知子さんが好きなんで・・・」
牧子「あら、そう?松吉さんと三郎だけでないっしょ?お二人のこと大好きなのは
   牧場のみんななんですよ。」
信枝「私も、鬼みたいな気持ちで二人の仲、裂きにきたわけじゃねぇんだ。
   ただのう、相手側が、自分のことを棚にあげて、人が筋道通さんと、やたら
   面倒なこと言い出す御仁達なんです。真知子さんだってそのこと、よう知っとるはず
   なんだけど・・・」
牧子「真知子さんは、自分を変えるために来たと言ってるんですよ。これから、
   生きていくために・・・」
信枝「どうやら、皆さんにかわいがってもらったみたいで、ありがとうございます。
   連れて帰る前に、もう一度挨拶に来させますから」


79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/26(土) 20:52:38 ID:20zUcs9S
病院、ユミの病室で、春樹が、本の続きを読んでいる。文の一節をユミが繰り返す。
ユミ「『どんなことが一番の幸いなんだろう』ハルキにとって、一番の幸いって
   どんなこと?」
そこへ、真知子がユミの昼食を運んでくる。ユミの前に食事の盆を置いて、ふとんの
上の本を手にとろうとすると、ユミが乱暴に奪い取る。「さわるな!」
春樹「ユミ、どうしてそんな言い方をするんだ?」
ユミ「したって、マチコがハルキの本を勝手に・・・」
春樹「真知子さんにあやまりなさい。・・・これは、ユミにどうしてもわかってもらいたい
   ことのひとつなんだ。ユミは本当はとてもやさしいのに、三郎や真知子さんには
   ときどき、ひどいことを言ったり、間違ったことをしてると思うな・・・」
ユミ「それは・・・それは・・・」
春樹「それは、僕のせいだよね。」「ハルキ・・・」
春樹「僕はね、ユミの怪我が治るまでずうっとここにいるよ。だから、ユミも
   もっと自分を大切にしてほしいんだ。」涙ぐむユミ。
春樹「ユミの優しい心、素直な心をもっと大事に育ててほしいんだ。そのためにも
本くらい、ラクラクと読めるようにならなくちゃね、ユミ」
そこへ、佐渡の伯母と三郎が来る。「真知子さん、迎えにきたよ」
春樹と信枝伯母が、挨拶をする。「実は、真知子さんの結婚式で、一度お会いしてるんですが、
名乗りもせず失礼しました」「いつぞや、伊豆では、真知子の命を助けていただきまして・・・。
こんなのんきなこと、してられせんら。もう、東京では大変なんら。あんたが、
ここにきたこと、勝則さんたちに知られたんだよ。とにかく、早く戻らんと・・・
綾さんも、後宮さんのお姉さんもみんな心配しとるんだから」
真知子「伯母様、あとの話は宿で・・・」
春樹「僕もあとで・・・」
真知子と伯母が、病室を出て行くと、ユミが心配そうに春樹に尋ねる。
「ハルキも帰るのか?」「ユミ、心配しなくてもいい」笑顔で答える春樹。

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/26(土) 21:07:35 ID:20zUcs9S
丸美旅館。定彦が、酔っ払って、信枝にくだをまく。
「角勘の女将ともあろう人が、姪のひとりやふたり、男のところに走ったからって
いちいち・・・」
信枝「人のこと、言えた義理だかの。あんた、昼間っから、酒、くらいこんで」
定彦「ヤエさんの話、面白いもんだから、つい、酒がすすんじゃった。
ヤエさーん。こっち来てよ」
信枝、少々呆れ顔で「なんら、女連れだか?」酒を運んで来るヤエ。
「年増好みだったのんか?」ヤエを見て、信枝が笑い出す。
「私、若い男に目がなくてねえ・・・」ヤエがそう言うと、大笑いする信枝。
そこへ、「ごめんください」と、春樹の声。ヤエが、酔っ払い定彦を連れて、
部屋を出る。
春樹「遅くなりました。三郎がユミの付き添い代わってくれたので・・・。
 お話があります。」
信枝「二人、揃うたところで、聞かせてもらおうかの」

夕日が沈む、北国の空。
酔いつぶれた定彦が眠りこけている。
その隣室の真知子の部屋。真知子と、春樹、伯母が三人で話している。


81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/26(土) 21:16:56 ID:20zUcs9S
信枝「そうか、あんたたち、そこまで覚悟して一緒になるのんか。」
真知子「もう、後戻りはしませんわ。」
春樹「どんなに時間がかかっても待ちます。
   それから、真知子さんが正式に離婚できるまでは、伯母さんたちを
   困らせるような関係には、決してなりません」
真知子「信じてください。東京にもできるだけ早く帰ります。
    ユミさんの怪我がよくなるまで、もう少し時間をください」
信枝「そうか・・・
   後宮さん、もしも、あんた、晴れて真知子と一緒になったとするっちゃ、
   もしもだよ、もし、真知子さんに子供が出来んでも・・・?
   あんた、それでも、約束してくれるんだか?
親代わりの、この伯母に、約束してくれるんだか?」
春樹「お約束します。何があっても真知子さんを責めるようなことだけは・・・
   それだけは、決してしません。」
涙ぐむ真知子。
うれしそうにパンパンと手をたたいて、ヤエを呼ぶ信枝。
信枝「ヤエさん、ヤエさん、乾杯だ。お酒持ってきてくれ。
   いやぁ、今の言葉、伯父さんにも聞かせたかったのう。あの人も、単純だけど
   悪い人じゃないからのう・・・」

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/26(土) 21:19:59 ID:20zUcs9S
佐渡では、伯父が、信枝からの電報を待って、イライラしている。
「真知子がおるのんか、おらせんのか、早う、言うてこいってんだ」

そのころ、勝則は、北へ向かう列車に揺られていた。
捨てきれぬ真知子への愛と、後宮春樹への嫉妬にさいなまれながら・・・。
                     126回おわり。

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/26(土) 21:32:00 ID:Hql3I9JQ
>>78-82さんへ
ありがとうございます。嬉しかったです。これだけ書かれるのは大変でしょう。
大変お疲れ様です。

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/26(土) 22:28:04 ID:R3Cf0zSy
H.18 8月26日(土)
連続テレビ小説 君の名は 第三部 旅立ち・北海道編 第126回 A続型
浜口真知子:鈴木京香
後宮春樹:倉田てつを
浜口勝則:布施博
本間定彦:古舘伊知郎

松吉:高品格
末永保:村田雄浩
ユミ:松永麗子
牧子:塚田きよみ 三郎:土門廣
篠山ヤエ:中村美代子 捨松:中野英雄
   劇団いろは 鳳プロ

角倉信枝:佐々木すみ江
角倉勘次:宍戸錠

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/26(土) 23:59:14 ID:nygVwGbx
>>78-82
それくらい詳しいならあらすじスレ2だよ。
折角ここを立てたのはそれぞれ分別できるようなのに
あらすじ書く人が守れないとどうしようもないんじゃない?
次回から守ってね。

ID:XzHM+WicとID:WJAX3JIEがあらすじスレ2で暴れていたけど
ID:fJssudOmで外部掲示板作った痛い荒らしの人みたいなので。


86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/27(日) 00:09:58 ID:bg/o1mMG
>>85
>>78-82はわかっててやっていると思われ。

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/27(日) 00:29:49 ID:CRayvUro
ID:20zUcs9Sさんがあらすじの本家で、どのあらすじを書いていた
人かなんとなくですがわかります。

今週(正確には先週)ですが、あらすじを台詞がはいったあらすじで読みたいです。

>「詳細なあらすじを書く人と詳細なあらすじを読みたい人」により立ったスレはこちら。
>NHK朝ドラ再放送 あらすじスレ2
>http://bubble4.2ch.net/test/read.cgi/natsudora/1154179681/
こちらで読めることを楽しみにしています。

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/27(日) 19:59:30 ID:VPzIrPbm
8月25日
真知子、病室でユミの看病するも、「真知子なんか嫌いだ」。
春樹は真知子に旅館に休憩に行くようにすすめる。
定彦が、末永牧場にやってくる。「ここは末永牧場ですか?」
対応する松吉、不信ぎみ。「看板が見えなかったのかい?」
春樹がやってきて「やあ、本間さん」。定彦、冷や汗気味。

「実は今度、本社がこの辺を開拓する事になりまして。ここの担当を任せられたんです」
定彦、保険屋の名刺を末永、春樹に見せる。「ちょっと立ち寄ってね」
「そうですか、末永先輩はこの辺に顔が利くから相談するといいですよ」
逆に、末永に融資の件で聞かれ、しどろもどろの定彦。真知子と春樹の寝室が別である事などを
さりげなく見渡したりする。一応、不貞の調査をしつつ。
春樹がユミの病院に戻ることになり、「本間さん、送りますよ」
といって一緒に宿までいくことになる。
宿に帰った定彦は、真知子に会う。真知子、ビックリ。
旅館でここに来たいきさつを話す真知子。
「浜口の家にはもう戻りません。後宮さんにあいにきたんです」
「そんなにはっきりと・・・・」お茶をにごす定彦。
「じゃあ、いづれは一緒になるの?」
「ええ」「これまたハッキリ・・・」と覚悟が決まってる真知子に戸惑う定彦。
「真知子さん、悪いことは言わない。今すぐこの場所を立ち去るんだ。
邪悪な概念がすぐそこまで押し寄せてきている」
不貞調査の事を言えないため、面白い事を言うと笑う真知子。
「僕はいつでも真知子さんの味方だからね」酔ってしまう定彦。


89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/27(日) 20:00:44 ID:VPzIrPbm

病室。真知子はユミの看病をしていた。
末永牧場。ユミの看病をする真知子を労い、話をする末永、牧子、春樹。
末永夫妻のエピソードなどを聞く春樹。
春樹「末永先輩、結婚して・・・5年、子供は?」
末永「これがなかなかね、できないんだよ」
牧子「欲しいんだけどね・・・・・ 後宮さん、子供は好き?」
春樹「ええ」
牧子「ほだら、早く真知子さんと一緒になって、出来るといいね、子供」
末永「おい、そんな話になってたのかい?!」
春樹「ユミの件なんかがあったんで、報告が遅れましたけど、
   2人で話し合った結果、そういうことに」
驚く末永。にこやかに笑う牧子。真知子が来てから、笑顔のたえない春樹。
末永「そういうことなら、後宮。本気でここで入植して、真知子さんと暮らしてみないか」
春樹「それも悪くないなあ。今度、2人で話し合ってみます」
末永「おい、コイツ、さりげなくのろけやがったぞ」
弾む3人の会話。春樹の胸は希望で溢れていた。


90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/27(日) 21:29:15 ID:NA7dRLpq
>>88-89
補足乙です。

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/28(月) 00:17:00 ID:G+H2NZ4V
もうあれか?知的障害児が、くずごみにほめられようと、簡潔ってことも頭のぼかーんてやつで無視して
ごみみたいなカタカタを並べて、本望になっちゃってんだな?わらった。
それに対して、ここの1だる低学歴のごみは喜んじゃって、あはっはっはっは、ごみどもの世界だねえクズ
かってにやってろ、カタワゴミの世界でな、くーず、ふふふ、みにくいねえ、きったねえねえ、かすごみだねえwwwww

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/28(月) 08:42:19 ID:Uh6SuT0+
27日
信枝は真知子と春樹の決心を聞き佐渡に帰っていった。
病室。ユミに「真知子の世話になりたくない」と真知子を避けるユミ。
真知子「私が来たせいでユミさんを傷つけて、ごめんなさい。だからユミさんの世話をしたかったの。ユミさんは牧場で仕事ができるでしょ。一日も早くよくなってほしくて。そうすることで役立ちたかった。だけどそれでユミさんを傷つけていたのよね。看護婦さんをよんでくるわね」
ユミ。「待って。いかなくていいよ」

末永牧場。地元の人たちがあつまり陳情書のことについて話をしている。
かたわらではサブローと松吉が話をしている。
松吉「サブロー、お前も22だろう?本気で入植したいのなら大将をお手本にしろ」「ああ。じっちゃん、オレ、いつかユミと一緒にするよ。だけどこの前みたいに無理強いはしない」
そこへ定彦がやってくる。二日酔いのために牛乳をもらいにきたという。渡す春樹。台所では牧子が春樹に「うちはいいけど真知子さん東京に帰らなくてよいの?旦那さんやっかいなことにならないかしら。うちの人が東京にいくときに一緒に帰っていったほうがよいんじゃない?」

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/28(月) 08:56:21 ID:Uh6SuT0+
春樹、ユミの病室へ。
真知子に「そろそろ東京に戻ったらいいんじゃないかな。あさって、先輩が東京にいくとき一緒に」「あさって・・・」
それをきいた真知子、ユミをみる。せっかく和解し打ち解けた2人だったが。

末永牧場。
定彦が寝ぼけていた。起きて、牧子「3時間くらい寝てたよ。」「3時間?」「ホントに保険の仕事?この辺のみんなは生きるのが精一杯で、保険どころじゃないわよ」疑われてたじろぐ定彦だったが、
「だからこそこれからは必要なんですよ。いつ何があるかわからないじゃないですか」と牧子としばし雑談。
そこへサブローが血相を抱えてやってくる。
末永が生まれたばかりの馬に蹴られて怪我をしたという。運ばれてきた末永。サブロー、水持ってきて、と牧子。
松吉、サブロー、そして、春樹があわてて末永のケガの対応にあたる。
つづく

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/28(月) 13:32:39 ID:cQLTPjp6
H.18 8月28日(月)
連続テレビ小説 君の名は 第三部 旅立ち・北海道編 第127回 @続型
原作:菊田一夫
脚本:横光晃 星川泰子
音楽:池辺晋一郎 演奏:東京コンサーツ
題字:篠田桃紅 | 考証:松平誠 考証協力:天野隆子
アイヌ民俗関連監修:萱野茂 所作指導:鈴木宗卓
方言指導:佐渡稔 西國成男 協力:北海道・美幌町 北海道・弟子屈町
語り:八千草薫

    出 演
浜口真知子:鈴木京香
後宮春樹:倉田てつを
本間定彦:古舘伊知郎
ユミ:松永麗子
牧子:塚田きよみ 三郎:土門廣
篠山ヤエ:中村美代子 杉浦:奥野 匡
藤 川:竹本純平 三好:仲野文梧
農夫:奥村正 茂木和範 浜田道彦

末永:村田雄浩
松吉:高品格

制作:石井愼
美術:岡本忠士 技術:渡部浩和 音響効果:矢島清
撮影:川崎和彦 照明:高橋伴幸 音声:佐藤勝彦 記録編集:田中美砂
演出:長沖渉

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/28(月) 13:48:00 ID:1VoIPH5W
>>92-93
今日の分ですよね?
すごい。番組見ながら書いてるの?

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/28(月) 22:41:22 ID:xtQYFOwf
>>88-89>>92-93
詳しい1レス以上のはあらすじスレ2でお願いします。あちらに転載しておきます。

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/28(月) 22:44:46 ID:xtQYFOwf
27日
信枝は真知子と春樹の決心を聞き佐渡に帰っていった。
病室。ユミに「真知子の世話になりたくない」と真知子を避けるユミ。
真知子「私が来たせいでユミさんを傷つけて、ごめんなさい。だからユミさんの世話をしたかったの。ユミさんは牧場で仕事ができるでしょ。一日も早くよくなってほしくて。そうすることで役立ちたかった。だけどそれでユミさんを傷つけていたのよね。看護婦さんをよんでくるわね」
ユミ。「待って。いかなくていいよ」

末永牧場。地元の人たちがあつまり陳情書のことについて話をしている。
かたわらではサブローと松吉が話をしている。
松吉「サブロー、お前も22だろう?本気で入植したいのなら大将をお手本にしろ」「ああ。じっちゃん、オレ、いつかユミと一緒にするよ。だけどこの前みたいに無理強いはしない」
そこへ定彦がやってくる。二日酔いのために牛乳をもらいにきたという。渡す春樹。台所では牧子が春樹に「うちはいいけど真知子さん東京に帰らなくてよいの?旦那さんやっかいなことにならないかしら。うちの人が東京にいくときに一緒に帰っていったほうがよいんじゃない?」
春樹、ユミの病室へ。
真知子に「そろそろ東京に戻ったらいいんじゃないかな。あさって、先輩が東京にいくとき一緒に」「あさって・・・」
それをきいた真知子、ユミをみる。せっかく和解し打ち解けた2人だったが。

末永牧場。
定彦が寝ぼけていた。起きて、牧子「3時間くらい寝てたよ。」「3時間?」「ホントに保険の仕事?この辺のみんなは生きるのが精一杯で、保険どころじゃないわよ」疑われてたじろぐ定彦だったが、
「だからこそこれからは必要なんですよ。いつ何があるかわからないじゃないですか」と牧子としばし雑談。
そこへサブローが血相を抱えてやってくる。
末永が生まれたばかりの馬に蹴られて怪我をしたという。運ばれてきた末永。サブロー、水持ってきて、と牧子。
松吉、サブロー、そして、春樹があわてて末永のケガの対応にあたる。
つづく

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/28(月) 22:47:54 ID:xtQYFOwf
誤爆しました。
http://bubble4.2ch.net/test/read.cgi/natsudora/1154179681/336-337

転載しておきました。
このスレを使ってくれることは嬉しいです。
あらすじを書いていただける方へ
簡潔にまとめたあらすじはあらすじ2スレということでご協力をお願いしています。
あらすじを書く人が破ってしまうとどうしようもないので
明日からは台詞がはいって2レス以上になるのは詳細扱いであらすじスレ2でを守って下さい。

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/29(火) 08:18:57 ID:85AgaqxA
28日。怪我をした末永を牧子が介抱。キズは1週間くらいで治るという。しかし東京には代わりに春樹が行くことに。病室。松吉と春樹、真知子、ユミ。末永の怪我の具合を話し、安堵するユミ。
「代わりに僕が東京に行くことになったよ。真知子さんと一緒にね」と春樹に、ユミが春樹もそのまま東京に戻って帰ってこないのか?と尋ねる。
そんなことはない、と春樹と真知子。だが春樹が「僕と真知子さんはね、いつか結婚の約束をしたんだ。北海道に残る事もユミのことも真剣に考えた。だけどね・・」という春樹の言葉にユミは聞きたくない!と拒否。松吉が逃げないで、ちゃんと聞け、という。
東京では、綾の店で佐渡からの仕入れに対して、近隣の料亭からももっと仕入れを増やすように頼まれていた。だが時期が時期だけに、なかなか手に入らないという。そんな時、春樹から東京に真知子と一緒に戻ると電報が届く。

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/29(火) 08:24:43 ID:85AgaqxA
また、電報は、蘭子の店にも届いていた。春樹が戻ると知るや「真知子さんと一緒になるのかな?」とあさ。梢は春樹に片思いしているので、複雑。
ラジオが流れて尋ね人の放送で、五郎の父の「きむらまさし」が五郎を探しているという内容が放送され、みんな聞き入るが、五郎は会うことを拒否。ここにおいてくれよと蘭子に頼む。
みんなは五郎の気持ちが判る。「ばかだね、親が見つかったって言うのに」「でも五郎の気持ちはわかるよ」

北海道。休んでいた末永と牧子が春樹に、東京にいくのならもう戻ってこなくてもいいぞ、と。美幌にいるのは心地よいし、真知子さんのこともいいけど、自分の生きがいを見つけろよと春樹に仕事やこれからのことを諭す。
また、病室ではユミに春樹とどこで知り合ったの?という質問に、真知子が、出会った日から別れ、数寄屋橋での再会、これまでの経緯を話した。ユミにとってそれは、心ときめく愛情物語でもあった。涙を流しながら真知子の話を聞くユミ。
「それでも、はっきりわかるの。私が愛しているのは、後宮春樹さんなんだって・・・・・」と真知子。



101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/29(火) 13:43:14 ID:QcGG21cY
H.18 8月29日(火)
連続テレビ小説 君の名は 第三部 旅立ち・北海道編 第128回 A続型
浜口真知子:鈴木京香
後宮春樹:倉田てつを
後宮悠起枝:田中好子
本間定彦:古舘伊知郎
石上 梢:河合美智子 あさ:伊藤嘉奈子

松吉:高品格
末永保:村田雄浩
ユミ:松永麗子
牧子:塚田きよみ 三郎:土門廣
雪 乃:大島蓉 子 女将:八月薫子 観月:深谷みさを
浅井:藤夏子 花の木:ただのあっ子 ゴロー:八百坂 圭 祐

美村蘭子:佐藤友美
小野瀬 綾:いしだあゆみ

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/29(火) 18:08:41 ID:ROnyceYl
>>92>>99
日付ずれてない?
27日は日曜だよ。

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/30(水) 08:13:27 ID:LHhZjizG
30日(水曜日)
真知子、東京に戻る朝。ユミの病室にて。ユミが真知子にありがとう、と話す。
昨夜の数寄屋橋での話を聞いて感動した、自分も真知子みたいになりたい、と。
そして自分の事を「わたし」という。お礼に来た牧子と春樹はそれを聞いて、驚く。
また、ユミが「真知子、春樹、一緒にならないとダメだよ」とセリフを言っているのを
あとから病室にやってきた松吉、三郎がきき、随分大人になったなと話す。
松吉が「真知子さん、ありがとう。あんたのおかげでユミも大人になった」、と病室の入り口で。

真知子は旅館の部屋に戻り、帰り支度をするが、
ヤエに「あんたがいなくなったらあの子の世話はどうするの?」と尋ねられる。
再び、病室に戻った真知子。ユミが名残惜しげに「もっと色々なことを真知子に教えてもらいたかったな」いうと真知子が私でいいの?
実は私ももっとユミさんや牧子さんと話をしたかったから後少しだけ残りたい、と話す。
だけど東京は?と心配な春樹だが、結局、春樹がもう一度帰ってくるまで、美幌に残ることに。
病室を出て、春樹と真知子が。「じゃあ、いってきます」「わがままばかりでごめんなさい。早く帰ってらして」と真知子。
それを聞いて春樹が、「なんだか、嬉しくなりました。こういう別れ方は初めてですよね」「ええ」
といって春樹が東京に。駅までは三郎が送ることに。

真知子はユミの病室で、ユミと楽しいひとときを過ごしていた。つづく。


104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/30(水) 11:42:29 ID:LoUMOmkc
昨日と今日、詳しく知りたいので
NHK朝ドラ再放送 あらすじスレ2であらすじライターさんお願いします。

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/30(水) 11:58:33 ID:p4o3Vvtl
>>104
確かにあなた、昨日は忙しかったみたいで、いなかったね。w

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/30(水) 13:13:00 ID:7+95ihoK
H.18 8月30日(水)
連続テレビ小説 君の名は 第三部 旅立ち 北海道編 第129回 B続型
浜口真知子:鈴木京香
後宮春樹:倉田てつを
ユミ:松永麗子 
三郎:土門廣 牧子:塚田きよみ
篠山ヤエ:中村美代子 | 早川プロ

本間定彦:古館伊知郎
末永保:村田雄浩
松吉:高品格

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/31(木) 09:51:20 ID:c2e0wujN
31日(木曜日)
真知子を1人、美幌に残し、春樹は東京に向かう汽車の中にいた。
同じ頃、勝則もまた、真知子に会いに北海道に向かっていた。徳枝はそんな、息子勝則の執着心を改めて感じていた。
東京。綾の働く料亭には佐渡からの荷物が届いていたが、取締りが厳しくなり今後どうなるか、考えあぐねていた。
蘭子の店。蘭子はビーフシチューをつくり、梢は俊樹と遊んでいる。悠起枝は店の売上計算、あさは五郎と和んでいた。
そんな店には、1年ぶりに加世田修造が帰ってきていた。すっかり浦島太郎状態になった加世田。
数日後で東京に戻ってくる春樹の消息や、千枝子のこと、五郎のことなどすっかり状況が変わっていることに驚く。
みんなで楽しく食事をしていると、「すみません」と夜の扉を叩く来客が。五郎の父だった。
放送局の連絡を受けて蘭子の店を訪ねてきたという。そんな突然の父の訪問に戸惑う五郎。
帰りたくないよ、ここが僕の家だと戸惑う五郎に、優しく「いつでも遊びにいらっしゃい」と。
五郎の父は、ハーモニカを吹き、五郎も幼かった頃の思い出を思い出す。
五郎が帰った後、皆が再び食事についたが、沈黙のまま。
梢が「おいしいよね、このシチュー」。あさも「ほんとだね」と泣きながら食べていた。





108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/31(木) 12:19:13 ID:RMThMNlH
H.18 8月31日(木)
連続テレビ小説 君の名は 第三部 旅立ち 北海道編 第130回 A続型
   出 演
浜口真知子:鈴木京香
後宮春樹:倉田てつを
浜口勝則:布施博 
石上梢:河合美智子 あさ:伊藤嘉奈子

後宮悠起枝:田中好子
雪乃:大島蓉子 木村:真鍋敏宏
米夫:井上康 捨松:中野英雄 忠公:三井善忠
ゴロー:八百坂圭祐 千枝子:小川京子 | 稲川素子事務所

浜口徳枝:加藤治子
加瀬田修造:橋爪功
美村蘭子:佐藤友美
小野瀬綾:いしだあゆみ

109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/31(木) 23:33:28 ID:R5NT516D
>>103>>107
乙でーす。

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/01(金) 20:51:55 ID:OYNbOd5O
>>107
いつも乙です。
せっかく書いていただいた所にツッコミ入れるのは心苦しいのだけど、
蘭子が作ったのって、「ビーフ無しシチュー」だったかも…
「加世田が来るなら奮発して肉入れれば良かった」というような
セリフがあったような気がする。
細かい事でスマソ。

111 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/03(日) 09:55:16 ID:gwK6fJqh
9月2日(土曜日)
美幌まで真知子を訪ねてきた勝則だった。勝則の顔をみた瞬間、凍った表情の真知子。
末永牧場の居間に案内され、末永に自己紹介をする勝則。
春樹は東京に行っており、代わりにユミの世話や食事、牧場の手伝いですっかり真知子の世話になっていると話す。
牧子、三郎、松吉、ユミがそんな勝則と真知子を見つめており、どうやら皆さん、事情はご存知のようですね、と勝則。

そこへ暢気に定彦が現れ、浮気調査の依頼を頼んだはずなのに、と「きみ!」と驚く勝則。
間が悪い定彦は開き直って、実は真知子も春樹も以前からの知人であったと話す。
勝則に頼まれ、浮気調査をしていたと言う事を、皆に知れ渡ってしまい、ユミが複雑な表情を浮かべる。
探偵は守秘義務があるんじゃないのかね、と定彦を殴る勝則。そして勝則を殴る松吉。
北海道の肉体労働で鍛えた体は違う。まだ力強い松吉であった。

一方、佐渡では警察が「門勘」のところに、東京へ荷物を送っているのは事実か、と調べにきていた。
とっさに急病を使う勘治。持病が出た、早く医者を、と焦る信枝。

真知子と2人だけで話がしたいと勝則。奥の部屋で話す。
戻ってきて欲しい、君を許す、お袋とも別居する、一からやり直そうと勝則。
しかし真知子は私たちは伊豆の流産で終わってしまった、今の言葉を伊豆の時に言ってくれたら
離婚を踏みとどまったかもしれないが、もう浜口家に戻る気はない。
新しい自分に出会うために北海道にきた、と真知子。
ゴメンなさいと謝り、「やはり志摩で後宮さんにお会いすべきでした」と真知子が
春樹の名前を口にした途端、表情が変わり、「後宮・・・」と嫉妬する勝則。
「君はずっとこの先も僕の妻なんだよ、永遠にね」と豹変。



112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/03(日) 19:28:22 ID:empx2Wic
9月1日(金曜日)
 病室のベッドでユミが、髪を梳きながら、うちに帰りたい、外出許可を頼んでみてほしい、と真知子に言う。その日の午後、ユミの仮退院の許可がおりた。
 末永の家の台所で、牧子が真知子にバターをひとビン手渡す。今日は、バターを使って、真知子が晩御飯を作るらしい。
真知子が鉄なべにバターを入れ、火にかける。ジュージューという音とともに、かぐわしい香りが、末永の部屋にも、表で干草運びをしている松吉と定彦の所にも流れてくる。
もう、仕事は明日にしましょうよ、と言う定彦に、頑として「明日は明日の分がある」と、言う松吉。
「融通のきかないじっちゃまだよ」ぶつぶつ言う定彦の言葉を聞きとがめる松吉。「なんだ?」「いえ、お元気でなによりで・・・」
そのやり取りをユミがそばで聞いて笑っている。
 夜。テラスでユミがムックリを弾いていると、三郎がやってくる。「俺、そろそろ帰るけど、何かやってほしいこと、あるか?」首を振るユミ。
「サブロー、ユミ、秋までにまた馬に乗れるようになるかな?」「うーん、ちょっと、難しいかもしれないな」それなら、三郎の馬に乗せてほしい、摩周湖に連れて行ってほしい、と言うユミ。
「ああ、連れてってやる」みつめ合うユミと三郎。
 真知子の料理(ジャーマンポテト、ベーコンなし)は、末永家の人々に大好評で、近所の奥さん連中にも作り方を教えることになる。
 居間に、近所の主婦たちが集まっている。「これ、ほんとにバターで炒めただけかい?」「ええ、炒める前に、お芋を水にさらすのが、しゃきっと仕上げるコツなんです」
 そこへ、あわてた近所の男衆が数人、末永の家に駆け込んでくる。近所の二軒が夜逃げをしたようだ、二軒とも誰もいない、と言う。それを聞いた、主婦たちも騒然となって、みなバタバタと帰っていく。
 呆然としている末永家の玄関に誰か客が来る。「ごめんください」
 「私、出ます」真知子が玄関に行く。客は勝則である。それは、夫、勝則との、あまりに唐突な再会だった。
                              つづく

113 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/03(日) 19:43:50 ID:RbaklCPA
>>112
低能、ごみ、消えな
簡潔って意味わかってるのか?小卒以下のごみw

114 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/03(日) 19:45:09 ID:empx2Wic
>>113
わかりました。もうきません。

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/03(日) 22:42:04 ID:fwvEml1K
>>114
【重要事項】
自分がドラマに関係するレスをつけて失礼なレスがついたら煽りです。寛大にスルー。
煽り方の一例です:幼稚な感想文はチラシの裏へ、長文、感想文、プログ
         が沈黙しているようですので、ここで重要なお知らせです。
荒らしが使う顔文字 ( ̄ー ̄)ニヤリ、( ^∀^)ゲラゲラ ┐(´ー`)┌  ヽ(´ー`)ノ 
認定と煽りで荒らしに巧妙に挑発されても絶対に乗らないで下さい。
荒らしに同意する人が出てきてもスルー対応。
自分の気に入らないレスがあると誰かを誰かと関連づけ、勝手に決め付けて認定していく。最近は【骨髄】認定します。
話し合いは基本的に通じない(わざとやっていると思われる)相手に対して常に煽り的な挑発的な物言いが目立つ。
明確に煽り口調、挑発してるレスなので、観察しているとわかってきます。
このような人に煽られてもできるだけレスを返さないで下さい。
レスを返せば返すほど、餌を与えれば与えるほど相手は喜びます。
おかしいと思ったらできるだけ、相手に構わないでください。
※IDは違っても、よく観察してみてください。明らかにおかしいのが混じっています。
荒らしはようかんマンスレ、耳の悪い人、聞き取り厨を使い、【隔離スレの発言から荒らしがようかん社の住人だと判明しています】
>(ID番号)
【最近では同じと思われる人が「プログ」「骨髄」という意味合いの発言をしてます】
これらのキーワードをNGにして荒らしが煽ってきても完全スルーに徹する。同じ人物の特徴的な癖を見抜く。
★揚げ足取りに終始する★相手を怒らせるような言動を故意にする
★他人のフリをして発言する(1人2役以上をする【◆inODPD6owQ説濃厚】)ただ単に茶々を入れる・・・等々

116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/03(日) 22:43:36 ID:fwvEml1K
荒らしは@「ようかん社」(ようかん社住人だと隔離スレで自白しています。)
    A「耳の悪い人、聞き取り厨」
    B「>」を使う。Cプログ、日記 DAAと顔文字を好む。(顔文字だけは荒らしと思っていいでしょう。AAだけも荒らしの可能性が高いです)
他人騙りも平気でするので注意が必要です。
主に荒らしてる人物は、複数IDを操る傾向が見られ、自己レスも平気、IDはすぐに切断で変わり携帯からの自作自演も行います。充分に注意が必要です。
荒らしヒント 前スレにきていた固定で、あすか〜再放送2〜で固定できてない人
おまけヒント 警視正(荒らしの使うパターンBに相当)

あすかスレに多大な迷惑をかけてるので荒らしの話題をしたいこともあるでしょうが、
荒らしから認定される確立が高いことを承知の上で話題に出して下さい。
あすかスレ最初から居座ってる荒らし(某運営板の隔離スレ住人)の【面白い特徴】
・運営隔離スレをヲチスレと言い張っているが、その実、自分達あすかスレの荒らしが隔離されてる事実があります。
・自分にとって核心に迫る困る書き込みがあるといつもと違い連投を続ける。(反応がいい)
・気にいった自己正当化or捏造文章またはレスに同じ文章のコピペを繰り返す。
・荒らすために煽りと自作自演(携帯まで使って)を常套手段とする。
・プライドだけは高いため誰かを貶めて自分が安心するというみっともない性格。
以上の特質を持つ、EQ(心の偏差値)が非常に低い極めて素敵な性格の荒らしです。



117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/03(日) 22:45:44 ID:fwvEml1K
>ならば↓のスレでしたらどうか。
>http://etc3.2ch.net/test/read.cgi/denpa/1130172450/l50
>conに粘着してると荒らしの味方◆inODPD6owQが↑でいってるのは
>多分アンタのことだ。

ちょっと見てみましたが、その◆inODPD6owQとやらは、駒崎コピペを繰り返していると
思われる某掲示板の管理人に似た点がいくつかありますね。ま、似ているだけで本人とは
まだとても断定できませんけどね。その共通点とは

・トリップをつける
・かなり前の朝ドラスレのことを知っている(某掲示板の管理人は「さくら」スレから登場)
・他の住人は皆、iconを非難、または完全無視していたのに、ただ一人iconを持ち上げる

などです。他にこの某掲示板の管理人の特徴としては

・朝ドラの知識は皆無
・法学部卒らしい
・鉄ヲタ
・自作自演が得意中の得意。一人7役ぐらいは平気。ネカマもやる
・かなりのネットワークスキルがある
・行動力があり相手を攻撃するためなら何でもする

などです。



118 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/03(日) 22:53:32 ID:URGqh5Bp
>>115-117
通報しておきました。

119 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/04(月) 00:00:38 ID:gwK6fJqh
>>112
読みやすい文章ですので、気落ちされないようにね。
きちんと書かれてあって、わかりやすいです。ありがとうございました。


120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/04(月) 01:00:32 ID:K3WiT4G+
>>119
そう思ってるのは、おのれだけだよww
必死すぎww

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/04(月) 03:29:57 ID:UPmSYn0s
>>115-117
ってか、荒らしに過剰反応してるのは貴方のほうでは?

122 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/04(月) 09:51:38 ID:b3I625TV
9月4日(月曜日)
末永牧場、台所。真知子がテーブルを拭いている。
心配そうに見守るユミ。「旦那さんは?」「今朝の汽車で東京に戻ったわ」
心配かけてごめんね、と真知子。

牧子が朝食の準備をしていた。イモや野菜をむいている。  
「あら、真知子さん、いいのに」
「でも」
真知子と勝則のやりとりを見て、何かを察するように牧子。
「私と末永もね、実は籍を入れてないの。私の両親が反対しててね。
 東京の大学を出て医者になるっていったから結婚を許したのに、
 まさか北海道で牧場をやるなんて、って感じでね。だから、私も色々あるのよ」
真知子を励ます牧子。後宮さんが戻ったら、真知子さんも東京に戻るんでしょ、さびしくなるわねえ。
そんな時、ユミが「真知子、野いちご」といって足が悪いのに、野草をとってくる。
ユミなりの優しさに真知子は嬉しくなる。牧子が気分が悪くなる。真知子はもしや、と思い、「はっ」とする。

場面変わって、ユミと三郎。三郎がユミの為にチェアーをつくってあげていた。ありがとう、とユミ。
牛舎では、乳牛の具合が悪くなり、三郎と松吉が、末永に知らせる。


123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/04(月) 10:02:01 ID:b3I625TV
松吉が、自分が見落としたから牛の病気が発見できなかったんだと落ち込んでいた。
もう自分の時代ではないんだ、と。ヤエがやってくる。ヤエが、そんなもんは仕方無いよ、とはげます。
末永の旦那はアンタをたよりにしているんだよ、と。

昼の食事のときに、牧子が、妊娠したと言う事を告げると、食卓が和む。
ユミが三郎特製の椅子(?)に座っていた。真知子が隣に来る。
「三郎がね、作ってくれたんだ。昔ね、春樹が来る前に、三郎と一緒になる約束をしたんだ」
だけど、春樹のことが好きになったから、それを忘れていたんだ、と。
真知子は春樹が好きだったのに、何故今の旦那さんと結婚したんだ?と尋ねると
「勝則さんのことはすきよ。後宮さんを忘れて、
勝則さんと結婚しようと決めた時、一生この人に尽くそうと思ったわ。
だけど、困った時にいつも助けてくれたのは後宮さんだった」
結局、忘れられなかったと真知子。

また再び、居間。牛の様子を見守る牧子、ユミ、真知子。
「死んじゃうかもしれないんだろ?」「信じるのよ」
肩を落として入ってくる、松吉、三郎、末永。
「ダメだった・・・・」沈んだ声で、末永。がたっと肩を落とし、その場でうなだれる。

一頭の乳牛の死は、酪農を営む末永牧場にとって試練の始まりだった・・・・・・



124 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/04(月) 18:40:42 ID:ccQID+8+
>>121
荒らしに過剰反応というより、
荒らしが誰か教えてくれてると思う
骨髄といっていた気持ち悪い人いましたよね
あの人が前からの荒らしで暴れてる人だったんですね
>>117のスレでも骨髄とか
転載した人の中傷して暴れてるし、荒らし方の類似性から
荒らしは本スレの住人かなあと
自作自演が得意中の得意、一人7役ぐらいは平気、
ネカマもやるって所でピーンときました
ここやあらすじ2を見て、
時季外れに避難所に皆を連れていこうとした人がその荒らしじゃないかな
荒らしの目的を考えたら

125 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/04(月) 19:07:38 ID:BcfjA6f1
>>124
詳細スレから出てこないで下さい

126 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/04(月) 19:23:17 ID:SLCwsFJL
>>122
乙です。

>>124
私もピーンときました。
しっつこい詳細あらすじ要求人=コピぺ荒らしだったんですね。

127 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/04(月) 20:28:29 ID:MOcwEoCF
H.18 9月4日(月)
連続テレビ小説 君の名は 第三部 旅立ち・北海道編 第133回 A続型
原作:菊田一夫
脚本:横光晃 星川泰子
音楽:池辺晋一郎 演奏:東京コンサーツ
題字:篠田桃紅 | 考証:松平誠 考証協力:天野隆子
アイヌ民俗関連監修:萱野茂 所作指導:鈴木宗卓
方言指導:佐渡稔 西國成男 協力:北海道・美幌町 北海道・弟子屈町
語り:八千草薫

    出 演
浜口真知子:鈴木京香
ユミ:松永麗子  三郎:土門廣
牧子:塚田きよみ 篠山ヤエ:中村美代子 

末永保:村田雄浩
松吉:高品格

制作:石井愼
美術:藤井俊樹 技術:沖中正悦 音響効果: 田中正男
撮影:安田 熙男 照明:大地祥嗣 音声:谷島一樹 記録・編集:高室晃三郎
演出:長沖渉

128 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/04(月) 21:50:00 ID:Mquxn9WK
相変わらず、低能なくそどもだなw 嵐は単にに馬鹿低学歴ごみをいじめるために来るということを忘れるな

いじめていじめて、いじめぬく。それが趣味なんだからね 低能、低学歴のゴミどもへww

129 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/04(月) 22:36:47 ID:MOcwEoCF
>>128 そういうことを書いているあなたも低能ですよ。
    小学校卒業してないんじゃないんですか?(笑)
    ま、>>128みたいな「バカ」には何回言っても分からないか。
    そのうち、あんたにも仕返しが来るよ。楽しみにして待っておけ。
    こういうことを書いている私も、バカバカしくてしょうがないよ。
    もう一回、勉強しなおしておいで。それから、この掲示板に帰ってくること。

130 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/04(月) 22:37:57 ID:MOcwEoCF
>>128 二度と姿を見せるな。 直らない場合は、通報します。

131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/04(月) 23:28:57 ID:q3+yzEYa
わかりやすい反応の連投ですね。
ID:BcfjA6f1とID:SLCwsFJLがその荒らしなんでしょうね。

>>115-117の通りですね。

132 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/04(月) 23:30:29 ID:q3+yzEYa
>>129-130
その人も>>115-117に書かれてる荒らしだから
お相手しない方がいいと思います。
自分に対しての罵倒レスにだけ反応するのもどうかと思いますが。

133 :ある「あらすじライター」w:2006/09/04(月) 23:41:31 ID:bVv2f7fx
>>130
あなた、>>129で書いてることと、わずか一分しかたってないのに、見事に矛盾したこといってるねえww
やっぱり、真性の基地害かな?ファビョっちゃうと何もかもわからなくなる精神病だね、こりゃ。
あなたみたいな、あぶない人間こそ通報しなきゃいけないね。かわいそうだけどね。





134 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/04(月) 23:43:34 ID:SLCwsFJL
>>131
連投なんてしてませんよ〜。心外ですね〜。
何か決めつけてらっしゃるようですけど。
どういう根拠がおありになるの?



135 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/04(月) 23:48:51 ID:bVv2f7fx
>>130
まあ、自分にむけられた罵倒と勝手に受け取っているところみると、あなた学歴ないでしょw
かわいそうだねえ。だれも、あなただっていってないのに、勝手にファビョっちゃって。
これ以上2ちゃんで恥晒さない方がいいかもね。あなた、2ちゃんみたいなところ向いてないって。


136 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/04(月) 23:54:25 ID:ccQID+8+
え?コピペはしてないですよ?

137 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/04(月) 23:58:34 ID:ccQID+8+
骨髄認定荒らしの話をすると本人が釣れるみたいですね
今日は19時台にご登場
自分のことを言われて必死に詳細あらすじに話を変えようとして
滑稽

138 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/05(火) 00:10:32 ID:hwavaXUB
>>136-137
コピぺしたのは>>115のID:fwvEml1Kでしょ。
詳細要求してるのもID:fwvEml1K↓
http://bubble4.2ch.net/test/read.cgi/natsudora/1154179681/364-369
べつに言いがかりじゃないでしょ。ID同じなんだから。

あなた自分のこと言われたと思ったの?プ
見に覚えがあるからかしらね?

139 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/05(火) 00:12:32 ID:WcMfkIq4
とにかく、このスレの>>1が、粘着基地ってことはよーくわかりました。
もう二度とこの人の関係したところで、あらすじは書きません。汚らわしい

140 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/05(火) 10:59:48 ID:Be/FBL1Y
5日(火)
死んだ牛は結核だった。
末永牧場の他の乳牛たちにも感染していた。(5頭全部)
近隣の牧場主達を集めて事情を説明。
結局末永牧場の牛を処分することになり
他の牧場の牛たちも念のため検査することに。
妊娠している牧子をを始め、目の前まっくらな末永牧場関係者達。
                  つづく

141 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/05(火) 13:41:51 ID:lXSFePHw
荒らしはスルーがいいね。
ID:bVv2f7fx
ID:hwavaXUB
ID:WcMfkIq4

認定荒らしといわれてる中の人はIDお構いなしに>>1認定や、コピペ?した人が誰々だって筋道通ってないこというしね。
あすか再放送時代から荒らしていたなら年季の入った荒らしなんでしょ。そんな基地外荒らしをどれだけスルーできるかだと思います。

>>115-117でいきましょ、皆さん。

詳細あらすじを2スレで今日の分、期待しています。

>詳細要求してるのもID:fwvEml1K↓
>http://bubble4.2ch.net/test/read.cgi/natsudora/1154179681/364-369
そのコピペをした方がその方だとわかりませんでした。
熱心にスレを見てるんですね。いつもそうやって他の詳細あらすじライターさんの書き込みにも粘着して?
でもそれと別な方が同一人物になるのは貴方の思い込みでしょ?
文体も全然違うし、詳細あらすじを求めてる人を同一人物にして敵視しているようにしかみえません。

142 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/05(火) 13:46:27 ID:XifsbD7r
だから出て来んなって

143 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/05(火) 14:15:40 ID:hwavaXUB
>>141
はぁ?
ID:fwvEml1K=詳細要求人=コピぺ荒らしと事実を言っただけなのに
荒らしあつかい?
あなた(昨日の ID:ccQID+8+?)をコピぺ荒らしだなどど言ってないのに、
それを(なぜか)自分のことだと思ったのはあなたの勝手でしょ。
根拠のない決めつけをしてるのはそっちだよ。
こっちは事実をのべてるだけ。
思い込みでいいかげんな発言はやめてよね。もっと 熱 心 にスレみたら?


144 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/05(火) 14:24:43 ID:hwavaXUB
>>140
乙です。
牛も結核になるんだね。

145 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/05(火) 21:40:41 ID:tEQg/i6E
>>141
わははは、こいつ、別のまとなやつまで嵐にしちゃって。ばーかめ。
我々は、学歴のない低脳なごみくずが、いっちょまえに2ちゃんに書き込んでいるのをみると、どんなスレでも
ぶちのめすことっを趣味として活動しているだけだ。許せないんだよ、ごみが人間のまねしてるのをみるとw
いじめて、いじめて、いじめぬいてな、実社会でいじめられて差別されている以上に苛め抜いて差別してやる
そして、スレから消滅させ、どこにも居場所をなくしてやる、これが、我々の楽しみなんだよ。

ごみ、たのしくいじめ続けてあげるからな ははははははは

146 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/05(火) 23:38:46 ID:lXSFePHw
>>142がID:tEQg/i6Eの基地外荒らしには言わないのは本人だから?
我々って認定荒らしが集団だってことをいいたいワケ?
基地外荒らしはせいぜい数名でしょ。

147 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/05(火) 23:49:19 ID:xuVbIlXC
>>146
その認定荒らしってなんでしょう?
ご自分で勝手に作った基地ガイ言葉を調子にのって使っているようですが、レベルが低い人間の造語は気持ち悪い
だけですよ。キチガイって本当に気持ち悪いんです。ご自分では分からないでしょうがね。
はっきりいって、あなたは、精神異常でしょ。このスレとか他のスレの人間はみなそう思ってますよ。
早く、病院にもどりなさい。人に迷惑を実際にかけないうちにね。


148 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/05(火) 23:55:45 ID:lXSFePHw
>>143
熱心にスレを見てないから間違えてしまったけど、
>>136-137で早合点してしまいました。

でもそれ以外では認定荒らしと類似性が高いですね。
>>125-126>>138-139>>142-143毎回判子で押したみたいに
二回続けて同じようなパターンが続くことや、
根拠が無い>>1と決め付ける書き込みや悪意に満ちた発言。
本当に厄介な荒らしは問題ないかのように振舞い、スルーしてそういうことをする決まった人達。

キーワードとなるのが「仮想的有能感」、つまり他者を軽視する行動に
ともなって湧き上がる「自分は他人に比べて有能だ」という感覚が発言に多く出ています。
荒らしが自分の体面を保つために、見知らぬ他人の能力を簡単に否定することで、
自分を肯定しているだけなので、>>115-117の方針でそろそろ相手をするのを止めます。

>>115-117の人はコピペ荒らしをしようとしたワケではなく
>>114に宛ててることからも、荒らしに罵られた人に相手はこの荒らしだよというメッセージを送って
気にしないようにしようとしたんじゃないかと他人ながら考えます。

コピペ荒らしというのは去年のスレの書き込みを6連投も無意味にした人だと思いますけどね。

149 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/05(火) 23:57:25 ID:hwavaXUB
>>146
あなたさ、
>荒らしはスルーがいいね。 て>>141で言ってるくせに
「D:tEQg/i6Eの基地外荒らしには言わないのは本人だから?」 て
言うのは変でしょ。
なんで荒らしに何か言わないといけないの?
あなたが率先して荒らしの相手してるし、
おかしな人ですね。



150 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/05(火) 23:59:17 ID:XifsbD7r
また誰彼構わず同一人物認定ですか
あからさまな荒らしなんかより
あなたみたいな自治厨のほうが余程始末が悪いんですよ

151 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/06(水) 00:10:04 ID:YyW52+kB
低学歴を馬鹿にするわけじゃないけど、やっぱり高等教育うけていない人間というのは、だめだな
我々からすると、これどこの国の話ってくらい低レベルな落書きしか書けない人間未満としかいえない。
学歴がないだけでなく、これまでのお粗末な人生で人にさげすまれ、差別されて精神も通常の人間の
それではなくなってしまっているね。2ちゃん以外では、たぶん、人と話しすらすることができないのだろう
どこにいっても、シッシって感じだろうね。
頭が悪いから、荒らしにすら、どう荒らされているのか、何を荒らされているのかをまったく理解できない
認識できないから、まったく的外れな落書きをしてしまい、また、馬鹿にされ、さげすまれる。
あわれだが、この人間未満は、救いようがないね。

152 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/06(水) 00:12:58 ID:Otl/6zSl
もう一度貼っておきますね。

NHK朝の連続テレビ小説(再)あらすじスレッド
http://yy25.60.kg/test/read.cgi/nanashisan774/1156231921/

変な煽り荒らしもそれにいちいち反応する人も
詳しく詳しくと連呼する人も、全部排除できます。

153 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/06(水) 10:50:13 ID:FnRltLN4
9月6日。
東京についた春樹。その足で役所に向かい、末永の資料を見てもらう。
綾の店には信枝がきており、この前佐渡に警官がきたことを綾に話す。
また春樹が帰りに綾の店に行き、そこで信枝と再会。みんなで話してたところに
電報が北海道から届き、勝則が北海道に真知子を連れ戻しに行った事を知る。
真知子が勝則と一緒に帰ってきていないと知ると、信枝が春樹に、
「これから真知子さんはイバラの道を歩む事になるが、支えてやってくださいね」と。
また、綾から、ずっと北海道にいるの?と尋ねられ、考えあぐねていると春樹。
東京はどんどん変わっていってるようで、その時流に乗ったほうがよいか悩んでいる。

蘭子の店に春樹が出向き、悠起枝、あさ、梢、に出迎えられる。
真知子は事情があって、一緒に戻ってきていない、と春樹。店先で話をしていると、
奥から声が。近所の人がやってきていて、戦後、そろそろこの辺も治安が戻ってきてるので、
風紀なども考えて、出て行ってくれ、と3人ほどがやってきて話していた。
蘭子、加世田が対応していた。「青い目の子もいたりして、オタクも気づかれてないと思ってるわけじゃないでしょ?」と。
とりあえず、この場は保留ということで収まるが、また来るから、と近所の人々。
「ひどいよ!」とあさ。何故啖呵を切らなかったの、と問うあさに、そんな時代じゃなくなったでしょ、と蘭子。
1年のうちに人々の環境はすっかり変わっていたのであった。

つづく

154 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/06(水) 16:59:38 ID:SNnvo7s8
>>153
乙でした。

155 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/06(水) 17:23:00 ID:k6GYIfD7
簡潔あらすじっていうけど
自分で書くとなると中々難しいんだよね。
仕上げよくしようとすると読み直したりして時間かかるし。
突っ込まれたら結構ヘコムもんだよw
ヤジいれるのは簡単だけどさ。

156 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/06(水) 18:29:55 ID:3ko8DxMh
H.18 9月6日(水)
連続テレビ小説 君の名は 第三部 旅立ち・北海道編 第135回 A続型

    出 演
後宮春樹:倉田てつを
後宮悠起枝:田中好子
石上梢:河合美智子 あさ:伊藤嘉奈子

角倉信枝:佐々木すみ江
調査官:和田周 近所の住人:松田章生
  近所の住人:上杉二美 渡辺真美子
雪乃:大島蓉子 米夫:井上康
捨松:中野英雄 忠公:三井善忠
  稲川素子事務所 劇団いろは 鳳プロ

加瀬田修造:橋爪功
美村蘭子:佐藤友美
小野瀬綾:いしだあゆみ

157 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/06(水) 22:14:52 ID:xRN9Y1f6
>>155さんが言ってるみたいに、自分であらすじ書いてみるとわかるけど、>>112さんって、
文章うまいよね。ほんとにもう来なくなっちゃったのかな。
 まあ、今回の>>115-117のコピペは、>>112の人に、「荒らしは気にしないで」って
いう意味で貼ったみたいだし、確かにコピペはうざいけど、悪気はなかったということで、
もういいんじゃない?
>>112さん、また来てくれるといいね。

158 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/06(水) 22:21:58 ID:S6gjn/T2
>>157
こんなキチガイ病院みたいなとこには、二度とこないよ。

159 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/06(水) 23:35:48 ID:+G9Hz77K
いつも書いてくれてる人より112さんがよいね。また書いてくれないかなぁ

160 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/07(木) 00:57:46 ID:JHFpEUHr
せっかく書いてくれている人に対して失礼だとは思わないのかね?>>159
>>1を含めて、こういうやつらばかりだから、こんなところで あらすじ書くと嫌な気分になるだけだよ

161 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/07(木) 09:55:58 ID:qM0nCH3F
別に読んでいる人からお金をもらっているわけでもないからな。
それでも簡潔あらすじらしく
その日のハイライトを抜粋して、文体をわかりやすいように組み立てていると、当然時間も掛かる。
それを露骨につつかれるのだから書いた方はたまらんw
こんなの続けていたら
神経太い人以外はそのうち誰も書かなくなる。

162 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/07(木) 11:03:35 ID:2FLL7u2a
9月7日(木曜日)
蘭子の店では、加世田、悠起枝、梢たちが朝食を取っていた。
あさが工場に出勤する前、「今日は春日で俊樹の誕生祝だからね」と梢が声をかけ、
はりきって出かけていくあさ。春樹も起きてきて、一緒に朝食をとる。
春樹は、今日は農林省の役人から、関係省庁や関係者を紹介してもらい、あいさつ回りに行く予定だという。
加世田がいつまでも世話になるのは・・・と心苦しそうに語るが、もう離れて暮らすのは嫌だから、
いつまでも一緒にいようよ、と梢が話す。
「ずっとここにいていいんですよ。今は女性が働く時代ですし・・・」」と笑う蘭子。
そのとき、悠起枝が客が客がきた、と玄関から声をかける。どうやら仕入れ業者がきたようだ。
品物を40円の予定が、15個しか購入しないと知ると、
仕入れ業者は「この商品、売れてるのに・・・・。あまり売上がよくないの?」と尋ねる。
さらに商品代として、1850円の代金を支払おうと蘭子が財布を開けると財布の中にはあまりはいっていない。
それをみた悠起枝は心配そうな様子。春樹も深刻な表情を浮かべる。

ところかわって北海道。真知子とユミが台所にいた。男達は朝早くから、牛の処分をしているという。
深刻な表情のユミと真知子。牧子が「ジャーマンポテト、真知子さん食べてみて?」といい、
真知子とユミが味見をする。「おいしい」と真知子。牧子が真知子とユミに「今日、1日、たのんだわよ」


163 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/07(木) 11:04:58 ID:2FLL7u2a

末永、三郎、松吉が戻ってきた。表情は沈痛。食卓には食事が並ぶ。牧子、真知子たちは見守るしかない。
「今、処分してきたんだ・・・」末永。みんな、察したように無言ではあるが、食卓に就いた。
「夜逃げするんじゃないかって言う人もいるし、ジリ貧だ。だが冗談じゃねえ。
 これで腹も据わった。末永牧場は酪農にかける。今いる馬も全部、売る。じっちゃん、それでいいか?」
末永の重い問いに、松吉は口を開く。「いつそれを言い出すか、待ってたよ」
三郎も牧子もユミも末永についていく、と決心。再び皆で再起を誓う。

末永が牧場仲間を集め、将来的には、共同牧場をつくらねえか、と持ちかける。
1人1人個人でやっていたのでは、牧場経営も埒があかない。
借金もしやすくなる、そのための共同の大きな牧場である、という声かけに対し、
まだまだ重い腰の牧場主達ではあるが、興味はあるようだ。
また春樹の電報により、農林省の話し合いも、悪くないと言う知らせが届き、
絶望の中で少しだけ光が差し込んできた。牧子もユミもようやく笑顔を見せることが出来た。



164 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/07(木) 11:06:45 ID:2FLL7u2a
>>162は40円ではなく、40個の間違い。

>>159
来週から新しい仕事に就くので、言われなくても退散いたしますわ。



165 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/07(木) 11:13:50 ID:2FLL7u2a
夕方の末永牧場。
牧子、ユミ、そして真知子がベランダに立つ。
色々なことがあったのに同じ時間が過ぎていくんだね、と牧子。
「今日はぐっすり眠れそうですわ」
「春樹、戻ってきたら、驚くね」「そうだね、話を聞いてどんな事を思うかしら」
「きっと感動するわ・・・・・」
真知子は空を見上げていた。表情は一筋の笑みがこぼれ、少しばかりの希望が見えた。

つづく。

166 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/07(木) 13:36:21 ID:9mWOB0BG
>>162-165
ありがとうございました。

167 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/07(木) 13:42:05 ID:9mWOB0BG
でも、ID:2FLL7u2aさんぐらい詳細だったらあらすじスレ2の方だと思う。
明日からはそこであらすじ書いたらどうですか?
あらすじライターさんがお約束を破るようだとまずいと思うんですけど。

>>160
あなたが原因でしょ。どこから>>1がいってるというソースがあるの?
ここで簡潔あらすじが読めるように場所を提供してくれた人でしょ。
あなたのような荒らしがいてスレがおかしくなったから分離したんだと思う。
あらすじスレ2でも>>1に敵愾心のあるようなこといっていたけど、頭が変な人?
あなたのような人はウザイし、空気が悪くなるだけだからID:Otl/6zSlの外部サイトにでもいってくれませんかね?
いなくなるだけでせいせいするので。

168 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/07(木) 13:45:53 ID:9mWOB0BG
>>112さんはあらすじスレ2で上手に詳細あらすじを書いていたので詳細あらすじでいいんじゃないかなぁと個人的に思います。

169 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/07(木) 13:46:29 ID:jyv7vQig
>>1が必死

170 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/07(木) 15:15:49 ID:9mWOB0BG
>>115-117がいきなり貼られたのを見た時は正直「荒らし?」と思いました。
前後のスレのやり取りを見れば、荒らしはスルーということを言いたかったんじゃないかなぁとわかるわけで、

その荒らしの電波板の巣とここの荒らし方や粘着の仕方を摺り合わせると誰かってわかります。

・あらすじスレ2の>>1とここの>>1に粘着してソースの無い中傷をする。
・認定が骨髄だと容易に荒らしの特定されると思ってか>>1に変えてきている。
・自分が叩いたあらすじライターの時は無言、それ以外の人が違うライターさんを褒めるとその人と同時に何故か>>1を叩く。
 (典型的と思えるあらすじライター叩き荒らしの時は荒らしへの叩き書き込みが不自然なほど無い)

電波板の荒らしの巣は>>117に出ているスレではないですが、スレはすぐに見つけられるので読むとここでどの書き込みかその人か気付きます。

171 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/07(木) 17:05:22 ID:Vrnfq61L
>>170
・あらすじスレ2の>>1とここの>>1に粘着してソースの無い中傷をする。

ソースがないもなにもあらすじスレ2の>>1のひどいデンプレのせいで
つまらん細かいことまで詳細をクレクレする人が絶えない。
だから長文でもライターはここに書くんだろ。
ここも良いスレとは言えないが、粘着されないだけまだマシだからな。
ここの>>1は簡潔と詳細を分けて、「してやったり」と思ってるか知らんが、
頭悪すぎ。
>>1の自己満足より、ライターが自由に書ける環境を作るほうが大事だろ。
あらすじ2、簡潔スレともども>>1の勝手なルールにはウンザリ。
結局どっちも使いづらいったらありゃしない。(あらすじ2にいたってはもはや不要スレ)
>>1に責任があるんだから中傷されるのは当然だ。



172 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/07(木) 18:10:22 ID:1+xo84FR
H.18 9月7日(木)
連続テレビ小説 君の名は 第三部 旅立ち・北海道編 第136回 A続型

    出 演
浜口真知子:鈴木京香
後宮春樹:倉田てつを
後宮悠起枝:田中好子
石上梢:河合美智子 あさ:伊藤嘉奈子

末永保:村田雄浩
ユミ:松永麗子
牧子:塚田きよみ 三 郎:土門廣
杉浦:奥野 匡 藤川:竹本純平
三好:仲野文梧 問屋:児玉頼信
農夫:奥村 正 茂木和範 浜田道彦 | 稲川素子事務所
 
美村蘭子:佐藤友美
松吉:高品格
加瀬田修造:橋爪功

173 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/07(木) 19:12:24 ID:TW+okVmb
この>>167の書き込み見てみろ。
 明日からはそこであらすじ書いたらどうですか?
 あらすじライターさんがお約束を破るようだとまずいと思うんですけど。

何様のつもりだ?だれが、お前ごときゴミと約束したというんだ?
頭大丈夫か。すべては、お前のわがままと、未熟な文章読解力が招いていることだ。
ソース?笑わせるな。お前の馬鹿独特の特徴ある落書きをみれば、だれが書いたか誰でもすぐわかるんだよ。
頭が弱いくせに、一人前に書き込みをしているつもりだから、ほかから見れば滑稽きわまりないんだよw
これ以上、恥をさらすな。レベルが低すぎて、気持ちがわるくなるw


174 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/07(木) 19:43:21 ID:Vrnfq61L
>>173
いつものゴミクズ荒らしか?
同調したくはないけど同意だね。
>>1が勝手に決めたお約束?を厚意で書いてくれてるライターに課すなんてひどい話
どっちに書こうがどう書こうが勝手だろうが。
文句言う立場じゃないだろ。 ID:9mWOB0BG
約束を守れあっちに書けと言ったり、勝手に転載したり
そんな身勝手なことすんの>>1しかいないんじゃないの。


175 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/07(木) 19:59:41 ID:1+xo84FR
>>172 http://ja.wikipedia.org/wiki/君の名は を参考にせよ。

176 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/08(金) 12:14:12 ID:jWvbtM5e
8日(金)
綾の店で俊樹の誕生日会を始める面々。久々に見るごちそうに大喜び。
しかし綾の店にガサ入れが入り、店の裏口で警察に攻められる綾を見た
春樹は責任者の女将を呼んでくる様に言う。が、女将は責任を綾になすりつける。
そこへ加瀬田がやって来て”女一人にこんな大掛かりなことは出来ない。
黒幕は自分だ。”と庇い、結局2人とも連行されてしまう。
なかなか戻って来ないみんなを心配する蘭子たち。  つづく


177 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/08(金) 22:53:12 ID:AnAQjVB3
H.18 9月8日(金)
連続テレビ小説 君の名は 第三部 旅立ち・北海道編 第137回 A続型

    出 演
後宮春樹:倉田てつを
後宮悠起枝:田中好子
石上梢:河合美智子 あさ:伊藤嘉奈子

美村蘭子:佐藤友美
刑事:仙波和之 後藤哲夫
刑事:松井範雄 雪乃:大島蓉子
女将:八月薫子 米夫:井上康
捨松:中野英雄 忠公:三井善忠
仲居:加東京子 北村貴栄 | 稲川素子事務所

加瀬田修造:橋爪功
小野瀬綾:いしだあゆみ

178 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/09(土) 08:48:07 ID:uFlkmQCQ
9月9日(土)
取調べを受ける綾と加瀬田。お互いに庇いあっているが加瀬田の前科を調べた
警察は加瀬田を主犯と考え綾を釈放。心配して待っていた蘭子・春樹・悠起枝と
帰って行く。加瀬田の前科を知らなかった綾は驚くが庇ってくれた加瀬田のためにも
もう一度まともな仕事を始めることを決意。
春樹が勝則に会う。喫茶店で話す二人。真知子と一緒になりたい、自由にして
やってくれと頼む春樹に対し真知子を幸せに出来るのは俺しかいないと言う勝則。
一週間以内に真知子を自分の元へ返さないと真知子も春樹も訴えると言い放つ。
                      つづく

179 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/09(土) 13:28:37 ID:Ne5HLMv5
H.18 9月9日(土)
連続テレビ小説 君の名は 第三部 旅立ち・北海道編 第138回 A続型

    出 演
浜口真知子:鈴木京香
後宮春樹:倉田てつを
浜口勝則:布施博
石上梢:河合美智子

後宮悠起枝:田中好子
ユミ:松永麗子 牧子:塚田きよみ
刑事:仙波和之 後藤哲夫
刑事:松井範雄 石住昭彦
角:松澤茂雄 浅野:大倉順憲 松井:山中臨在
  稲川素子事務所 丹波道場 鳳プロ

加瀬田修造:橋爪功
美村蘭子:佐藤友美
小野瀬綾:いしだあゆみ

180 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/09(土) 22:29:15 ID:eq2FpDT0
>>176>>178
ありがとう!

181 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/10(日) 13:54:36 ID:qG4fxclh
簡潔にうまくまとまってますね。乙です。

182 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/11(月) 01:07:44 ID:0ksjKpam
あらすじスレって
あらすじライターよりもそれを見ている方が偉そうなの多いな
なんでそうなってしまうんだろ。

183 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/11(月) 12:28:04 ID:GkUJyDIO
>>182
スレ立てた人がそうだから。

184 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/11(月) 14:02:38 ID:ejInv2mc
H.18 9月5日(月)
連続テレビ小説 君の名は 第三部 旅立ち・北海道編 第139回 A続型
原作:菊田一夫
脚本:横光晃 星川泰子
音楽:池辺晋一郎 演奏:東京コンサーツ
題字:篠田桃紅 | 考証:松平誠 考証協力:天野隆子
アイヌ民俗関連監修:萱野茂 所作指導:鈴木宗卓
方言指導:佐渡稔 山中篤  西國成男
協力:北海道・美幌町 北海道・弟子屈町
語り:八千草薫

    出 演
浜口真知子:鈴木京香
後宮春樹:倉田てつを
浜口勝則:布施博
ユミ:松永麗子
牧子:塚田きよみ  三郎:土門廣

末永保:村田雄浩
松吉:高品格

制作:石井愼
美術:藤井俊樹 技術:渡部浩和 音響効果: 太田岳二
撮影:中村和夫  照明:高橋伴幸 音声:篠根正継 記録・編集:田中美砂
演出:宮沢俊樹

185 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/11(月) 16:03:40 ID:q2F+f3xW
真知子を東京に戻せと訴える勝則と別れて美幌。末永牧場の食卓で、春樹、真知子、末永、牧子、ユミ、三郎、松吉がいた。
勝則のワガママな訴えに、なんて身勝手な男なんだろうね、と牧子、嫉妬がそうさせたんだよと松吉。
ユミは2人に逃げたら?とすすめる。
春樹は真知子に誠意が伝わらないなら一緒に逃げるのもひとつの戦いだ、と真知子に言う。
そんな中、末永は真知子に手厳しい。
「何故、浜口と結婚した?何故浜口と駄目になったからと独りで生きようとせず昔の男のところにきたんだ?」
「裁判になって、最悪、後宮と一緒になれなくても浜口のところに戻るつもりはないよな?」

そんな末永に春樹は真知子をかばって殴るが、
末永も「ずっとこのまま逃げるのか?自分の運命を受け止めろ」と戦うことを強く求める。
真知子は東京に戻って、勝則と対面することを決意する。


186 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/11(月) 17:27:03 ID:OVbJyaMU
>>184>>185
乙です。ありがとう。

187 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/11(月) 19:44:48 ID:ejInv2mc
もうすぐ、とよた真帆扮する清宮美子が出てくると思う。(勝則の後妻)
裁判まで話が進んだから。

188 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/12(火) 10:18:10 ID:S0Ag+HPJ
美幌。真知子の泊まっている旅館に戻る真知子と春樹。
ヤエが「東京に戻るんだって?」
春樹「急だけど、明後日。送別会をするのでヤエさんも来てください」
それじゃあ、大変だね。今日はゆっくり話し合うといいよ、と旅館の部屋に消える。
真知子、部屋にあがろうとすると、春樹が「これからは離れていても、ずっとそばにいるから」
いつか将来一緒になると固く誓った、2人に迷いは無かった。

一方、東京。綾が勝則と喫茶店で話をしている。次の仕事がなかなか決まらなくて相談したい綾。
闇物資を合法的に運ぶ手段は何か無いか、と言い出す綾に「これでも僕は役人ですよ」と戸惑う勝則。

そして話は、真知子のことに。綾は真知子と初めて出会ってからの日々を回想し、勝則に聞かせる。
(回想シーン多数。)
真知子が伊豆で流産し、勝則が後宮と真知子の事を疑い、そのまま帰ってしまったところまで話が進む。

綾「あなたも真知子さんに憎しみだけじゃなくて、愛情があるからこそ、そういう仕打ちになったのがわかるの。
だからこそ、真知子さんを自由にしてやって欲しいの。お願いします」
頭を下げられ、無言の勝則であった。

つづく


189 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/12(火) 17:52:25 ID:mgYmoYnE
H.18 9月6日(火)
連続テレビ小説 君の名は 第三部 旅立ち・北海道編 第140回 A続型

    出 演
浜口真知子:鈴木京香
浜口徳枝:加藤治子
角倉信枝:佐々木すみ江
後宮春樹:倉田てつを
浜口勝則:布施博
篠山ヤエ:中村美代子 | 鳳プロ

小野瀬綾:いしだあゆみ

190 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/13(水) 12:15:58 ID:ECyjkCcY
今日
捕まった加世田を蘭子が尋ねる。
お互いに初めて会った日からの思い出を振り返る。
加世田のおかげで私たちは立ち直れた、ありがとうと感謝する蘭子。
家を出て郷里の志摩に向かう悠起枝はある決意を固めていた。
続く

191 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/15(金) 09:31:39 ID:Geqy69ra
昨日
ゆきえが志摩に帰る車中で今までのことをふりかえる

今日
美幌。真知子の送別会は今夜だ。ヤエと名残惜しむ真知子。
一方、東京。役所では一人勝則が居残り残業。真知子との思い出を振り返っていた。たばこを吹かしながら
「真知子、ここまで侮辱されながらおれがお前を簡単に自由にするとおもうか」
愛情が憎しみに変わったのを自覚する勝則だった

つづく

明日は春樹のかいそうかな

192 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/15(金) 09:39:26 ID:VKG64P89
>>188-191
ありがとうございます!

193 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/16(土) 16:21:52 ID:ZFwQx3mc
今日
美幌で真知子の送別会、近所の人たちも途中から参加。
翌日、真知子は末永牧場を後にして、駅まで見送る春樹。
ホームと列車でお互い見つめ合い、そして遠ざかっていく列車。
春樹が末永牧場へ戻ると、春樹宛に、志摩で悠起枝が大怪我との電報が届いていた。

つづく

194 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/18(月) 08:36:48 ID:KHRNbnfj
美幌
春樹が机に向かい電報を眺めていた。そしてある決意を末永に話す。自分は、志摩に行き、姉の様子をみたらもう一度東京にいき、仕事を探す、ということを伝える。
末永は「どこにいても自分が何をするかだ」がんばれよ、と励ます。
ユミ、三郎、松吉が春樹の帰郷を知り、寂しがり、別れを惜しむがお互いの前途を誓い合う。

一方東京にもどる列車中で男にからまれる真知子。
それを偶然助けたのが、一年前に美幌に向かう春樹と列車内でケンカした八木沢という男だった。

東京。蘭子と加世田が店に戻る。店は閉店することに決めたが、再起をすると蘭子、あさが元気よく笑う。

また、春樹は真知子の後を追うように遅れて列車に乗って、志摩に向かっていた。

195 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/19(火) 21:03:55 ID:TcZU8t8Y
9月19日。
東京。
真知子が喫茶店で勝則を待つ。駅を出た後、すぐに勝則に連絡をとる。
勝則が役所の合い間にやってくる。「やあ。帰ってきた、いいつけを守ったと一番に言いに来たわけか」皮肉る勝則。
生活費が入った封筒をカバンから取り出し、当分は別居してもかまわないが、居所は知らせてくれよ、と袋を渡そうとする勝則に、
真知子は「いつまでこんなことをするの?」と哀しそうに尋ねる。
「君が僕のところに戻ってくるまでだよ。それが法律というものだよ、真知子。僕は君と離婚する気などないからね」と。
人がかわってしまった原因の一端が、自分のせいでもあると思うと、
真知子はこんな形で勝則と対立する事が哀しかった。

綾の自宅。部屋には梢と一緒に茶を飲む梢。春樹の帰りを待ち、そこで打ち合わせて蘭子の店に一緒に戻るという。
「後宮さん、夕方には戻るかしらね」「真知子さん、遅いですね。そろそろ着いてもおかしくないのに」「敵の陣地に乗り込んでるかな?」
綾はこの1年ですっかりたくましくなった真知子を思う。
「そういえばこずえさん、後宮さんの子と好きだったわよね」
「え?」誤魔化す梢。
「あら、いいじゃない、私は礼治のこと、すきよ。片思いでもいいじゃない。生きてくのに思い出くらいないと、淋しいわ」
「あたしもね、辛い事があると、思い出すの」と叶わぬ恋を思う2人は微笑み合う。

蘭子の店では子守りをしているあさが、商品を持ち出そうとする。すると、蘭子に呼び止められる。春樹の餞別のお金を作ろうと思って商品を売ってこようとした、と泣きながら話すあさに、
「そんないい思いつきは1人で考えないのよ。せいぜい高く売ってきてね」と売り物であるものを袋に詰めて渡す。

再び、綾の家。真知子が帰ってくる。

つづく


196 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/19(火) 21:51:09 ID:0GoY0i/F
ほんとうは、あの黒人の赤ん坊、後宮のこどもだな。

わりい、わりい、ネタバレしちゃったよwwwwwwwwww

197 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/19(火) 23:13:21 ID:PLzJz/QB
…黒人?

釣られちゃったか。

198 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/20(水) 09:38:00 ID:0sY3X7Jt
春樹は東京に着いていた。
綾の家で、真知子が梢と綾から春樹の姉の怪我の様子を聞く。
そこへ、佐渡から勘治、信枝がやってくる。
警察沙汰になってしまい、綾に謝りたいという。
真知子は自分の行動を叔父夫婦に詫びるが、
後悔はしていないと主張する。

また、暫くすると春樹が綾の家を訪ねてくる。
勘治、信枝に挨拶をする。勘治が勝則がどんな手段できたら待っとくだけか?と尋ねると、春樹は自分もできる手段を使って真知子を守る、と宣言する。

春樹は夕方の汽車で志摩に向かう為、時間がなく、梢とともに先に出て、蘭子の店に向かう。志摩から電報を送ってきたのは、謙吾だった。

真知子と綾は勘治からもらった米でいなり寿司を作ろうとし、綾が玄関に行こうとすると真知子が綾を追いかける。「綾さんから勝則さんにこのお金を返してもらえないでしょうか」と真知子が封筒を取り出し、頼むが「あなたが返した方がいいと思うけど?」と綾が尋ねる。
真知子は自分は春樹とともに志摩に向かいたいのだ、と話す。

蘭子の店に春樹、梢が着き、加世田と話す。何故、姉は志摩に?と疑問を持った春樹だったが、加世田修造が、「悠起枝さんは、金策をするために志摩に渡ったんじゃないのかな」と昔、自分が砂糖の密輸の仕事に関わっていた事を告白する。

つづく。


199 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/21(木) 12:07:31 ID:6ycZ6PEo
蘭子の店にて。春樹、梢、蘭子、修造。
「悠起枝さんは、金策をするために志摩に渡ったんじゃないのか」と昔、自分が砂糖の密輸の仕事に関わっていた事を告白。
また、あさが帰ってきて、商品を売ったお金を餞別として春樹に渡す。
金銭的に苦しいはずだと慮った春樹はその好意を躊躇うが、
もう何があっても、昔の私達には戻りはしないよ、と蘭子の言葉に励まされ、受け取る事にする。悠起枝もきっと昔に戻るような事をしてるわけじゃないよ、大丈夫、信じてるからと蘭子は言う。

綾のアパート。真知子、信枝、綾がいなり寿司を作っている横で勘治が寝ている。真知子が信枝に志摩に行きたいのだと話すと、
綾がその話はまだよく考えて話したほうがいいよ、と諭す。
勘治に聞かれないうちに信枝と話しにいこうとすると、勘治がガバッと起き上がって、「真知子、それは許さん」と飛び起きる。

アパートの一室。加世田修造の妻である岸枝がラジオで尋ね人放送を聞いていた。そこへ娘の和子、本間定彦が戻ってくる。
もう5、6回は流されているのにちっとも連絡がないので、娘の和子も「お父様は私達の事をお忘れになったんじゃない?」と嘆く。
岸枝は「そんなはずはないわ」と心細く話すが、
和子が「戦争が終わって3年。私達は生きていかなくちゃいけないから、私もお勤めに出るわ」 と力強く生きていかなくちゃいけないことを母や定彦に言う。定彦も和子が好きなので、応援すると声をかける。

信枝、勘治、綾、真知子が蘭子の店を訪ねる。勘治は「ここで一緒に行こうなどと言い出すヤツだったら殴ってやるわ」と息荒げる。
皆で卓を囲む。春樹は「今回は僕1人で行きます。ここで君が下手に動くと、また浜口さんに疑われるから」と冷静に対処する。
「僕達は一緒になる約束をしたじゃないか。ここは辛いだろうけど、
浜口さんは思い込みの激しい人だ。君が東京を離れると知れば、またどうなるかわからない。ここは離婚を勝ち取るまでの我慢だ」
とその場の状況や思いつきや気持ちで行動する真知子とは違い、とことん冷静に将来を見ている春樹であった。

つづく



200 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/23(土) 01:23:56 ID:CeqUEq1u
金曜日のあらすじどなたかお願いします。

201 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/23(土) 11:45:34 ID:jf6aUd/N
>>200
わかりました。この私が書かせていただきます。
他の方はかきこまないようにお願いいたします。

202 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/23(土) 23:45:36 ID:7LuHZhZV
金曜日
みんなではなしあった結果、真知子、春樹と志摩にいくことに。

土曜日
2人、志摩に向かってる。


以上。


203 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/24(日) 00:47:29 ID:ru9YJQYN
>>201
ヾ( ・∀・)ノ あらすじマダー?

204 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/24(日) 02:33:44 ID:diafoGD6
土曜昨日のあらすじをお願いします。
10分程見逃してしまいました。
1レスで詳し目だと嬉しいです。
3レス以上、詳しく書いていただけるならあらすじスレ2でお願いします。

205 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/24(日) 11:37:28 ID:BmET7Smx
>>202に追加。
土曜は勝則が綾を訪ねてきた。
綾は真知子から預かったお金を返しながら勝則を諭そうとする。
でも勝則は真知子を諦められず、彼女は一生僕の妻だ、生活費も
送り続けると言い張って聞かない。


206 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/25(月) 17:27:43 ID:5vnEGbcS
今日のあらすじをどなたかお願いします。

207 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/27(水) 01:08:58 ID:xPL8G65b
月曜
志摩の船着場の情景、そしてある婆さんが診療所に担ぎ込まれる。
診療所では悠起枝の見舞いに来ている謙吾。偶然居合わせた謙吾母が
まだ悠起枝と・・・と謙吾を叱る。
二人の間に入った女性が、奈美が出て行ってしまってお母さんも寂しいのだと謙吾をなだめる。

車中の春樹と真知子。
膝から落とした鞄を拾ってもらう春樹。真知子の高熱に気付く。
途中下車して、鞄を拾ってくれた男の案内で宿に泊まる。

208 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/27(水) 14:50:30 ID:1PV21MKp
>>207
ありがとう

209 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/28(木) 23:45:39 ID:F4ygL1bs
先週と今週月、火、木曜日今日のあらすじがないですね。。。

210 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/29(金) 00:14:28 ID:EUbrFSul
火曜
鞄に入れていた金が無くなった事に気付く春樹。
お金のためにカストリ小説の翻訳をすることに。

水曜
翻訳で金はもらえたが、目の前で原稿を破棄される。
嫌々書くような仕事をしてはいけないと諭される春樹。
そしてやっと志摩に到着。

木曜
悠起枝の病院。
謙吾から怪我をしたいきさつを聞く春樹と真知子。

211 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/29(金) 10:03:00 ID:apDsMtFJ
>>210
ありがとうございます

212 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/30(土) 08:50:27 ID:6GneiGgE
土曜日
春樹と真知子が春樹の両親の墓参り。
その後、春樹の母校を訪れると、恩師に会う。
春樹、真知子との事情を話す。黙って聞く琴乃と恩師。
春樹は真知子に、自分は東京に戻って、就職先を探す、と語る。
どうせ真知子が浜口にあっても対立するなら、自分が会ってとことんやり合った方がよい気がする、と言って東京に向かう。
真知子はゆきえが心配なので、志摩に残ることに。
春樹は、東京に向かう船の中から海岸の先に1人ポツンと座っている礼治を見つけて、驚く。


213 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/30(土) 11:52:09 ID:2G3oTCaq
9月29日金曜日
 真知子が旅館を出て磯島医院の前に来ると、病院の看護婦(?か、お手伝いさん?)のみどりが、真知子に駆け寄る。
東京に住んでいるのだから、笠木シズ子と知り合いではないかとワクテカして聞いてくる。会ったことはないと言うと不思議がる。
病院の中に入ると、春樹が悠起枝を支えながら、病院の廊下を歩いている。が、転んでしまう悠起枝。「春樹の支え方が悪いから!」「僕のせいですか?!」
ちょっと口げんかをする春樹と悠起枝のやりとりをほほえましく聞いている真知子。
楽しそうに会話している三人だが、話が謙吾のことに及ぶと、表情の曇る悠起枝。「謙吾さん、ここにはもうこないと思う」

水沢家。悠起枝に謙吾と会わないように言いに行ったという謙吾の母。「謙吾と悠起枝が、一緒にいたことを面白おかしくうわさする者がいる、それに、悠起枝は、金策に来たのだろう、あんた、うまいことだまされてるんじゃ・・?」

磯島医院。謙吾が母の言葉を悠起枝に謝りにきている。永島に借金を申し込んだのは、単なるいきがかりとか思い付きではない、それだけはわかってほしいとも言う謙吾。その話を偶然廊下で聞いていた春樹が、謙吾に頭を下げる。

旅館で真知子と春樹、謙吾の三人が食事をしている。そこへ謙吾の母が倒れたとの知らせ。
磯島医院に行くと、心臓が苦しくなった母が診察台で寝ている。浜で歩く練習をしていた悠起枝が、謙吾の母を運んできたのだという。
謙吾の母が悠起枝に頭を下げに来たときの気持ちがよくわかる、と言う悠起枝。自分も、西崎の義父や、永島に借金を申し込んだとき、少しも惨めではなかった。本当に守りたいものがあるとき、身を投げ出すのはちっとも惨めでないということがわかった。
そういう気持ちに気づかせてくれて、志摩へきて、本当によかった、とさわやかに言う悠起枝。
                                  つづく

214 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/30(土) 19:25:29 ID:r8FXsaRb
27日と28日の分、録画が残っていたので、>>210さんに補足して書きます。
27日水曜日
 浪漫タイムス編集室。カストリ小説の原稿を持ってきた春樹。編集長の天馬は、春樹の言い値でそれを買い取るという。
宿代、薬代と、質請け代とで、1500円ほど、と言うと、あっさり金を出す編集長。しかし、「買った以上はわしのもんだ」といい、
原稿をやぷってしまう。「どうせ、カストリ雑誌のエロ小説、そう思って書いたなら、読まされるほうは迷惑だ。
自分の書きたいと思うものを書け。いくら金のためとはいえ、身に合わんことはせんほうがいい」と諭される。
そして、入ってきたときとは違う扉のほうから出て行くようにという編集長。そちらの扉から出てみると、「天馬書房」という看板がかけてある。
二つの名前を持つ出版社の、しかし実態は同じひとつの部屋なのだった。思わず吹き出す春樹。
 
 春樹と真知子は、巡航船で志摩に到着する。面倒見のいい琴乃おばさんに案内されて、悠起枝の入院先の磯島医院へ行く。
玄関で呼びかけると謙吾が出てくるが、病室には悠起枝はいない。医師の手伝いをしているみどりに聞くと、
悠起枝は、どんなに止めても、どうしても行きたいところがあるといって、医者の目を盗んでは抜け出そうとしていたと言う。
 春樹は、姉にいったい何があったのか、謙吾に尋ねる。「ひさしぶりに悠起枝さんに会って、その夜の出来事だったんだ」・・・
(謙吾の回想)男たちに囲まれ、コップの酒を飲む悠起枝の姿・・・コップが割れて、悠起枝の叫び声が上がる・・・(回想おわり)
病院の玄関で音がする。春樹たちが出てみると、悠起枝が、玄関に倒れている。         つづく
     「あの頃、あの歌「憧れのハワイ航路」」
 昭和23年、てんやわんやという言葉が流行。アメリカ演劇が8年ぶりに上演され、ニュースでは海外の映像が流れた。
しかし、海外旅行は夢のまた夢。人々は食糧難、生活難の中で、はるかな憧れをこの歌に託していった。

215 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/30(土) 19:47:49 ID:r8FXsaRb
28日木曜日
 悠起枝が、医院に戻り、再び床についている。せっかく治りかけていたのに、また傷口が開いているという。
それはすぐ治るだろうが、足をひねっているから、退院しても歩くのに苦労するだろうという医者。
悠起枝の浴衣に入っていた懐中時計を、琴乃が真知子にわたす。その懐中時計は、謙吾のものだった。
(謙吾の回想)
 謙吾の勤める役場に悠起枝の前夫の父、西崎が、やってきて、悠起枝が借金の申し込みに来た、という。
西崎の家に二度とそういうことを言いにこないよう、説得してほしいといわれた謙吾は、
「悠起枝さんを追い詰めたのは、あんたたちやないか、あの手、この手で追い出してからに」と、
思わず大声で怒鳴る。
 一膳飯屋に、永島を訪ねて悠起枝が来る。そこでは、悠起枝が来ることを察した謙吾がすでに来ていて、
悠起枝を待っていた。やがて、永島がくる。五万円ほど貸してほしいという悠起枝。しかし、謙吾が、金時計を担保に、
自分に貸してほしいと、割り込む。永島は、コップ酒の一気飲み競争をして勝ったほうに貸すと言う。
コップの酒を飲み干す悠起枝。同じく一気に飲む謙吾。さらにまた、一気に飲む悠起枝。
次に注がれた酒を謙吾が飲もうとする前に、手を伸ばし、飲み干す悠起枝。「あたしの勝ちよ」
急に立ち上がり、永島につかみかかる謙吾。酒瓶がわれて、懐中時計も床に落ちて壊れる。
床のガラスの破片の上に倒れる悠起枝。(回想おわり)
謙吾の話を聞いて、謙吾に礼を言う春樹。いつの間にか、目を覚ましていた悠起枝が、
「謙吾さんのおかげで、金策がふいになったのよ」冷たい口調で言う悠起枝。
真知子が、悠起枝は、謙吾に謝っているのだ、と言う。悠起枝は、謙吾の時計を少しでも早く直そうとして、
時計屋さんに出かけたのだ。「そんな悠起枝さん、素敵だと思います」
しかし、悠起枝は、「帰って!お願い、みんな出てってちょうだい」と、暗い表情。    つづく

216 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/01(日) 00:48:16 ID:zn16ikPh
>>212
ありがとう
>>213-215
ありがとう、補足乙です。

217 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/01(日) 01:54:48 ID:7gLGg7OG
他に省略した箇所あったら教えて下さい。

218 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/01(日) 11:25:50 ID:LhZDdX7L
>>217
NHK朝ドラ再放送 あらすじスレ2
http://bubble4.2ch.net/test/read.cgi/natsudora/1154179681/

219 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/01(日) 12:18:57 ID:zn16ikPh
>>217
ずうずうしいご依頼はあらすじ2でやってね。
あらすじ2はあなたの為にあるんでしょ。

220 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/03(火) 23:07:08 ID:Nx9eIvKz
ID:zn16ikPhって例の認定荒らしみたいですね。
最初に認定荒らしかもしれないので、断っておきますが
私はID:7gLGg7OGさんではありませんので。

221 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/03(火) 23:07:59 ID:Nx9eIvKz
認定荒らしって?⇒>>115-117

222 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/05(木) 00:14:58 ID:rkbef2lr
今週のあらすじをお願いします。

223 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/10(火) 17:15:17 ID:edSdJSIx
今日は北チョソの原爆のせいで録画できませんでした
では昨日の粗筋を簡単に

代用教員として初登校 何時ものワンピース
里子ちゃんだっけ?ぶすーっとした貝殻首飾りの女の子に無視される
職員室に入ろうとして悪ガキの悪戯(足に紐)でバターンと倒れる
赤チン塗られて痛がる真知子
今度は木に登って降りてこないガキ
梯子をかけて2,3段足をかけたら紐で蛙を見せられてバタン!肘を擦り剥く
しかし意を決して苦手な蛙を手で掴みガキに返しにゆく
それを見て田舎ガキども 女先生やるじゃん!感心する 上手く行きそうなヨカーン

場所は変わってレイジさんと加瀬田さん
レイジさん飲んだくれ あんたとは話もしたくない
まぁそう言わずに あんたに会いに女性が来る
えっ? どっちの方ですか?
奥さんだった方だよ
ここで8時に待っている。メモを渡す加瀬田さん
終り

224 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/10(火) 17:46:41 ID:C8VhmUYy
>>223さんのために
分教場の女の子3人が、放課後真知子先生のハンドバッグの話題で盛り上がる。
   「あの中に何が入ってるんやろ?」
   
ゆきえの所へ、蘭子さん、見舞いにやってくる。
   蘭 子「見舞いは、口実で会いたい人がいるの。」
   ゆきえ「礼治さんでしょ? 真知子さんから聞いてるわ。」
   その夜、蘭子さんは、礼治さんを待つも、8時になろうが、9時になろうが
   待ち人来たらず。

   翌朝、真知子先生が学校に着くやいなや、
   「先生、けんかや!」
   真知子先生、玄関にハンドバッグを置いたまま、けんかの仲裁に。
   戻ってくると、一人の女子がバッグを腕にかけて、うれしそうな顔。
   真知子先生、にっこり近づく。
   教室にて
   「今日は、このバッグの中身を見せます。」
   コンパクト、手帳、ハンカチに包んだ貝殻…。
   里子、にっこり笑う。

   放課後、
   朝の女の子、真知子先生に
   「何でわざわざバッグの中身を見せたん? 
    私、バッグを盗ろうとしてたのとちゃうで…」
教室で一人たたずむ真知子のところへ、蘭子さんがやってくる。
   真知子「こちらが誠意を尽くしても分かってもらえないことばかり…。」
   蘭 子「私も。昨日礼治さんは、とうとうこなかった。」
   真知子「何か事情が、おありになったのでしょう。」
 
   ざっと、こんな感じでした!



225 :224:2006/10/10(火) 17:50:18 ID:C8VhmUYy
追加

真知子のバッグは、母からもらった物で、このバッグを持っていると
いつも母が近くにいてくれるような気持ちになれるそうです。

それから、蘭子さんは、里子の空襲の絵を見てました。

226 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/10(火) 23:50:47 ID:6lzg2vvc
>>223-225
ありがとうございます。
最近ずっとあらすじがなかったんですがここ数週間のあらすじ
お願いできませんか?

227 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/11(水) 08:21:53 ID:G6MKZxMw
今日のあらすじをお願いします。

228 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/11(水) 12:26:56 ID:ZVuxBiGk
10月11日(水)のあらすじ
春樹が真知子に手紙を書いている。
名古屋のひとたちは個性的な人たちばかりと紹介する。

下宿先の旅館→女将(山田昌で信心深い)、大旦那(賭け事好き)、姪夫婦。
きしめん屋→かけおち夫婦 質屋の虎男→お茶のお師匠でオカマっぽい。
天馬編集長→教科書出版とカストリ雑誌の編集長。

天馬は春樹にカストリ雑誌の営業をさせる。
不満をいう春樹に「これは戦後日本の荒廃を偵察するため」と言う。
「わかりました。戦後日本の荒廃をみてきます」営業に出てゆく春樹。
表に出ると、「なにが荒廃だよ」と、カストリ雑誌を童話の本に変えて、
営業開始。

東京の蘭子の店。荷物預かり所に調子のいい男が大きな荷物を置いてゆく。
文句を言う綾、男を見ておどろく。
自分がのんだくれて酒屋の主と間違え愚痴をこぼした空き巣。
預かり賃も払おうとしないのでさらに文句をいうと、
「おれを飲み屋と親父と間違えたともだちによろしく」といい、去ってゆく。
何も言い返せない綾。
「めずらしいね。綾さんがいいなりになるなんて」と梢たち。

営業がうまくゆかず落ち込む春樹に編集長
「君がきたくらいでどうにかなる出版社なら、とっくにどうにかなっとるわ」と大笑い。
そこへ下宿旅館の女将「色っぽいお客さんが来てる」

蘭子が春樹に真知子からの手紙をもってくる。
真知子、こどもたちと上手くいっている。絆創膏がふえた。
手紙を読んでいると、買い物にでかけた蘭子が血相かえて帰ってくる
オカマの質屋が追ってくる。「お姉さん、店の品物を勝手にもちだすな」
蘭子がもってきたのは、チエコが持っていたはずの真珠の首飾りだった。

229 :228:2006/10/11(水) 12:28:10 ID:ZVuxBiGk
簡易スレなのに長くなってしまいました。すみません。

230 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/11(水) 14:14:07 ID:BkeBpW2J
224の中の人は228さんなのですね
二日にわたりご苦労様ですm(_ _)m


231 :224:2006/10/11(水) 14:28:52 ID:+Hb17Zrb
>>230
228さんとは、別人ですよ。
昨日は、本当に困ってる人がいたから、つい書いてしまったけれど…。
228さんは、本当に心優しい人みたいです。

224は、本スレで、「あらすじくれ」さんと今日けんかしてしまいました。
要求され続けると、怒りがわいてきて…。
短気なのです。

232 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/11(水) 18:33:44 ID:G6MKZxMw
>>228-229
1書き込みならここでもいいのでは。
本当にありがとうございました。
書いてくれてた人もいたのに荒らしが何かと暴れるので難しい側面もありますね。
宜しければ、あらすじがない空いてる日も簡易の>>6くらいでいいので
お手すきのときにお願いできたら…と思います。

233 :228:2006/10/11(水) 18:57:54 ID:ZVuxBiGk
あらすじは今日はじめて書きました。
むずかしいですね・・・。簡潔に書くほうが難しいかも。
慣れですかね〜。
君の名スレでは新参者です。
途中見てなかったのですが、名古屋編ではまってしまって。
どこのスレに書いたらよいかわからないのですが、
録画が残っていたら、ない日のぶんも挑戦してみます。
本スレでは感想を書きますね。

234 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/11(水) 20:00:57 ID:4rOuaRow
>>232
ごみ、キチガイが一人前にPCたたいてんじゃねえんだよw

糞尿くせんだよ。ごみ、病院でてめえを処分せいや、キチガイごみ

235 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/11(水) 23:59:08 ID:G6MKZxMw
>>233
ありがとうございます!
書きやすい方でどちらでもいいです。
まとめるより長い方がよければこちらで。
ご無理のない程度に宜しくお願いします。
NHK朝ドラ再放送 あらすじスレ2
http://bubble4.2ch.net/test/read.cgi/natsudora/1154179681/455


236 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/11(水) 23:59:59 ID:G6MKZxMw
荒らしについては>>115-117だそうです。
粘着な人がいて自分でやらずに荒らし要請しにいってるみたいですね。

237 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/12(木) 14:07:02 ID:eHn6NSZN
10月2日(157回)
 春樹はひとり、東京へ戻り、蘭子の店を訪れた。修三も来ている。店の借金も何とかなりそうだという話をしている。
 そこへ、綾が、たくさんの荷物を背負った担ぎ屋の女たちを引き連れて、やってくる。一個50円で荷物を置かせてほしいというのだ。
その女たちのたくましさに、驚く修三と春樹。春樹は、志摩で美村礼二を見かけたと修三に話す。ついたての裏で、その話が耳に入る綾。

 役所の広報室。勝則が部下たちと忙しそうに働いている。印刷所がストライキをしている、ということで、騒然となった広報室の者たちは、
勝則も含めて全員が出かけて広報室には誰もいない。そこへ、二時に勝則と会う約束をしていた春樹がやってくる。
春樹は、広報室で勝則を待つ。・・・時刻は五時四十分、春樹はひとり、広報室で夕焼けを眺めている。勝則が帰ってくる。
 この広報誌は自分の自信作だと見せる勝則。「君にはこういうものがあるか?」
自分は地位も、実績も、真知子も失いたくない、真知子は君に渡さない、という勝則。
真知子さんは、あなたの人生を彩る勲章じゃない、彼女の幸せを願う気持ちは誰にも負けない、という春樹。

 蘭子の店の前。「泊まっていけばいいのに・・・」帰ろうとする綾に蘭子が声をかける。
「離れっぱなしの影法師、見つけたら会いにいく?」蘭子に聞く綾。
「どうもしないわ。あなたなら?」綾に聞く蘭子。
「会いに行ってみようかな。今度こそ、しっかり捕まえて。・・・冗談よ」そういって帰っていく綾。
                     157回終わり。

238 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/12(木) 14:38:05 ID:eHn6NSZN
10月3日(158回)
春樹と修三が、雑炊屋に来ている。名古屋での就職を考えていると言う春樹。
修三は志摩へ、美村礼二のことを確かめに行ってくるという。

そのころ、志摩では、真知子が一人きれいな自然の景色の中を歩いていた。そこへ、分教場の子供たちと先生がスケッチに来る。
おなかの大きい女教師は、来月が出産予定だという。真知子の足元に、女の子の帽子が飛んでくる。それを拾って手渡す真知子。
その女の子は、貝殻のネックレスをしている。真知子がネックレスに触れようとすると、振り払う女の子。
その顔は・・・視聴者にはおなじみの蘭子の娘、千枝子。しかし、真知子は千枝子を知らない。千枝子は、「里子」と呼ばれているらしい。
 さて、別の子供が転んで泣き出し、真知子が負ぶって分教場までつれて帰ることになる。
分教場の教室に入り、オルガンを弾き始める真知子。入り口で、そっとのぞいている少女、里子。真知子が気づくと、逃げていく。
 教員室で、表に出ようとしない悠起枝のことで、草薙校長に相談する真知子。
悠起枝の気持ちの傷は、自分で治すしかない、誰にも代わってやることはできないのだ、と真知子に言う草薙校長。

 翌日、磯島医院の悠起枝の病室にやってきた、草薙校長。「意地の張り方間違えると、苦労が増える。気をつけんと」と、諭される悠起枝。

 真知子が「みなとや」商店に来ていると、松葉杖をついた悠起枝が、やってくる。「少しずつ鍛えないとね」明るい表情になった悠起枝。
分教場のオルガンの上に置いてあったという、大きな貝殻を手渡す悠起枝。それは、里子から真知子への贈り物だった。
                            158回終わり

239 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/12(木) 15:04:35 ID:eHn6NSZN
10月4日(159回)
 就職を求めて名古屋にやってきた春樹。浪漫タイムス出版社をやめていく従業員の男と、編集長にかち合う。
捨て台詞を吐いて、去っていく男。向かいの食堂できしめんを食べながら、天馬編集長に雇ってほしいと、頼む春樹。
今夜、7時までにひとつ広告を取ってきたら雇ってやろうという編集長。
見知らぬ土地で、春樹の話を聞いてくれる者はなく、困り果てていると、食堂の主人が那古野旅館の女将に頼んでみたら、と言ってくれる。
 那古野旅館の女将は、心当たりを紹介してくれる。「六時。時間も遅れたらあかんよ」

 食堂。編集長が、春樹を待っている。約束の時間が近づいているのに、春樹が戻ってこない。
 そこへ、那古野旅館の女将が血相を変えて飛び込んでくる。ものすごく怒っている様子。紹介した所に時間になっても、春樹が現れない、というのだ。
やっと、戻ってくる春樹。何の言い訳もせず、「申し訳ございませんでした。道に迷ってしまって・・・」お辞儀をして、出て行く春樹。
 食堂の裏から、那古野旅館の遊び人亭主が、女将が来ていることを知らずにこっそりやってくる。賭博をして、身ぐるみはがれて逃げ出してきたと、ばつが悪そうに言う。
たまたま通りかかった春樹を拝み倒して、一緒に逃げてもらった、と。
 浪漫タイムス編集室に、春樹が「ご迷惑をおかけしました」と、荷物を手に出て行く。
「じゃあ、元気でな。また、どこかで出会うこともあるだろ」と、編集長。春樹が、浪漫タイムスを出て、廊下に出ると、天馬書房のドアを開けて編集長が顔を出す。
「こっちの試験はまだ済んどらん」
                         159回終わり


240 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/12(木) 15:31:05 ID:eHn6NSZN
10月5日(160回)
 志摩。悠起枝が外出しているときに、長島の使いの者が、悠起枝への見舞いだといって、風呂敷に包んだ札束を持ってきた。
 真知子は、それをどうしたものかと相談するため、謙吾の役場にやってくる。折りしも修三も、美村礼二の消息を尋ねて、役場に来た。
修三は、自分がその札束を長島に返しに行くという。

名古屋。那古野旅館の向かいの質屋から、オカマの店主が出てきて、春樹がいつまで編集長のところで仕事を続けられるか賭けをしようと女将に言う。
食堂「尾張屋」では、春樹の就職を祝って、那古野旅館の女将のオゴリで、編集長たちがきしめんを食べている。
「あの女将は、性根の方は文句なしの天下一品だ」と、編集長。
那古野旅館の春樹の部屋。女将が春樹に「編集長のことをよろしゅうお願いします」と、手をついて頭を下げる。
「僕は、天馬さんという人に惹かれて、ここへきました。これからよろしくお願いします」春樹もまた、頭を下げる。

志摩。夜になって、修三が、長島を訪ねる。一膳飯屋で花札をしている長島。
「悠起枝さんがいただいたもの、お返しに上がりました」それから、美村礼二の消息を長島に尋ねる修三。しかし、知らないという長島。
 突然、ドアを開けて真知子が入ってくる。「加瀬田さんが心配で・・・」
あわてて、真知子の手を引き、走って帰っていく修三。
 磯島医院。診察室のベッドの上で寝ている真知子。修三のところへ来るときに、勇気づけに薬用アルコールを飲んだらしい。
「このお嬢さんは、時々、目の離せんことをするで・・・」と呆れ顔の医者。
「春樹君が好きになる気持ち、わかるような気がする・・・」大声で笑い出す修三。
                          160回終わり

241 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/12(木) 15:38:12 ID:eHn6NSZN
あ、今日はもう時間がありません。どなたか、6日7日書ける方がいらしたらお願いします。
いらっしゃらないときは、また後日、書けたら書きます。(確約は出来ませんので、あしからず)

242 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/12(木) 17:55:27 ID:xX2Qjf4b
>>237-241
お疲れ様でした。申し訳ありませんがどなたか今日のあらすじを書いていただけませんか?

243 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/13(金) 00:01:12 ID:EhD/hV7k
>>240
ありがとう。見れなかったので助かりました。

>>242
えーと>>228の続きですね。

10/12の分

真珠の首飾りを返してもらおうとするオカマの質屋だが、蘭子は手放さない。
空襲で生き別れになった蘭子の娘と首飾りの話をする春樹。
首飾りを質屋に持ち込んだ男の身元は言えないが、また来るという話をしていたので
その時は連絡すると質屋。

東京の勝則。部下に仲人をと頼まれるが、妻の具合がまだ良くないからと断っている。
部下と入れ違いに、勝則に客が来る。
本間に、勝則なら仕事を世話してくれると聞いてやってきたという、加瀬田の娘。(名前失念)
女は花嫁修業でもしろという勝則に、軍人の良き妻だった母は父の帰りを待っているが
生活が厳しいのだと現実を話す。

営業から帰ってきた春樹は落ち込んでいる。
お金のためにカストリ雑誌の営業に行ったのに
警察の手先と疑われて、1冊も売れなかったと聞き、皆大笑いする。
そこへ蘭子が、オカマの質屋から本の注文をもらってきた。

夜、屋台。勝則が学生時代の友人である弁護士と待ち合わせ。

つづく

244 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/13(金) 08:46:27 ID:2VEzMh7a
ライターさん乙です。
誰か今日のあらすじ宜しくお願いします。

245 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/13(金) 19:35:07 ID:4rhBRCgo
10月6日(161回)
 磯島医院の裕起枝の部屋に修三が来ている。長島から見舞金が届いたことを初めて知らされた裕起枝。
あの男(長島)と出会ったのも、裕起枝が借金を頼んだのも因縁なのだろうか・・・と話す修三と裕起枝。
 場面変わって、謙吾の役場。修三が、志摩での就職を世話してもらうために来ている。謙吾はなにやら、
修三と裕起枝との仲を心配している様子。「(裕起枝とは)なんの関係もありませんよね・・・?」と、
謙吾から遠慮がちに聞かれて、思わず咳き込む修三。
 謙吾から、養殖真珠の仕事を紹介してもらい、その仕事場へ謙吾とともにやってきた修三。
そのとき、一人の男がスパイと疑われて連れてこられる。みると、美村礼二である「この人は怪しい人じゃない。
銀座で、真珠店を経営していた人だ」と、修三。
 氷屋で、修三と礼二が向き合って座っている。礼二はかたくなな表情のままである。荒れた様子で酒を飲み、
「これ以上かまわれるのは迷惑です」、そういって去っていく。

 真知子が倒れたと聞いて、水沢家に草薙校長が見舞いに来る。茶の間で謙吾の母と話している校長。「二日酔いとはね・・・」
 真知子の部屋には、すでに修三が来ていて、礼二に会ったことを話している。
礼二にその気がないなら、(蘭子と会う気がないなら)自分には何もできない、という修三。
真知子の「両親を亡くし、兄弟もない私は、一人ぼっちです。どんなに遠くても、自分を待っている父や母がいたらどんなに心強いか・・・。
    蘭子さんに知らせてあげてください」と、修三に言っている言葉が、校長に聞こえてくる。

 東京。蘭子の店。担ぎ屋の女たちが、綾から手入れの情報を聞き、あわただしく荷物を背負って出て行く。
急にスッカラカンになった蘭子の店。
蘭子に、礼二のところに行くように勧める綾。「行くのよ。あなたが行かないで、誰が(礼二さんを)見つけてやるの?」

 そのころ、志摩では、校長が真知子を訪ねてきていた。
「代用教員?私がですか?」           161回終わり

246 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/13(金) 19:53:16 ID:4rhBRCgo
10月7日(162回)うーん・・この日の分は長くなりそうだけどな・・・。

 草薙校長の持ってきた話は、真知子に代用教員を頼めないかというものだった。
 磯島医院の裕起枝の部屋で、みかんをむいている真知子。「どうして断ったの?自身がない?」と、
裕起枝に問われてうなづく真知子。「はじめから自信のある人のほうがおかしいんじゃないかしら」
自分も教員になりたかったが、父に反対された。自分の意思を貫き通さなかった弱さが、結局、こういうことになった・・・と、言う裕起枝。
 真知子の足は、ひとりでに分教場に向かっていた。教師という仕事に興味がないではなかったが、やはり、自信がなかった。
教室でオルガンの前に座り、「あかとんぼ」を弾く真知子。そっと近づいてくるのは、貝の首飾りをした、あの、里子という少女。
真知子が、里子に気がつくと、里子は逃げようとする。「きれいな貝殻ありがとう」と声をかけるが、走り去る里子。
 教室に貼り出されている子供たちの絵を眺める真知子。そのなかに、黒と赤に塗りつぶされた絵が、一枚ある。
「それは、内野里子の絵や」いつの間にか草薙校長が立っている。里子は、内野夫婦の実の子供ではない、船着場で泣いていたのを
拾ってきて育てているのだという。その絵は、どこぞの空襲の絵らしい、よほど、怖い目にあったらしい、と校長。
 そして、代用教員の話を、考えてほしいと言う。どこかで、自分を待っている人がいたら、どんなに心強いだろう、と
言っていた真知子の話を聞いてしまった、「たとえば、あんたが、誰かのためにそういう人になってやること、できるんとちゃうか?」

 就職を知らせるため、春樹が志摩へ戻ってきた。水沢家座敷で、春樹、真知子、ほか数人で食事会。謙吾母は、なぜかぶりぶり。
春樹が名古屋で就職してしまったら、婚約者である春樹と真知子は、もう一生会えないかもしれない、少しでも、二人きりにしてやろうと
思いやる人はおらんのか、そう言って、大声で泣き出す謙吾母。

 

247 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/13(金) 20:04:19 ID:4rhBRCgo
246続き。
 東京では、綾が、ふと、とある飲み屋に入っていく。
カウンターに座り、店の主人に愚痴をこぼす綾。
「自分の男を別の女にゆずった女がいてさ・・・。でも、誰もあたしのこと、ほめてやる人いないじゃない?
だから、自分に言ってやりたいじゃない?よくがんばったね、よく決心ついたね、って」
そこへ、奥から、本当の店主があらわれる。どうやら、さっきから、店の主人のように振舞っていたのは、
空き巣のようである。金をカウンターに置き、「その酒、俺のおごりだ」と、言いながら逃げていく。
「あたし、空き巣に愚痴こぼしてたの?」ボーゼンとする綾。

 志摩へ向かう列車の中には、蘭子の姿があった。夫、美村礼二と再び会うために・・・。

 志摩の朝。水沢家台所で、真知子が食事のしたくをしている。
起きてきた春樹は、「なんだか、その姿・・・」と、エプロン姿の真知子を見て、ちょっと照れる。
「手伝います」腕まくりをして、真知子と一緒に台所に立つ春樹。
「わたし、分教場の話、受けてみようと思います。どうなるかわからないけど、できる限りのことをしてみようと思って・・・」
という真知子に「がんばって」と答える春樹。
火にかけた鍋がふきこぼれて、あわてる二人のツーショット。
                        162回終わり。      

248 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/13(金) 23:42:41 ID:dERid+2Z
>>243
どうもありがとうございました。
>>245-247
お疲れ様です。あらすじない日って多いですよね。

249 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/13(金) 23:57:08 ID:+UwrK2RL
お前は巣に帰れ

250 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/14(土) 09:25:53 ID:aCf3WzkH
>>248
えーっ、7月24日の分から10月12日分までのあらすじは、
この簡潔スレ、および、詳細あらすじスレ2のどちらかを見れば、全部あると思うよ。
見事なもんだ。てか、「あらすじ、あらすじ」って言うからには、ちゃんとチェックしてから言いなよ。
>>152さんの貼っているリンク先を見れば、かなりわかりやすい。
 だからさ、簡潔スレと、あらすじスレ2を分けてるのは意味ないんじゃないの?
ここで詳しく書こうとすると、「ライターさんがお約束を破るのはまずいと思うんですけど・・・」なんて
言われるし・・・

251 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/14(土) 11:35:53 ID:+HWpCbQy
スレが分裂してしまったのは詳細あらすじを書く人と要望する人に
粘着する基地外が現れてからだからね。
そういう粘着がいなければ、あそこのスレだけで充分だったと思うよ。
巣に帰れっていう人がその一人じゃないの?

252 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/14(土) 11:41:10 ID:+HWpCbQy
そこのリンク貼っている人も問題の人じゃないの。
わざわざそこを出すって・・・
こことあそこのスレから勝手に拝借してるからね。

253 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/14(土) 11:53:00 ID:Ge7daBkX
あなたみたいなおかしな人がいないから、見やすくてありがたいですよ

254 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/14(土) 12:07:03 ID:elSjkrTa
>>250>>251
それならあらすじ2の削除依頼だせばいいんじゃないの。
どうせ全く機能してないんだし、
ここはかろうじて日々あらすじが書かれてるからスレはここで十分。
だいたい毎日長々とした詳細あらすじを書かせようってのに無理がある。
あんまり我侭いうなよID:+HWpCbQy

255 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 19:44:37 ID:lVW+3F6V
ID:Ge7daBkXって隔離外部板の人でしょ。何でここでレスしてるの?

256 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 19:46:25 ID:lVW+3F6V
あらすじライターさん、基地外は放っておいて
2006/10/13(金)、土曜日昨日のあらすじをお願いします。

ここでも詳しいあらすじ2でもいいですよ!
>>246-247みたいに長くなってしまうのはあらすじ2でいいと思います。

257 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 20:53:30 ID:9W19l1Bn
骨髄ちゃん乙

258 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 22:41:21 ID:bEC7Tyru
志摩編に入ってから、ゆっくり見られない日が多かったので
>>228の人物紹介助かります。

259 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 23:20:58 ID:d6sjuoXr
>>255-256
ID:lVW+3F6Vってあらすじ2スレの粘着クレクレの人でしょ。
なんでここでレスしてるの?
あらすじ2でひたすら詳細あらすじを待ってればぁ?

260 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 23:46:54 ID:lVW+3F6V
とうとう基地外が出没しましたね。
ID:9W19l1BnはID:d6sjuoXrでしょ。
あすかスレという大分前の時から荒らしているという基地外。

認定荒らしって?⇒>>115-117

気持ち悪いですね〜、骨髄認定荒らしって。


261 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/16(月) 00:03:30 ID:PMaVc7V3
>>260
ゴミ、駄目だねえ。人間の世界にでてきては。消滅しなさい、人に迷惑かけずに。
すべてが低下層のゴミくず。消えろよねwwwww くさいんだよ。恥さらしwwwwwww

262 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/16(月) 15:43:27 ID:McD6RWdo
13日(金曜日)
 雨の降る夕方、屋台で勝則が、弁護士の友人と会っている。
妻に同居請求を突きつけ、相手の男を訴えたい、と言うが、弁護士が、失うものも大きいぞ、と言う。
「いや、いいんだ、忘れてくれ」勝則は雨の中を急ぎ足で立ち去っていく。

 浪漫タイムス編集室。
今月の売り上げもカストリ雑誌に当てると言う編集長の方針に、春樹は反発、
「僕は新しいカストリ雑誌を作るために働いているんじゃないんです」
と言って、編集室を飛び出す。下宿先の那古野旅館に入るときに女将に出くわす。
「どうしたの?おそぎゃあ顔して・・・」

東京、勝則の役所広報室。加瀬田修三の娘、和子が雇ってもらえたらしく、働いている。
先日の弁護士から、今夜会おうと、勝則に電話がかかってくる。

 那古野旅館の春樹の部屋。
くさって寝ている春樹のところに女将が来る。
あんな編集長のところにいたら、ろくなことはない、家賃は払わん、
新入社員に無理やりカストリ売らせるし・・・などと、わざと、編集長の
悪口を並べ立てると、春樹がムキになって編集長をかばう。
 どうやら女将の思うツボ・・・?
 「ごはんよー」と呼ぶ声は、なんと蘭子。女将に頼んで、手伝わせて
もらっているらしい。蘭子は、ここで、千枝子の行方を捜すつもりだと言う。
梢たちにそのことを伝えに、いったん東京に戻ってくると言う蘭子。
 ご飯を待ってもらって、編集室に戻った春樹、編集長に謝る。
「きみは、すばらしい本を作るのにカストリで儲けるのもしかたない、
とりあえずカストリ、と思ってるかも知れないが、それは違う。
カストリは、自分の道楽だ、わくわくするようなカストリが作りたいと
思っている」と言う編集長。そして、「そろそろ、君にも道楽をしてもらわんと。
社会科の教科書を作ってもらいたい」と言う編集長。

 

263 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/16(月) 15:47:15 ID:McD6RWdo
262つづき
 東京、再び、屋台で弁護士と飲んでいる勝則。
 どうやら、勝則と真知子のことを調べだしてきたらしい。
「俺にまかせろ。厚生省のエリートに傷がつかないように、
ちゃんとしてやるって」

 しかし、そのころ、真知子は、勝則の思惑とは別に新しい受難の時を
迎えようとしていた。
志摩。分教場に憲吾母が来ている。
「あんた、人の奥さんやて、ホンマかいな?」     つづく。

264 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/16(月) 16:55:47 ID:pQFpGcZR
>>262-263
乙でしたー。でもそれぐらい詳しいならあらすじ本館でもいいような気がしますけど・・・
今日のあらすじないか見にきてみました。
ないですねorz

265 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/16(月) 22:50:27 ID:lfPDE8vV
もっと詳しいあらすじを書いてください。
こちらでも本館でもいいです。 by骨髄ちゃん

266 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 18:09:47 ID:sSKV3Vzv
昨日、10/16(月)

引越しを済ませた真知子。
学校では、家が飲み屋の女の子が母親のことをからかわれて喧嘩。

真知子が引っ越した事情について母を問い詰める謙吾。
東京に旦那さんがいるような訳ありの人を置いておくのは、近所の手前困るので
真知子が出て行ってくれてホッとしたという謙吾の母。

悠起枝は東京へ戻る決心をする。
謙吾は悠起枝に「荷物は病院から湊屋へ運んだ。船の切符も買った。
帰るならこの切符を使ってくれ。もしここに残るなら、湊屋で部屋を貸してくれる。」

悠起枝は船着場まで行くが、東京には戻らず残ることに決めた。
真知子と一緒に湊屋での生活が始まった。

つづく

267 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 23:47:26 ID:gozRak6S
>>226
乙でした。
今日の荒らしはID:lfPDE8vVですね。
年季の入った荒らしが骨髄と書き込むので一目でわかりますね。
今日のあらすじもあるといいですね。

268 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 00:06:31 ID:bFwIcW6V
10/17(火)の分

保護者たちの間で真知子のことが噂になり始め、学校に真偽を確かめに来る保護者もいる。

学校を休んでいる子供が数人、病気ではなく家の手伝いのためだと知り
放課後、様子を見に行く真知子。
里子の家の前で、長島に声をかけられ驚く真知子。

翌日も、保護者が学校へ真知子から本当のことを聞きたいとやってくる。
放課後に話をする場を持つことになったのだが
教室に里子がいない。里子は長島と一緒に外へ行ったと聞き、真知子は授業を
他の先生に頼んで後を追いかけ、放課後になっても戻ってこない。
一方、真知子は浜島まで来ていた。

つづく

269 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 06:39:05 ID:kUD3Vrrv
>>267
最近はレスがパターン化しててつまらん。
もっと香ばしいのをお願いします。

270 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 23:01:53 ID:Qh6rER7W
>>269
おい、キチガイにえさやるなよw
放置しておけば、実社会でなにか事件おこして消滅するからさ、相手にするなってww
でも、こいつの保護者って何やってんだろうね。キチガイ野放しにしやがって。


271 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 23:58:22 ID:ffwwjEDm
>>268
乙です。
今日のあらすじもお願いできませんか?

272 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 00:10:21 ID:GZBzrbYl
>>271
恥しらずなやつだな

273 :269:2006/10/19(木) 03:19:36 ID:b875gysN
>>270
基地外にえさ、お花畑に肥料ww
まあ、骨髄ちゃんの保護者だから(ry

でも骨髄ちゃんってさ、あんたにはムキになってレス返すのに、
他の人にはスルーが多いんだよな。

274 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 12:18:58 ID:Gr+IysUZ
10月14日(土曜日)
 分教場玄関に謙吾の母が来ている。「あんた、人の奥さんやてホンマかいな。そんな風に言ってきてるもんがおったもんで」
「申し訳ありません」深々と頭を下げる真知子。真知子と春樹の関係がうわさになりつつある。フサのひとことが、真知子を不安におとし入れた。
 真知子は職員室で、名古屋の春樹に長距離電話をかけようとしている。そこへ、ロクマル(六助)が目を回したと言って、子供が先生を呼びにきた。
六助は、空腹のあまり、倒れたらしい。真知子は、卵売りから、卵を一個買って、六助に食べさせることにする。卵は一個10円である。
財布がからっぽになって、真知子は長距離電話をあきらめる。

東京の役所の応接室に、加瀬田和子の母親が来ていた。母に反発する和子。
上司の浜口勝則が、「心配して、様子を見にきてくれたお母さんをもう少し思いやって・・・」
と言うと、母は「課長さん、娘をよろしくお願いいたします」と頭を下げる。

 礼二と会うために志摩へ旅立っていた蘭子が、東京へ戻ってきた。
千枝子の行方を捜し、礼二ともう一度再会するため、名古屋へ行くと告げる。寂しがって反対するあさ。
「あたしは、けっしてあんたたちを捨てるためにここを離れるんじゃない。これまであたしのしてきた、
いいこと、悪いこと、全部引き受けるときがきたの」そして、綾に「後のこと、よろしくお願いします」
と頼む。
 そこへ、近所のガキ大将を連れた母親がやってくる。その子供が俊樹のグローブを取り上げたことを謝りにきたのだった。
そして、同じグローブを作ってやってほしいと言う。綾がOKすると、大勢の子供たちが歓声を上げて入ってくる。

 志摩。裕起枝が、磯島医院を退院するため、荷造りしている。そこへ真知子が来て、荷造りの手伝いをする。
「私、出ようかと思って・・・謙吾さんのお宅から」
裕起枝は予感していた。春樹と真知子にこれから訪れるきびしい試練を。誇りを捨てずに生きることのむずかしさ。
二人の歩いていく道は、自分の道でもあった。
                           つづく。

275 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 23:55:14 ID:SvluRB1b
>>274
ID:GZBzrbYlID:b875gysNという荒らしがきていますがあらすじ乙カレーです。
今週のない日もあらすじがあるといいですね!
今日と昨日がないのかな?

276 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 00:41:06 ID:9y8Zilty
>>275
どうして、そんなにあらすじが知りたいのかな?
別に一日二日なくたっていいじゃないですか。それともあなたの中で何か特別なことでもあるのですか?
気持ち悪すぎますよ。

277 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 01:05:21 ID:KmDUeAfv
>>275
他人に頼んでばかりではなく、たまにはご自分でも書いたら如何ですか?

278 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 01:35:14 ID:4taPFlfK
>>275
あなたはあらすじライターへの感謝の言葉も全くないまま(「乙です」なんてのは感謝のかけらもない)、
「もっと詳しく」を連発しています。
だから、もっと香ばしいレスでみんなにネタを提供してください。お願いします。


279 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 22:14:34 ID:gHZ1QAjg
認定荒らしのことが書いてある>>115-117
認定してなくてもID:9y8Zilty、ID:KmDUeAfv、ID:4taPFlfK同じですね。
荒らしがいるとあらすじライターさんがいなくなる。
悪循環ですね。

280 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 22:54:18 ID:UVHKpNgp
あらすじの順番が前後してるのでちょっと整理

10/2〜 >>237-240>>245-247
10/9〜 >>223-225>>228>>243>>262-263>>274
10/16〜 >>266>>268

281 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 23:57:12 ID:gHZ1QAjg
>>280
わかりやすくなっていいですね。
詳しいあらすじ今日のをお願いしています。
NHK朝ドラ再放送 あらすじスレ2
http://bubble4.2ch.net/test/read.cgi/natsudora/1154179681/
上記でお願いしますm(__)m

282 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 09:34:57 ID:9/eS7z3w
今日のあらすじお願いします

283 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 15:07:54 ID:H6h6E9JN
10月18日水曜日(171回)
分教場。放課後、真知子の話を聞くために待っていた保護者たちが、真知子が出かけてしまったことに憤慨する。
 そのころ、真知子は、里子の行方を追って、浜島の小料理屋にいた。店の中には、里子と長島が並んで座っている。
真知子が里子を連れ戻そうとするが、里子は戻ろうとしない。ここにいたことは、黙っていてほしいと真知子に頼む里子。

 真知子が学校に戻ると、保護者たちはもう真知子の話を聞こうとせず、帰っていく。
「あんたはわしたちの信頼を裏切ったんや」
 真知子が教室で里子の机をながめていると級長の瑞江とマンザイが栗を拾ってきて、真知子に分けてくれる。
代わりに栗ご飯をご馳走すると約束する真知子。

 そのころ、春樹は、名古屋で忙しい日々を送っていた。
旅館(春樹の下宿)の女将が、春樹の部屋にはいってきて、
休みの日も、夜も出かけている蘭子に春樹のほうから注意をしてほしいという。
 そこへ蘭子が戻ってくる。女将に言われたとおり、少し自重してほしいと蘭子に言う春樹。
その場に居合わせた編集長が、蘭子を動物園や名古屋駅で見かけたと言う。
蘭子はただ、ぶらぶらと遊び歩いていたのではなく、子供を捜していたのだということを察する春樹と女将。

 みなとや商店。真知子たちが、級長たちを待っている。やっと、やってきたのは瑞江ひとりだけ。
しかし、来られなくなった、という。瑞江を連れ戻しにおばあさんが追ってくる。
「性の悪い先生のとこにおったら、どんな子になるかわからん、ってみんなが言うとる」と言われ、
「級長さん、おかえりなさい。おばあちゃんが待ってるわ」と真知子は、瑞江を帰すことにする。
真知子の言葉に驚いて、ぷいっと帰っていく瑞江。
つづく。

284 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 15:26:41 ID:H6h6E9JN
10月19日木曜日(172回)
分教場。「みんな、宿題してきた?」なんとなく、しらーっとした雰囲気の子供たち。里子は今日も休みである。

みなとや商店に突然春樹がやってくる。
新しい社会科の教科書を作ることになり、その取材に来たという。真知子と裕起枝が、一緒にここに住んでいることを知って驚く。

 分教場を訪ねた春樹。真知子は、生徒のうちに出かけていていない。
 真知子は内野の家にいた。もう一度、(真知子と春樹のうわさについて)きちんと説明をさせてほしい、と頼むが、内野は、
海で働いている自分たちは真剣勝負だ、そうでないと命をおとすことになる。自分たちの仕事にもう一度、ということはない、と言う。
その言葉に打ちのめされる真知子。

 真珠小屋で働いている修三の所に来た春樹。
若い男たちが、真知子のことをからかい、また、内野も来て、「(真知子には)二度とうちへ来てほしいない」と言う。
人妻らしい、といううわさが広がって、真知子が苦労していることを知る春樹。

 分教場に春樹が来る。教室で真知子がひとり、オルガンを弾いている。曲は「里の秋」
弾き終わると立って、春樹に近寄る真知子。「おかえりなさい」
英虞湾の見える丘に登っていく真知子と春樹。
「どうしても苦しいときは、必ず僕を呼んでください。あなたを守るためなら、
全力を尽くすつもりの人間が、一人でもいるってことを忘れないで」と、言う春樹。
つづく。


285 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 16:04:04 ID:H6h6E9JN
10月20日金曜日(173回)
土曜日の午後、文楽を復活させる村の青年会の集まりのため、謙吾が国分寺に来ている。
春樹と真知子もいる。そこへ、幼馴染の青年たちが、やってくる。また、裕起枝もやってくる。
その青年たちのひとりが、悪気はないものの「うちら、東京の旦那のことなんか、ちっとも気にせんで」と、
言うと、気まずーい雰囲気が広がる。それに気づいて、ばつが悪そうに帰っていく青年たち。続いて、裕起枝も
「あたしもそろそろ帰ろうかな」と、出て行くと、謙吾もあわてて裕起枝を追う。

 裕起枝と謙吾は、分教場に来た。自分に近づかないで「謙吾さんといると、まともでなかった自分をよけい知らされる」と言う裕起枝。

一方、真知子は、裕起枝の気持ちがわかる、と春樹に言う。裕起枝は、謙吾の重荷になりたくないのだ、
好きな人の迷惑になるって、とってもつらいのだ、と。
春樹は、明日の取材に一緒についていってほしいと、真知子に頼む。

翌日、志摩の「働く女」の取材のため、海女小屋に来た春樹と真知子。
しかし、取材を断られる。

 みなとや商店。春樹、真知子、裕起枝がいるところに、ガラの悪い男たちがからんでくる。
「一人は曖昧宿、一人は人妻!」
「そういう言い方ないやろ」喧嘩になる春樹と男たち。
「いいかげんにしなさい!」凄みのある声で、裕起枝が立ちはだかる。
「人のことばかり、よく言うわね。誰にだって触れてほしくない傷の一つや二つ、あるんじゃないの!?
人の傷口ひらいてみるってことは、それ相応の覚悟があってのことなんでしょうね?!」
と啖呵をきる裕起枝。
すごすごと帰っていく男たち。男たちがいなくなると、その場にへたりこむ裕起枝。
謙吾に支えられながら、家に入っていく。
真知子は「今日はありがとう、うれしかったわ」と、春樹に言って、二人見つめあう。
つづく。

286 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 16:22:46 ID:H6h6E9JN
10月21日土曜日(174回)
志摩での仕事を終えて、春樹は名古屋に戻った。
 
 修三が、浜島の小料理屋に長島を訪ねてくる。礼治の消息を聞きに来たのだった。
里子も長島に会いに来ていた。里子を見た修三は、「お嬢ちゃん、前にどこかで会わなかったかな?」
と尋ねるが、里子は何も言わず、奥に隠れる。

分教場、職員室では、カンタという分教場の少年が、本校の子供たちと喧嘩をしたことが問題になっている。
わけを聞くと、子供たちが重い口をひらく。
本校の子供たちが、真知子先生のことを悪く言ったので、先生をかばって喧嘩になったのだと言う。
「くやしかったんや。わしらの先生、いろいろ言われるのが・・・」
「みんな、先生のせいで・・・ごめんね、ごめんね」と言う真知子の周りに泣きながら集まってくる子供たち。

教室、真知子が東京大空襲の日、春樹と出会ったことを子供たちに話す。校長と、保護者たちも入り口で聞いている。
防空壕に一人の男性が連れて行ってくれたこと、
その防空壕で、赤ちゃんを負ぶった女の人が、死んでいったこと、その人にもらった水を分け合って飲んだこと。
「おいしくて、ありがたくて、涙が出ました。そのとき、初めて『生きよう、生きなくちゃ』と・・・。
その男の人が、後宮春樹さんです。わたし、あの夜、知り合えていなかったら、人生の悲しみや喜びを知ることはなかった、
あの人に出会えてよかった」と、話す真知子。

 真珠小屋。ランプの下で修三が道具を研いでいる。ドアをたたく人がいる。
開けると、あわてて、飛び込んできたのは礼治である。「かくまってください。追われているんです」
つづく。

287 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 22:51:58 ID:9/eS7z3w
乙です
今日のあらすじもお願いします

288 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 00:08:26 ID:pHllR7tg
10月23日月曜日(175回)
 真珠小屋の修三の所に礼治が逃げ込んできて、かくまってほしいと言う。修三は、小屋の隅に礼治を連れて行き網をかぶせ、火を吹き消してふとんに寝る。
追手の男たちが小屋に入ってきて、やがて出て行く。男たちがいなくなったのを確認して、礼治を網から出す修三。
そのとき、礼治のふところから、札束が落ちる。「ちがう!だましたのはあいつらの方なんだ」「だます?」
礼治の回想・・・小料理屋なぎさ。前野という男が、「約束が違う」と長島に詰め寄る。足を洗いたい、と言っても、何度も危ない綱渡りさせられた、それなのにこんな、はした金・・・
「不満なら返してもらう」「警察にぶちまけて・・・」前野と、長島の手下たちとのつかみ合いになる。そこへ礼治が、前野をかばって割ってはいる。
小料理屋の店主が、仲間割れならここでされると迷惑だという。長島たちは、前野を引っ張って浜へ連れて行く。
礼治は、その場で手下に捕まっているが、男の手から札束を奪い取り、逃げる。   礼治の回想終わり
 真珠小屋。風の音にもおびえる礼治。今度こそ、蘭子さんと東京でやり直すよう、説得する修三。しかし、いやだという礼治。
 氷屋。修三と謙吾が来ている。謙吾が浜島の警察にそれとなく聞いてみたが、前野という男も、それらしいけが人もいないらしい。
長島の縄張りに連れて行かれたまま、行方不明になるのもよくあることだと謙吾は言う。
 礼治が分教場の真知子の教室にやってくる。子供たちは、男先生と、外へ出ていて、真知子一人である。
礼治は、前野という生徒はいないか、と真知子に聞く。ちょうど救急箱を取りに来たのが、前野和美だった。
「この子です」礼治は、父親からだと言って、札束の包みを和美に差し出す。「そんなん、いらん。お父ちゃんなんて、待ってへん」
和美の言葉に打ちのめされる礼治。「父親は命がけで働いてるのに・・・待ってないのか・・・あんまりだ」
 帰ろうとする礼治の前に、和美が戻ってくる。「お父ちゃん、元気なん?」本当は待ってるんでしょ?という真知子の問いかけに「本当はな・・・」
そういって、札束を受け取る。
 

289 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 00:12:14 ID:C53BFwMp
288つづき
 そこへ里子が戻ってくる。
礼治におじぎをして、真知子と和美が立ち去り、廊下に礼治と里子が二人きり。
「里子ちゃんっていうの?きれいな首飾りだね」里子に声をかける礼治。そして教室へ入っていく里子を見送る。
 過去をなくした父親と、言葉を忘れた娘の、互いにそうとは知らぬままの再会であった。
175回おわり。

290 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 01:49:38 ID:nqkverkL
>>289
長文ご苦労様。ありがとう。

291 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 23:57:03 ID:9sVztZiB
>>283-286>>288-289
ありがとうございます。
今日のもお願いできますか?

292 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/26(木) 08:04:48 ID:FljTB+o7
こちらにもお願いしておきます。
今日のあらすじをどなたか・・・。

293 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/27(金) 19:58:15 ID:meEi+Gx9
>>292
あわれだなw

294 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/02(木) 15:21:46 ID:nkq6FSfB
ライターない日のあらすじ
後、今日のあらすじお願いします。一部録画欠けました。

295 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/02(木) 22:39:49 ID:YsX+2Yx3
>>294
何だこいつw 自分の恥さらしてんじゃねえぞ、馬鹿

296 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/03(金) 23:01:12 ID:1hchmcK1
今日の粗筋誰か書いてくれる方いませんか?

297 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/03(金) 23:31:35 ID:kyXQmjoL
あなたのスレはここじゃないですよ

298 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/06(月) 01:54:27 ID:C4kT22h+
保守

299 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/08(水) 03:53:44 ID:3f4FXUCP
保守

300 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/08(水) 16:48:33 ID:SQRrdoFw
本スレの住人があらすじスレを荒らしてる、と思ってるなら、本スレであらすじリクエストしなきゃいいのに。

ってことで300

301 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/08(水) 18:35:11 ID:zITzo2PO
>>300
そこが、この精神障害者の精神障害者たるゆえんだろ。
ま、そのうち、リアルで事件おこすだろうからほっとけばいいよw

302 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/09(木) 00:30:15 ID:l9ZrYvNq
こっちもAGE
誰かかいてくれるといいね。

303 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/09(木) 16:55:59 ID:l9ZrYvNq
誰も書いてくれませんね。 残念

304 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/09(木) 20:06:15 ID:JQD4+uUv
>>302-303
荒らしているキティ荒らしがいるからねぇ。
今日はID:8a4w/4VUだったみたい・・・
yahooトピにもないし・・・

305 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/09(木) 21:00:18 ID:LryMPg6w
>>304
ぷぷぷぷっ あわれすぎw

306 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/14(火) 06:37:49 ID:kA6H4zTm
誰か書いてくれないかな

307 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/19(日) 17:03:29 ID:Vp+rNN3h
真知子先生の何気ないしぐさ、後ろ姿がいい。黒板に字を書いているとき、
白いブラウスから透けて見えるブラジャーや、紺色のスカートから浮かび上がってくる
パンティの形がいい。授業中はほとんど頭に入らない。

308 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/21(火) 20:50:31 ID:0HsMeszu
ほす

309 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/23(木) 09:11:19 ID:lkgyCn1L
荒らしがライターの書く気を失わせる為に惨めな工作、自演してるのが、ね。
最近はあらすじ2でも>>307の感想が、かけるならあらすじ書いてみればと思うのだが。
荒らしのスレ違いだったらこの後言い訳つけて暴れるだろう。
>>288-289から一ヵ月もないのか。

310 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/23(木) 20:28:22 ID:CeCm+DOe
>>309
ゴミ、なにいってんだ?キチガイのくせにレスしてんじゃねえぞ、くずw

311 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/23(木) 23:36:12 ID:lkgyCn1L
自演基地外と本当の事を本スレ言われて切れちゃった?惨めな鬼女荒らしおばちゃん。
そんな汚い言葉をくるたび吐くようでは夫に愛想つかれますぞ。
言うまでもなく愛想つかされて、日頃の欝憤晴らし込みで
モニター越しに荒らしてる惨めなおばちゃん姿が浮かぶなあ。

荒らしにならなかった健全なあらすじライターはこんなしょうもない
荒らしに躊躇しないで戻って書きなはれ。
気にしてスレ趣旨にあうあらすじライターが消えるのが荒らしの喜び。

312 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/23(木) 23:41:52 ID:7IwodUlY
>>311
ふふ、人間未満のくずちゃん。思慮があさいな。やっぱり未満な存在だなあ ふふ

313 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/23(木) 23:59:17 ID:wFJkupWE
>>311
ひさびさのエセ関西弁キャラですか。
妙なニホンゴはあいかわらずですねw
語学が苦手なようで、なかなかお勉強進みませんね。

314 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/24(金) 22:35:02 ID:UWKKgg7g
今日のあらすじ書ける方がいたらお願いします。
荒らしは脳内あぼ〜んで宜しくお願いします。

315 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/26(日) 21:03:48 ID:hxznHkGg
>>314
きもいっての。あぼーんするのはお前の存在だってのw きちがい

316 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/28(火) 12:19:30 ID:9dKsmiQ/
今日のあらすじどなたかお願いできませんか?

317 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/28(火) 14:21:58 ID:6CXDqKDp
11/28(火) 第5部 「愛のゆくえ・対決編」第206回
浜口家応接間 
 勝則は、母徳枝に家庭裁判所に調停をして貰っている事を話す。
 母は辞めて欲しいというが、勝則は母にも調停からの呼び出しがあった時はよろしく頼むといい部屋を出る。
以前の蘭子の店
 綾は真知子に何か指示している、他の人たちはミシンを踏んでいる。
 そこに蘭子が入ってくる。
 梢とあさ、蘭子の新しい仕事の事を聞く
 蘭子は現在、宝石の目利き・斡旋で忙しいと答える。
 綾が蘭子を呼び出したのは、綾の仕事が順調で今の店より大きな工場(梢たちの住居あり)
 に移りたいとのことらしい。
 蘭子は、現在のお店を売ってその工場に投資して欲しいというが
 綾も梢達も、その資金は蘭子の真珠のビルを立てるための資金にして欲しいという。
 皆で、蘭子の持ってきた鯛焼きでお茶にする。


318 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/28(火) 14:47:48 ID:6CXDqKDp
続き
天馬の店
 春樹に勝則の訴えで裁判所から手紙届く。
 天馬に「戦う」という春樹に、天馬は別の封筒を見せながら
 前々から推薦していたと東京への就職の話を始める。
 天馬「君が居らん様になっても、ちっともこまりゃせん。」
調停所
 真知子と後宮の話をする勝則
 空襲の時の約束、後宮を一緒に探した事などを話し始める。
 結局真知子は幻を追うのは辞めたと、勝則にいい結婚する事にした。
 しかし結婚の前夜、後宮と再会した事で
 自分が、裏切られ悔しかったなどなど話し出す。
 調停員の男性達が真知子を責めるが、女性の調停員は
 結婚前夜は、気持ちが揺れ動くものだと弁護する。
 勝則は、役所で後宮が部下になり辞表を出したことで
 真知子が、後宮に辞表の撤回を求めて一人後宮の部屋に行った事を
 話し出す。
 夫の為ではなく、自分の為かと真知子は調停員に責められる。
 真知子は理不尽に思えた勝則の嫉妬も、真知子の招いた事だとおもいだす。
東京の出版社
 天馬、後宮を三好編集長に紹介する。
 三好、天馬が出したカストリ、教科書など見ずに
 後宮を、天馬の紹介だからとすぐ採用する。
 
昭和24年 春まだ浅い頃 

あまり上手くかけません..こんな感じでしたorz

 
 

319 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/28(火) 22:17:43 ID:9dKsmiQ/
>>317-318
ありがとうございました!上手でわかりかったです。

320 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/28(火) 23:58:52 ID:KGCt91C5
317さん乙です
録画されてるようですが、これから出来そうな日があればお願いします
何レスにも続く詳細あらすじなら2スレが妥当かとも思うのですが

321 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/01(金) 10:07:48 ID:MidmqX0E
今日のあらすじのお願いをしたいです。
>>320のコメントもあるのですが、詳しいとあらすじ2かな?詳しいととても嬉しいですですが・・・

322 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/01(金) 13:28:55 ID:y7lbqSDI
餌やるから調子に乗っちまっただろーが

323 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/01(金) 15:01:19 ID:SaS0X/i2
>>322
なあ、>>320-321ってさ、週の後半になると涌いてこないか?
気のせいかもしれないが。

324 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/01(金) 21:53:02 ID:MidmqX0E
>>317-318さん、良ければ今日のあらすじをお願い出来ないですか?
あらすじにケチをつけている方は、あらすじスレの
荒らしがあらすじお願いした人の振りをしているのだと思うので
放置しておくのがいいかと思います・・・

325 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/01(金) 23:05:02 ID:b82iNOjL
>>324
>あらすじにケチをつけている方

そういや>>320はあらすじをお願いしときながら
「何レスにも続く詳細あらすじなら2スレが妥当か」
なんてケチをつけてるね。ひどいやつだ。


326 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/01(金) 23:49:42 ID:PkBR8Hns
>>325
ゴミにひどいやつもなにもないだろうが。糞尿以下のゴミだぞ、ゴミ 
キチガイごみの相手すんなってのw

327 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/02(土) 00:04:36 ID:CvMORSpQ
荒らしがID複数で荒らしている>>115-117と言う噂は真ですね。
ケチをつけているというのは
あらすじスレでケチをつけて書いていた荒らしの
ID:b82iNOjLID:PkBR8Hnsは相手しない方が良いです。

>>112のライターを叩いた荒らしはID:PkBR8Hnsです。
その荒らしだけ言われないのはID:b82iNOjLがその荒らしだから。
ID:UPmSYn0sがその後自己フォローしていますね。

>>326の中の荒らしがライターさんにケチつけて追い出したことは消えません。

328 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/02(土) 04:35:15 ID:fnChCGDX
>>327
日本語で説明していただけますか?

329 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/02(土) 08:31:05 ID:Pb21kBmc
>ID:b82iNOjLID:PkBR8Hnsは相手しない方が良いです。

>>112のライターを叩いた荒らしはID:PkBR8Hnsです。
>その荒らしだけ言われないのは

相手しないほうがいいのか、なにか言ったほうがいいのか
どっちなんだ?w>>327



330 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/02(土) 09:32:53 ID:CvMORSpQ
>>112のライターを叩いていたのはID:PkBR8Hnsです。
>>113を見ればわかるでしょう。それ以外のライターにも粘着していました。
ライターだけでなく、あらすじを依頼した人、出演者書いた人等、色々な人にも・・・
そしてケチをつけて叩いてる>>113の中の人がいくら荒らしてライターに粘着しても
決して批判もしないで見当外れなことを書いているのがID:b82iNOjLです。
荒らしは>>115-117らしいので、荒らしが自演していると考えられます。

>>327が意味が通じない文章になったので少し直しました。

昨日の放送分、>>317-318さん位のあらすじ書いてもらったら物凄く嬉しいです。
お願いします。

331 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/02(土) 09:53:22 ID:Pb21kBmc
>>330
>434 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/01(金) 18:46:08 ID:aBb85dpP
>>431
>あらすじスレは、住人の方がもう居なくなって
>るみたいだけど...もう長く書き込みないし
>書いても、他のとこに書き込みしてとかいうから
>なんか嫌でした。

「書いても、他のとこに書き込みしてとかいうから
 なんか嫌でした。」

せっかく書いたあらすじを>>320「あらすじ2(他のとこ)に書け」とケチつけられて
嫌だった、とハッキリ言ってるじゃん。なにが見当はずれなのよ。



332 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/02(土) 11:40:28 ID:AccjAXS0
とりあえず自分のスレでやってくれないかな
邪魔だし荒れるし

333 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/03(日) 00:27:02 ID:NWb+SD6L
先日の金曜日のあらすじを>>330で依頼しただけで…

>>332
荒らしてる荒らしに言って下さい。
>>331
>>327も認められないんですか。
そうですよね。自分が暴言でライターさんを追い出したんですから。
>>113-114でもうきませんとはっきり書いています。
自分がしたことには甘いんですね。

334 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/03(日) 00:45:21 ID:Z97uqelt
>>333
こら、なにキチガイごみが、キチガイ独特のわけのわからんことぬかしとんじゃ、あああ?ゴミ

はやく自分自身を処分せえや、弱者のゴミが息してんじゃねえぞ、こら、糞尿ww

335 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/03(日) 06:32:22 ID:qn+g0cNd
11/29(水) 第五部「愛のゆくえ・対決編」第207回
現代口論分室
 天馬、三好に春樹が裁判のため月に1〜2回休みする事を話す。
 その裁判に、春樹一人で挑むことを話すが
 天馬は弁護士の貝塚を紹介するつもりだという。
 三好は、貝塚が戦前からのリベラリストで法廷技術は名人だと春樹に話し出す。
 そこに貝塚が現れる。
小料理屋
 浜口の弁護人の神林が酒を飲んでいる。 勝則がこの一室に入ってくる。
 神林と勝則の話し合
 「気持ちは変わらないのか?、自分の将来を危険にされして..正直俺にはわからないよ。」 
 「お前は本気で女に惚れた事が無い、あれば俺が真知子に執着する想いも、
  後宮への憎悪も解る筈。 真知子は俺にとって、
  惚れているとか執着しているとかの言葉を超えて
  あの女は、もう手足みたいに俺の一部なんだよ。」
編集室 貝塚が後宮に裁判を起こされたいきさつを聞いている。
 貝塚曰く、これは不貞だという。
 惚れあっている男女が一夜をともにした。普通は結ばれたと思う。
 夫は女房を取られたと想うのが当然だし、真知子から聞いたという
 夫婦生活の破綻も、一方的に真知子の話を聞いての結果であって
 それに対して、浜口に公然と真知子と一緒になりたいと言った事
 北海道に呼びつけたこと・・・
 「自分は呼びつけてない」
 彼女を悪者にして責任回避している・・・などなど
 春樹は貝塚に散々に責められる。
 「・・・と私が向こうの弁護士ならあんたを追い詰めていくだろうなぁ」 
 落ち込む春樹に、天馬は
 「正義を行うにも、技術があるのだよ」と諭す。
 春樹 頭を下げて貝塚に頼む。
 貝塚、最善を尽くしますと約束する。
 春樹は天馬に硬く握手して 「ほなら、まめでな」


336 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/03(日) 07:01:03 ID:qn+g0cNd
つづき 
綾の部屋 真知子と綾がいるところへ春樹が来る
 春樹は、勝則が自分を訴えた事、そして今度東京の出版社に就職した事など話す。
 真知子の離婚の訴訟により、春樹が訴えられたことを知り
 頭を下げて謝る真知子。
 春樹、大丈夫だと。天馬の知り合いの立派な弁護士がついているとことを話す。
 今夜は報告までと、カヅヤ?さんの奥さんが用意したアパートに帰っていく。
 真知子が落ち込んでいるのを見て
 「間違ってない、しっかりしなくちゃ」と励ます綾
浜口家応接間 
 勝則がレコードに針を載せている。
 今日こんな物が届いたと家裁からの手紙を見せる。母徳枝
 どうぞ、自分の気持ちに正直に、悪口でも何でも言っていいと言う。勝則 
 私を悪者にし仲間はずれにして、調停委員の方達に真知子さんと
 仲良くやるつもりだと言うつもりなのでしょう。
 あなたの思惑どうり話すとは思わないで欲しい、と言う徳枝に
 真知子が後宮の入れ知恵で、離婚を申し出た。
 だから 後宮を訴えるてやったと話す勝則
 徳枝は驚く
 勝ち負けが問題じゃない、僕の人生を狂わせた後宮と公の場で決着をつけたい。
 徳枝は立ち上がり、そんな訴えは取り下げてと頼むが
 後宮を許すわけにはいかない。
 「勝則さん、すぐ役所中に知れ渡りますよ、出世前の体を台無しにするつもりですか?」
 「男のプライドを踏みつけにされて出世がなんですか!!」
 「母さんは、一生僕に屈辱を背負って生きろと言うんですか!!」
 母を睨み付ける勝則
 
真知子と春樹をめぐって勝則の新しい対決が始まろうとしていた。
 

 

337 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/03(日) 08:15:19 ID:qn+g0cNd
つづき 
 勝則母
 例えどんな事があっても、勝則が自分の仕事をないがしろにさせるような事はしたくない。
 勝則は他の方と違って、国を治める立派な仕事をしております。
 伯母 
 伊豆で綾さんと私に、真知子さんとは離婚させるとくせに、
 すぐ離縁させずに何故一年以上もほっといて真知子さんを苦しめたのか
 徳枝
 手間取って申し訳なかったが、なんとしても勝則に承知させるつもりだった。
 徳枝は跡取りを生めない人は、浜口家に相応しくないからだと言う。
 勝則
 「母の考えであって、自分は過去の過ちを一生かけて真知子に償うつもりだ」
審議官が徳枝に聞きたい事
 先日の調停で別居状態になった時、真知子が浜口に手紙も届かず、会う事も
 出来ずに、一年以上生活費が送られなかったこと。
 全て、私の一存でしたことと語り始める徳枝
 今でも、別れたほうが二人はお互い幸せになれると思っている。
 伯母は勝則にも責任はあったはず、皆さんどうか二人を別れさせてください。と頭を下げる。
 調停委員は次回結論を出すという。
廊下
 徳枝は、「勝則さん貴方のお望み通り私が悪者になったのですから
 民事のほうは取り下げてくれるわね、これ以上の裁判沙汰は自殺行為ですよ。」
 勝則 「浜口家の名誉も僕の代で終わりだな。」と言って去る。
現代口論
 春樹が残業している。三好にドッチの来日でデフレが始まると話してる。
 そこに綾が来る、三好は綾が美人だといい今度食事でもと誘う。
 
 

338 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/03(日) 08:15:56 ID:qn+g0cNd
11/30(木) 第五部「愛のゆくえ・対決編」第208回

綾の店の奥 神林が来ている。
 神林 浜口側の証人として出て欲しいと頼んでいる。 
 浜口は綾が筋を通す人だからとのこと
 綾は、そりゃ、筋の通らない事は嫌いです。
 「今度の裁判、浜口さんはどうかしてるんじゃありませんか?」
 「いや浜口も、公の場ではっきり筋を通したいだけなんです。奥さんの事で
  どう決着つくにしろ疑念を抱いたままこてからの人生に立ち向かうのは辛い」などなど
 「自分は真知子の姉代わりだから、浜口さんの不利になる事も話すかもしれない」
 「浜口勝則は、自分自身も裁きたい、自分の気づかぬ汚点を暴いて人生の指針にして行きたい」
家庭裁判所
 真知子の伯母と勝則の母が呼ばれて話し合いがおこなわれている。
 角倉信枝は、真知子が耳が聞こえなかった時の話をしだした。
 心の病から来る聴力障害で人が我慢できないほど辛い目にあった時に起こるそうだと。
 やっと赤ちゃんが出来て、聴いた言葉が
 「真知子さんがここに来てろくな事がおきない、疫病神だ」
 「お腹の子は本当に俺の子なのか?」こんな事を聞いて死にたくならんほうがおかしい。
 浜口母
 「女の務めは、家を収め・夫に尽くし・その家の名誉を高める力になる事でございます。」
 角倉伯母
 だから真知子は自分を励まし、もう一度勝則の所へ戻りがんばったではないですか。
 真知子が旅先で流産して苦しんでいる枕元で、妻としての心得がなってない、
 佐渡へ帰れ、もう子供ができないなどと脅したりして、嫁いびりをした。
 その上勝則に真知子の命の恩人を悪人にして、焼もちで目がくらむような事を吹き込んだ。


339 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/03(日) 08:27:58 ID:qn+g0cNd


つづき 
 いつの間にか、知り合いが自分を訴えた裁判に取り込まれ始めている。
 春樹の背筋に冷たいものが走った。悪い予感だった。

ミス
>>338>>337の順です。

君の名は、あの頃あの歌  

 青い山脈 作詞 西条八十
      作曲 服部良一
      編曲 同上
      
      歌  藤山一郎
         奈良光枝

原爆投下から四年 広島市は平和記念都市となる。
この曲によって、人々は明るさを取り戻しつつあった。
市民の名で平和宣言する一方、街の復興にも努力した。
一方大阪では、ゴルフの玉拾いにおかしなアルバイト
(学生服の子供達が、ロボット型のネットを被り網を持って玉拾い)
このアルバイト賃は、半日で100円


340 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/03(日) 08:38:26 ID:qn+g0cNd
30日分 間違ってすみませんでした。

以前あらすじスレ見ていたものです
28日書いたのですが、
頭のほうだけ見て、あちらは初めから書き込みがなかったので
こちらに書き込ませて頂きました。
なるべく簡潔にしてるつもりでしたが上手くありません。

簡潔でないかもしれませんが、もう少し上手くなるように心がけます。
かけるときに書いてみますので、どうぞよろしくお願いします。

341 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/03(日) 08:49:14 ID:qn+g0cNd
本スレには、スレチガイな事をしないでください
お願いします。
あちらをそっとしておいてくださいmm

342 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/03(日) 10:51:55 ID:qn+g0cNd
つづき
 証人席 (綾が座っている)
  神林 綾と真知子の暮らしを聞く
  綾 流産してから10ヶ月暮らした。
  昨年四月に真知子がいなくなったときの前後の話をする。
  綾が死後仕事から帰ってきたら、真っ暗な部屋に真知子がいて、洋裁の仕事が首になった事を話し出した。
  <回想>
  綾 「甘ったれるのもいい加減に視なさい、素人で首になったら、玄人になればいい」
    「洋裁学校でも行って腕でもセンスでも磨きなさい」
    「何でも先延ばしにして、現実を見手見ぬ振りをする」
  真知子「浜口の家の事は言わないでください」
  綾 「後宮からの葉書を見せて、貴方達の幸せのために北海道に行った事を話し出す」
  <回想おしまい>
  葉書に住所が書いてた事、綾が二人を思って見せたため真知子がいなくなったこと。
  翌日真知子は帰らず、北海道に行ったことは一日置いて札幌からの電報で知ったと話し出す。      
 証人席 (悠起枝が座る)
  真知子を北海道に行かせた直接のきっかけは悠起枝の言葉だった。
  「今まで何でも男任せにしていたが、これからは女だって自分の意思で自分の人生を決めてもいいんじゃないか」と申しました。
  神林はその言葉は、アメリカ兵から教わったのか、貴方は夜の女ではなかったか?
  人格証明だといい質問を続ける神林
  娼婦をしてて警察に捕まり、警察から厚生省に連絡が行き 昭和22年頃上司である浜口氏に春樹が辞表を出した。
  弟へのすまない気持ちが、別居で気弱な真知子を北海道行に行くようにそそのかしたのではないのか。
  悠起枝「仰るとおり夜の女でした。でも、春樹が北海道に言ったのは、真知子と浜口の結婚の幸せを願った為で
  そう思って弟は東京を離れたのです」と、悠起枝は話したが
  神林「夜の女ってのはそうやって男を騙すんですね、夜の女の泥だらけの純情なんでしょうね」と酷いことを言う。


343 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/03(日) 11:13:05 ID:qn+g0cNd
12/1(金) 第五部「愛のゆくえ・対決編」第209回

現代口論編集室
 綾は春樹に、浜口と言う人が憎めないだから、後宮と仲直りが出来て真知子さんともすっきり別れてもらう為に
 証人になっていいかと聞く 
 春樹はもうすぐ、自分の弁護士が来るので相談しようと言うことになる。
浜口家応接間
 勝則がウイスキーをグラスに注いでいる。
 ふみが部屋に入ってくる。
 奥様はお加減が悪いので先にお休みになったという。
 俺だって気分がいいわけじゃないとやけ酒を飲む。

裁判所法廷 (春樹が被告席に座っている)
 神林弁護士は、春樹に色々質問する。
 浜口氏の奥さんに愛情を持っているか、奥さんと一緒になりたいと言ったか等々
 自分から不貞を告白している様なものだ。
 春樹「私達はお互いの立場を知っているし、自分を律することを知っている」
 神林はカストリ雑誌の事を持ち出し責める。
 雑誌は資金作りの為で、主たる仕事は教科書作りです。と言う春樹
 しかし、それが二重人格だと責められる。
 しまでは浜口婦人を許婚だと言ってたでしょうと責める。
 


344 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/03(日) 11:24:39 ID:qn+g0cNd
つづき
 証人席 (綾が座っている)
  神林 綾と真知子の暮らしを聞く
  綾 流産してから10ヶ月暮らした。
  昨年四月に真知子がいなくなったときの前後の話をする。
  綾が死後仕事から帰ってきたら、真っ暗な部屋に真知子がいて、洋裁の仕事が首になった事を話し出した。
  <回想>
  綾 「甘ったれるのもいい加減に視なさい、素人で首になったら、玄人になればいい」
    「洋裁学校でも行って腕でもセンスでも磨きなさい」
    「何でも先延ばしにして、現実を見手見ぬ振りをする」
  真知子「浜口の家の事は言わないでください」
  綾 「後宮からの葉書を見せて、貴方達の幸せのために北海道に行った事を話し出す」
  <回想おしまい>
  葉書に住所が書いてた事、綾が二人を思って見せたため真知子がいなくなったこと。
  翌日真知子は帰らず、北海道に行ったことは一日置いて札幌からの電報で知ったと話し出す。      
 証人席 (悠起枝が座る)
  真知子を北海道に行かせた直接のきっかけは悠起枝の言葉だった。
  「今まで何でも男任せにしていたが、これからは女だって自分の意思で自分の人生を決めてもいいんじゃないか」と申しました。
  神林はその言葉は、アメリカ兵から教わったのか、貴方は夜の女ではなかったか?
  人格証明だといい質問を続ける神林
  娼婦をしてて警察に捕まり、警察から厚生省に連絡が行き 昭和22年頃上司である浜口氏に春樹が辞表を出した。
  弟へのすまない気持ちが、別居で気弱な真知子を北海道行に行くようにそそのかしたのではないのか。
  悠起枝「仰るとおり夜の女でした。でも、春樹が北海道に言ったのは、真知子と浜口の結婚の幸せを願った為で
  そう思って弟は東京を離れたのです」と、悠起枝は話したが
  神林「夜の女ってのはそうやって男を騙すんですね、夜の女の泥だらけの純情なんでしょうね」と酷いことを言う。


345 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/03(日) 12:07:57 ID:qn+g0cNd
つづき
 傍聴席で目を伏せる真知子。
 貝塚弁護士が立ち上げり、話し出す。
 原告弁護人は、事実関係を離れて、証人を侮辱している。
 あたかもこの裁判の真の目的が、被告と証人を傷つけることにあるように。
 私どもは只今から、名誉毀損で原告側を訴える準備に入る事を報告します。
 
 証人席で建っている綾が
 勝則に向かって「曖昧な事をハッキリして、真実をしっかり受け止めたい
 そういわれて、証人になった事を後悔しています。」
 「浜口さんどうしちゃったの嫉妬深くて、一人勝手なところはあっても
 根は優しい人じゃなかったんですか?」
 「悠起枝さんみたいないい人をよくもあんな風に苛める事が出来ますね」
 「終戦直後は皆泥水を啜ったり、砂を咬む思いをして生きてきたんじゃありませんか?」
 「貴方らしくない、こんな事すぐやめてください」
 「人間まで失わないで、お願いだから」涙を浮かべて訴える綾だった。


346 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/03(日) 12:22:05 ID:qn+g0cNd
12/2(土) 第五部「愛のゆくえ・対決編」第210回
冷たい夜だった。春はまだ浅い。
 綾の部屋
 「人間あんな醜いことも出来るのね、真知子さんへの満たされない愛の成せる業」
 「だったら、愛なんてくだらないね」と言う綾だった。
 小料理屋
  神林が勝則に「なんなのこれわっていわれて、ショックだったんだろう」
  勝則 「すっかり嫌われ者になっちまったよ」と話している。
 春樹の部屋
  春樹と悠起枝が布団を並べている。
  「姉さん今日はすみませんでした。これから謙吾さんと結婚になるかも知れないのに」
  「春樹はそこがだめなのよ、すぐ深刻になるんだから」
  「私はね、だ〜っとなってそれから、コイツめって腹が立ってそれから何だかおかしくなってきちゃった」
現代口論編集室
   貝塚が春樹に裁判のことで謝っている。
   春樹は、貝塚に名誉毀損の訴えを起したいという。
役所広報室
  浜口は電話で、ヒロポン中毒について国民に知らせなくてはならないと話している
  そこへ加世田娘が来客を告げる
  母徳枝が永橋に頼んできたのであった。
  永橋は新しい局が出来るので大胆な人事異動がある。
  そこで、裁判などやってる場合じゃないと言いに来ていた。


347 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/03(日) 12:23:14 ID:qn+g0cNd
つづき

現代口論編集室 
  電話が鳴る。事務員の女性がでる「後宮は出かけていて、夕方戻る予定だと話す」
ホテルロビーにて
  永橋がいる、そこに電話をかけてた真知子が来る。
  永橋が、勝則の出世の話を出して、新しいところの要職が決まった時に
  協議離婚ということで、真知子の離婚は一時延期となるだろうけど
  信じて欲しいと永橋頭を下げる。
綾の部屋 
  離婚を一時延期すると春樹に話す真知子。
  しかし春樹は裁判のことで勝則を信じられなくなっていた。
  「初めてね、貴方と意見がちがったのは」と話す真知子に
  「わからない、真知子さん急に弱気になったように見える」と春樹は言うのでした。
  そして二人はお互いに謝り、鍋を囲むのでした。

真知子と春樹の間に、小さな波立ちを残しながら。  


348 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/03(日) 23:54:45 ID:NWb+SD6L
>>343-347
こんなに詳しくありがとうございました。

349 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/04(月) 00:00:56 ID:bDXjq0tU
ライターさんが詳しく書いてくれているので、要望の件承知しました。
ID:cz2FMfo/ID:/xMnDqtOが思い込みでいっていますし
自分が言われるのは我慢ならないけれど、
相手を決め付けるのはいいという自己中心性の高い人だと思いました。
辟易しましたが、スレ違いを憂いておられるので我慢して引き下がり
言われるままにしておきます。
自分の想定してる通り、暴言の荒らしと本スレ住人のあの人は同一でしょう。
自演もしているようですし、認めずにいるのですし放置しかないですね・・・

350 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/04(月) 00:21:06 ID:bDXjq0tU
荒らしの人は何故か「いじめ」という言葉に拘りがあるようですね。
いじめられていた側か、いじめていた側か存じませんが、
昨日のID:cz2FMfo/の発言を読んで同一という確信を持ちました。

金曜日のあらすじ拝読させて頂きました。
金曜分は>>343-345でしたね…続いていたので・・・
土曜日は見ましたが、ID:qn+g0cNdさんの上手なあらすじは自分の力量では書けないと思います。
ヒロポン中毒の電話は若い人にも中毒者がいると力説していたので、妙に頭に残っています。
当時はそういうことが問題になっていたのかな…と。

351 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/04(月) 00:58:06 ID:47wG3LsH
>>350
こら、現実でいじめられているゴミを2ちゃんでも徹底的にいじめてやるといってるのがわからねえのか?
頭くさりきってるな、ゴミ。てめえ、我々のことを暴言の荒らしとかいってるが、暴言じゃねえだろ。
ゴミを処分するためには普通の言葉だろうが。こら、はやく自分で自分を処分しろよ。

それからな、我々はゴミのおまえを処分することだけが楽しみできているわけで、いちいちくだらん自演とか
する必要はないんだよ。それすらわからんのか、ゴミ、低脳、キチガイ、はやく処分しろや、てめえ自身を。ああ?

352 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/04(月) 01:03:08 ID:47wG3LsH
>>350
それからな、IDかくのはいいがな、わかりづらいんだよ。ちゃんとどこのスレのアンカーどれだくらい書けや、ゴミ
「ID:cz2FMfo/の発言を読んで同一という確信を持ちました」とか言ってるがちゃんと説明してみろや?
何と何がどう同一なのか、ちゃんと説明してみろ。低脳のクズゴミ。ほら、説明せいや、ゴミww

353 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/04(月) 05:00:41 ID:qsqpu43B
>>350さんへ

役所広報室
  浜口は電話で、ヒロポン中毒について国民に知らせなくてはならないと話している
 
浜口 電話の相手に怒鳴りながら、「ヒロポン中毒について甘く見すぎている。
   作家、芸能人だけじゃなく、青少年の間にも急速に広まっている。と同時に
   ヒロポン中毒による精神錯乱や、兇悪犯罪が・・・ヒロポンと言う覚せい剤が
   どんなに恐ろしい中毒症状を起すか徹底的に国民に知らせる必要があるんですよ」
   「ぜひ、特別な予算措置をお願いします。午後から直接資料をお持ちしてそちらに伺います」
   ったくこんな事ケチってどうすんだよ!!と怒ってましたね。
   この頃多かったと、何とか三姉妹さんの誰かがヒロポン中毒で大変だったテ話してたそうです(母談   


354 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/04(月) 06:40:14 ID:gjYBdOEW
>>343-347
乙です。
ただ、ここは簡潔あらすじスレです。
せっかく詳しいあらすじを書いてくださるのなら、次回からはあらすじスレ2に
書いていただけるとありがたいです。

355 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/04(月) 13:41:22 ID:bDXjq0tU
>>354
もういいのではないでしょうか。
ID:47wG3LsHの荒らしに叩かれて長文で書いてくれていた
ライターさんは居なくなりました。
あちらで出演者書いている人がいますしそれでいいと思います。

356 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/04(月) 13:54:12 ID:bDXjq0tU
>>353
見直して書いていただいてありがとうございます。
何とか三姉妹さんの誰かって誰でしょうね…
当時を生きていた方にお話伺うといいかもしれないですね。
>>335-347でやっとあらすじスレが機能してきたので、今日の
あらすじもあるといいですがどうでしょうか。
1年後になってしまって…勝則はどうしても春樹だけには真知子を渡したくないのね。

ID:7V4mYN73が本スレで思い込みで暴れているのをみてうんざりです・・・
自分が言われたら嫌われるといったりしているのに、
それ以上のことを本人がやっているのですから呆れるというか・・・
自分が相手しなくても暴れて餌を蒔いて引き寄せようとしてるみたい。

357 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/04(月) 14:50:05 ID:qsqpu43B
>>341
連続テレビ小説 君の名は 2のことです。
>>340 
よく解りませんが、自分は以前あらすじスレを読んでいたので
その時のライターさんにお礼を言いたいです。
ここに書くのはそのお礼なので、簡潔ではないと言われればそれまでですが
どこを切ってどこを重点にするかと言うのが解らないのが正直な気持ちです。
以前のライターさんの書いたものが私の理想です。
あらすじ2スレは、自分には合わない様に感じましたのですみませんが
ここに書かせてもらいたいです。

358 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/04(月) 16:40:29 ID:qsqpu43B
   12/4(月) 第五部「愛のゆくえ・対決編」第211回
真知子が離婚の申し立てを取り下げてから一年が過ぎた。
昭和25年3月 今真知子は箱根にいる。
永橋の計らいで観光ホテルのフロントと客室係を勤めていた。
             ...まだ、勝則との離婚は成立していない。
ホテルフロント 真知子が外人客の受付をしている。
副島(岩間伝次)が入ってくる。
  「またお世話になるよ」「いつもの部屋をご用意しております」
  副島はここに、外国人のバイヤーの接待ゴルフに来ているらしい。
  昼ごろには社員も来るとの事、副島のゴルフはプロ並みらしい
  永橋からの伝言で、永橋が明日昼過ぎに来るとの事真知子に伝える。
  真知子、永橋と副島が知り合いであったのかと聞く
  永橋とはあまり関係はないのだが、厚生省との付き合いで
  外国の薬も扱っているからだと答える。
 <回想>以前の岩間伝次が写る
春樹は東京にいる。真知子が自由になる日を待ちながら激動する時代を
見据えて、雑誌の仕事に打ち込んでいる。
 現代口論出版社
  あわてて部屋に駆け込み 戦争になると三島に話す 
  春樹「どの先生も、今の景気の話より戦争の話題に移っている」
  「現在の時点で、景気の予測を論じるのは難しいと、執筆を渋られる」
  三好「しかしこの間、吉田首相はこの2〜3年戦争はしないと言ったばかりだぞ」
  一昨年のベルリン閉鎖以来東西の冷戦構造がはっきりしてきて
  ヨーロッパじゃ一触即発、アジアでもベトナム、朝鮮半島が酷く緊張
  世界中で東西対立の緊張が高まっている と話す春樹
  三好「君もその緊張の現場を自分の目で確かめたいだろう、今ある新聞社で
   用六派特派員を派遣する話があり君も有力候補になっている」
  三好出かける支度をしながら「景気の話は君が先生達の意見を参考に
   まとめてくれ、希望的感想、国民的願望も入れて」と言い出て行く
法廷で勝則との対決が中断してから一年、


359 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/04(月) 17:40:57 ID:qsqpu43B
つづき
法廷で勝則との対決が中断してから一年、
春樹の身の上にも大きな変化が起ころうとしていた。  
  浜口家玄関 (徳枝とふみが勝則を送り出している)
  徳枝に、真知子との離婚を決めたと言って頭を下げる。
  綾の洋裁店 (綾ため息をつきながら、帳簿の算盤を弾いている)
  梢もあさも、ミシンに座りながら手持ち無沙汰になっている。
  そこに野球のユニホーム9着出来たと女性が入ってくる
  次の注文の仕事がなく 皆落ち込んでいる。
春樹が入ってくる
  綾の店は、取引先の倒産と夜逃げで大変だと言う。
  梢も、出版社が軒並み潰れているが春樹は大丈夫かと尋ねる。
  綾は、潰れる前に辞めようかと言うが、春樹は何とか持ち応えるうちは
  続けるべきだと言う。日本中金詰まりだと言うけど、国民の貯金が
  一兆円の大台を突破したんだ。ここが我慢のしどころです。
蘭子が来る
  蘭子の仕事はデフレで大変だが、昔の知り合いやお金持ちも多少いる
  ので何とかやっているとの事。
  今日は蘭子のお得意さんで、今度結婚するお嬢様のウエディングドレスの
  注文を綾の店にお願いに来たという。 
  あさは、悩むがデザインの素晴らしさと、春樹の自分ならこんな風に着てみたい
  本を作るのもそうなんだよ。
  あさ「作ります、作らせてください」という。
ガラスが割れる音
  野球着を着たとしき「ボール、サンキュ」と言って去る


360 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/04(月) 17:54:33 ID:qsqpu43B
箱根ホテルロビーにて (永橋夫妻、副島が話している)
  そこへ真知子が来る。
  婦人はもう一泊するが、永橋はオドール局長に会った結果報告の為
  明日帰えるとの事
  折り入って話があるから、支配人には許しを貰いましたので、
  真知子に夕方までに時間を取って欲しいと話す。
  副島は永橋の知り合いなら真知子を口説けないなとなど話している。
現代口論編集室 (後宮が電話に出る、浜口からの電話だった) 
箱根ホテル 外庭
  永橋、真知子に詫びる、約束ならとっくに離婚の話は片付いているのに
  真知子、勝則の新しい仕事が軌道に乗るまで、少々伸びる事は覚悟していたと言う
  勝則からやっと離婚を承諾する手紙が届いたのだが..ただし条件を付けてきた。
  永橋夫人、きっと徳枝さんはご存じないでしょうと言う
現代口論編集室 (廊下に勝則が来ていた)
  分室に勝則を案内する春樹
  勝則「後宮君、僕もねとうとう真知子開放する気になった」
  「君が真知子以外の女と結婚してその証拠を見せてくれたら
   その場で離婚届に判を押すつもりなんだ」
箱根ホテル 外庭
  永橋、貴方が後宮春樹以外の男性と結婚する場合にだけ離婚
  を承知すると言っている。 
  変な話、離婚したら赤の他人のはずですのにと真知子はいう。
  永橋は、一年前真知子が勝則の将来の為に示した行為、それに全てを
  任せると言った私への重大な裏切り、真知子を箱根で働いてもらい
  後宮と地理的にも距離を置いてもらい、少しでも勝則に刺激しないように配慮
  して、これだけ神経を使っているのに何と言う返事だ。と怒りをあらわにする。
  「呆れたよ、私もとんだ男に肩入れしたものだ。」
  真知子、あの人はまだ後宮さんと私への憎しみが棄てきれないのでしょうか?
  
思いもよらぬ、勝則の提案だった。戸惑いと息どうりが次第にみなぎって来た。
と同時に、そこまで彼を歪めてしまったことへの想いが真知子を苛んでいた。

361 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/04(月) 17:55:48 ID:qsqpu43B
長すぎてしまいましたorz
ごめんなさい

362 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/04(月) 23:58:35 ID:bDXjq0tU
>>358-361
謝る必要はないと思います…
長くてもいいのではないでしょうか…
前は詳細と簡潔で住み分けができていましたが途中から
グダグダしてきましたし、今はあちらのスレは出演者のスレで
http://bubble4.2ch.net/test/read.cgi/natsudora/1154179681/613

詳しいと見れなかった場合も、見ていても復習で見れていいです。
今日分のあらすじお疲れさまでした。

363 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/05(火) 16:19:13 ID:XaQHpEIh
12/5(火) 第五部「愛のゆくえ・対決編」第212回
箱根ホテル 外庭
勝則がようやく真知子との離婚を承諾した、だがそれには思いもよらぬ条件が付いていた。
現代口論社分室
 去年、浜口が立ち直る事を期待して、永橋の言う通り真知子は離婚の申し立てを取り下げた。
 浜口は望み通り昇進しその地位も揺るぎない物になった。そうなってから
 約束を全てひっくり返そうと言うのですかと春樹は言った。
 約束を破ってないじゃないかと大柄に浜口は言う。
 真知子と別れるといっている、たが、真知子と後宮を許す事はないということだよ。
 と浜口は言う。
箱根ホテル 外庭
 真知子、その条件を承知しなければ、いつまでたっても離婚を承知しないと言う事でしょうか?
 永橋、まぁそういうことだな。永橋夫人、本当に困った人ね。
 東京の本署からフロントに電話が入っていると、副島が永橋を呼びに来る。
現代口論社分室
 兎に角、君が真知子を愛しているのなら、君が誰か他の女と結婚するんだな。と言う勝則
 真知子には永橋夫妻を通じてこの事は伝わっているだろうね。と勝則
 百も承知なんだろうが、貴方の仰っている事は人間を蔑ろにした言葉だ。と春樹は言った。
 勝則、だったらどうするね。
 春樹、真知子さんが貴方に離婚の申し立てをすれば即座に認められるんじゃありませんか?
 勝則、真知子がもう一度家裁に申し出する勇気があるかな?
 勝則、後宮君、君が誰か他の女と一緒になれば、真知子は即座に自由になれるんだよ。
箱根ホテルロビー
 副島、どうも浜口さんのご主人からあまり言い返事が貰えなかったようですね。
 永橋夫人、真知子さんのことをお調べになったの?
 副島、真知子さんはこのホテルでぴか一の人、彼方此方で評判や噂や情報の欠片が飛び交っている。
    貿易の仕事柄、情報収集は何より大事ですから。


364 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/05(火) 17:00:57 ID:XaQHpEIh
つづき
永橋戻ってくる
 代議士の先生の中でまだごねているのがいてねぇと永橋。
 副島、生活保護法ですか
 永橋、今の日本ではそんな余裕は無いなんて言うんだ。
 婦人、うっかり話すと大変ですよ。
 副島、そろそろ消えたほうがいいですね。と去っていく。
 永橋、真知子さんの優しい思いやりに、後足で砂をかけるようなもんだ。
    こんな事後宮に報告できないだろうし、自分としても面目ない
    明日にでも会って、翻意させてみせる。
 真知子、永橋に待って欲しいと言う。
 心苦しいが、自分であって確かめたい、あの人が今頃になってこんな話を
 持ち出した答えを聞けるかと。
 永橋夫妻は、感情的になり余計に話が悪い方向になると反対するが
 辛いだろうに、だが打開策が見つかるもんならねぇといい承諾する。
 真知子、「私の問題ですから。」 
箱根ホテルフロント
 副島がゴルフバックを抱えて帰ってくる。
 真知子、電話が鳴りでる。後宮からの電話だった。
 「後宮さん、真知子です、お元気ですか?」聞いている副島
 後宮、浜口が来て真知子との離婚の条件を聞いた事話す。
 真知子、直接浜口に会うといい、後宮は真知子が傷つくと反対するが
 責任があるしと真知子、後宮は向こうは騙してると言う、しかし
 真知子はその訳を確かめたいといい、後宮は真知子は優しすぎるという。
ロビーでその様子を聞いている副島がいた。
 「後宮」「後宮春樹」副島呟く。


365 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/05(火) 17:03:21 ID:XaQHpEIh
つづき
浜口家応接間 (勝則ウィスキーを飲んでいる。)
 徳えが入ってくる。 
 徳枝、早く離婚の手続きを済ませて、相応しいお嬢さんを探す事ね。
 勝則、そう上手くいくかどうか
 真知子との離婚に後宮以外との再婚を条件に付けたことを話す。
 どうしてそんなつまらない事を、と徳枝は責めるが
 僕には大事な事だと言い張る勝則。
 それでは口を利いてくださった永橋の顔に泥を塗ることになる、
 永橋を敵に回すつもりなのかと責める、徳枝
 そんな気は無いが、夫婦が別れるには手間やエネルギーがいるって
 ことだと言う勝則
 徳枝は立ち上がるが、勝則は永橋夫妻はしばらく旅行に言っていると言う。
役所総務部長室
 ドアをノックして加勢田の娘(事務員)が入ってくる。
 清宮次官の娘が面会だと告げる。
応接室 (次官の娘美子が膝を付いて何やら探している)
 勝則に、イヤリングを落としたから一緒に探してくれと頼む。
 勝則がイヤを拾ったときに頭をぶつける、謝る美子。
 今週の土曜の午後無理をしても時間を空けて欲しいと美子
「ガーシュイン物語」の切符が手に入ったのでエスコートして欲しいとの事
 無理しても時間を作ると勝則、美子勝則の手を取り喜ぶ。
 そこに、加勢田事務員がお茶を持って入ってくる。
 勝則を呼んで、真知子が面会に来たことを話す。
 テーブルに戻る勝則、清宮の新築祝いで美子のピアノのを勝則が
 理解してくれて、分かり合えると話している。
 美子のイヤリングを耳につけてあげる勝則
 美子が帰ろうとドアに向かう、勝則がドアを開けてあげる。
 ドアの外に真知子が立っていた。
 
一年ぶりの勝則との出会いであった。
真知子のうちに得体の知れない悲しみが突然こみ上げてきた。

366 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/05(火) 17:12:49 ID:XaQHpEIh
『君の名は』 あの頃あの歌

  東京キッド
  
  作詞  藤 浦 洸
  作曲  万城目 正
   唄  美空ひばり

昭和25年ー
学校では後者の不足が続いており
古い客車を細工した教室も現れた

ラジオ放送をきっかけに、宝塚ファンが激増
舞台で踊るスターに、女学生の熱い視線が集まった。

この年、テレビジョン放送塔が完成
初めてテレビ中継が実施され 映像時代の幕が開いた。


367 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/05(火) 22:06:58 ID:g/w8Tj31
>>363-366
最後のテロでわからない箇所があったので助かりました。
ありがとうございます。
清宮次官の娘が本スレで言われていた勝則の将来の、、、なんですね。
とよた真帆、当時何歳だったのだろう、、演技も少しわざとらしかった。
真知子の方が若く見えたよ、、、
http://bubble4.2ch.net/test/read.cgi/natsudora/1154179681/615

368 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/06(水) 22:28:02 ID:NuQgUAxD
12/6(水) 第五部「愛のゆくえ・対決編」第213回
一年ぶりの勝則との出会いであった。
 <役所応接室> 二人向かい合い座っている。
  浜口、君も強くなったもんだな永橋さんの話を聞き直談判に来たのか。
  真知子の本当のことを知りたくて、と言う問いに裏は無いさという浜口
  浜口「俺を裏切った、お前と後宮へのお返しだよ」真知子「裏切った?」
  勝則「裏切ったじゃないか!!現に俺と別れたら後宮と結婚する、お前達は
  惚れあってた、清らかな関係だって?体の関係が無ければ潔白だと言うのか!!」
  「お前達は心を許しあっている、それが裏切りじゃないと言えるのか!!」
  真知子、勝則を見つめ頭を下げる。勝則立ち上がり頭を下げたくらいで許すと思うか
  と、怒鳴る。真知子は、貴方はそんな人じゃなかったはず、私のせいで...
  勝則「逆上せるな!!お前のせいで俺が悪党にでもなったと言うのか
   ふざけるんじゃない!!」真知子ただ勝則を見つめる。
 <料亭> 座敷に永橋と副島が酒を飲んでいる
  副島は、自分は真知子に惚れているから、真知子が早く自由になる為に
  役に立ちたい、永橋に真知子に結婚を申し込むことを許して欲しいと言う。
  永橋は、協力してくれるのはいいが、真知子には将来を誓い合った
  後宮春樹という男性がいることを話す。
 そこに仲居が、お連れの方が見えたと真知子を連れてくる。
  永橋、真知子の様子で、やはり自分が浜口に会うべきだった、嫌な
  思いをさせたと真知子に謝る。
  しかし真知子は、自分がお願いした事だと言う。
  永橋、電話で話したと通り副島と対策を相談しているところだと話す。
  副島は苦労しているので、私達よりよっぽどましな知恵を働かせてくれる。
  と永橋は言うが.. 副島「相手は無茶苦茶言っているし非常識ですから、
  こっちも同じ土俵に起つんですよ。浜口の条件に従う振りをして、真知子が
  後宮以外の男性と結婚する。と信じ込ませるんです。自由の身になったら、
  貴方と結婚します。と書いた誓約書を、例えば僕と交換しそれを彼に見せるんですよ。
  

369 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/06(水) 23:19:11 ID:NuQgUAxD
つづき 
   向こうが出鱈目を言っているんだから、こっちも騙してやりゃあいいんですよ。
   真知子、「でも...」副島「真知子さん自分の手を汚す事を恐れてはいけません」
   永橋、「う〜んしかしね〜」副島「先生僕だったら独身だし、ある程度資産もある
   それに、実際に真知子さんが好きだし騙し役にはぴったりじゃないですか」
   でも、私は〜と真知子は首を振る。
  <現代口論社> 春樹は真知子の話を聞いている。
   春樹「僕はやだなぁそういう方法は相手と同じ土俵で戦うと言うのは
   聞こえはいいが、そんな芝居がかったことをしなくても真知子がもう
   一度家裁に訴えればすむこと、相手の将来を考えてあえて申し立てを
   取り下げたのに、それを裏切ったのだから離婚は簡単に認められるよ」
   真知子、裁判は嫌だと言う。春樹「しかし一番確かな方法だよ、
   一年待たされて、こんな..何を躊躇っているんだい」
   真知子「やっぱり出来ない、周りの大切な人達をこれ以上傷つけたくないし
   一年前浜口を引き上げてくださった永橋にもうこれ以上迷惑かけたくない」
  <綾のアパート>  春樹が入ってくる
   落ち込んでる春樹に、貴方に言われたから元気を振り絞っていると言う綾
   綾に結婚を申し込む春樹に、「今のところこれと言った男はいない」綾
   春樹は浜口からの真知子の離婚のことを話す。
   綾、それで冗談に私に結婚を申し込んだわけね。という
   浜口のそんな言い分にふらふらしてしてはいけない、貴方達は私達の夢
   廃墟の中から芽生えて、踏まれても、打たれてもすくすく伸びている希望
   冗談にも壊さないでと言う綾に、春樹は深く頭を下げるのだった。
  

370 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/06(水) 23:21:12 ID:NuQgUAxD
つづき2 
  <あけぼの荘> 加瀬田岸枝と和子が針仕事をしている。
   本間がお茶くらいご馳走になって行けばと春樹を連れて入ってくる。
   ちゃぶ台の上の手紙を取り後宮に、加瀬田が近じか釈放されて帰ってくると話す。
   岸枝は、加瀬田が出所するが自分達のところに帰るかどうか解らないと言う。
   和子は、今更帰ってこられても、父親って実感が無いという。
   岸枝は「私達は加瀬田にとって一体何だったのでしょう」
   本間「それなんだなぁ、でも、人間ってのはね、何時も自分は何者なんだと言い続ける
   動物なんですよ。真知子さんだってそうでしょう、私は貴方のなんなの?
   本当に切っても切れない人だって答えると安心する」
   後宮、岸枝達に向かって「待っていらしたんでしょう、帰ってこられる日を
   温かく迎えてあげてください」
   岸枝「後宮さんあたくしそうしたいんですよ。あの人が本当に帰るところが
   あるならもし、お心当たりがおありならその方へこの通知を渡して欲しいんです」
   岸枝に頭を下げられて、ため息をつきながら封筒を見つめる後宮。
  <浜口家応接間>  美子が勝則と徳枝を前に座っている。
   美子は浜口に別居中の妻がいることを、聞いている。
   勝則は隠すつもりは無かったといい。離婚するのかと言う美子に、
   俯いて「えぇ」勝則は未練があるから別れられないのかと聞く美子に
   徳枝「別居している嫁がなかなか離婚届に判を押してくれませんでしたの」
   美子は離婚経験には拘らないといい、「私を嫌いじゃありませんよね?」
   と、勝則に聞き、勝則「えぇ」よかった、すみませんが家まで送ってくださる?
  
  美子はまーさばけてらっしゃるのねーと徳枝に言われるくらい凄い人ですね。 
   


371 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/06(水) 23:39:30 ID:NuQgUAxD
おまけ
  <箱根ホテルのおもて> 
   副島が真知子を連れて出てくる。
   「左手を出して」と副島
   真知子訳もわからず手を出すが、
   真知子の手を取り指輪を嵌める副島
   木陰で二人の写真を撮っている(副島の部下)
   「なんですの、これ?」
   「いいからいいから」   




372 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/06(水) 23:59:42 ID:r9PoNukp
>>368-371
乙でございました。

373 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/07(木) 00:14:06 ID:57YQp8t8
>>372
失礼なやつだな。それだけか。精神障害

374 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/07(木) 00:26:33 ID:32Bwwh+h
「感謝する心」って大切ですよね(しみじみ)

375 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/07(木) 14:31:09 ID:XVpXkck7
12/7(木) 第五部「愛のゆくえ・対決編」第214回
<箱根ホテルのロビー>  真知子と副島がソファーに座っている。
  明日、写真を同封して浜口に手紙を送る、頃合を見て直接会いに行く
  そう話すど副島、「貴方の嫁を僕にくれと言うつもりだ」
  気が重いと言う真知子に、何事も初めは怖いものだ腹を決めなくてはならないと話す。
  相手は半信半疑になって、真知子に電話をかけてくるだろうが
  その時は上手く芝居するようにと念を押す副島。
  指輪を外そうとする真知子に、僕達は婚約したんだから外すなという副島。
  真知子に秘訣と言って、ベテランの詐欺師は人をペテンにかけようと思ったら
  99%は本当のことで押し、残りの1%で相手をはめるのだという。
  後宮さんは、相手が無理難題を言ったから騙すと言うのは安易な事だと
  言われたと話す真知子に、悪いが後宮という人に遠慮しないと言う副島。
 「貴方が自由になったら、本当に僕の妻になって欲しい」条件は付けない
  約束のはずと言う真知子に、押し売りです、いやなら追い払えばいいと言う副島。
<現代口論編集者>  後宮机の雑誌が落ちたのを拾い集めている。
  三好、後宮を呼んでこないだの経済時評の激突対談スタイルがよかったと言う。
  架空対談とは思えない出来、売り上げも好調なので、これを読者の反論に喧嘩する格好で
  続けて欲しいと言う。例の特派員の件だが、金の割り振りと記事の配分で揉めているが
  そちらは例の彼女の件はどうなのか?と聞かれる。
勝則の離婚条件は、海外派遣の問題に絡んで春樹を苦しめた。
<浜口家>  応接室に向かう徳枝と勝則
  応接間に入る二人、ソファーに座っている美子。
  徳枝に勝則の離婚はまだなのかと尋ねる美子。徳枝は慰謝料は決まったけど...
  大変失礼ながら、多少のお金は美子が用立てしてもいい、母方の祖父が
  自分に山林を残してくれたのがあるので..という。
  徳枝はムッとした様子で、心配ない勝則が美子の気持ちが休まるように
  早くけりをつけなさいと言う。
<箱根ホテルフロント> カウンターの中で真知子打ち合わせをしている。
 そこに蘭子が入ってくる。
蘭子は、安城夫妻と宝石の商談の仕事で来たらしい。
  

376 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/07(木) 15:15:07 ID:XVpXkck7
つづき@
  運が向いてきて、夫も建設機械の職場に就職出来たらしい。
  蘭子、バッグから千枝子からの葉書を取り出す。
  葉書にはお母さん元気ですか?とあり、自分の事をお母さんと
  書かれていることに感激している蘭子だった。
  「昨日お母さんの夢を見ました。お母さんはご馳走を作りながら
  歌を歌ってました。ではさようなら..さ××千枝子」
  私に会いたいのかしら、きっとそうだと言う真知子に..じゃないわね。
 <回想>
 「うちはここにおる、うちはやっぱりいかへん」
 「手を差し伸べて、ごめんなさいと涙を浮かべる千枝子がいる」   
  ばかねぇ、葉書が来た位でと言う蘭子に、真知子は  
 「千枝子が志摩に残ると言ったのは、一年以上も前の事ですよ
  千枝子ちゃんはどんどん成長しているんですから..と慰める」
  蘭子笑って、でももういいのくよくよするのは辞めて、もう少し様子を見るわ。
  お互いに頷きあい、真知子は蘭子に葉書を返した。
 「あの〜」真知子は蘭子の前にポケットから指輪を差し出す。
  真知子「これ幾らくらいするものでしょうか」副島からの指輪を見せる。
 「ダイヤね」指輪を取り、ルーペで調べる蘭子。
 「いいものね、細工も一流だし、10万より下って事は無い」
  お驚く真知子に、後宮からかと聞く蘭子。別の方からだと答える真知子。
<現代口論者分室>  蘭子が座っている。
 春樹お茶を持って入ってくる。
  春樹、加瀬田が出所する事を話すが..蘭子は、今度は自分は迎えに行けないのねと話す。
  加瀬田の奥さんもお嬢さんも、気持ちの整理が撞かずにいると話す。
  内ポケットから手紙を出し蘭子に渡す春樹、「もうすぐじゃない」と蘭子
  春樹は奥さんが加瀬田が帰りたいところへ返してあげたい、だから心当たりがあれば
  手紙を渡して欲しい、といって自分に渡された事を話す。
  奥さんやお嬢さんが、気持ちよく迎えてやれたらいいのだけどといい
  蘭子が手紙を預かる事にした。
 

377 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/07(木) 15:18:44 ID:XVpXkck7
つづきB   蘭子、バックから宝石ケースを出して、後宮に選ばせる。
 「愛する人の為に勇気をだしてといわれ、その中の一つを手に取る」
 「10円だ」という蘭子、後宮は桁が4つ5つ違うと言うが..
  蘭子は真知子に会い、副島が真知子に指輪を送り偽装婚約した事を話す。
  そこまで進んでた事に春樹は驚くが、蘭子は危ないと言う。
  副島は、本気で真知子を取り込もうとしているようだと話す。
  春樹は、真知子を信じているだけじゃ駄目なのかというが..
  蘭子はたぶん駄目だと首を振る。
<浜口家応接間>  勝則郵便物を調べている。
 差出人副島の封筒をあげる、中から真知子と副島の写真が出てくる。
  「小生横浜にて貿易商を営む副島伝次と申すものです。仕事柄、外人バイヤーや
   国内の顧客先の接待で、箱根ホテルを行きつけにしております。
   お勤めの浜口真知子さんと知り合う機会を持ち、第一印象から、
   稲妻に打たれたようね衝撃をうけ、虜になり、日を重ねるうちにもはや
   将来の伴侶は真知子さん以外にいないと思いつめるようになり・・・」
   徳枝が入ってきて、今日存じ上げない方からの封書が届いていたようだけどと聞く・
  「これですよ」と見せる勝則。
   早速後宮以外の男と、結婚すると言う手紙が届いた事を話す。
   これで真知子さんとはキッパリ離婚しておしまいなさいと言う徳枝に
  「騙しているかもしれない、きっとそうだ!!」「喜んで騙されなさい」
  「いずれは大臣と呼び声高い、清宮次官のお嬢様と結婚できるんですよ」
   追い出した妻といつまで遊んでいる気なんですか、いいかげんにしなさい。
   と徳枝はいった。

勝則は半信半疑だった、これまでの経緯からみても真知子と春樹が
その愛を諦める筈が無い、だが・・・・



378 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/07(木) 18:47:26 ID:32Bwwh+h
>>375-377
いつもありがとうございます。
私は一応毎日見てはいるのですが、見落としていた部分の復習になるので
本当に感謝しています。

本スレにもかましたが、真知子が伝次に騙されて(たぶん)、偽装婚約を敢行
してしまいましたね。
昨日の回で「再度離婚調停をすることで周りを傷つけることは嫌だ」
と言ってたけど、この偽装婚約だって・・・・と真知子に小一時間(ry
今週末あたり、春樹や蘭子さんと対面して伝次の化けの皮が剥がれんですかね?

379 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/07(木) 21:04:50 ID:nVf/AsLp
>>378
毎日みている?どうやってみてるのかな?
ま、見ているとして、見落とした部分ってなにかな?たかだか15分以下のドラマでどうやったら見落とすのかな?
くだらない嘘はすぐにはれるからやめたほうがいいよw

380 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/07(木) 22:58:34 ID:He5PhFAc
荒らしはID:57YQp8t8とID:nVf/AsLpですよね。
>>372は感謝の言葉ですし、>>378も毎日見ていると書いているのに・・・
失礼でライターを追い出したID:57YQp8t8とID:nVf/AsLpに
いえることではないでしょう。

381 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/07(木) 23:09:04 ID:He5PhFAc
>>378
同感です。
が、荒らしに同調する真似のレスをつけることは控えて下さい。
ID:57YQp8t8はいつもの荒らしです。
乙は2ch的に感謝やねぎらいの言葉を表します。
荒らしはその事も理解しない池沼なのでしょう。
>>368-371>>375-377出演者一覧
http://bubble4.2ch.net/test/read.cgi/natsudora/1154179681/618-619

382 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/08(金) 01:31:58 ID:QMLZlo+9
>>380
あああ、自分から自分がその哀れな人間って発表するってのもうざいですねw
もう、完全に、駄目な人減はわかり、うざい精神分裂のレスも9分かりましたからもうこれでおしまいでいいですね。


383 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/08(金) 01:34:30 ID:QMLZlo+9
このスレは、すでに高尚な人間でおしまいにしました。
それ以外の汚い人間は以後、書き込むことを禁止します。これが、伊勢の通常のことがらです。


384 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/08(金) 23:48:05 ID:im8BNOHD
>>381
「乙です」が労いやお礼を意味することはわかるが、
せっかく詳しいあらすじを書いてくれているのに対して、
一行レスはちょっとないんじゃない?
あらすじに対する感想を少しでも書くとかすれば
ライターの方も多少は張り合いが出るのではないかと思うが。

385 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/09(土) 01:57:17 ID:8a7hKg6z
>>384
じゃあなたが感想書けばいいんじゃな〜い。
張り合いがでるような感想書いてね〜。

386 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/09(土) 02:01:11 ID:8a7hKg6z
>>381
何様か知らないけど、えっらそうに仕切るのはやめてね〜。
もしかしてあなたがうわさの骨髄ちゃん?

387 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/09(土) 17:58:59 ID:oFhREkGa
本日のNG
ID:QMLZlo+9

388 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/09(土) 18:12:02 ID:oFhREkGa
骨髄認定荒らしが暴れているので・・・空気の入れ替えという意味もこめて
↑の荒らしの事は既出>>115-117

11/29(水) 第五部「愛のゆくえ・対決編」第207回→>>335-337
11/30(木) 第五部「愛のゆくえ・対決編」第208回→>>338-340>>342
12/1(金) 第五部「愛のゆくえ・対決編」第209回→>>343-345
12/2(土) 第五部「愛のゆくえ・対決編」第210回→>>346-347>>353

389 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/09(土) 18:17:39 ID:oFhREkGa
12/4(月) 第五部「愛のゆくえ・対決編」第211回→>>358-362
12/5(火) 第五部「愛のゆくえ・対決編」第212回→>>363-367
12/6(水) 第五部「愛のゆくえ・対決編」第213回→>>368-371
12/7(木) 第五部「愛のゆくえ・対決編」第214回→>>373-377

http://bubble4.2ch.net/test/read.cgi/natsudora/1154179681/605
http://bubble4.2ch.net/test/read.cgi/natsudora/1154179681/618-619

390 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/09(土) 19:21:32 ID:DF9jlZ7t
>>388
進歩してないねえ。かわいそうにw 自分で骨髄とばらしてどうするww きもすぎ

391 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/09(土) 23:26:12 ID:oFhREkGa
本日の骨髄認定荒らしのNG
ID:QMLZlo+9からID:DF9jlZ7t
IDを変えたようです。



392 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/09(土) 23:33:05 ID:oFhREkGa
>>375-377の木曜日まであらすじがあります。
>>388-389です。

393 :390:2006/12/09(土) 23:35:57 ID:IRvp7c3U
>>391
おいおい、えらいのと一緒にしてくれたなw
なんでも一緒にしたいみたいだねえ。おまえはほんと進歩ないね。
残念ですが、ちがいますよー。一緒にしなくちゃ、頭おかしくなっちゃんでしょ。骨髄とかいうキチガイさんw


394 :390:2006/12/09(土) 23:47:28 ID:IRvp7c3U
>>391
じゃあ、聞くけどさ、>>386はどうなのさ。ねえ、骨髄ちゃんww
ほんとキチガイはだめでしゅねええ。

395 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/10(日) 00:08:31 ID:q+VC6gdN
尻尾をだしてしまいましたね。
ID:DF9jlZ7tからID:IRvp7c3U
長い間荒らしている頭のおかしい骨髄認定荒らし。
何度IDを変えたら気が済むの?
ここを荒らさないで下さい。

基地外はあなたですよ、どうみても。

396 :390:2006/12/10(日) 00:11:09 ID:DSsNWnpM
>>395
はあ?尻尾をだしましたですとお?
その意味を説明してよ。たのむからさあ。すぐにね

397 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/11(月) 21:29:33 ID:0b5C6Cu1
ageっておきますね。

398 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/11(月) 21:59:33 ID:jQnUsUSU
>>397
★ 骨髄ちゃん観察日記2冊目 ★
http://etc3.2ch.net/test/read.cgi/denpa/1128048895/172

172 :名無しちゃん…電波届いた?:2005/10/18(火) 01:27:06
普通「ageて」「sageて」って書くところを
「ageって」「sageって」って書く奴がいる。あすかスレ。
骨髄かどうか知らんけど、気持ち悪い。



wwwwwww


399 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/11(月) 22:05:23 ID:YwO31hxa
>>398
本当だ。まちがいないですねw わかりやすすぎます!ID に注目!!
「君の名は2」スレ↓
 658 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 投稿日: 2006/12/11(月) 21:28:42 ID:0b5C6Cu1
 >>656
 ありがとう。もうやめませんか?
 あなたが荒らしに見えます。というかあなたが歴代荒らしてきたという
 骨髄認定荒らしに見えますよ。違うならやめた方がいいと思います。

 個人的にはこの前の土曜日は一部欠けて見れなかったので、
 あらすじスレにあるといいなーと思っていたのですが、あらすじライターさん
 多忙なのか金曜日、土曜日、今日とないですね。


400 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/11(月) 22:37:31 ID:0b5C6Cu1
やはり骨髄認定荒らしの自演なんですね。
自演がこれほどわかりやすいのもないですね。
ID:jQnUsUSU=ID:YwO31hxa

401 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/11(月) 22:40:25 ID:0b5C6Cu1
>>388-389で土曜日のあらすじを私は希望します。
どなたかいましたらお願いします。

402 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/11(月) 22:58:29 ID:YwO31hxa
>>401
はあ?自分が自演してるからって、人もいっしょにしないでよねw
かわいそうなやつ。 今、顔まっかだろ。興奮しすぎて頭の血管きれちゃうといいね。


403 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/12(火) 01:28:33 ID:sAux4ey0
暴れても自分が惨めになるだけでしょ、
そんな簡単なことも荒らしはわからないんだねぇ。

>やはり自演なんですよね。
>●使っているならIDは選び放題でしょうし・・・。
>文体も似ているので気にはなっていました。

日本語も半島の方がキレた時のように汚いですし日本人ではないのかも・・・。

http://etc3.2ch.net/test/read.cgi/denpa/1130172450/
稀に見るような荒らしの相手をしているのかもしれないですね。

難民板からスレ立てを始め、懲りずに認定等の為に立てた
★ 骨髄ちゃん観察日記2冊目 ★があり、わかりやすく同板の電波板に設置することに
このスレの趣旨は【ようかん社の住人の骨髄認定荒らしと仲間の粘着と誹謗中傷の手口の生態】を
気が向いた参加者が記録していくスレです。
海外サッカー板自治スレのように◆inODPD6owQのことで言いたい事がある人もご自由に。
該当荒らしは
・ようかん社の住人(隔離スレで自ら書き込みを残したこと)
・複数IDを自由に操れる(P2P・携帯・ID固定ではない)
・最初のあすかスレの時から煽り荒らしをしてきており、現在かりんスレでも住人です。

その中に、懐かしドラマのあすかスレだけではなく海外サッカー板でも
荒らしと思われてる◆inODPD6owQの全板での動向を観察するスレでもあります。
海外サッカー自治スレ949より抜き出し
>◆inODPD6owQが必死なのは自分がp2使いの荒らし田=MICだからwwwww

404 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/12(火) 02:18:16 ID:dnChYuBk
    ⊂_ヽ、
      .\\ /⌒\
         \ ( 冫、)うんこになぁれ
          > ` ⌒ヽ
         /    へ \
        /    /   \\
        レ  ノ     ヽ_つ
        /  /         ・*.・:
       /  /|          :。 *.・
       ( ( 、           ★。:’*
       |  |、 \        。・.*・; ・
       | / \ ⌒l     ;* ・。;*★ 人・ >>403
       | |   ) /      ・ ★・ (_ );; * 。・
      ノ  )   し'        ・ * (__) * ・。・
     (_/          。*.;; ・( ・∀・)  ★.* ’★



405 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/12(火) 21:30:17 ID:Bi7hm/Dp
>>403
ここでも、骨髄が、人が来ないのをみはからってキチガイ電波をとばしているなw
惨めな自分の心情をそのまま発表しているね。なんか、可哀想になってきた。
このキチガイの特徴がだんだんわかってたが、興奮してくると、自分の過去レス?をやたらとコピペしはじめる。
このスレや、一つ前のスレから書き込んでいる我々には、かわいそうだが、まったく何のことだかわからないの
にね。 
キチガイのパワーは、常人には計り知れないとはよく聞くが、まさにその片鱗をうかがうことだけはできるなw


406 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/12(火) 21:56:52 ID:Z7NwDaVM
■ 現在[NHK朝の連続テレビ小説 天花 PART67] スレでは・・・
  http://bubble4.2ch.net/test/read.cgi/natsudora/1164873087/50

 駒崎は以前「名無ism」で朝ドラスレを荒らしていたが自分のミスで実名暴露される。
 http://sg.geocities.com/jpn_sin_den/japanese.index.html

 iconに恨みを持つ駒崎は、実名を暴露した種付オキナがiconの実名を暴露したという
 でっち上げ情報操作を実行する。
 http://bubble4.2ch.net/test/read.cgi/natsudora/1164873087/2

 そしてicon=滋賀の接骨院院長K★(スレでは実名)=ソープ板のΣ と断定。
 http://bubble4.2ch.net/test/read.cgi/natsudora/1164873087/4

 その後関係者が名乗り出て警察に相談する意向を示すと駒崎は顔面蒼白で
 逃げ回るが謝罪も訂正もなく、言い訳けして逃げ回り逃亡した。

 その後訂正も謝罪もなく、上記の主張が続いている状況。

 前スレを長文で潰すが、新スレが立ち今度はコピペでスレ潰しを実行中w

407 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/12(火) 22:13:37 ID:4s5T7p/I
>>406の言われている駒崎というのはID:Bi7hm/Dpなんですね。
君の名は本スレでは、骨髄認定荒らしと呼ばれていましたが・・・
もしそうなら関連スレから連れていってくれませんかねぇ。
本スレでも今日も暴れていて辟易します。

408 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/12(火) 23:45:41 ID:4s5T7p/I
ID:Bi7hm/Dpがこれなくなったのは>>406の書き込みの為。
わかりやすい荒らしさんですねぇ・・・

409 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/13(水) 00:20:34 ID:cDehcJyf
>>408
おいおい、来てやったぞ。君の名はスレで日をまたいだからIDがかわったって最初におしえてやっただろw
駒崎?なんだそれ? お前のお友達か、骨髄?

410 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/13(水) 00:21:11 ID:rGsdsaMX
>>406の内容の荒らしをやっている戦犯がID:cDehcJyfだそうですよ。

411 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/13(水) 00:33:28 ID:cDehcJyf
>>410
おいおい、その書き込みの為、これなくなったのが私じゃないのか?
すぐ上の>>408で自分で自信たっぷりにかいてるじゃんw
お前はだめだな。何をやってもボロボロ、まったくいじりがいがない。
レベルが低すぎるよ、骨髄w

412 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/13(水) 00:40:19 ID:rGsdsaMX
気弱になるしかないですよね。
>>406の暴露があったらねぇ、またまた電波板に
逃げ帰って荒らしサークルの皆さんと傷を舐めあう
情けない人生も荒らしの貴方のものだからねぇ。
いいんじゃないでしょうか。

413 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/13(水) 00:45:41 ID:cDehcJyf
>>412
何いってんだ?日本語理解できないのか? 誰が気弱になってるんだ? 
荒らしサークルってのがあるのかw 電波板って荒らしサークルなのかw
私はこのスレで、はじめてその電波板ってのを知ったが、お前以外は普通の人たちじゃないか。
お前、いいかげんに、このスレや関連スレに来るのをやめたほうがいいよ。荒らしてるのは骨髄、お前だよ。



414 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/13(水) 01:05:14 ID:rGsdsaMX
骨髄認定荒らしのID:cDehcJyfの駒崎さん
貴方が昨日今日と大暴れしたのを見てそう思う人がいると思うのですか?
それともそう思わせる為にまた自演に走りますか。
これ以上、惨めになりたいならどうぞ。
掲示板に張り付いて異常と思える粘着を遺憾なく発揮して恥さらしを続けて下さいな。

415 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/13(水) 20:28:57 ID:skdVqilo
http://makimo.to/cgi-bin/search/search.cgi?q=%83e%83%8C%83r%8F%AC%90%E0%81u%93V%89%D4%81vPAR+&sf=2&all=on&view=table

駒崎の大失態が残る「天花PART65,66」が削除されている。

他にも駒崎の実名暴露に関するスレがことごとく削除されている。

これは何を意味するのか?

416 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/13(水) 23:11:46 ID:Xc3Gd4BM
「ほんまもん」統一スレッド(通算24号)
136 名前: 名無ism  02/08/24 21:24 ID:Jp9I84hn

あすかは美大への進学を両親(禄太郎・京子)、祖父(巌治郎)に相談して許しを得る。
京 子:うちは、できるだけ好きな事させたいねん
禄太郎:世の中出るには、手に職つけなあかん!
巌治郎:芸術家というのは心配やけど、デザインは稼げる仕事やろ
京 子:お許し出たで、きばりや
それに対して、勝手に進路を決め、部屋にこもって受験モードに入った木葉は、
心配して部屋をのぞいた両親(一路・千里)、祖父(定道)に対して
木 葉:とにかく受験はするからね。私やって、やればできるってとこ見せたるわ
と言い放つ。あすかと異なり、さすがは自己中の権化みたいな木葉の性格が良く出ていると思う。

駒崎のパクリサブノート

17 名前:第16週「頑固は店の守りなり?」 投稿日: 2003/08/17(日) 20:48
・ このときのこころは、まだまだ職人の気持ちがわかっていませんでした。
・ まさか、生野がここまで思い詰めていたとは、どうする?こころ
・ 香澄の問題に生ちゃんの問題、こころは解決出来るのでしょうか?
・ 生野は再び、きよ川で働くことになるのでしょうか?
・ 優作のプロポーズから1年、また、隅田川花火大会がやってこようとしていました。
・ 新潟へ、こころは沢朗に合いに行くのでしょうか。

駒崎君って、こういうの好きなんだねw

417 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/13(水) 23:43:59 ID:Xc3Gd4BM
駒崎君って、朝ドラ命なんだねw

http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/movie/3291/1063979493/
第7回(10月6日(月))
岩田製パン店では、春男(岸谷五朗)が早朝から職人たちのいる工場を切り回
し、愛車の「バタコ」(オート三輪)でパンを配達。照子(浅野ゆう子)も朝
から工場と店を手伝う、多忙な毎日だった。ある日春男は、久しぶりに映画に
行こうと照子を誘う。

第8回(10月7日(火))
映画館で照子の心をとらえたのは、映画本編ではなく、街頭テレビに集まる群
衆を映し出した、ニュース映画だった。照子は「テレビ付き喫茶を始めたい」
と話すが、慎重な春男は消極的。銀行が資金を貸してくれたら、店をやっても
いいと妥協案を出す。

第9回(10月8日(水))
照子は気合いを入れて銀行に融資を頼みに行くが、担当の岡(木下ほうか)に
相手にされず、腹を立てて帰ってくる。だが照子の熱意に負けた春男は、製パ
ン店の利益をためた貯金を、喫茶店のために使ってもいいと言いだす。


418 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/14(木) 00:29:38 ID:dudZK3Wb
>>415-417
なけなしの金を 「2ちゃん命」 で使って●を購入。これさえあれば、自演は無限にできるらしい。
実際、なるほどなって感心しちゃうよね。でも、普通、2ちゃんに金つかうか? ま、2ちゃんしか生きるところが
ないやつは別だけどねww それにしても、自演下手くそだねえ。かわいそう(激藁)



419 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/14(木) 05:22:50 ID:+lJGkXlW
あらすじくれくれさんへ

>>224 >>225 で、あらすじを書いたのですが、
この程度でよければ書きましょう。
その代わり、本スレをもう絶対荒らさないと約束してください。
(本スレに、あなたが出没した時点で、やめます。)

ちなみに録画はしてないから、あくまでも記憶の範囲で。
その日の分をね。
(過去の分を要求されても、書けません!)

もし、良ければ、さっそく今日の分、書いてみますけれど。




420 :419:2006/12/14(木) 06:18:10 ID:+lJGkXlW
ちなみに  12/13(水)の分

箱根のホテル 真知子の部屋
伝次と真知子、着物を帰され、伝次が怒る。
真知子「あなたの目的は、手紙だから。目的は果たせたでしょう?」
伝 次「あなたは、着物や指輪を贈られて身動きできなくなってきたと思ってるんじゃないですか?
    それくらいでなびくような女性なら、こちらがお断りだ。敵をあざむくには、本気でやらないといけないんだ。」
真知子の行動には、春樹が伝次の過去のことで何か言ったのではと尋ねる。
本当に知らない様子に、伝次は、春樹のフェアな態度に感心し、約束の日に起きたことを正直に話す。

場面変わって、浜口家

美子「私、何かまずいこと言ったかしら、お母様の顔色が突然変わって…」
徳枝、気を取り直してお菓子を持って、再び応接間へ
美子「お母様、さっきはごめんなさい。母と何気なく話していたことを申したまでです。
   でも、私、自分の気持ちに嘘をつくのはいやなんです。
   世間には、同居を望む方もいらっしゃるのは存じています。でも、私は、正しいことを言ったまでです。」
徳枝「同居するのは、そんなに悪いことかしら? 世の中にはお金がなくて同居する人もいらっしゃるでしょうし。」
美子「どうしても別居がいやなら、勝則さんとのご縁はなかったことにします。別の方を探します。」
徳枝「まあ…。
勝則「ちょっと待ってください。」









421 :419:2006/12/14(木) 06:27:47 ID:+lJGkXlW
続き

場面変わって 東京へ向かう汽車の中  加瀬田修造と悠起枝
加瀬田「面会に来てもらったばかりでなく、東京まで付き合ってもらって申し訳ない。」
悠起枝「面会は、あさちゃんやこずえちゃんを代表して、東京は用があるから行くだけです。」
加瀬田家へ行って迎え入れてもらえるか、一度こずえたちの所へ寄ってみようか相談する加瀬田
それをにっこり笑って見つめる悠起枝

そこへ、謙吾現る。驚いて怒り出す悠起枝
悠起枝「私たちのことつけてきたんでしょ? 同じ時間の汽車なんて」
謙 吾「僕は東京へ出張や。君こそ何や?」
悠起枝「私は気分転換む

席を変わると申し出る加瀬田を悠起枝が制止する。
悠起枝「謙吾さんは、あっちへ座って」
離れて座る謙吾
悠起枝「あの人なんです、私に求婚してるの。」
結婚を迷ってると話す悠起枝
加瀬田「あなたもよく迷う人だ!」

終わり


422 :419:2006/12/14(木) 06:33:32 ID:+lJGkXlW
最初、入力したら、「改行が多すぎます」とメッセージが出て、
「戻る」を押したら全部消えてしまって、もう一度入力しました。
誤字が見受けられますが、そんな事情で急いで打ち直したもので、ごめんね!

じゃあ、じっくり考えて自分を振り返ってみてね。

423 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/14(木) 10:17:52 ID:MkpIAV0C

宿敵のiconが降臨して、駒崎が基地外レス連発。

必死の言い訳け劇には笑えるwww
http://bubble4.2ch.net/test/read.cgi/natsudora/1164873087/233n-237

424 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/14(木) 10:38:24 ID:mrZTQKX/
「言い訳け」って、何て読むんですかぁ?wwwww

425 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/14(木) 11:23:26 ID:MkpIAV0C

 駒 崎 の 卑 劣 な 誹 謗 中 傷

http://bubble4.2ch.net/test/read.cgi/natsudora/1164873087/236
>>んで、iconは接骨医なの?

>既に何度も回答している。

(http://bubble4.2ch.net/test/read.cgi/natsudora/1164873087/4)
>この常連の接骨医がiconであることになる。

 ===この常連の接骨医とは?===

(http://bubble4.2ch.net/test/read.cgi/natsudora/1164873087/4)
>その実名暴露爆弾レスが炸裂したときは、その某接骨院のサイトは健在だった。

>キャッチフレーズ「健康がわたしの願いです」と自筆署名入り「御真影」
>まであった。共産党の志位委員長をちょっといやらしくしたような感じだ。
>ところが、その接骨医サイトは実名暴露爆弾炸裂後、ただちに閉鎖された。

 ===その接骨院とは?===

(http://bubble4.2ch.net/test/read.cgi/natsudora/1164873087/2) 
>当該の接骨院のアドレスはかつて夢先案内人Σ(iconのソープ板のHN)のものだった。

 ===当該の接骨院とは?===
(http://bubble4.2ch.net/test/read.cgi/natsudora/1164873087/2) 
>iconの本名はK氏(★スレでは実名)か?

>ググったら接骨医院の経営者とでたが。

 明らかにiconを接骨医=夢先案内人Σ=K氏(★スレでは実名)としていますね。

426 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/14(木) 13:44:12 ID:9CcaVlyx
>>419-422
>戻る」を押したら全部消えてしまって、もう一度入力しました。

うわ〜それ大変。ご苦労さまだったね〜。
そこまでして骨髄のために書いてやることないと思うけど、
これで本スレに奴が現れなくなるなら、たすかるわ。
どうもありがとう。

427 :419:2006/12/14(木) 20:21:40 ID:+lJGkXlW
あらすじくれくれさんへ

本スレに、↑上の>>425と同じ投稿をしませんでしたか?
もし、自分の行いを反省して、ここで「もう二度と本スレに投稿しません。」と
宣言したら、12/14(木)のあらすじに挑戦してみますが、いかがですか?
お返事お待ちしております。
                        本スレで感想のやり取りを楽しみたいだけの住人より

428 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/14(木) 23:58:21 ID:lAMbJAIt
>>420-421
ありがとうございました。
先週のはないですか?土曜日が知りたいです。

429 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/15(金) 00:06:34 ID:HOYCCNmE
>>428
どうぞ!

「…真知子のココ‥‥すっげーやわらかくて入っちゃったのに…ナカはキツイなー」
「解説なん、て‥‥していただかなくてもよろしいんですのよ」
だから早くください。
…なんて、真知子の目が見上げてくる。
いいんですか?遠慮なく食べちゃいますよ…真知子さん?
「…いきますからね」
真知子の腰をつかんで持ち上げ、ヌルつく蕾に固くそそり立った俺自身を押し付けると、誘うようにヒクつくそことひたすらに頷く真知子。
お言葉に甘えて、グプリと一気に最奥まで腰を進めた。
「は、ぁ‥ッ!」
「…っキツ…!」
入口はやわらかいくせに奥へ行くほどキツイ。抵抗してくる熱くやわらかい内壁に逆らって進むとありえないくらいにキモチイイ。
「真知子さんったら、名器。」
「そゆこと…おっしゃらないでいただけます?‥‥ぁ」
怒鳴った拍子にお腹に力が加わったらしく、しめつけてくる真知子さん。
真っ赤に染まった相手を見たら、更に後孔を拡張するように自身が育ってしまう。
「いぁッ‥でん、じ」
「も‥‥ごめ、限界」
まだ入れたばかりなのに。まだまだ真知子のナカにいたいのに…。
あまりにも、心地良すぎる。
「…いくよ」
折れてしまいそうな細い腰を抱え、大きく腰をグラインドさせる。
真知子の背が弓なりになれば細かくリズムを刻み、ふとした瞬間に腰を回転させてプクリと膨らんだ場所をえぐりあげて。
「ひぁッあ、やぅ‥‥あぁッ!」
ここが外だなんて事も忘れてひたすらに。 真知子喘ぎと濡れた水音。肌のぶつかりあう音が織り成す狂想曲。‥‥すべてが俺と真知子を狂わせる。
「あ・・・いけませんわ、」
「ん、一緒…いこ?」
真知子の腕が俺の首筋にまわされ、コクコク頷いたのと同時に腰を後孔から抜けるほど引き、一気に奥へと叩き付ける。


430 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/15(金) 00:13:58 ID:rhuhqoU+
現在のあらすじ
>>388-389まで
11/29(水) 第五部「愛のゆくえ・対決編」第207回から
12/7(木) 第五部「愛のゆくえ・対決編」第214回まで
>>420-421の12/13(水)までです。

431 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/15(金) 00:26:28 ID:rhuhqoU+
抜けているあらすじは
12/8(金)12/9(土)
12/11(月)12/12(火)12/14(木)

432 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/15(金) 00:27:58 ID:HOYCCNmE
ぬるぽ

433 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/15(金) 00:33:34 ID:rhuhqoU+
ID:9CcaVlyxこの人が長年、認定荒らししてる人ですね。

434 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/15(金) 00:37:33 ID:HOYCCNmE
>>433
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B2%BE%E7%A5%9E%E5%88%86%E8%A3%82%E7%97%85#.E5.A6.84.E6.83.B3.E5.9E.8B_.28ICD-10_F20.0.29

あなたのことですよ

435 :419:2006/12/15(金) 03:15:41 ID:E79qKObl
>>428
あらすじくれくれさんへ

本スレにまた出没してしまいましたね!
あらすじスレに協力してもいいと思ったのに…。
本スレの住人に嫌われると、損ですよ!
ここで、おとなしくしていれば、
12/9(土)も書いてもよかったのに。

毎回、見てるから、書けると思いますが…。
どこからどこまでが、12/9(土)かさえ、はっきりすれば書けます。
それなのに本スレに出没するから。(涙)



436 :419:2006/12/15(金) 03:25:57 ID:E79qKObl
12/9(土)

・角倉の伯父の死
 病院でのやり取り

・美子、浜口家に深夜に登場
 勝則の部屋の窓をたたいて

・伝次と真知子のやり取り
こんなところだと思いますが、伝次と真知子のやり取りのところは、
もう少しヒントがあれば書けます。

本当に協力してもいいと思ったのに。
くれくれさんが、本スレを荒らすからなあ。(悲しみょ

437 :419:2006/12/15(金) 03:50:51 ID:E79qKObl
>>436

・真知子、綾さんの部屋
     ↓
・病院
     ↓
・真知子と勝則 電話で
     ↓
・病院でのシーン

1か月後
・箱根のホテル 真知子&伝次

・現代評論社
 編集長と春樹

・夜、浜口家
 勝則&美子

こういう構成だったみたいですね。
ここから後なら、肉付け出来ると思います!
それなのに、あらすじくれくれさんが、本スレを荒らすから。(嘆き)

438 :419:2006/12/15(金) 04:05:47 ID:E79qKObl
12/14(木)

・どこかの応接室
 美子&勝則

・浜口家
 徳枝&勝則

・加瀬田家
 加瀬田さんの妻、娘、本間定彦  そして修造

・あさ、こずえたちの店
 綾さん&悠起枝のやり取り     ←綾さん、いいこと言った!
(あさ、こずえ、トシキ寝てる。)

忘れるといけないからメモっておきます!

439 :419:2006/12/15(金) 09:07:21 ID:E79qKObl
12/15(金)
・加瀬田家
 修造、岸枝(妻) 和子(娘) 本間定彦   春樹
・春樹の部屋
 悠起枝&春樹

・清宮家
 美子の母   徳枝(勝則の母)
・喫茶店
 美子     勝則

・浜口家   勝則 vs 徳枝  ←けっこう親子けんかっぽい感じ

・春樹の部屋 春樹   修造
・加瀬田家  岸枝、和子  ←修造、帰ってきて 春樹から借りた雑誌を渡す。

・勝則の職場 勝則→副島にTel

・加瀬田家  岸枝→修造に詰問する。

・小野瀬洋裁品店 加瀬田和子が、訪問。 みんなの歓迎を受ける!

・浜口家 勝則帰宅。 徳枝に異変が!!     
 来客あり。 それは、副島でした。

 今日は、場面が何度も変わったので、メモしておかないと忘れるので…。
 メモっておきました。
 くれくれさんが、本スレを荒らさないと約束したら、詳しく書いてもいいんだけどなあ。(残念)
 さあ、仕事、仕事! 

440 :419:2006/12/15(金) 09:28:57 ID:E79qKObl
>>439
最後の浜口家、勝則 帰宅。
徳枝に異変が!!

来客あり。

その間に、箱根のホテルが映り、働く真知子。
そこへ、ナレーションが…。
「真知子が自由になる日が近づいていました。」
作られた自由と、言ってたかな? 心から喜べない自由というようなニュアンスでした!

じゃあね!!

441 :810:2006/12/16(土) 00:19:00 ID:4398Ftmx
12/9(土)
雷光る。角倉勘治、顔を歪め倒れる。真知子「伯父様!」 信枝「あんた!」

病室  勘治、信枝、真知子、小野瀬綾、春樹
勘 治「信枝、佐渡のことは頼む。後宮くん、真知子を頼む。
    綾さん、あんたいい女だな、もう十年、俺が若ければ。」小野瀬綾、微笑む。
    真知子が、親戚なんだから勝則に知らせた方が良いとみんなを説得。
    真知子、勝則に電話
    勝則、伝次の手紙、写真の件で、真知子を一方的に非難、真知子、「今はそんな時じゃない!」
    「話を聞いてくれ。」と懇願、「伯父様が大変なの。」勝則、ようやく事態を了解し、病院へ。

勘治「勝則!」さらに何か言おうとするが、絶命する。
信枝「後のことは頼むと言ったきりで、死んでしまうなんて。一週間でも世話させてくれれば、あきらめもついたのに。」泣き崩れる。それを支える真知子。

1か月後 箱根のホテル  伝次と真知子 伝次「後、10日で、あなたは自由の身になれますよ。」

現代評論社編集長「君のヨーロッパ派遣の件、いよいよ決まりそうだ。君の入社に当たっては、社内で反対の声もあったんだが、それを押さえたんだから、頼むよ。期間は、2年間、後、10日で正式に決定する。しっかり考えておいてくれ」

浜口家、 夜、自分の部屋でウイスキーグラスを傾ける勝則、窓に何か当たる物音がする。
窓の方へ顔を向けると、窓がこんこんとたたかれる。窓を開けると、美子がいる。
勝則「美子さん、どうしたんです?」
美子「あなたに会いたくて。入れてくださる?」狭い窓から入ろうとする美子
あわてて、外に出る勝則、勝則に抱きつく美子。
美子「美子をきつく抱きしめてください。」 美子を抱きしめる勝則
美子「お見合いをさせられそうになって。ほかにも3つほど話があるの。早く、話を進めてくださらないと。」
勝則「後、10日で何もかも決着がつきますよ。」
美子「良かった。じゃあ帰ります。」
勝則「送ります」
美子「いいえ。車を待たせてあるの。」
車のところで お休みなさいを言って車に乗り込み、走り去る美子。 勝則、そこにたったまま。
   

442 :810:2006/12/16(土) 00:21:38 ID:4398Ftmx
あらすじくれくれさんへ

今日1日、おとなしくしていたから、サービスです!
1つに納めようと、何度も何度も修正したので、見にくくなったのはごめんね。
明日以降もおとなしくしていたら、書いてあげるから、本スレに現れちゃ駄目ですよ。
じゃあ、お休み!

443 :419:2006/12/16(土) 05:24:51 ID:4398Ftmx
12/14(木)
・どこかの応接室 浜口家? 
美子「私、噂で聞いたんです。前の奥様には何の落ち度もないのに、お母様がいびり出したって。」
美子「愛する人と結婚して、若い二人は未来を築くんです。子どもがいて。そのためにお母様と別居して、二人だけの世界を作っていくのが理想です。」
勝則「気持ちは分かりますが、しかし」
美子「あなた、いつもそうよ。最初は私を受け止めて、その後、まるで反対のことを言う。駄目よ。」
勝則「しかし、病気になった時、見てもらったり、子どもだって見てもらうのに。」
美子「ばあやに来てもらいますわ。」
勝則「これからは、夜、夫婦で外出する機会も増えるだろうし。結論を急ぐのはやめましょう。」

・浜口家  夜
徳枝「あなた、あの人を選ぶの、私を選ぶの?」
勝則「母さんは、何が望みなんです?」
徳枝「私は、幸せになりたいの。」
勝則「ほうっ。」けげんな顔
徳枝「おかしい?」
勝則「いや、思わぬ言葉だったから。」

・加瀬田家
岸枝「よく帰ってきてくださいました。これから長い時間を埋めていきましょう。」 和子「お父様、お帰りなさい。」
本間定彦「いや、うるわしい家族愛だ。」 修造 けげんな顔
定彦「いや、これは失礼しました。こちらの皆さんと親しくさせていただいております本間定彦と申します。小野瀬綾さんとは、おさななじみで今も親しく付き合わせていただいております。」
修造「綾さんと知り合いでしたか。」   修造、心を開く。
定彦「今日は、お祝いの宴とまいりましょう。」

・小野瀬洋裁品店
忙しそうに書類を整理する綾、背中向きで話す悠起枝。綾、これは忙しくなるための準備だ。こちらから仕掛けていかないとと話す。
書類整理を終えて、悠起枝と向き合う。結婚へのとまどいを語る悠起枝。相手は、私の過去も少し知っていて、でも、そんなことで私をせめない。
でも、相手に悪いと話す。
綾「ずっと、相手に悪い悪いと思いながら生きていくのは、つらいわね。でも、そんな人いっぱいいるわよ。
  今が大事。相手に遠慮する気持ちより、幸せになりたいと思う気持ちが強いんだと思う。幸せになればいいんじゃないかしら。」


444 :419:2006/12/16(土) 05:31:54 ID:4398Ftmx
あらすじくれくれさんへ

おはよう!
12/14(木)の分も書いておきました。
あらすじライターではないから、うまく書けないけれど、1レスに納まらないと入力が難しいので、ごめんね。
とりあえず、雰囲気はつかめますか?

あらすじライターじゃないから、あらすじライターと呼ばないでね。
それから、ほかの皆さんもつっこまないで、温かく見守ってください。
今日も、本スレを荒らさないでくれたら、12/15(金)も、12/16(土)も
書いてあげますよ。

じゃあ、続きは、仕事から帰ってきてから。
楽しみにしててね。
  ↑
こんなあらすじじゃ、楽しみじゃないか?(一人つっこみ)

あらすじ仮面より

445 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/16(土) 06:58:59 ID:BlYTH5OC
12月15日(金曜日)@
加瀬田家 加瀬田修造の出所祝いをしている。そこには加瀬田一家と春樹、そしてなぜ定彦が。
酒を飲み干す春樹に「お酒はたくさんありますから、本間さんのおかげで」と岸枝。
酩酊状態の本間が「私が寄付します。進駐軍で働いてる人が保険に入りたがって。
親しくなった人がPXの方から安く・・」と呂律が回らない
。「姉さんどこにいったんだろう」という春樹に、「彩さんのところに行っている」と加瀬田。
「復員してからどうしてたの?」という和子に「色々だよ。恥多き暮らしをしていたことは知っての通りだ。」

春樹の部屋。原稿書きをしている春樹の肩を揉み痛がる春樹に「我慢しなさい。春樹肩は死んだお父さんにそっくり。」と悠起枝。
春樹と真知子のことに心配な様子の悠起枝に春樹は海外派遣の話をする。
一人分しか費用が出ないので真知子を連れて行くことができないことに悠起枝は「結婚って簡単にいかないのね」。
「姉さんと自分で(どちらが先に好きな相手と一緒になれるか)競争しようか」と言う春樹に悠起枝は「負けないから!」と春樹の肩を揉む手に力を入れる。

清宮家 徳枝は田鶴子(美子の母)に別居のつらさを訴えるが、田鶴子は「娘は新しい時代の上級公務員の家庭を築きたいと言っている。
勝則さんと一緒になるのは美子ですし。」これに対し、「別居しない限り美子さんは勝則のところに来ていただけないのですね。」
田鶴子:「幸いというか、まだ正式な話になっていない。正式な話にしたいなら、そのあたりのことをよく考えて使いの方を寄越していただきたい。」

喫茶店で勝則と美子。美子は徳枝が清宮家に直談判しに来たこときたことについて勝則を責める。
「どちらを取るの?」と問われ「美子さんです。」と答えた勝則に「行動で示して」と言い放って去る。

浜口家:今度は勝則が徳枝を責める。「もう結構よ。私の一生って何だったんでしょうね。」と徳枝。


446 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/16(土) 07:02:49 ID:BlYTH5OC
12月15日(金曜日)A
加瀬田が、春樹の部屋に雑誌「自由倶楽部」を取りに来る。
「こんなもの(蘭子たちと暮らしていた頃加瀬田を取材した春樹の記事)を見せていいのか?」と問う春樹に「私たち家族が避けて通れない道、踏み絵のようなもの。それに、私にはあまり時間が残されていない。」と加瀬田。
加瀬田は自分の部屋に戻り、「自由倶楽部」を読むように妻子に渡す。

厚生省。 伝次を電話で「今夜来てくれ」と呼び出す。

加瀬田家。岸枝は「夜の女の方と暮らしていたのですか」と加瀬田に問いただす。「呼んだのか?」という加瀬田に頷く岸枝。

和子が加瀬田の出所を報告するために綾の洋裁店を訪ねるが、金髪の俊樹をみてドン引き。

浜口家。 勝則が帰宅すると、「暫く湯治に参ります。」と徳枝の置き手紙。お手伝いが「お客様がいらしています。」
箱根のホテル。フロントで米兵相手に接客する真知子にナレーションがかぶる。
自由になる日が近づいていた。だがそれは副島の策略によるいつわりの自由かもしれなかった」

再び浜口家。「もう決断はついたのですか」と言う伝次に、「急いてはことをし損じると申しますよ。」と切り返す勝則。

元々文才がない上に場面がめまぐるしく変わったため、冗長になってしまいました。スミマセン。
誤字脱字等は予めご容赦ください。



447 :445-446:2006/12/16(土) 07:19:04 ID:BlYTH5OC
>>あらすじクレクレさん(=骨髄)さんへ
ID見ていただければわかると思いますが、本スレで貴方に荒らし認定されてしまった元ID:jXrZL3I7
しかも誤ってあらすじ@を本スレに投下してしまい、ひたすら恥じ入っております。
>>441の方だけに押し付けるのは申し訳ないと思ったので、15日の分のあらすじを
お手伝いさせていただきました。
今後も毎日は無理ですが、自分の出来る範囲であらすじを書かせていただきたいと存じます。

御理解いただきたいのですが、私もスタンスは>>441さんと同じです。
すなわち、貴方が以前仰っていたように、貴方が本スレに出没することは貴方の
自由であり、貴方に対し「本スレに来るな」と強制することは出来ません。
ただ、貴方が本スレであらすじを要求したり、駒崎コピペをされるなど、
本スレの趣旨から逸脱する行為が見られた場合、>>441さんと同じように
金輪際あらすじは書きません。

貴方は私を荒らしと認定されましたが、私はただ本スレにおいて感想等のやり取りを
楽しみたいだけなのです。
貴方が本スレの趣旨を尊重し、節度を守ってくださることを切に希望いたします。

448 :419:2006/12/16(土) 12:22:36 ID:4398Ftmx
>>445 >>446 >>447
お疲れ様でした!
シーンが目まぐるしく変わるので、大変でしたね。
12/16(土)は、夕方書きますから、ゆっくり休んでください。

誤爆しても、消えないでこっちにも書き込みできるんですか?
スレをまたいでもメッセージが残ってるのかな?
知らなかった!

449 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/16(土) 14:34:41 ID:BlYTH5OC
>>448
亀レススマソ

時間があるときにワードで少しずつ書いていたんです。
で、出来上がったところでコピペ

450 :419:2006/12/16(土) 17:38:50 ID:4398Ftmx
>>449
なるほど!
そういう方法があったのですか。
勉強になりました。

本日のあらすじは、もうちょい後で作成いたします。
うまく書けるかな?

451 :419:2006/12/16(土) 19:05:15 ID:4398Ftmx
12/16(土)
・箱根のホテル 真知子の部屋 真知子、誰かに電話を掛ける。

・浜口家 応接室 勝則&伝次
勝則の母は不在かと尋ねる伝次。母は湯治に出かけたと答える勝則。まさか美子が不満で出かけたんじゃないだろうと軽口をたたく伝次。調子に乗って、これで、勝則も玉の輿だ。男でも玉の輿に乗れる良い例だなど、勝則の気分を害するような言葉を連発する。
そして、判を押せと迫る。勝則、押しかけていた判を押さず、途中でやめる。勝則、話を白紙にするという。伝次、失言を詫びる。しかし、話が壊れて困るのは勝則の方だと切り返す。
そこへ家政婦がドアをノックし、電話だという。電話の主は、徳枝ではなく、箱根の真知子だった。
副島伝次との婚約話は、嘘だと告白する。どんな理由があってもしてはいけないことをした。その結果、離婚が伸びても勝則が納得するまで待つと言う。
勝 則「真知子、馬鹿だな。」 真知子「ごめんなさい。」 勝則の表情が柔和になる。

・再び 応接間
離婚届けに判を押す勝則。素早く奪い取る伝次。これで、いつでも結婚の申し込みが出来ると話す勝則。しかし、真知子がうんと言うまでが大変だと言う。二人、ウィスキーグラスを合わせて、祝杯をあげる。 勝則「負けましたよ。」

・現代評論社  編集長 春紀  悠起枝
編集長が春紀に指示を出す。 首相?の行動が怪しい。GHQと箱根で接触してるらしい。明日、箱根へ取材に行ってくれと指示を出す。
箱根から帰ったら、ヨーロッパ行きの件、返事をしてほしいと言って、編集長、帰る。

そこへ、真知子から電話。春樹と悠起枝、交互に真知子と話す。勝則に本当のことを告白してしまったと話す真知子。詫びる真知子を励ます春樹&悠起枝 悠起枝「私、一足早く結婚することにしたわ。だから、あなたたちもきっとうまく行くから。」
春樹、今から箱根に行くから遅くなっても待っていてほしい、話したいこともあると言う。 悠起枝→春樹「私の勝ちよ。」春樹「おめでとう、姉さん!」

452 :419:2006/12/16(土) 19:11:54 ID:4398Ftmx
続き

・志摩へ向かう汽車の中
通路を進み、謙吾のところへやってくる悠起枝。謙吾の後をつけて同じ汽車に乗ったという。
悠起枝「このまま夜汽車にのって、どこかへ連れ去って。」
謙 吾「え?」
悠起枝「ふつつかですが…。」 にっこり微笑む悠起枝 

離婚が成立したことを知らず、春樹への思いに胸が締め付けられる真知子
離婚が遠のき、ヨーロッパ行きの話に心が騒ぎ、真知子への思いに心が揺れる春樹。
二人の糸は、からまったままでした。

終わり



453 :419:2006/12/16(土) 19:19:13 ID:4398Ftmx
あらすじくれくれさんへ

無理矢理1レスにしようと、修正を重ねたら、見苦しいことになってごめんね。
最初からあきらめて、2レスにすれば良かった!
反省してます。

今日は、初めてビデオに録画して、見直しました。
やっぱり録画なしで書いた方が簡潔にまとめられそうですね。(笑)

昨日、今日と、反応ないけど、元気?
風邪かな?
ちゃんと、手洗い・うがいして、暖かくして過ごそうね。
じゃあね!


454 :445:2006/12/16(土) 21:28:08 ID:BlYTH5OC
>>453
今日の分、お疲れ様でした。
クレクレさんも今のところは出てこない、ありがたや!
また来週も頑張りましょうね(私はまだ一話分しか書いてませんけど・・・)

自分だけかもしれませんが、「乙です」という紋切り型のレスは脱力してしまうので、
むしろ黙っててくれた方がありがたいです。

455 :419:2006/12/16(土) 21:56:02 ID:4398Ftmx
>>454
いや、どうも、どうも!
大体、1レス辺りの文章量、分かってきました。
1レスじゃ無理な日と、1レスで十分な日がありそうですね。

って、だんだんライターみたいなセリフを吐くようになってきました。いかん!
ライターより、ライダーの方が好きなんですけど。
「芋たこ」ならウルトライダーだ!

本スレの平和な日が続きますよう頑張りましょう!!
       ↑
    ちっぽけな平和(一人つっこみ)

456 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/17(日) 00:00:28 ID:C0y9ckNk
早とちりしたことは書きましたので、それは忘れて下さい。
色々考えてもらっているようなのに確認が不十分だった自分がいけませんでした。
こちらにも書いておきますね。ごめんなさい。

ただID:HOYCCNmEのような荒らしについてはどう思われますか?
煽りが好きな可哀相な人が認定荒らしとして長く荒らされ、平和だった
スレがおかしくされてきた歴史があるというのは本当のことみたいではないですか。
そんな病名に詳しいことがおかしいことで、ID:HOYCCNmE自身が羅漢しているのだと思いますが。
世間一般の常識として病名は存じていますが、詳しくは知りません。
それを煽りに使うって嫌な気持ちにさせようとわざわざ投稿する歪んだ性根が、
とても気の毒で哀れな人だと思っています。

457 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/17(日) 00:06:47 ID:X/06LQqJ
>>447
あなたは何もわかってないのですね。
骨髄認定荒らしは何人にも同じように認定することで荒らしてきたんですよ。
今回は自分が荒らしのターゲットになりましたが、それ以外の人も骨髄と言われているのです。
純粋無垢なのかわかりませんが、電波板でスレを運営してる人は朝ドラ再放送のスレを
荒らしてきている荒らしだというのは、あの荒らしの事が書いてあったコピペ元からもわかります。

駒崎コピペは自分ではありません。
なぜ自分だと思うのですか?
それは荒らし〜だと思うというレッテル張りを信じたからでしょう?
骨髄認定荒らしは基地外ですし、話をして通じない人だからと諦めていますが
まだ正常と思われるあなたに骨髄や駒崎コピペの犯人だと決め付けられるのは、大変不愉快です。

458 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/17(日) 00:14:44 ID:X/06LQqJ
現在のあらすじ
>>388-389まで
11/29(水) 第五部「愛のゆくえ・対決編」第207回から
12/7(木) 第五部「愛のゆくえ・対決編」第214回まで
>>420-421の12/13(水)までです。

12/8(金)
12/9(土)のあらすじ>>441
12/11(月)
12/12(火)
12/14(木)
12/15(金)のあらすじ>>445-446
12/16(土)のあらすじ>>451-452

まだないあらすじをライターさんにお願いします。
これは年末で多忙になってくる時期なので難しいかもしれませんが、
ライターさんで録画が残っていて気力があればあらすじ2、このスレでない
あらすじもお時間が許せばお願いできないでしょうか。

459 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/17(日) 00:16:56 ID:ToCN7y0P
>>457
また沸いてきたな。すぐわかる。

460 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/17(日) 00:18:57 ID:ToCN7y0P
>>458
いつもいつもきもすぎるな。懲りてないね、まったく。

461 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/17(日) 00:28:29 ID:X/06LQqJ
連投ですみません。
>>447はあのライターではないのですね。ID:CmBE7BiFさんだと思っていました。
あなたが骨髄と自分を決め付けることで、あなたも朝ドラスレを何年も荒らしたという
基地外の骨髄認定荒らしとなんら変わらなくなるわけですよ。
ID:IHdHwlrrがその荒らしだと思いますが、その荒らしのいうことを本気にして
骨髄といってきたり、駒崎コピペの犯人だと決め付けることは今後しないで下さい。

>>115-117を読んでいるなら、そういう事を本気にすることは有り得ないと思うのですが
読んでないのなら読まれることをお勧めします。自分はこれを読んで荒らしの特徴を理解しました。
>自分の気に入らないレスがあると誰かを誰かと関連づけ、勝手に決め付けて認定していく。最近は【骨髄】認定します。
>話し合いは基本的に通じない(わざとやっていると思われる)相手に対して常に煽り的な挑発的な物言いが目立つ。
>【最近では同じと思われる人が「プログ」「骨髄」という意味合いの発言をしてます】
これの元コピペは古いものです。

ID:9CcaVlyxのことを言ったので、次レスで応酬したつもりなんでしょう・・・陰気な人ですよね。

462 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/17(日) 00:31:25 ID:X/06LQqJ
ID:ToCN7y0Pこの人が>>115-117で書かれて分析されてる荒らし張本人でしょう。
こういうのもあらすじスレの荒らしになるのではないでしょうか。

>>453
お疲れ様です。もうどっちがどっちかわからなくなっています。
1レスに無理に収めなくてもいいと思いますよ。
長く詳しいのを短くすることはできますが逆は無理ですし・・・

463 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/17(日) 01:00:44 ID:cgBoZipu
>>453さん、あなたが、甘やかすから骨髄がまた調子にのって出てきちゃいましたよ。
普通の精神状態の人間じゃないんだから、相手しちゃだめよ。

464 :447:2006/12/17(日) 02:25:45 ID:4HEQ+OsP
>>456-458
「何もわかっていない」と言うよりは貴方と私の間の「骨髄」或いは「骨髄認定荒らし」に関する
認識が異なっており、そのギャップを埋めるのは難しいのではないかと思います。
あと、貴方の書かれたレスの、前段の後半部分「純粋無垢なのかは・・・」の部分の意味が
よくわからないのですが・・・

私は「あらすじの要求や駒崎コピペ」を「本スレの趣旨から逸脱する書き込み」の例として
挙げただけで、貴方が駒崎コピペをされたと決め付けたつもりはありません。
もし貴方が本当に駒崎コピペをした方ではなく(残念ながら、貴方が駒崎コピペをしたという証拠も、
していないという証拠もないので、私にはどちらかはわかりません。)、かつ私が決め付けていたように
解釈されたのであれば私の表現に問題があったということです。申し訳ありません。

早とちりについてはわかりました。

まだ書かれていないあらすじについて;
12月14日分は>>443にあります。
8日、11-12日の分ですが、私は録画を消してしまったので書けません。
来週以降の分はあらすじがアップされるまでなるべく録画を残すようにします。

最後に、ID:HOYCCNmEのような荒らしこそ、まともにレスなんてしたらそれこそ相手の思う壺ですよ。
スルーか、茶化すかするくらいでいいのでは?あくまで私見ですが。

465 :419:2006/12/17(日) 04:12:18 ID:Wt9m1NJM
あらすじくれくれさんへ

本スレを荒らしちゃ駄目!
あなたのためにすご〜くエネルギー使ってんだから。(疲れるんだぞ!)

それから、ここでも訳の分からないこと書いてないで、端的に!
何言ってるのか分からないよ。
こっちのエネルギーも枯れてしまうってば。

>>463さん、ごめんなさい。
更正してもらおうと思って努力してるんですが…。
通じてないのかな?(悲しみ)
まあ、試行錯誤で頑張るから、応援よろしくお願いします。



466 :447:2006/12/17(日) 04:25:12 ID:4HEQ+OsP
>>456-458
あ、ちなみに言わずもがなですが、12月14日分の>>443は私が書いたものではなく、
>>419さんが書いてくださったものです。

>>465
貴方、本当に寛大な方なんですね(反省)。
今後とも(本スレでも)よろしくお願いします^^

467 :419:2006/12/17(日) 04:57:53 ID:Wt9m1NJM
あらすじくれくれさんへ  part2

スレの雰囲気が良くなるように、柔らかい言葉を使った方がいいよ。
「基地外」とか「病気」とかやめましょう。
なるべく、楽しい言葉を使って、盛り上げようにしないと。
そうすると、優しい人が書いてくれるようになるから。
それから、連投はなるべくひかえましょう。
端的に、表現するよう練習です。
早とちりも駄目駄目!(ちゃんと確認してから)

それから、せっかく良い流れになったら、少し言いたいこともセーブして!
そうしないとみんなひくから。
今回良い流れになったんだから、それを育てないと。

これは、あなたのためを思ってのアドバイスだから、怒らないで!
人とうまく付き合うには、いろいろ考えないといけないこともあるんですよ。

あなたがアドバイスを真剣に受け止めたら、欠けている日も努力して
書いてあげるから、楽しみにしていてね。

連投ごめんね!

468 :447:2006/12/17(日) 05:11:02 ID:4HEQ+OsP
連投スマソ!
>>461へのレスを忘れてたんで・・・
私はID:CmBE7BiFの方ではありません。
「骨髄認定荒らしとなんら変わらない」というか、
私は既に貴方から骨髄認定荒らしに認定されています。
誤解だけは解いておきたいので念の為。

貴方も本スレに来るなら、あらすじ要求や、荒らしの糾弾ではなく、
感想とか書いてくださればいいのにな、と思います。

469 :419:2006/12/17(日) 18:35:30 ID:Wt9m1NJM
あらすじくれくれさんへ  part3

欠けてるところ、書こうと思って、本スレ見たり、yahoo!トピックス見て、断片を拾い、
そこからつなげようと思ったんですが、いかんせんあなたが本スレで
暴れていた期間なので、本スレにもほとんど感想がありません。
とりあえず、断片から思い出したところだけ書いておきます。

12/8(木)
伝次の手紙が浜口家に届いた翌日  ・美子、勝則とデート 順調に進む。

12/11(月)
・伝次、真知子に着物を贈る。
・春樹、伝次の写真を見て顔色が変わる。伝次と対決すると言う。
 綾に一緒に来てくれと頼む。 綾、伝次に興味がある。面白そうと言って一緒についてくる。
・箱根のホテル ロビー
 伝次と春樹 対面「岩間伝次さんですね。」 伝次「副島です!」

12/12(火)  箱根のホテル
 真知子の部屋で  綾さん 春樹 ←伝次、ゴルフをキャンセルしてみんなのところへやってくる。
・春樹&真知子の会話
 真知子、春樹の承諾なしで、勝手に勝則をだます計画を進めたことをわびる。
・綾さん&伝次の会話
 綾さん、仕事の話をする。伝次、ヨーロッパ進出の計画をぶちあげる。二人意気投合する。

厚生省? 美子の母、美子 勝則
 美子の母、新しい時代にふさわしい女を育てるという夫の教育方針で、よほどのことでないかぎり、娘の意見を尊重してきたと話す。
 美子「勝則さんは、美子の駄目なところは優しくしかってくれます。」とのろける。

浜口家  徳枝 勝則  美子
・美子別居を言い出す。 

今のところこれくらいです!また、分かったら追加します。

470 :419:2006/12/17(日) 18:43:56 ID:Wt9m1NJM
あらすじくれくれさんへ part4

もう過ぎ去ってしまった日のことは、あまり持ち出さず、未来志向でいくべきですよ!
今後のあなたの態度次第で、このスレの雰囲気も良くなります。
きっと、あなたに協力してくれる人が出てきますから、あっさりいきましょう。


471 :419:2006/12/17(日) 20:19:39 ID:Wt9m1NJM
12/9(金) ↑上のレスの曜日間違えてました!
・伝次の手紙が浜口家に届いた翌日
 
 伝次、浜口家に離婚届を持って、乗り込む。
 勝則「真知子には、後宮春樹という男がいる。」
 伝次 僕は最強です発言飛びだす!
    お金もあるし、男前だしみたいな。
    近いうちにまたやってきますと言って去る。

・綾&真知子の部屋
 佐渡の伯父、叔母がやってくる。
 勝則の卑怯な提案に、勘治怒り出す。
 嵐の夜にも関わらず、浜口家に言って勝則を叱ってくると言って、
 ドアを開けて外に出ようとする。

 雷鳴がとどろく。
 勘治、苦痛に顔をゆがめ、体がくずれ落ちる。
 真知子「伯父様!」

 思い出したところを追加しておきました。
 もう、これくらいにしましょう!!

 連投につぐ連投失礼!

472 :419:2006/12/18(月) 02:27:59 ID:CjAazahM
>>471
今度は、日付を間違えた!

12/8(金)です。
ほんと、馬鹿ですね。

連投しすぎ、重ね重ね申し訳ない。

473 :447:2006/12/18(月) 17:36:18 ID:00Htv+Zi
>>472
今日の分どうされてます?
私はもう少ししたら帰宅なので書き始めることが可能ですが。

474 :419:2006/12/18(月) 17:47:46 ID:CjAazahM
>>473
まだ、書いてません!
もし出来るならお願いいたします。
今日は、徳枝がおかしい。

それと本間定彦が、加瀬田和子に諭すところが面白い! 
和子は、いつの間にか定彦に惹かれていくんだと思います。

475 :447:2006/12/18(月) 18:15:12 ID:00Htv+Zi
第223回(12月18日分)@

箱根のホテル
真知子は勝則に真実を伝えてしまった。人を欺くことに堪えられなかった。

箱根に向かう列車の中
春樹は箱根に急いでいる。真知子が愛おしく心配だった。また、ヨーロッパ行きをどう切り出せばよいのか。春樹もまた悩んでいた。

加瀬田家

和子が帰宅。和子に誘われ定彦も上がりこむ。
綾の洋裁店を覗いてきたという和子に、加瀬田「綾さんを知っているのか?」
和子「一昨年加瀬田が逮捕されたときに志摩行きの切符を綾から譲られた。
その後春樹や定彦から色々聞いて、思い切って訪ねてきた。
次の日曜日に歓迎会をしようと彼女たちは言ってくれたが、俊樹ちゃんというハーフの坊やを見て落ち着かなくなった。
自分たちよりずっと辛いめにあってきたかもしれないし、あんな良い人たちなのに
夜の女をしていた彼女たちを汚らわしいと思ってしまった。そんな自分が情けない。」と泣く。
「小さい頃からそういう育て方をした私が悪い」と言う岸枝。
定彦は「夜の女たちを汚らわしいと思って当然だが、そういうところから立ち直った人たで汚らわしいというのは言いすぎだ。
君はまだ若い。人を温かい目で見るゆとりが育っていなかっただけ。これから少しずつ心が広くなるよ。」


476 :447:2006/12/18(月) 18:19:43 ID:00Htv+Zi
第223回(12月18日分)A(>>475の続き)

再び箱根のホテル

春樹到着。真知子に「離婚が延びることなんて問題にならないほどすばらしいことをした。副島さんには一緒にお詫びする。
僕が責任を取る。」とはいえ、真知子はいつになったら勝則から解放されるのか心配。
(勝則は既に離婚届に判を押しているが真知子と春樹はまだこのことを知らない)
徳枝も同じホテルに来ており、部屋から真知子を呼び出す。
「真知子さん、あなたにお願いが」と言ったところで倒れる。
駆けつけた真知子と春樹は医者を呼ぶ。過労による風邪で、熱は38度を超えており、肺炎になる危険もあった。
真知子は徹夜で看病する。

翌朝、徳枝の熱は37度まで下がる。春樹が部屋に来て、「仕事(取材)に行く」と告げる。
真知子は「新井様(取材相手)は朝食後決まって散歩をする」と春樹に助言。
目を覚ました徳枝「あなたに辛く当たってきたばかりなのに、本当に優しくしてくれて・・・真知子さん、お願いよ。
一緒に浜口の家に戻って。今までのことはなんとしてでもお詫びするから。お願い。」
真知子は想像もできない徳枝の言葉に戸惑うばかりであった。

つづく


477 :419:2006/12/18(月) 18:43:21 ID:CjAazahM
>>475 >>476
447さん、ありがとう!
すごい早わざですね。ワードで書いてコピペは理解しましたが、
ワードに入力する時間をいつの間にか確保してらっしゃったのがすごい!
無理しないでくださいね。
やっぱり、2レスに分けて投稿した方が見やすいですね。
それに、読んでもよく分かりまする。
お疲れ様でした。
週明け早々、仕事にあらすじ入力にフル回転ですね。
ゆっくり休んでください。

明日は、当方が担当いたしましょう!(くれくれさん、がっかりかな?)

478 :447:2006/12/18(月) 18:53:51 ID:00Htv+Zi
>>477
時間があるときに少しずつ書いて、最後に見直してちょっと手を加えただけなので
早業というほどではないですよ。
むしろ見直しをしたはずなのに誤字があるのに対してorz・・・
1レスでおさめて、しかも内容がちゃんと伝わるようなあらすじってなかなかかけませんね。
やっぱり場数を踏まないと無理なんですかね。

明日の分はお任せしちゃいますね。
お互い無理をせず気楽にいきましょう。
後で本スレのほうに感想その他書きます。

479 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/18(月) 22:48:09 ID:5goAoMBu
  平成18年度 連続テレビ小説 アンコール放送 「君の名は」
 12月18日(月) 第五部 愛のゆくえ・対決編 A型

原 作:菊田一夫
脚 本:横光 晃
演 奏:東京コンサーツ 音 楽:池辺晋一郎
題 字:篠田桃紅
方言指導:佐渡 稔 考証協力:天野隆子 考 証:松平 誠
語 り:八千草薫

   出 演
氏家真知子:鈴木京香
後宮春樹:倉田てつを
本間定彦:古舘伊知郎
百 川:城間章子 加瀬田和子:羽田美智子
 早川プロ 鳳 プ ロ 稲川素子事務所

加瀬田修造:橋爪 功
加瀬田岸枝:中原ひとみ
浜口徳枝:加藤治子

制 作:石井 愼
音響効果:田中正男 技 術:渡部浩和 美 術:藤井俊樹
記録・編集:田中美砂 音 声:坂野伊和男 照 明:高橋伴明 撮 影:川崎和彦
演 出:若泉久朗 

480 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/19(火) 09:25:32 ID:VJPIsB5a
356 :icon ◆.ArGADHXMo :2006/01/15(日) 23:52:23
おう、いぇ〜い、つまり、骨髄は、やっぱ駒崎なのかだぜ?

脊髄反射を骨髄反射とは、いかにも駒崎らしい糞馬鹿ぶりだぜ?

しかも、期せずして駒崎と骨髄って、何気に音が似てるぜ?

両者の共通点を挙げるぜ?

1)とんでもねー糞馬鹿で空気嫁ねーぜ?
2)朝ドラに命かけてるぜ?
3)その割りに、大したこと書かねーぜ?
4)粘着気質で、くどいぜ?
5)アフォ丸出しの長文だが日本語が変で理解に苦しむぜ?
6)骨髄は、何故か駒崎を異常に弁護するぜ?
7)空気嫁ねーから、スレの皆を敵に回してるぜ?

これだけ、共通点ありゃ、両者は同一人物、もしくはビリー・ミリガンと
断定せざるを得ねーぜ?

★ 骨髄ちゃん観察日記3冊目 ★
http://etc3.2ch.net/test/read.cgi/denpa/1166237866/
NHK朝の連続テレビ小説「天花」PART67
http://bubble4.2ch.net/test/read.cgi/natsudora/1164873087
NHK朝ドラ再放送 あらすじスレ2
http://bubble4.2ch.net/test/read.cgi/natsudora/1154179681
NHK朝ドラ再放送 簡潔あらすじスレ【別館】
http://bubble4.2ch.net/test/read.cgi/natsudora/1155863065
連続テレビ小説 君の名は 2
http://bubble4.2ch.net/test/read.cgi/natsudora/1158203459

481 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/19(火) 22:33:31 ID:itQMLr68
かつてiconに実名を暴露された“駒崎”が滋賀県に実在する医療関係者の実名と
その医療機関を明らかにし、名指しで、この医療関係者=icon だと断定した。
そのうえ医療関係者を「盗撮好き」「風俗大好き」だと誹謗中傷三昧を開始。
過去に自分の実名を暴かれた“駒崎”にとって最大の報復だったのだろう。

しかし事実誤認が判明。実名違いは、実在する医療関係者に対する責任問題
になってしまった。しかし“駒崎”は謝罪や誹謗中傷した経緯の説明もせず
「断定ではなく推論だ」と言い出し責任逃れを始めた。
新たな局面を迎えた「天花スレ」で必死な言い訳が続く(本文には●●の実名・職業掲載)
   ↓
2006/07/13(木)
「iconの本名は●●か?」「当該の●●のアドレスはかつて夢先案内人Σ(iconのソープ板のHN)のものだった。」
http://bubble4.2ch.net/test/read.cgi/natsudora/1164873087/2
http://bubble4.2ch.net/test/read.cgi/natsudora/1164873087/3
と医療関係者を中傷開始。
   ↓
2006/08/07(月)
「その実名暴露爆弾レスが炸裂したときは、●●のサイトは健在だった。」
「そこには、iconの、キャッチフレーズ 健康がわたしの願いです と自筆署名入り
 御真影まであった。共産党の志位委員長をちょっといやらしくしたような感じだ。」
「答は一つ。この●●が、このサイトの常連だったからである。」
「この常連の●●がiconであることになる。」
http://bubble4.2ch.net/test/read.cgi/natsudora/1164873087/3
と“駒崎”は完全に断定している。
   ↓
2006/11/30(木)
医療関係者を知る“Σ” 降臨
 http://bubble4.2ch.net/test/read.cgi/natsudora/1164873087/70
   ↓

今現在も支離滅裂な言い訳で“駒崎”は逃げ回るw
http://bubble4.2ch.net/test/read.cgi/natsudora/1164873087/l50

482 :419:2006/12/19(火) 22:42:37 ID:2E4BjXwa
今、仕事から帰宅しました。
一太郎であらすじを作成したのですが、コピペの方法が分からず、悪戦苦闘しています。

とりあえず、紙にプリントアウトしたものを入力します!
少々時間がかかりますが、気長にお待ちください。(ぺこ)

483 :447:2006/12/19(火) 22:58:27 ID:D1TKRGDl
>>482
一太郎って最近のバージョンは使ったことがないので分からないんですけど、

@ マウスで選択して"CTRL+C"でコピー
A 貼り付けたいところにカーソルを合わせて"CTRL+V"でペースト

できませんか?

484 :419:2006/12/19(火) 23:00:25 ID:2E4BjXwa
12/19(火) 第224回

・箱根のホテル
 徳枝、自分の部屋で寝てる。
 
 フロント  真知子&春樹
 春樹の箱根での仕事は、順調。
 徳枝が妙なことを言ったと話す真知子。「今までのひどい仕打ちは謝るから浜口家に戻ってほしい。」
 春樹「信じられないな。」

・浜口家 応接室
 真知子が除籍された戸籍謄本をみつめる勝則
 美子がそこへやってくる。今日は約束の日だという。(本当は、まだ2,3日先)
 勝則、真知子が除籍された謄本を見せる。
 美子の提案どおり、お父さんの用意した土地に新居を建て、結婚の話を進めるという。
 勝則のほほにキスする美子
 「今日はピンクの紫陽花が咲いたから、きっと何かいいことがあると思っていましたの。」

・箱根のホテル
 ロビー  春樹&真知子のところへ、伝次やってくる。
 伝次、真知子が除籍された謄本を見せ、離婚の成立を報告する。

 永橋審議官、そこへ現れる。
 夕べ遅く、勝則から連絡があった。「真知子には負けた。」
 勝則は、伝次が持ってきた離婚届けを破ろうとした。
 徳枝が美子&勝則の結婚に反対で、家出をしてしまったのでやけになった。
 しかし、真正直な真知子の告白を聞いて恥ずかしくなった。 勝則は、電話口で泣いていた。
 伝次、真知子の自分への裏切りの勝利だと言う。しかし、言い過ぎたと訂正。
 伝次「最後には真知子さんの誠実さが勝ったということです。ほれ直しました。」
 春樹に、これから真知子争奪の戦いが始まると、言い残して立ち去る。
  

485 :419:2006/12/19(火) 23:12:32 ID:2E4BjXwa
      続き

春樹&真知子  心も晴れて、ホテルの庭園を歩く。 →真知子の部屋へ
真知子、二人の生活への夢を語る。真知子、春樹の肩を抱く。
春樹、ヨーロッパ派遣の話を真知子に相談する。期間は3年間。
真知子、「いや! やっと私は自由になれたんですよ。一人にしないで。」

徳枝の部屋
徳枝の部屋のドアを開ける真知子。 ナイフを立てて見つめている徳枝。
真知子が「落ち着いてください。」と声を掛けると、笑い出す徳枝。
おなかが空いていたので、果物を食べようとしていたのだが力が入らない。 真知子にむいてほしいと頼む。
勝則に、次官の娘との再婚話が進んでいるが、徳枝は気が進まない。
次官の娘は、徳枝との別居が結婚の条件だと言う。それで、やっと目が覚めた。
真知子にもう一度三人でやり直そうと頭をさげる。

真知子「そんな風に優しくおっしゃってくださっているのに、申し訳ないんですけど、もう…。」
   「お母様がここにいらした日、勝則さん、私との離婚届けに判を押しましたの。」
徳 枝「それで、あなたは?」
真知子「半年経ったら、後宮さんと一緒になります。」
徳 枝「そう…。」

   つづきは、また明日!

486 :419:2006/12/19(火) 23:16:24 ID:2E4BjXwa
>>483
447さん、ご親切にありがとうございます。原始人の419は、続きを入力する前に
 447さんの書き込みが目に入ったのですが、原始の力で、入力しました。(文明にほど遠い!)
 次回は、↑の書き込みを参考にさせていただきます!

 ほんじゃま、本スレに移動します!

487 :447:2006/12/19(火) 23:31:36 ID:D1TKRGDl
>>484-487
結局二度手間になってしまったんですね・・・
本当にお疲れ様でした。
明日は私の方で書くようにいたします。
>>368-371の人が再降臨してくれればリレー形式で書けるようになるんですけど、
難しいんでしょうね・・・

私は一太郎バージョン7までしか使ったことがない(10年も前の話です・・・汗)のですが、
コピペのような基本操作は普通大きく変わらないのではないかと思います。
次回トライしてみてくださいね。

では、本スレで!

488 :419:2006/12/20(水) 19:39:50 ID:VjLBP8Q+
447さんへ、今日、昨日のあらすじでコピペの練習してみました。
447さんの指示どおりやってみたら、うまくいきました!(書き込みはもちろんしてません。)
原始人、少し進歩いたしました。(うほうほ!←原始人喜びの表現)
明日は、419の当番の日ですね。
腕が鳴ります!!
(くれくれさんが、本スレで暴れなければですが…。)


489 :447:2006/12/20(水) 23:04:52 ID:CiRj0rV8
12月20日 第125回 @

徳枝の体調も回復し、勝則が迎えに来ることになった。
真知子と徳枝は二人で箱根のホテルの庭を散策しながら話をしている。
徳枝は、こんなに楽しい旅行は嫁いで以来初めてだと言う。
旅先で熱を出したのも初めてか、と突っ込む真知子に、「気を失ったのも、2日間寝込んだのも、前代未聞。」
真知子:私もお義母様とこんなに散歩できるなんて想像できなかった。
徳枝:みんな私が・・・もうよしましょう。
これまで、旅といえば夫の転勤について、汽車に乗るだけのものだった。外に出ると言ったら買い物くらい。
今回のことは浜口家に入って以来の反逆。
嫁いできてから40年言われるままに良い嫁、良い母であろうと努力してきたが、結局息子にまで邪魔にされて、
つまらない人生だった。
真知子: お義母様は立派です。浜口家や勝則さんのために自分の信じるものを貫いてきた。私にできるかしら?
徳枝:後宮さんのことを心底愛しているのね。お幸せにね。

二人はホテルの建物の中に戻る。
勝則をあまり叱らないで、新しい奥さん仲良く、と言う真知子に頷き、「これでお別れね。しっかり幸せを掴んで」という徳枝。
そこに勝則が現れ、真知子に「元気でな」と告げ、徳枝と共に去る。


490 :ちょっと休憩:2006/12/20(水) 23:06:10 ID:CiRj0rV8
>>488
できましたか!!
良かったですね。
では、明日はよろしくお願いします。

では、次レスで後半逝かせていただきます。

491 :447:2006/12/20(水) 23:29:48 ID:CiRj0rV8
12月20日 第125回 A

綾の肝いりで加瀬田の歓迎会が開かれている。加瀬田一家、礼治・蘭子夫婦、綾、梢、あさ、俊樹。そこに春樹が来る。真知子は欠席。
「真知子が浜口と離婚できたと聞いた。5年間思いを燃やし続けたんだから、私たちが自慢できるような夫婦になって」と綾。梢やあさも祝福する。
春樹: 姉も謙吾と結婚することになった。
本来の宴会の目的である、加瀬田の出所祝い。まず綾が、「闇で魚を調達して捕まりそうになったときに身代わりになってくれた。」
礼治、梢、蘭子も次々に加瀬田に世話になったと礼を言う。「私たちのお父さんよ」と言ってしまったあさを春樹が目で牽制する。
和子は複雑な表情。岸枝は「もったいない言葉」と逆に礼を言う。
加瀬田:こんな風に祝ってもらってうれしいが、苦労をかけた妻や娘、死んだ部下たちにどうやって償ったらいいのか・・・
思いつくままにこれまで通ってきた道を書き綴っている。
「是非完成させてわが社の雑誌に載せてほしい」という春樹に、「役に立てるなら」と承諾。
礼治の音頭で乾杯となり、やや明るい雰囲気に。

現代公論
編集長が加瀬田の原稿を読み、「君(春樹)が手助けしてもう少しわかりやすい文章にすれば、連載してもいい。」
春樹が編集長に、婚約者(真知子)をヨーロッパに連れて行くために会社から金を借りられないかと申し入れる。
編集長は春樹と真知子の婚約を祝福しつつも、「わが社も金がないから無理だろう。」

真知子は自分の部屋で信枝への手紙を書いている。
「勝則と離婚できたが、今度は春樹の海外派遣という問題が起こった。連れて行ってくれと頼んだが、そのことが春樹を苦しめている。
春樹と離れて暮らすことは考えられない。それも私のわがままでしょうか。」
バックに、金策に奔走する春樹の姿が流れる。

喫茶店 伝次と春樹が対面。
「昔のお詫びをしようと思って。」と金を貸そうとするが、春樹は「気持ちだけで頂戴します」と受け取らない。
伝次は「真知子さんを置いていかれるんですな。あなたもサムライですね。」と言って去る。
春樹には喉から手が出るほどほしい金だった。だが、それだけは受け取れなかった。
つづく


492 :419:2006/12/21(木) 00:33:55 ID:GIKgXKZe
>>489 >>491
よ〜く、分かりました!
あらすじ当番じゃないと思ったら、気がゆるんで録画も忘れてたので、
気づいたら、「これでお別れね。」だったので、その前も分かり満足です!
447さん、お疲れ様でした。
明日は、この419が責任をもって担当いたします。
録画の準備? ばっちりです。 停電さえなければね!


493 :419:2006/12/21(木) 19:53:54 ID:GIKgXKZe
ただ今、帰宅しました。
あらすじくれくれさん出没してませんね?
では、投入します!
うまく出来るかな?

494 :419:2006/12/21(木) 19:55:34 ID:GIKgXKZe
12/21(木)      第226回@
・現代公論社
 春樹は、愛と仕事の板挟みに遭って苦しんでいる。
 三好編集長→春樹 上層部と掛け合ったもののヨーロッパ派遣の費用は一人分しか出せないと言われたと告げる。

・小野瀬綾洋裁店
 春樹が訪ねてくる。
 店の中では、綾たちの作った服では、売れないと伝次が怒り、うちでは一点も引き取れないと言って帰る。
 春樹&伝次  両者無言で、にらみ合う。
 綾の洋裁工房は、副島との衝突で、たちまち窮地に陥った。
 綾に借金を申し込むつもりだった春樹は、言い出せずに帰る。
 
・加瀬田家 修造&真知子
 真知子、修造にねぎらいの言葉を掛ける。 修造も真知子が自由の身になれたことを祝福する。
 加瀬田家では、修造と、岸枝&和子との間になじめない空気が存在するという。
 真知子「でもきっとうまくいくようになりますわ。私も浜口との離婚前には、長いこといさかいが
     絶えなかった姑と気持ちが通じ合えましたもの。」
  ↑
そこへ、春樹がやってくる。

・春樹の部屋
 真知子、ヨーロッパへ一人で行けという。 春樹、この仕事を断るつもりだという。
 真知子、ジャーナリストとしての活躍の機会を見逃す手はない。形式はどうであれ、私はあなたの妻だという。

・現代公論社  三好編集長  春樹&真知子
 春樹が一人でヨーロッパへ行く決心をしたことを、編集長喜ぶ。
春樹、真知子を紹介し、雰囲気なごむ。  
 加瀬田の原稿がぜん面白くなった。、連載に踏み切った。大当たりしそうだという。

編集部員、急報! 「朝鮮で戦争が始まった。」編集部、一気に殺気立つ。


495 :419:2006/12/21(木) 19:56:55 ID:GIKgXKZe
第226回A
ナレーション
「昭和25年6月25日、朝鮮戦争始まる。この戦争は、不況にあえぐ日本を救った。特需景気がたちまち日本を潤した。」
      
・小野瀬綾洋裁店
伝次、前回の件をわび、商品の引き取りを申し出る。約束の2倍で。
 綾、強気の交渉をする。伝次、3倍で引き取るという。
 綾、紳士契約はなし、契約書を交わすという条件を出し、合意に達する。(あさ、こずえ にっこり笑う。)

・箱根のホテル 真知子の部屋   信枝&真知子
 勘治の法要を終えた信枝が、久しぶりに真知子を訪ねてきた。
 春樹は一人でヨーロッパに行くことになり、その間真知子はホテルで働くことになった。
 信枝は、角勘の看板をおろすという。
 真知子、「伯父様が怒ると思う。こら、人が死んだと思ったらとたんに楽しやがる。」
 気ままな勘治を支え、どんなに苦労してきたことか、真知子も知ってるだろうという信枝。
 その元気をなくさないでほしい。いつまでも若くきれいな伯母さんでいてほしいと願う真知子
伯父様、あの世でいらいらしながら喜ぶという。

 真知子に電話  東京から電報  トシキに異変が…。

                 お・ま・け!
 あの頃あの歌「銀座シャンソン」
昭和25年6月朝鮮戦争始まる。日本は、戦略物資の特需景気に恵まれる。
 金へん景気とも呼ばれ、くず鉄も重宝された。(川でくず鉄を探す映像)
 特需の景気を受けた産業はボーナスを支給。(ボーナスを受け取りにっこり笑う女性)
この景気を見越して街ではスーパーマーケットも登場(スーパーマーケットの映像)

つづきは、また明日!


496 :419:2006/12/21(木) 20:02:48 ID:GIKgXKZe
コピペはうまくいったものの、文字がそろってませんね。(反省)
一応、本日のあらすじ当番は、務め終わりました。
447さん、明日はよろしく!

497 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 20:33:54 ID:If2E4yNK
>>493-495
コピペうまくいったんですね。よかったです。
文字が揃わないのは???です。
一太郎はちょっとわからないんで・・・すみません。

今日のあらすじ、お疲れ様でした。
明日は私の方が書きます。

綾さんの店も、伝次とのいざこざで窮地に陥るかと思ったら、
時代を追い風にして、数分で復活。よかったよかった!
綾さんって商才があるんだかないんだかよくわかりません。
小料理屋は材料調達に困って潰してしまうし。
そのときに角勘に声かけてれば潰れずにすんだのにね。

498 :419:2006/12/21(木) 20:41:01 ID:GIKgXKZe
>>497
な・る・ほ・ど!
材料調達に、角勘ね。
なんで、気づかなかったのでしょう。
感じのいい小料理屋だったのに…。

あ、それからあらすじ当番、無理な時は、あらかじめおっしゃってください。
うまく融通しながらやっていきましょう!!!

499 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 21:50:08 ID:If2E4yNK
>>498

お気遣いありがとうございます。
今のところ大丈夫です。
今後相談させていただくこともあるかもしれないのでそのときはよろしくお願いします。
逆も真なりで、貴方がしんどいときはもちろん相談に乗りますんで。


500 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/22(金) 19:26:11 ID:6vqjyjZ0
先ほど帰ってきました。
今日の分のあらすじです。

12月22日第227回@
俊樹がひき逃げされた。犯人の車はすぐにわかる。連絡を受けた春樹が病院に駆けつける。
岸枝に促されたと加瀬田は、綾の指示を受けたあさも病室に到着。このとき既に春樹はいない。
幸い怪我は軽く、一晩様子を見る必要があるが、まず大丈夫だろう、と梢が報告し、皆で安堵する。
病室に製鉄会社(「ごだい製鉄」と言っていたが、字は不明)の社長秘書と名乗る男が、
花と見舞金を持って現れる。ひき逃げしたのは社長だという。
梢、加瀬田、あさから「お金より、ひいた社長本人が出てきて誠意を見せろ」と言われ、
一旦秘書は帰る(金髪の俊樹をみて、「そうでしたか、なるほど」と含み笑いを残す)。
結局加瀬田は一晩病院に泊まり、俊樹に付き添うことになる。

加瀬田家 (岸枝、和子、春樹、定彦)
和子が「自分が怪我をしても父付き添ってくれるだろうか。出所祝いのときも嬉しそうにしていた。
きっとあっちが本当の家族なんだ。いまさら甘えることもできないし、損した気持ち。」と愚痴る。
「抱きついて甘えればいいじゃないか。陰で愚痴らずにお父さんに直接ぶつかったらどうか。
親子になるのを拒んでいるのはあなたの方だ。」と春樹がお説教。
和子は「あなたになにがわかるの?」と怒って出て行き、定彦が追いかける。
残された岸枝が「自分たちのことを心配してもらって、却って申し訳ない」とフォローする。


501 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/22(金) 19:27:26 ID:6vqjyjZ0
12月22日第227回A

翌日、俊樹の病室に礼治・蘭子夫妻が見舞いに来る。大した怪我でなかったことに安堵する。
朝鮮特需で礼治の勤務する工場が多忙を極めているため、礼治はすぐに帰る。
製鉄会社社長秘書と顧問弁護士の谷崎が現れる。見舞金、治療費、慰謝料は全て払うという。
「金が誠意の証」という弁護士に加瀬田が「何故社長が出てきて謝罪しないのか」と一喝。
弁護士は「身分や立場をわきまえろ。あんたたちは騒ぎすぎだ。」
反発する梢を制して、今度は春樹が「現代公論の後宮です。今人権キャンペーンをしている。
著名な会社の顧問弁護士のお説を拝聴したい。人間は平等じゃないのか。」と一喝。
秘書と弁護士はそそくさと立ち去る。
「これから俊樹が背負っていかなくてはならないことが山ほどあるが、いい子にしていれば皆認めてくれる。」
と加瀬田は梢をなぐさめる。
俊樹は戦争が生んだ子供。これからも様々な試練にあうかもしれないが、強く生き抜いてほしい。
春樹は祈らずにいられなかった。


502 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/22(金) 19:31:20 ID:6vqjyjZ0
@の訂正。書き直してたら文がおかしくなってしまった・・・

× 岸枝に促されたと加瀬田は、綾の指示を受けたあさも病室に到着。このとき既に春樹はいない。

○ 岸枝に促された加瀬田と、綾の指示を受けたあさも病室に到着。このとき既に春樹はいない。

他にもあったら適当に脳内訂正してください

503 :419:2006/12/22(金) 20:01:21 ID:iroJ5C+r
>>500 501
お疲れ様でした!
今日は、まとめにくいのではないかと思ってましたが、
うまくまとまってますね。
あらすじをまとめる作業って、人と会話したり、
人前でお話したりする際にも役立つかも知れませんね。

明日は、当方があらすじ当番ですね。頑張ります!


504 :500:2006/12/23(土) 00:30:18 ID:mf/CtaN8
>>503
貴方のあらすじのまとめ方って結構参考になるんです。
何度か書けばもうちょっとすっきりした文章が書けるようになるのかなぁ。

年末年始の放送ってどうなるんですかね?ネットで見たら29日までの情報
しかアップされてませんが、JSTV(ヨーロッパの日本語放送)のHPをみたら
休みとか関係なく放送するっぽい。

505 :419:2006/12/23(土) 04:42:12 ID:CgSD/YUo
>>504
ワープロで文章を作成し、コピペで投入!
という方法を教えていただいたおかげで、文章をまとめるのが
超まとめやすくなりました。
全体像が見えて、ここが粗すぎるとか、分かりますからね。
会話を連続させると冗長になり、地の文だけでいくと、雰囲気が伝わらないので、
ちょっぴりセリフを入れるように心がけています。
お互い切磋琢磨しましょう!(←何燃えてんの?)

年末は、12/30(土)までいくと信じて疑っておりません。
年始が心配です。お正月くらいは、やらなくてもいいのでは?
出演者にも休養をあげなきゃ。(←過去の再放送なのに…)
放送予定のチェックは欠かせませんね!

506 :500:2006/12/23(土) 06:16:19 ID:of8mb8cx
>>505
今日の分よろしくです。

ちなみに「何度か書けばもうちょっとすっきりした文章が書けるようになるのかなぁ。」は
私自身のことを言ってますからね。

本スレに雑感を書きます。


507 :419:2006/12/23(土) 11:00:26 ID:CgSD/YUo
今日は、午前中に少し時間があったので、早めに投入します!
くれくれさん、今日も本スレに出没しないでね。
約束ですよ!

508 :419:2006/12/23(土) 11:01:20 ID:CgSD/YUo
12/23(土) 第228回@

・美村夫妻の家 夜
 礼治&ちえこの寝姿を見つめる蘭子。 戸をたたく音、蘭子立ち上がって、戸を開けると無言で礼治が立っている。
 何か言いたげな礼治、蘭子「あなた…」と声を掛ける。」
 二人が寝ていたところに戻ってみると、そこは、何もない。「あなた、ちえこ。」」

 蘭子、布団から起き上がり、今までのシーンが蘭子の夢だと分かる。すると、戸がたたかれる音。
「美村さん、電話ですよ、会社から。ご主人が事故で大変なことになったって…。」
  
・箱根のホテル フロント
春樹から電話、蘭子さんのご主人が亡くなった。今夜仮通夜とのこと。
真知子も出席すると返事。

・美村夫妻の家 仮通夜が営まれる。 綾、加瀬田修造、春樹、真知子、あさ
 綾、蘭子を励ます。蘭子、放心状態。
 修造、こずえはトシキの付き添いで今夜は来れないが、一緒に住んでも良いと言ってたと伝える。
「蘭子さん、ここにいるのは家族も同じなんだから。」
 蘭子「礼治さん? あの人が呼んでいる。」
 修造「蘭子さん、しっかりしなくちゃ駄目だ。、ちえこちゃんだっているんだから。」
 蘭子「ちえこは、どこに? ちえこ、ちえこ…。」    

・曙荘、加瀬田家 トシキの事故と礼治の通夜で、2日ぶりに帰る修造
  和子、礼治の通夜で帰ってこなかった修造にくってかかる。
修造、ご主人を亡くした人をうさばらしの種にするなと諭す。
  修造、岸枝に「飯がうまい。」と告げる。 

・トシキの病室  こずえ 春樹&真知子
こずえ、蘭子さんの所へ焼香に行ってくる。3時間だけ頼むという。
蘭子のことを気遣う、春樹&真知子 真知子「ちえこちゃんがそばにいたら…」


509 :419:2006/12/23(土) 11:02:07 ID:CgSD/YUo
  第228回A
・加瀬田家 夜、12次30分
 縫い物をする岸枝、原稿を執筆する修造。
 酔っぱらって帰る和子、介抱しながら和子を連れて帰る本間定彦、遅くなったことを謝る本間。
 和子「いいのよ謝らなくったって、この人お父さんじゃないんだもん。」
 修造、無言で和子のほおをたたく。
 「どうして」泣きじゃくりながら修造に抱きつく和子、無言で抱きしめる修造。

・雨の数寄屋橋 傘をさして人を待つ春樹  笑顔で現れる真知子 
春樹がパリへ出発する前夜8時、想い出の場所で待ち合わせした二人。
 
・浜口家 夜
 雨の降る窓から外をのぞく徳枝
 応接間では、勝則&美子
 美子を自分の隣に座らせる勝則、美子の指に、指輪をはめてにっこり笑う。喜ぶ美子。

・数寄屋橋
 真知子「ここから始まったのね、私たち。」
 春 樹「空襲の中で、一晩中必死に生きるために戦って、生き延びて、ここで再会する約束をしたんだ。」
 真知子「あなたにも私にもいろんなことがあって…。」
春 樹「待って、待って、会えなくて…。」
真知子「それでも待って…。」
春 樹「やっと会えた時は別れの時で、ここで会ったことが結局真知子さんの結婚生活を壊してしまった。」
 真知子「でもまたここから始まるのね。」
春 樹「そうだよ。ここから始まるんだ。」
真知子「もう決して迷わないわ。」 (にっこり微笑む真知子) 「行ってらっしゃい。」
春 樹「ああ、君も元気でね待ってるんだよ。帰ってきたらまたここで会おう。」
春樹は、真知子を残して、一人遠いヨーロッパへ飛び立っていく。

つづきは、また来週!

510 :419:2006/12/23(土) 11:06:30 ID:CgSD/YUo
すみません!また文字がずれてますね。
コピペするとずれるみたいです。
ナレッジウンドウだと狭くて、確認が困難なのでご容赦くださいませ。
むむむ、一太郎とネットって相性が悪いのかな?
そんな事情なので、皆さん、寛容の精神でお願いしかす!

511 :419:2006/12/23(土) 11:11:01 ID:CgSD/YUo
>>510
お願いします! の誤りです。
はあ、最後の最後に入力ミスするとは…。原始人、そそっかしいですね。


512 :500:2006/12/23(土) 14:38:10 ID:tsL6fLyG
>>508-509

お疲れ様でした。随分今日は急な展開でしたね。
思えば、昨日のトシキの病室のシーンが最後の生身の礼治出演だったんだね。
蘭子姐さんが「気をつけて」って言うシーンが死亡フラグだったんだね。
なんかすごく欝になった・・・

513 :419:2006/12/23(土) 15:32:38 ID:CgSD/YUo
>>512
一人一人の幸せが遠いですね。
これでもか、これでもかと、不幸の波が押し寄せて来て…。
朝ドラなんだから、希望を持たせてくれないと。
ちえこ&蘭子の今後に期待することにいたしましょう!

514 :419:2006/12/24(日) 00:00:52 ID:CgSD/YUo
>>509

数寄屋橋のシーン、いいシーンだったので、会話をほとんど載せましたが、
時間が経ってから見直すと冗長ですね。
こんな風にまとめれば良かった。

数寄屋橋で出会ったこと、再会を待つ日々、再会が真知子の結婚生活を結果的に
壊すことになったことを振り返る二人。
しかし、ここから新しい出発を誓う二人。
真知子「もう決して迷わないわ。行ってらっしゃい。」
春 樹「君も元気で待ってるんだよ。帰ってきたらまたここで会おう。」

春樹は、真知子を残して一人遠いヨーロッパへ飛び立っていく。

500さん、どう思います?
ご意見をお聞かせください。
あ、別に急ぎませんから…。

515 :500:2006/12/24(日) 00:26:51 ID:B2EPbMAc
>>514

数寄屋橋のシーン、今週のクライマックスといえると思うんで、
台詞はたくさんあってもいいと思いますよ。
私はあまり冗長には感じませんでした。

月曜日は私の当番ですね。
少し投下が遅くなるかも知れませんが、ちゃんと書きますので。

516 :419:2006/12/24(日) 02:15:46 ID:EXNOhzYP
>>515
お返事ありがとうございました!
まとめていると迷うことって、けっこうありますね。
時間の制約の中で、瞬間的に決断していかないといけないし…。

じゃあ、今回は、あまり加工せず、書いた方が良かったみたいですね。
時間が経ってからあれこれ考えると、手直ししたくなるもので…。
わざわざお手間をとらせてすみませんでした。

ではでは、月曜日よろしくお願いします。
いろいろ意見が聞けるので、
交代で書くのって、面白いですね!!

517 :419:2006/12/24(日) 19:55:38 ID:EXNOhzYP
500さんへ

NHKの番組表をチェックしてみたら、12/30(土)は、「君の名は」は、
ありません!
「BSななみちゃん」と書いてありました!
取り急ぎ、お知らせまで。


518 :500:2006/12/24(日) 20:27:16 ID:B2EPbMAc
>>517
情報ありがとうございました。
年内は金曜日までなんですね。

519 :419:2006/12/24(日) 20:41:49 ID:EXNOhzYP
>>518
そうなんです!
当方、今週は時間にゆとりがありますので、
あらすじ投入、たくさんやっても構いません。
遠慮なくお申しつけください。
明日、お仕事大変なら、今週は、当方から始めてもO.K.ですよ!


520 :500:2006/12/24(日) 21:44:26 ID:8x/1K/wj
>>519

お気遣いありがとうございます。
少し遅くなるかもしれません(22時頃)が、多分大丈夫と思います。

私も後半は仕事が休みになるんでゆっくり書けます。
ダラダラした文章にならないように気をつけます(苦笑)。

521 :419:2006/12/24(日) 21:53:39 ID:EXNOhzYP
>>520
ではでは、お任せいたします!
ファイトなのです。
今週も頑張りましょう!!(←また、勝手に燃えてる!?)

522 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 15:08:07 ID:dDECM/15
ここがドラマ終了までに埋まるかわかりませんが、埋まったら
(書き込めなくなってしまったら)あらすじ2スレに移動しましょう。
NHK朝ドラ再放送 あらすじスレ2
http://bubble4.2ch.net/test/read.cgi/natsudora/1154179681/

骨髄認定荒らしが数年間も荒している荒らしで電波板で
隔離されている人>>113-118なので同じ穴の狢になりたくなければ、相応の
対応をされた方が良いと思いますよ、皆さん。

ID:jzdCbAIxとID:YKC7+xSKの骨髄認定荒らしは誰にも相手にされないで
今も暴れていますが、良識ある人はわかっていると思うので。
12月22日(金)>>500-501
12/23(土)>>508-509
駒崎コピペ荒らしもこちらを見れば骨髄認定荒らしについてる
荒らしだということがお解かりになると思います。

523 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 15:23:54 ID:dDECM/15
骨髄認定荒らしは可哀相な人です。
あすかスレでは ID:fUjRmp07で昨日居ましたね。
面白い事に本スレでもどこのスレでもIDが単発なんですね。
基地外でも、骨髄認定荒らしのIDとして本スレで
感想やレスをすることができないのでしょう・・・(笑)

こういうことを数年続けて自演でレスを埋める基地外に
粘着されても何とも思いませんね。
基地外に刃物、基地外に自演とIDなし板でしょう。
私以外でも粘着の被害を受けた人が何人もいるようですが。
骨髄認定荒らしの巣が電波板にありますが、
>このスレを見ている人はこんなスレも見ています
>連続テレビ小説 君の名は 2 [懐かしドラマ]
これは本スレ住人に、骨髄認定荒らしがいるということですね。
そのスレを何度か読んだことがありますが、あらすじライターに
骨髄認定荒らしでそこの住人になっていた人が居ることも知っています。

524 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 15:25:56 ID:dDECM/15
>【荒らしについて重要事項】煽り荒らしや駒崎コピペ荒らしについて>>3-5あたり
>ドラマに関係するレスに対して、失礼なレスで煽る荒らしや駒崎コピペ荒らしと関係者のiconがいます。
>最近は自作自演荒らしと思われないように巧妙化してきており、注意が必要です。
>注:荒らしは以前から複数のIDを使ってここや隔離スレで演出することができるようです。
>ドラマに関係するレスに対して、失礼なレスで煽る荒らし別板荒らし専用隔離スレから【骨髄】認定荒らしがよくきます。
>■  骨髄認定粘着荒らしの電波な仲間達  ■(運営ボラでありながら◆inODPD6owQが荒らしの仲間or本人の線が濃厚です)
>http://etc3.2ch.net/test/read.cgi/denpa/1130172450/

http://bubble4.2ch.net/test/read.cgi/natsudora/1155863065/113-119での
ごみといって暴れている荒らしですね。
この荒らしが本スレでもあらすじでも大暴れしていたのに
それには何の一言もないので、その荒らしの自演ではないかと疑っていました。
汚い言葉で罵り、ライターさんも書くのをやめますと直後に書いていますので、
あらすじ2でも詳細に書いたライターさんを叩いたり、粘着しているのは読めば誰でもわかります。

本スレを見てもわかるように何らかの事情で見れない人が
あらすじを求めることはあるので、たった一人と思い込むのもやめた方が良いです。
>>508-509
礼二さんの事故ですが、交通事故みたいなものだったのでしょうか。

525 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 15:35:53 ID:dDECM/15
>>524のスレを読んで呆れました。
まだ荒らしの思う通りに間違えた考えでいるのですね。
現状認識を過去の出来事からもっと正しく見ることも必要ですよ。
あらすじが上手になっていっても荒らしの考えに追従するのは誤った道です。
電波スレのこともよく知りませんし、駒崎のことも同じくです。
コピペ荒らしは骨髄認定荒らしがやったことはわかったんですか?
本スレに張られていても苦情も言わないのだから・・・

あらすじを書くのが好きだと書いていたライターはどこにいったんですか。
ここにきて消えたんでしょうか。

526 :419:2006/12/25(月) 16:22:04 ID:kMOdUonR
くれくれさんへ

礼治さんは、事故としか分かってませんよ。

久しぶりの登場ですね。
相変わらずですね。
まあ、本スレさえ荒らさなければ、いいけど。

本スレさえ荒らさなければ、約束は実行しますからね。
当方、今週は、火曜と木曜担当です。

あらすじを書くのが好きだと言ってたライターさんは、
あなたの暴れっぷりを見て、このドラマが終わるまでもう書かないと言ってましたよ。
本スレの過去レスをよ〜く読んでみてね。




527 :419:2006/12/25(月) 16:31:58 ID:kMOdUonR
783 :503、726.、707:2006/12/14(木) 18:52:29 ID:CmBE7BiF
骨髄さんが暴れないなら、続けてもよかったのですが、
あらすじ書くのは好きでした。
君の名はが、終わったらまた書きたいです。
ちょっと、長すぎで申し訳なかったですが
もう少し上手くなりたいかったです。

↑ これこれ!

528 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 18:59:48 ID:GrO9LeNO
>なりたいかったです

わらたwww

529 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 22:49:37 ID:q9+NlwMd
遅くなりました。今日の分です。ロクに見直していないので、変な文もあるかもしれませんがご容赦を

12月25日 第229回@
箱根のホテル。真知子と伝次。
春樹がヨーロッパに旅立って4ヶ月が過ぎた。春樹は精力的に活動している模様。
伝次は何回か春樹から来た手紙を読み、ライバルながら春樹の人柄を評価している
と真知子に言う。
やや風邪気味という真知子に伝次は「自分が真知子を守る。」
真知子は自分宛の手紙を持って自室に来る。楽しみにしている春樹の手紙はなく、
志摩の内野珠子からのものがあった。
「礼治の死を里子(千枝子)には隠していたが、どこからかそれを知り、
口数が少なくなり様子がおかしい。相談に乗ってほしい。
四十九日が過ぎてからも何度か真知子は蘭子を訪ねたが、蘭子は働きもせず、礼治
との思い出に生きていた。
1週間前、千枝子からも「相談がある」と真知子にはがきが届いていた。
無理してホテルを休み、真知子は志摩へ行く。

加瀬田が蘭子を訪ねる。梢が気を遣ってトシキを蘭子に預けることもある。
「礼治が安心して眠れるように何か新しいものを見つけたら」と助言する加瀬田に、
「千枝子でもいれば・・」と言う蘭子。


530 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 22:51:53 ID:q9+NlwMd
12月25日 第229回A
加瀬田家
岸枝、和子、定彦で加瀬田の書いた原稿「わが昭和へ」をが評判になっていることを話す。
よく蘭子のところに行く加瀬田のことを、和子は「気落ちしている蘭子を励ましてるだけ、
気にしないほうが・・・」と岸枝に言うが、岸枝に「わかっている。そんなことでやきもき
する歳ではない」と返され、笑う。お互いなにか吹っ切れた様子。
春樹のルポを読んで、「気取った文学の時代は終わり」と定彦。

喫茶店 勝則と美子
建材不足で新居の建築が結婚に間に合わないため、当面徳枝と同居することを渋る美子。
勝則は「思いやりの気持ちが大切。」と諭す
浜口家では徳枝が一人で息子の結婚式の案内状をながめている。

志摩 内野の家 珠子、里子(千枝子)、真知子
千枝子は、内野の家で生きていくとは言ったが、礼治の死で、心境に変化が。
また、珠子の夫が千枝子に暴力をふるうようになっていた。
「東京のお母さんがかわいそう。会いたい。でも志摩のお母さんも。」と真知子に訴える千枝子。
「いきなり決めるのは辛いから、一度東京のお母さんに会ったら。」と提案。
珠子も「夫を説得して必ず里子を行かせる。」

真知子は東京に戻ったらその足で蘭子を訪ねようと思った。だが、そうした努力が別の不幸を呼んでいたのだった。
つづく

「あの頃あの歌」は笠木シヅ子の「買い物ブギー」でした。時間があるときにまた書きます。

531 :419:2006/12/25(月) 23:28:04 ID:kMOdUonR
>>529 >>530
お忙しいのに、大変でしたね。
すごく読みやすいですね。
「わが昭和へ」へ、かっこいい題名ですね。そっかあ、ぼーっと見てたから
気づかなかった。
なんか得した気分です!ありがとうございました。
明日は、当方が、責任を持ってお届けします。お疲れさまでした!(眠気がふっとんだ!)

532 :419:2006/12/25(月) 23:30:27 ID:kMOdUonR
すみません「わが昭和へ」だけで良かったのに。


533 :419:2006/12/26(火) 10:24:59 ID:QvLP0W7s
12/26(火)第230回@

・志摩から東京へ向かう汽車の中 真知子
 2日間の休暇を有効に使うため明らかに無理を重ねていた。体がふらつき学生にぶつかる真知子。

・蘭子のアパート 蘭子&あさ
 編み物をする蘭子、あさの問いかけにも生返事。蘭子の心配をしたあさとこずえが交代で来ていた。
 電話でこずえに、蘭子の状態を報告するあさ 

・小野瀬綾洋裁店  こずえ&綾
 あさの報告を受けるこずえ。 綾との会話から礼治の死後4か月が経過したことが分かる。  
蘭子のことを心配し、あれこれ方策を考える二人。ちえこの話題が出るが、向こうにも両親がいるから無理、
 こずえが、トシキと一緒に引っ越す案で、二人の意見が一致。

・蘭子のアパート
 蘭子の部屋へ向かう真知子 戸を開けると窓際で、礼治に話しかける蘭子「ちえこのセーターよ。」
 驚く真知子、外から戻ってきて蘭子に声を掛けるあさ。 「時々、こういうことがある。」と真知子に説明。
蘭子を正気にもどそうと話しかけるあさ。 真知子の来訪を告げられ、正気にもどる蘭子。
礼治が時々話しかけてくるという蘭子。礼治ではなく、それは死に神だと自嘲。
 死に神なんか追っ払えというあさ。そのとおりだとうなずく蘭子。
真知子「しっかりしてくださらないと、ちえこちゃんが苦しんでいるっていうのに。」
 本当のお母さんに会いたくなったみたいだと話す真知子、志摩へ行くという蘭子。
 それを制する真知子。内野の主人が納得していない、ちえこが礼治の墓参りに来てくれるよう説得してもらっている。
蘭 子「許すはずがないわ、そんなこと。 だって…。」
真知子「きっと分かってもらうって、内野さんの奥さん約束してくださいました。」
ちえこが、会いにくるという希望が芽生え、表情が明るくなる蘭子。 喜ぶあさ。礼を言う蘭子。

・小野瀬綾洋裁店 綾&真知子
ちえこは、真知子の教え子だし、蘭子に「ちえこに考える時間を与えてくれ。」と説得したのも自分。
 二人の仲を引き裂いたのは、自分ではないかという責任を感じていると語る真知子。


534 :419:2006/12/26(火) 10:26:09 ID:QvLP0W7s
第230回A
・小野瀬綾洋裁店の続き
 ちえこを会わせるのは、簡単ではないと話す綾。産みの親と育ての親、双方情がからんでいる。
 ちえこの気持ちもさいの目のようにころころ変わる。誰かの幸せは、誰かの不幸。いいことをしようと思ったら、
 人の恨みを買うことも覚悟が必要。
 真知子「自分のすることに酔っちゃいけないということですね。」
  綾 「自分を戒めたようなもんね。あたしも相当お節介やきだから。」(微笑む綾)  
 一瞬、具合が悪そうな表情をする真知子、心配する綾。
 今夜は泊まっていけと忠告するが、今夜中に帰る方が楽といって立ち去る真知子。
 綾「あなた一人の体じゃないんだから、自分を粗末にすると後宮さんに叱られるわよ。」
 心配そうに見送る綾。

・箱根へ向かう汽車
 真知子は箱根へ向かう夜汽車に再び揺られていた。夜汽車が確実に真知子をむしばんていた。
 
・蘭子のアパート  朝
 カーテンを開けるこずえ、蘭子の布団をひっぺがすトシキ、驚く蘭子。
 今日からここへ引っ越すことにしたと話すこずえ。ちえこが帰って来るかも知れないから駄目だと話す蘭子。
その時はその時。ちえこが住むつくと決まったら出て行くと答えるこずえ。しぶしぶ納得する蘭子。

・小野瀬綾洋裁店
 三輪車に乗り、はしゃぐ綾。出勤してくるこずえ。トシキへのプレゼントだという。
 こんな立派な三輪車くれる知り合いがいないと不思議がるこずえ。加瀬田の娘からのプレゼントだと話す綾。 
喜ぶこずえ。お礼に洋服作ってあげたらと提案する綾。和子だけでなく、蘭子、真知子、ちえこにも作って
 プレゼントしようというあさ&こずえ

・箱根のホテル 真知子の部屋
 夜行電車で帰った真知子は、遅番勤務の直前まで死んだように眠った。
 目が覚めてから嬉しいものを見つけた。春樹からの手紙だった。
 『ヨーロッパの再建ぶりは、目を見張るものがあるが、どこへ行っても目につくのが孤児。


535 :419:2006/12/26(火) 10:27:39 ID:QvLP0W7s
  第230回B
 自分は、時代の観察者であるだけで、歴史を作るのに参加していない。これからの人生、二人で何が出来るか。
 答えは、君と再会した時に見つかるだろう。』 
手紙を読み終え、にっこり微笑み、唇を塗る真知子

・フロント
 カウンターをたたき、感情あらわにクレームをぶつける外国人宿泊客2人。頭をさげる真知子
“It was so cold yesterday. That, I couldn't even sleep. I got a cold.”
“I'm sorry. ……”
 真知子は、倒れそうな体を気力を振り絞って立っていた。
 これから師走にかけて忙しさはピークを迎えようとしていた。   

つづきは、また明日!

536 :419:2006/12/26(火) 10:30:22 ID:QvLP0W7s
今日は、長くなってしまい。申し訳ない。
やっぱりコピペでずれるのは、変わってませんね!



537 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/26(火) 12:54:38 ID:2CxrO2Gx
>535
有り難う御座います
あの毛唐ナニ喚いてんじゃい?
真知子もsorryって真知子が何かヘマしたのかなとちょっと疑問でした
でもなー
昨夜寒くてよく眠れなかったのなら「Last night」でしょ
中学生英語くらい勉強せいよNHKさん

538 :419:2006/12/26(火) 13:53:42 ID:QvLP0W7s
>>537
そうなんです! 真知子が何を謝ってるのか疑問で、聞き直してみました。
とりあえず、真知子の失敗ではなくて良かった!
そっかあ、「last night」ですよね。普通!
昨日全般、寒いって、文句言われても冬なんだから仕方ないわけで…。
なんか理不尽な怒られ方ですよね。かわいそうな真知子!

539 :419:2006/12/26(火) 14:02:57 ID:QvLP0W7s
>>534
箱根へ向かう汽車の中、「病魔が確実に真知子をむしばんでいた。」の間違いです。
失礼しました!

540 :419:2006/12/26(火) 22:54:39 ID:QvLP0W7s
500さんへ

毎日、お仕事お疲れ様です!
明日、大丈夫ですか?
大変ならば、当方がいたしますが…。
(このままの順番なら、今週は、当方1回出番が少なくなるのですけれど。)
当方、今週は時間にゆとりがありすぎて(笑)

541 :419:2006/12/26(火) 23:37:07 ID:QvLP0W7s
>>535
外国人宿泊客のセリフ 正確には、
“Thanks to this hotel, I caught a cold.”
みたいです!

な〜んだ、ちゃんとホテルにお礼言ってるじゃん。
真知子さん、“You're welcome.”
と、言ってやれば良かったんだ。

…なんて。

皮肉をこめた表現なんですね。
もう少し優しく言ってほしかった。


542 :419:2006/12/27(水) 02:10:38 ID:Lsc+UpZB
500さんへ

本スレで親切な方が年末・年始の放送予定を教えてくださいました。
参照してください!
12/29(金)は、7:30〜7:45 7:46〜8:01の一挙2回放送です。
と、いうことは、順番どおり当番を担当しても、2人とも同じ回数になります。
当方は、いかようにもさせていただきますので、
ご無理のないようにしてください。

無理は禁物です! (←無理禁と勝手に呼んでます!)

5連投すみませんでした。


543 :500:2006/12/27(水) 07:29:13 ID:f2EfzHz+
>>540=>>542
昨晩忘年会で遅くなったので貴方のメッセージ見てませんでした。スミマセン。
今日の分大丈夫ですよ。アップは夕方以降になりますが。

544 :419:2006/12/27(水) 08:21:54 ID:Lsc+UpZB
承知しました!
お願いいたします。
忘年会いいですねえ。ストレス発散出来ましたか?
今日も一日、ファイトです!!


545 :500:2006/12/27(水) 20:22:08 ID:LXitmTD4
今日は比較的まとめやすかったです。
伝次は春樹がいないからといって、あえて強引に真知子に手を出そうとはしないですね。
春樹にとフェアに戦おうとしているのか深謀遠慮があるのかがはかりかねる・・・

12月27日 第231回@
箱根のホテル。12月に入り、忙しく働く真知子。
志摩の内野珠子から「里子がいなくなった」と電話が入る。
珠子は里子を東京に行かせるように夫を説得しようとしたが、夫は認めず、珠子を殴った。
これを見た里子が蘭子や真知子からの手紙、貯金箱にためていた金を持っていなくなった。
おそらく東京に向かったのではと言う珠子の言葉に、真知子は東京駅に先回りしようと考えた。
上司は真知子の早退を渋るが、同僚の口ぞえもあり、東京へ行けることになった。
小田原駅に送ってくれるように頼まれた伝次は真知子に頼られたことは初めて、
と満更でもなさそうだが、具合の悪そうな真知子の体調を気遣う。

浜口家
美子が徳枝を訪ねる。勝則はまだ帰ってきていない。
美子は結婚式までに新居の建築が間に合わないので当面同居しなくてはならないことを告げる。
徳枝:近頃は他人に奉仕することを含め、世の中には面白いことがある。忙しくなるので、
自分のことは気にせずに二人で仲良く新しい家風を作ってほしい。
美子:他の人との結婚が考えられないほど勝則が好き。勝則の嫌がることはしたくない。
新居の建築を中止してお義母様と同居する。


546 :500:2006/12/27(水) 20:22:47 ID:LXitmTD4
12月27日 第231回A
加瀬田家 修造と岸枝
加瀬田は岸枝や和子に気を遣い、蘭子たちとの暮らしのことを原稿に書くことを戸惑っている。
岸枝: 何もかも包み隠さず書いてほしい。私も一緒に苦しむ。私と和子が一番の読者。
「編集長より厳しい読者だ」と言う加瀬田に、「いいでしょう。夫婦なんだから」と岸枝。

蘭子の部屋 真知子、蘭子、梢
「自分で千枝子(里子)を探す」と言う蘭子に「行き違いにならないように待っていてあげて」
と言い残し、真知子は始発の列車で箱根に戻った。
真知子はホテルに戻るとそこには千枝子がいた。千枝子は最初から真知子を訪ねて来たのだった。

つづく


547 :419:2006/12/28(木) 00:04:33 ID:g7Z1w3cZ
>>545 546
散散振り回された真知子がかわいそうでしたね。
伝次、本当にいい人みたいですね。
明日は、当方が頑張ります!
お疲れさまでした!

548 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 00:30:08 ID:V6jDVBcw
>>526
事故ですか。ありがとうございました。

でもまた呆れました。暴れている荒らしに翻弄されてあなたのような
"骨髄認定荒らしが本スレを荒したこと・認定を繰り返した事"を無かった事にして、
風向きが荒らしに向いたから状況に合わせてそういってきただけでしょう。
そういう意味では状況判断をあなたと同じように誤っていますがね。

あなたのような状況判断を誤る人が骨髄認定荒らしを調子に乗らせてきたんですよ。
自覚して下さいね。このスレでも、ライターさんは本スレを荒らした骨髄認定荒らし
に罵倒されて書くのをやめますと書いていますよ。
それと全く同文体の荒らしが本スレで暴れていたではないですか。
あなたの目は節穴ですか?それともわざとですか?
>>111-120
それがあなたかもしれない疑惑は残っていますけどね。

日記スレで骨髄認定荒らしと同じ立場で話している限り、あなたはあの荒らしと同じになっている
これだけは言えます。

549 :419:2006/12/28(木) 18:03:45 ID:g7Z1w3cZ
12/28(木) 第232回@

・蘭子のアパート 蘭子&こずえ
 ちえこに会いたいけれど、自分から迎えには行かない。会いたいけれど、こわいと話す蘭子。
 そんな蘭子を励ますこずえ。真知子がちえこを連れてくることになっている。
 ちえこの気持ちを尊重したいと話す蘭子。

・箱根のホテル 真知子&ちえこ
食事をするちえこ。箱根までどうやって来たのか尋ねる真知子。志摩駅から亀山までの切符を買い、
 残りは乗り越した。名古屋と小田原で乗り換えたが、箱根駅でつかまった。駅員にいろいろ聞かれ、
 真知子の手紙を見せた。真知子の同僚、百川が迎えに来てくれて、お金を払ってくれた。

・フロント 真知子&百川
 同僚の百川に礼を言う真知子。ああいうことがあるから人生は楽しいと答える百川。

支配人現れる。ちえこを蘭子の所へ送っていきたいと話す真知子。休みはあげられないと答える支配人。
 早番勤務が終了してから送っていくと答える真知子。真知子の体を気遣う支配人。

勤務後、ちえこを送っていく真知子。

・蘭子のアパート
 志摩の内野夫妻が、訪ねてくる。
 里子が可愛いと語る内野夫。里子は、わしらが育てた、わしらの子どもだと話す内野夫。
 どちらが親だと張り合わずに、その都度、あの子の気持ちを考えてやってはもらえないかと応じる蘭子。
 礼をいう内野妻。里子を取り返さないでくれと頭をさげる内野夫。
 返答に窮する蘭子、こずえ。

・喫茶店  美子&勝則
 美子に呼び出され、苦情を言う勝則。仕事より重大なことだと話す美子。婚約破棄を告げる美子。
 慌てる勝則。嘘だと告白する美子。徳枝から何も聞いてないと話す勝則。


550 :419:2006/12/28(木) 18:05:11 ID:g7Z1w3cZ
             第232回A
・喫茶店の続き
 徳枝が本当に変わったことに驚く美子。新居は建てなくてよい、徳枝と同居してもよいと話す美子。
 美子「無敵の美子さんが、あなたには負けたってこと。お母様と同居しますわ。」     喜ぶ勝則
 美子「その代わり、十倍くらい可愛がってくださらなくちゃ。」美子の手を握り、笑顔で礼を言う勝則。 

・蘭子のアパート 
 ちえこを連れてきた真知子。お父ちゃんと一緒に帰ろうと話す内野夫。
 無言で立ち上がり、蘭子の後ろに隠れるちえこ。
 ちえこ「お父ちゃん、ごめん。」 本当にこれでいいのかと問う内野夫。うなずくちえこ。
 いい夢を見させてもらったと思って、帰ろうと夫をうながす内野妻。
 里子のことを頼みますと頭をさげる内野夫妻。内野に礼を言う蘭子。
 立ち去る内野夫妻。笑顔で見つめ合う蘭子&ちえこ

・箱根のホテル フロント
 責任を果たして次の日箱根へ戻った真知子、支配人に頭をさげて礼をいう。同僚の百川にも真知子。
 体がふらつき倒れる真知子。
 慌てて駆け寄る百川&ボーイ2名

・真知子の部屋 支配人&百川
 真知子の急を聞き、駆けつける伝次。息を切らしながら、東京の病院へ移そうと提案する伝次 

                  つづきはまた明日!

551 :419:2006/12/28(木) 18:10:01 ID:g7Z1w3cZ
500さんへ

明日 7:30分 233回 お願いします。
   7:45分 234回 当方が担当します。
   今年最後の仕事、頑張りましょう!
   当方、234回、投入は、遅くなると思います。
   あらかじめご了承ください。

552 :500:2006/12/28(木) 20:53:48 ID:3lJy4XRB
>>551
了解です。先に放送する方ですね。

ところで、貴方もついに「骨髄認定荒らし」に認定されてしまいましたね。
おめでとうございます♪私はずっと前から認定されておりますが。

要するに、感想やあらすじのやり取りを楽しみたい人が、「妙な書き込みはやめて」
とクレクレの人に苦言を呈すると骨髄認定荒らしに認定されてしまうみたいですね。


553 :419:2006/12/28(木) 21:11:27 ID:g7Z1w3cZ
>>552
そうですね!
ごく普通に感想のやり取りをしたいだけなんですが…。
それなのに、こうしてあらすじスレで日夜あらすじを書くことになろうとは。
おかげさまで、500さんとあらすじ当番という役割をとおして、新たな友情を築くことが出来ました。
ある意味、くれくれさんに感謝しないといけないかも知れません。
では、明日は今年最後の仕事、頑張りましょう!

554 :500:2006/12/29(金) 20:03:46 ID:1buVvfWZ
遅くなりました。

12月29日 第233回@
真知子が倒れ、伝次のはからいで数寄屋橋近くの病院に入院した。
綾の洋裁店
「蘭子が千枝子と暮らすことになった」と梢とあさが綾に報告。
綾:やっと心おきなく仕事に集中できるね。仕事が山ほどある。
梢が洋裁店を出て、トシキとアパート暮らしをしたいと言う。
「トシキくんもじき小学生だから」と綾も賛成。あさは引き続き洋裁店に住み込むことに。
どうも好きな人の家が近いらしい。そこに「真知子入院」の電話が入る。

真知子が入院している病院
あさと綾が病院に駆けつける。一旦真知子を見舞った後、綾が(多分春樹の出版社に)電話し、
「春樹に帰国するように伝えてほしい。」言っている。そこに伝次。
既に伝次から春樹に電報が打たれており、翌々日に羽田に着く飛行機に乗っているとのこと。
感謝する綾。その番は綾が真知子の病室に泊まりこむことになる。
翌日、蘭子・千枝子母子が真知子を見舞う。
「命の恩人と言っていいくらいあなたには世話になった。あなたがみんなを元気付けている。
だから早くよくなって」と蘭子が、綾も「春樹が明日には帰る。頑張って」と真知子を励ます。

浜口家
徳枝が「明日は旦那様の結婚式」と制止するお手伝いを振り切って真知子の見舞いにでかける。


555 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/29(金) 20:07:41 ID:1buVvfWZ
12月29日 第233回A

再び真知子の病室
今度は信枝と徳枝が駆けつける。
真知子は酸素マスクをつけている。既に意識は朦朧としている。
徳枝:私たちが真知子さんをくるしめたせいでこんなことになった。私は真知子さんに命も心も救われた。邪魔しないので付き添いたい。
綾:(信枝と徳枝の)2人もお母さんがいてくれるんだから早くよくならないと。

待合室で信枝と徳枝
信枝:夫から何度も悔しい思いをさせられたが、いなくなるとさびしい。
徳枝:私も同じ思い。自分の場合は夢中になって息子を育てたが、最後まで私を見捨てなかったのは真知子さんだと今頃気づいた。
信枝:自分も真知子のために駆け回っていたつもりだが、逆に励まされることが多かった。

2人で助かってほしいと祈る。

勝則が真知子を見舞いに訪れる。
「俺が一番輝いていたのは真知子と仲良く暮らしていた時期。苦しいときはいつも君を思い出す。治ってくれ、約束だぞ。」

つづく



556 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/29(金) 20:28:28 ID:1buVvfWZ
>>553
なんとか今年のノルマは達成できました。
お忙しそうで恐縮ですが、今日の後半分をお願いします

これで、クレクレの人も変わってくれたらいいな、と思っていたのですが、
無理だったみたいですね(号泣)。

とはいえ、まだ過去二週間ほどですが、貴方と当番制であらすじを書く、という流れができて
よかったです。
あと3ヶ月、頑張りましょうね。
お互いにクレクレの人の言動を我慢し続けることができれば、ですが(号泣)。

来年もよろしくお願いします。
良いお年をおすごしください。

557 :419:2006/12/29(金) 22:19:59 ID:e9eRsQNR
12/29(金)   第234回@

・数寄屋橋近くの病院
 廊下 見舞いを終えて帰る勝則&徳枝 二人に頭をさげる信枝
 病室 花を花瓶に生けて入ってくる綾 泣きじゃくる真知子「死にたくない。」
春樹がもうすぐ帰ってくると励まし、春樹の手紙を読む。
綾が春樹からの手紙を声を出して読むのが聞こえ、病室に入るのを遠慮し、立ち去る伝次。
昏睡状態に陥る真知子   綾、慌ててナースコールのボタンを何度も押す。

・加瀬田家 修造&岸枝
真知子危篤の電話を受け、修造に伝える岸枝。
病院に向かおうとする修造。コートを取り出し修造に着せる岸枝。蘭子が届けてくれたコートだという。

・伝次の差し向けた車で、病院に急ぐ春樹

・数寄屋橋近くの病院  信枝 修造 あさ こずえ

 見舞いに訪れた悠起枝&謙吾
悠起枝「真知子さん、真知子さん、あなた春樹と結婚するんでしょ。」
謙 吾 「負けたらあかん。」
悠起枝「春樹と結婚するのよ、真知子さん。」
抱き合って悲しみをこらえるあさ&こずえ

・廊下 医師と話し合う綾&伝次
残念だが、このまま亡くなることも少なくない。希望は生きようとする意欲、
もしこれを乗り越えれば、その勢いで命を取り戻す。出来るだけの手は打ったと話す医師。

相変わらず昏睡状態の真知子

・病院へと急ぐ春樹、赤信号で止められ気が急く。病院前で、春樹を迎えるあさ&こずえ  


558 :419:2006/12/29(金) 22:22:35 ID:e9eRsQNR
第234回A
・春樹を待ち侘びる綾、時計を見つめる春樹、病院に到着し、病室へ向かう春樹
 綾に招じ入れられ、病室に入り、真知子に呼びかける春樹
 春樹「真知子さん、僕だよ。帰ってきたんだ。真知子さん、結婚出来なくてもいいのか。」
「誓いはどこへ行ったんだ。生き返ってくれ、真知子!」
意識を取り戻す真知子
  綾 「真知子さん、後宮さんよ。」
春樹「真知子さん、帰ってきたんだよ、君のところへ。約束の数寄屋橋へ。」
  手を握り見つめあう二人。 
 真知子「春樹さん。」
喜びの表情で、二人を見つめる綾

・廊下
 医者に頭を下げ、病室を出る春樹  伝次と春樹、春樹に負けたと告げる伝次、航空券を手配してくれた礼を述べる春樹
 伝次「おめでとう。幸せになってください。」立ち去る伝次

・数寄屋橋 たたずむ綾  駆け寄る春樹
 医師からもう大丈夫だと言われたと告げ、綾に礼を言う春樹
 命をよみがえらせたのは、真知子と春樹の心だという綾
 今日のことだけでなく二人をずっと見守ってきてくれたのは綾だという春樹
 二人はここで命の火を燃やした。助かったのは、真知子だけではない、春樹も生き返ったのだと言う綾。
 これから二人で作る新しい火がまた見えるような気がすると春樹。
 真知子のところへ早く行くよう促す綾、駆け去る途中で立ち止まり、振り返り、綾に頭をさげ、立ち去る春樹
綾の独白「忘却とは、忘れ去ることなり。忘れ得ずして、忘却を誓う心の悲しさよ。」
      忘れ得ぬ人とは遠き人を言うなり。人は常に忘れ得ぬ人を忘れよと言えり。」
春樹&真知子の見つめあう映像がオーバーラップ

つづきは、1月1日(月)8:15です!

559 :419:2006/12/29(金) 22:35:04 ID:e9eRsQNR
500さんへ

本日、帰宅が遅くなり、ドラマを見る前に、500さんのあらすじを読ませていただきました。
大変分かりやすいまとめ方で、読んでいてすごく内容が頭に入ってきました。
その後、あらすじをまとめながら録画を視聴しました。
ようやく出来たら、「人大杉」と表示され、焦りました。
が、なんとかそれも乗り越え、無事書き込みできました。

狭いナッレッジウィンドウで、確認して投入したのですが、やっぱりずれてますね。(泣)
なんとか出来ました!

しかし、ずっと楽しみにしていた「毎日モーツァルト」今日が最終回だったのに、
録画することを忘れました。
変則的な放映のせいです。(泣)
まあ、でもいろいろあったけれど楽しかったです。

来たる年もよろしくお願いします。
1月1日は、お願いしてもよろしいでしょうか?
無理なら、当方が担当させていただきます。時間は少々遅くなりますが…。
こちらは、雪がたくさん積もって、今日は大変でした。 
では、また!

560 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/29(金) 23:53:27 ID:CzAA2vrm
>>552-553
また呆れる発言ですね。
苦言を呈する事と骨髄認定荒らしの荒らしを容認する事、
その骨髄認定荒らしと同じ立場に陥る事は別でしょうに…
駒崎コピペ荒らしの認定をされたのはこちらですよ。

骨髄認定荒らしがあらすじ2を荒らしているのは知っているでしょう?

>>554-555>>557-558のあらすじはお疲れ様でした。

561 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/29(金) 23:56:11 ID:CzAA2vrm
君の名はのおすすめと違うのですね・・・
上二つは同じお勧めですが、
>1976年〜1977年生まれ集合!! part20 [年代別]
>過去ログ [40代]
>1990.4/2〜1991.4/1集合part2 [年代別]

562 :500:2006/12/30(土) 09:49:09 ID:13dIoDPH
>>559
記念すべき1月1日放送分、いただきます。
家でマターリする予定なんで大丈夫だと思います。

563 :419:2006/12/30(土) 14:28:15 ID:x3SY2Ssn
>>562
ありがとうございます!
我が家は、1月1日は、たくさんのお客様を迎えたり、
新年のごあいさつに回らないといけないので、1年で一番大変な日なもので…。
ちょっと安心しました。

雪かきにも昨日、今日と追われてます。
沖縄やハワイがつくづくうらやましい、今日このごろです。

564 :500:2006/12/30(土) 14:34:26 ID:Mxp0encD
>>563
貴方は雪国にお住まいなんですね。
私の住んでいる地域ひと冬に1回か2回しか降らないのですが、
その分雪馴れしていないので、完全に町全体が麻痺します。
色々大変と思いますが、今年もあと1日強しかありません。
今年あった嫌なことも忘れてパーッとしましょうね。

ウチは毎年の慣例ですが、親戚へのあいさつ回りとかは2日に
スタートしますので、1日は大丈夫です(家でダラダラ過ごす日です)。。
2日以降はちょっとアップが遅くなるかもしれませんが。

565 :419:2006/12/30(土) 20:06:08 ID:x3SY2Ssn
>>564
そうなんです! 豪雪地帯なのです。(泣)
500さんは、2日以降お忙しくなるんですね。
ご無理な時は、交代させていただきます。遠慮なくお申し付けください。

「君の名は 2」の方も順調にレスがやり取りされるようになり、
大変嬉しい限りです。
「君の名は 2」完走に向けて、あらすじスレの方も微力ながら
お手伝いさせていただきましょう。
では、良いお年を!!

566 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/01(月) 10:23:56 ID:nAneZkLD
2007年1月1日 第六部 それからの二人・夫婦編 -第235回@
新年明けましておめでとうございます。
元日から早速放送スタートとは、NHKも人使いが荒いですね。
では、本日のあらすじ、いかせていただきます。

昭和27年12月東京は下町、下谷界隈にある長屋。
真知子と春樹が結婚を約し、新たな人生を歩き始めて2年の歳月が流れていた。

長屋の軒先、大家の深野柳子が高そうな和服を着て歩いている。
長屋の住人の子供に英語で話しかけるが、子供はまともに相手しない。
柳子は戦前ロンドンにいたことがあり、進駐軍のアメリカ英語は品がないと嘆く。
長屋の住人に「これからは語学が大切、よかったら子供たちに教える。月謝は別途相談」
柳子の去った後、「(旧)華族のお姫様なのにしわい」と呆れる。

加瀬田家(この長屋の住人)柳子が家賃の集金に来ている。
柳子、加瀬田、岸枝の3人で世情について雑談。戦後進駐軍が土足で踏み込んできて、
民主主義の名の下で悪平等がはびこっていると嘆く柳子に、
とはいえ、アメリカが原爆を作っていたときに日本では竹槍で対抗しようとしていた。
負けるべくして負けた戦争であったと加瀬田。
長屋に汲み取り屋が来て、あたりに臭いが漂う。


567 :500:2007/01/01(月) 10:27:24 ID:nAneZkLD
第235回A
長屋前の路地を真知子と春樹が鼻をつまみながら走ってくる。
加瀬田家に入る二人。春樹は「この家何食ってるんだろう」と表札を確かめた(深野という家だった)
等、尾篭な話が続く(勘弁して!!)。同じ長屋に住んでいる、謙吾・悠起枝も臭いと格闘している。
加瀬田が柳子に真知子・春樹を紹介する。二人は今日結婚する。仲人は加瀬田夫妻。
何故か柳子は二人の間の詳しい事情を知っている。「深野柳子と申します」と名乗って加瀬田家を去る。
「どうしよう」と戸惑う二人に加瀬田「出ちゃった屁は元に戻らない。どうしようもない。」

やっと本題に入る。
春樹たちは戦災孤児たちのための施設を建てていた。加瀬田、綾、蘭子らが出資している。
春樹:皆忙しく、一同に会する今日くらいしか機会がない。出資者の皆さんに施設を見てほしい。
加瀬田:いいことが重なる。前祝だ。母さん、酒は?
岸枝が酒を買いに行く。それまでお茶で乾杯、ということになる。

だがしかし、好事魔多し。続きはまた明日。

あらかじめわかってたことだけど、いきなり脳天気な展開になってしまい、正直戸惑っています。
明日は何があるんだろう?


568 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/01(月) 10:49:08 ID:dy5HsX90
>>566
>>567
放送あるのすっかり忘れてたんで助かりますた
今年もよろしくお願いしますw

569 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/01(月) 12:00:57 ID:RlCtDbfq
>>566
>>567
助かりました。ありがとうございます。
>加瀬田家に入る二人。
>春樹は「この家何食ってるんだろう」と表札を確かめた(深野という家だった)
等、尾篭な話が続く
尾篭な話が続いたのをどなたか文字おこしできないでしょうか?

570 :500:2007/01/01(月) 13:08:55 ID:nAneZkLD
>>569

ヒマだから詳細描写してもいいけど、貴方がスカトロマニアでもない限り
あまりお勧めできる内容ではありませんよ(w


571 :419:2007/01/01(月) 16:20:37 ID:smWyn3Yw
>>566 >>567
お疲れ様でした!
真知子が意識を取り戻して、2年経って、二人で駆けっこしながら加瀬田夫妻の
長屋にやってきて、今日が結婚式で、姉夫婦も同じ長屋に住んでいて…。

怒濤の展開ですね!!
いきなりこんなに状況が変わってると、ついていけません。
12/29(金)と1/1(月)の間には、深い溝がありますね。
よくまとめましたね。お見事!
明日は、当方が頑張ります。(うまくまとめられるか心配です。)


572 :500:2007/01/01(月) 17:30:41 ID:nAneZkLD
>>571
了解です。明日はよろしくお願いします。
今日は昨年末とは別の意味で欝になりました。

573 :419:2007/01/02(火) 16:44:08 ID:qjYU7QCt
1/2(火) 第236回@
  昭和27年下町下谷の界隈にも暮れは押し迫ってきた。
  春樹と真知子にとっては、盆と正月が手をつないできたような楽しさ、うれしさ。
長年の夢であった孤児たちのための養護施設開設の目処が立ち、おまけに本日正午をもって二人は夫婦になり。
今日は彼ら二人の結婚式なのである。

・加瀬田家 修造、岸枝、春樹、真知子
 酒を注ぎ合う春樹、真知子、修造に酒を注ぐ春樹
数寄屋橋で出会ってから今日までの長い道のりに感慨深げな修造。しかし、二人の今日までは回りくどい、
 出会った時に名前を聞けばよかったのにとからむ修造。
 それに対して、るる説明する二人。修造の質問、疑問がくどいとたしなめる岸枝。
 二人の話を紙芝居に出来ないかと考える修造。
 「昭和20年、東京大空襲のさなかお互いに名前も知らずに巡り会った二人の男女、所はすきやき橋、
  しらたき姫と牛肉王子の聞くも涙のロマンス。」
 牛肉食べたいと、牛肉に反応する真知子。 施設が軌道に乗ったら食べさせてあげると春樹。
またまた軽口をたたく修造。みんなにたしなめられる。和子がいやがると岸枝。
和子の名前が出て、和子の話に話題が移る。電話交換手の仕事をしているとのこと。
 和子の結婚を話題に出す岸枝、手元に置いておきたい修造。うかうかしてたらすぐ30、30振り袖なんてわびしいと岸枝。
 身にしみる言葉だと真知子。長屋の大家みたいに行かず後家だと老い先心細いと岸枝。

 大家の深野柳子の身辺話に話題が転換。
 柳子は、華族の令嬢で、家柄がよすぎて行きそびれたらしい。
 富裕税をたくさん取られ、父は戦犯の指名を受け財産は差し押さえ、預金は封鎖で大変らしい。
 深野柳子も一種の戦災孤児だと同情する春樹。相変わらずロマンチストだと揶揄する修造。柳子は、もっとたくましいらしい。

・柳子の家
 縁側でせきをする柳子。「ほの暗き場所にも師走の風が吹く」俳句を詠み、「吹き上げる」がよい。
 俳句は駄目だと自嘲する。 


574 :419:2007/01/02(火) 16:50:04 ID:qjYU7QCt
第236回A
・長屋の外  修造、春樹、真知子
 酔っぱらいながら自転車に紙芝居の道具を乗せ、仕事に出かける修造。結婚式には間に合うと話している。

 柳子現れる
春樹&真知子、「どうも」とあいさつする。若い人はフルセンテンスでものを言わないので、私のような旧弊な人間には
 分からないと柳子。言葉は大切にした方が良いと説教。「せっかく言霊のさきわう国に生まれたのだから」と柳子。
 春樹は物書きのはしくれだと紹介する修造。「でしたら言葉にはもっと鋭くありたいですわね」と畳みかける柳子。
言葉を省きに省くことで成り立っている芸術もあると柳子。「俳句ですね」と応じる春樹。
 春樹の言葉で、春樹に興味をそそられ、とうとうと話す柳子。
 柳子の自宅で、続きを話そうと誘う柳子。用事で失礼すると春樹。名残惜しそうに立ち去る柳子。
 春樹は柳子に見込まれた、知らないよと言い残して出かける修造。どうするのと言いたげな真知子。

・お寺 住職、柳子
 柳子の俳句を読む住職「ほの暗き場所にも師走の風吹き上げる」ほの暗き場所とは、どこだと問う住職。
 お手洗いだと柳子。ならば、単刀直入に詠めと住職。自分には俳句は分からないと俳句を返す住職。
 仏前結婚式の話題を出す柳子。先ほど二人に会ったと柳子。花婿は美形で、花嫁はタフだと話す。やる気がなくなったと住職。

・悠起枝&謙吾の家  悠起枝、謙吾、春樹、真知子
 結婚と施設の開設を祝って加瀬田家で前祝いをしたことを報告する二人。
 披露宴の後、施設見学をすることをためらう悠起枝。悠起枝&謙吾は施設の職員だから当然だと応じる春樹。
 給料はそこそこだけど、共稼ぎだから近いうちにこのわび住まいは立ち退けると励ます春樹。
 壁際のついたてに気づく春樹。隣の部屋との間の穴ふさぎだと答える悠起枝。ついたてを謙吾がどけると大きな穴。
 隣の部屋から異臭がするという春樹。穴をくぐり隣の部屋に行く春樹&真知子。
 原因は、畳が湿気て腐りかけている。
 春 樹「秋は、隣へきのこ取りにくるといいよ。」
 悠起枝「やめてよ!」 
春 樹「こんな所住む人いるのかな?」
 真知子「ねえ。いたらお気の毒よね。」 つづきはまた明日!

575 :419:2007/01/02(火) 16:52:41 ID:qjYU7QCt
お待たせしてないと思いますが、1/2(火)分、投入しました。
文字ズレはいつもどおりです。ご容赦を。
それにしてもこれをまとめるのは、つらい!!

576 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/02(火) 17:41:54 ID:E+8K/nZb
419様 何時もご苦労さまでし

あんなところに住むのはゴキブリ真知子しかイネーヨ!

577 :419:2007/01/02(火) 19:17:04 ID:qjYU7QCt
>>576
真知子&春樹が多分あそこに住むのではと密かに思っています。(笑)
お化け屋敷の方があの部屋よりはまだよさそうですね。

578 :500:2007/01/02(火) 20:22:03 ID:2f9MmmRV
>>573-574
新年早々忙しい中乙彼様でした。明日は私が引き受けます。
流石に加瀬田の「そこらへんの猫を」発言は自主規制ですね(w
加瀬田キャラの豹変に正直戸惑っている>>500
しかし現在のトンデモ展開、いつまで続くんだろう?

579 :419:2007/01/02(火) 20:36:24 ID:qjYU7QCt
>>578
ありがとうございます。
自主規制したのは、加瀬田さんの発言と住職の単刀直入な俳句です!
もうやめてほしいと思うセリフの連続です。
どうしたらここまで格調をさげてしまえるのか。
泣きたくなりました。

580 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/02(火) 23:59:18 ID:rj4FD3+V
>>570
お願いします。

581 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/03(水) 00:06:00 ID:Ouo0Aa0q
>>578-579
諸事情で見る事ができなかったので、二日間のあらすじはとても助かりました。
自主規制の発言と俳句、教えてもらえませんか?



582 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/03(水) 18:31:23 ID:xZ1tr/MW
>>579
貴方は>>581から、私は>>580から自主規制部分の詳細アップをリクエストされてしまいましたが、
どうされます?
内容的にかなりヤヴァイような気がするんですが・・・

本日分のあらすじは現在書いているところです。
少しお待ちください。

583 :419:2007/01/03(水) 18:50:52 ID:izEdpRFL
>>582
気持ち悪いから書けません。
以後、反応してないのは、スルーだと思ってくださいませ。(懇願)

584 :500:2007/01/03(水) 20:02:00 ID:xZ1tr/MW
>>583
了解です。すみません、空気読めなくて。

585 :419:2007/01/03(水) 20:21:19 ID:izEdpRFL
>>584
ちゃんと意思表示しなかった当方が悪いのです、ごめんなさい!
春樹&真知子の痴話喧嘩をまとめるのは骨が折れますね。
犬も食わないなんとやらを、まとめるのですから…。同情します!

586 :500:2007/01/03(水) 20:28:39 ID:xZ1tr/MW
今日もグダグダな展開、というか、無理矢理感たっぷりの二人の試練でしたね。

2007年1月3日 第237回@
長屋の軒先。真知子、春樹、謙吾、悠起枝の4人。
志摩での仕事を辞めて、暇を持て余している謙吾に、どんぐり学園
(春樹たちがつくった戦災孤児のための施設)がはじまったらすぐに忙しくなる、と春樹。
事務長として働くことになる謙吾もやる気満々。
「どんぶり勘定のどんぶり学園にならないようにしっかりしないと」と軽口を叩く悠起枝。
春樹は謙吾・悠起枝夫妻の長屋の隣にある「氷」の暖簾を見つける。かき氷、焼きそば、お好み焼き
等を出していたダミ背だが儲からなくて夜逃げしたらしい。
「油売ってていいの?結婚式はすぐでしょう」という悠起枝に、
「簡単に着替えるだけだあkら」と真知子・春樹。
悠起枝:一生に一度のことなのに
真知子:私は二度目ですから→ちょっと気まずい雰囲気になる。
春樹が「気にしないよ。姉さんも謙吾さんも二度目。まっさらなのは僕だけ。」と墓穴を掘る。
謙吾が「氷」の暖簾を股間に当てて「褌」とやらかして場をなごませようとするが更に険悪になる。


587 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/03(水) 20:34:36 ID:xZ1tr/MW
2007年1月3日 第237回A
二人になった真知子と春樹。さきほどの「氷」の暖簾を捨てる、捨てないでもめる二人。
真知子:自分は新品じゃないけど、好きでそうなったわけじゃない。「まっさらなのは自分だけ」なんて思いやりに欠ける発言。
もっと優しい人だと思っていた。
春樹:君がそんなに屈折したすね方をする人だとは思わなかった。

くどい言い合いの後、お互いに「まだ結婚したわけではないからじっくり考え直す」と二人は決裂。
実はその一部始終が深野柳子に見られていた。

謙吾・悠起枝の家
先程のやり取りのせいでこの夫婦も喧嘩をしているが、結局悠起枝が唯一の身寄りである春樹を、
真知子に取られてしまうことに対する感傷で気が昂ぶっていた、という結論に落ち着く。

街角で加瀬田が子供相手に紙芝居を読んでいる。

真知子・春樹の実家 信枝が部屋の掃除をしている。
直前までの真知子・春樹のやり取りを知らない信枝は、「女房と畳は新しいほうがいい」
と、ついつい不用意な発言をしてしまう。

真知子:伯母さん、私結婚やめる。

つづく

これまで、「一方が初婚でもう一方が再婚」なんて比にならないような障害を乗り越えてきた二人なのにね。

588 :419:2007/01/03(水) 20:40:56 ID:izEdpRFL
>>586 >>587
お疲れ様でした! うまくまとまってますね。
春樹も真知子も急に子どもっぽくなりましたね。この二人どうなっちゃったんでしょう?
明日は、当方が頑張ります!
500さんは、明日から仕事始めでは? お仕事ファイトです!!


589 :500:2007/01/03(水) 20:50:59 ID:xZ1tr/MW
>>588
まとまった、というより、春樹-真知子、謙吾-悠起枝の痴話げんか部分は思い切り端折りましたからね〜
このままぬるい展開で3ヶ月続くんでしょうね。
本スレにもあったけど、たかだか数時間の間に起こった出来事に3話(多分もっと)も割くくらいなら、昨年末までの
描写をもっと丁寧に、と小一時間(ry

590 :419:2007/01/03(水) 20:57:11 ID:izEdpRFL
>>589
端折って正解だと思います!
「君の名は」は、昨年12月29日が実質的最終回だったと受け止めています。
綾さんの独白で、終わってれば名作だったのに。

591 :500:2007/01/03(水) 22:06:15 ID:xZ1tr/MW
スミマセン!訂正です。
@ 誤:等を出していたダミ背だが儲からなくて夜逃げしたらしい。 →正:等を出していた店だが儲からなくて夜逃げしたらしい。
A 誤:真知子・春樹の実家 信枝が部屋の掃除をしている。→正:真知子・春樹の新居 信枝が部屋の掃除をしている。

正月ボケしてました(恥)

592 :419:2007/01/04(木) 19:36:52 ID:BRmzTn03
1/4(木)第238回@

・春樹&真知子の新居 真知子、信枝
ふとあらぬことを口走ってしまった真知子なのであった。黙々と掃除する信枝

 綾が訪ねてくる。
 真知子が結婚をやめたと綾に報告する信枝。
 春樹が真知子の結婚は、2度目2度目と人を使い古しの雑巾のように表現すると訴える真知子。
 「雑巾だと言ったの?」と綾、「雑巾の方がまだましだ。ぐずぐずくだらないこと言わせんだけまだましだ。」と信枝。
 「雑巾に謝りなさい」と綾。頭をさげて雑巾に謝る真知子。くすくす笑う信枝&綾
 伯母さんが真知子の気持ちを分かってくれると思ったのに意外だったと真知子。心臓がつぶれそうだったと信枝。
 ほかの人が言うならともかく真知子が言うと、「もしかして、ひょっとして?」と思うと信枝。
 綾に同意を求める信枝。綾も同意。
 「私ってそんなにはた迷惑な女かしら?」と真知子。そろって「うん」とうなづく信枝&綾。
 すねる真知子。結婚するのかしないのか、しないなら帰って仕事をすると答えを促す綾。
 「する」と答える真知子。表に車を待たせているから急げと綾。慌てて用意する信枝&真知子
 養護施設で働く若夫婦のために一緒に住んで家事を手助けすることになっている信枝。

・浜口家
 表で風呂敷包みを持ち、時計を気にしながら家の中をうかがう勝則。誰かを待っている様子。
中では、出掛けようとする徳枝と美子が軽い言い合いをしている。
 出掛けるなら早めに言ってもらわないと、お昼の都合があるからと美子。どうせ店屋物だろうと徳枝。
 一人分だとお店の人がいやな顔をすると美子。二人前取ればいいだろうと徳枝。
 では、残りは夕食の時に徳枝に食べてほしい、もったいないからと美子。
 店屋物今日で三日続きだから結構と徳枝。毎日お勝手に立つ者の身になってほしいと美子。
協力を申し出る徳枝。気が小さいから料理してもらったら後片付けしないといけないと思うが、肌が弱いからと美子。
 またすぐ新しいお手伝いがくるんだからと美子。
 徳枝は、お手伝いに口うるさすぎると美子。今時の若い人は嫌いますよと畳みかける美子。
お手伝いが居つかないのを自分のせいにされたまま出掛ける徳枝。



593 :419:2007/01/04(木) 19:39:17 ID:BRmzTn03
第238回A
・浜口家 外  歩きながら話す勝則、徳枝
 美子に叱られていたと勝則に報告する徳枝。お勝手を別にすれば良かったと嘆く。
 台所は一つでいいと美子が折れてくれたのだから、母も譲歩してほしいと勝則。
 良いところのお嬢さんは難しい、家柄としつけは別なのかと愚痴をこぼす徳枝。
 自分の下着を「これ洗っておいて」とお手伝いに放ってよこす、あれではお手伝いが居つかない。
 前の奥さんにお祝い物を届けると知ったら、美子が気を悪くする、内緒にしてくれと徳枝。
 真知子は、良い嫁だったと繰り言をいう徳枝。

・お寺  真知子、綾、信枝、蘭子、千枝子、あさ、こずえ 本間定彦 加瀬田修造、岸枝、和子、謙吾&悠起枝
 足を崩してはいけないと千枝子に厳しい蘭子。自由にしていいと住職。早速足をくずす本間。
 春樹が遅いのを謝る真知子。 おなかが空いたと大きいおなかを抱えたあさ。 年子で二人目らしい。
 トシキは冬休みで、外を元気に走り回っているらしい。
 本間に早く身を固めて子どもを作れとはっぱを掛ける綾。
 あちこちのストリップ劇場の楽屋に入り浸っていると聞いていると本間に話す蘭子。
 本間の仕事が、遊び人というやつだと自称する本間。紙芝居の仕事も本間の口添えだと話す加瀬田修造。
 蘭子のカバンは商売用だろうとつっこむ綾。宝石がたくさん入っているから手放せないと蘭子。
 今日は買わないと牽制する綾に、キャッツアイを売り込もうとする蘭子。
 蘭子は畳の下に壺を隠して札束がっしりと綾。夜な夜な一枚二枚とお札を数えているのは綾だと切り返す蘭子。
 みんなが笑う。
 孤児院に出資したお金いつか増やしてと真知子に頼む蘭子。蘭子をとがめる綾。
 お金のプレッシャーがあった方が人間頑張れる、
 真知子も春樹も人がいいから、しっかりしてほしいという意味だと蘭子。

 それにしても春樹が遅いと加瀬田。外を見てくると綾&真知子。
・ お墓
「駄目だ、結婚なんてとても…。おしまいだよ。」
腰をおろし、ひざに手をやり、がっくり肩を落としうつむく春樹。

つづきは、また明日!

594 :419:2007/01/04(木) 19:44:11 ID:BRmzTn03
雑巾に謝る真知子、今日面白かったのはここだけです。
今日は、年が明けてからは、一番まともだったかも?
あらすじを書くのがつらいなあ。


595 :500:2007/01/04(木) 21:21:28 ID:Kc+2gZ7D
>>592-594
お疲れ様でした。明日は私の方で書きます。
確かに年が明けてからは一番まともな回だったような気がします。
3日連続の下ネタに辟易してたんで尚更。

「雑巾にあやまれ」と言う綾さん、ついつい「綾さん、あんた、ねらー?」
と突っ込みたくなりましたが、本放送当時は2ちゃんねるはありませんでしたよね。


596 :419:2007/01/04(木) 21:26:43 ID:BRmzTn03
>>595
よろしくお願いします!

雑巾ネタって、ねらーの間では有名なネタなんですか?
勉強不足で知りませんでした。
2chの世界も奥が深いですね。

597 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/04(木) 21:36:33 ID:IByvyBe+
>>596
【あやまれ!!】のガイドライン 8回目
http://that3.2ch.net/test/read.cgi/gline/1088980334/

598 :419:2007/01/04(木) 21:46:44 ID:BRmzTn03
>>597
なあるほど、分かりました!
スレを止めてしまった人への非難の言葉が「○○に謝れ!」なんですね。
そう言われないように気をつけます。
教えていただいてありがとうございました!!

599 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/05(金) 14:02:01 ID:6IUHIyiE
2007年1月5日 第239回
お寺。 門前で真知子と綾が春樹を待っている。
「もしかして今朝の喧嘩のせい?」と心配する真知子に「そんな程度のことで結婚取りやめるなんて」
と綾。二人で軽口を叩きながら待っているが春樹は来ない。
お寺の中。待ちくたびれた千枝子は足を崩してしまい蘭子に叱られ、定彦を居眠りをする。

再び門前。徳枝、勝則母子が祝いの酒を届けに来る。
誰かに託して帰るつもりだったが、図らずも真知子に直接渡すことになる。
徳枝:会えてよかったわ
真知子:私もいつかこんな風にお義母様や勝則さんと会えたら、と思っていた。
式かその後の御膳をご一緒に、という綾の誘いを辞退し、「幸せにね」「元気で」と言って
徳枝と勝則は去る。
「(真知子のことを)嫁に出した娘のような気がする。それだけ縁が深かったのかしら」
徳枝は感慨深げ。
真知子も「こうしてみると(徳枝と)素直に向かい合えるのに・・・」
真知子、綾が寺の中に戻ると中から悠起枝が真知子たちを探しに来た。
すると誰もいないはずの鐘楼から鐘の音が聞こえてくる。真知子たちが鐘楼に行くと
春樹が鐘を撞いていた。「あと一回撞くから待って。落ち着いた皆さんの前に顔を出せる」

皆の前に顔を出した春樹が、「蘭子、綾、定彦が出資した施設の開設資金を不動産屋に持ち逃げされた」
と告白。
土地建物の登記簿は不動産屋が改ざんしたもので、正規の所有者がいた。
警察には届けたが行方はまだわからない。
うなだれる春樹、出資者である蘭子、綾、定彦と真知子は放心状態。
住職が「あのお取り込み中ナンですが結婚式の方は?」

つづく


600 :500:2007/01/05(金) 14:11:04 ID:6IUHIyiE
今日は1レスでおさまってしまいました。
それだけ端折れるところが多かったってことなんでしょうね。
本スレにもあったけど、すってんてんになった春樹・真知子夫婦が
あの長屋に住むようになるんでしょうね〜

「金の切れ目が・・・」と言うけど、今後の二人の仲はどうなる?

601 :419:2007/01/05(金) 17:48:39 ID:KQXDpG1Z
>>599
お疲れさまでした!
春樹って、頼りにならない人ですね。
伝次にカムバックしてほしいなあ。

明日は、当方が担当させていただきます!
これで、3週目が無事過ぎようとしてますね。(しみじみ)

602 :500:2007/01/05(金) 20:26:58 ID:6IUHIyiE
>>601
明日はよろしうお願いします。
そういや、はからずも500に続き、キリ番いただいてしまいました。
長屋編(勝手に命名)になったら、「芋たこ」と区別がつかないような展開になるんですかね。

603 :419:2007/01/05(金) 20:41:34 ID:KQXDpG1Z
>>602
言われてみれば、またもやキリ番ですね。
今年は良いことがあるかも知れませんよ!(笑)
本スレも順調に消費されてますし、このコンビいつまで続くやら…。
芋たこは、笑って見てられるけど、長屋編はどうでしょう?
かなりお笑いモードになってきてますが…。

604 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 00:59:24 ID:rTS7ssEP
>>599
綾と真知子の軽口叩くというのは、どのような
会話だったのですか?

>【楽】忍者のタマゴスレ 4の段【乱】 [同人]
>・*++☆LyreSonnet☆++*・ [クラシック]
>EXテレビ [懐かしテレビ]
皆さん色々な板にいかれてるのですね。

605 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 01:08:06 ID:rTS7ssEP
迷ったのですが、書いてみます。

>>570
待っているのですが
>ヒマだから詳細描写
詳細描写がマズイようなら、ぼかしてお願いします。

606 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 01:09:44 ID:rTS7ssEP
本スレで聞くのもはばかれますし、猫俳句各々お願いします。

607 :419:2007/01/06(土) 10:21:28 ID:5h5kh9BC
1/6(土)第240回@

・お寺 控え室
 結婚式はどうするか尋ねる住職。少し時間をくださいと皆に頭をさげる真知子。
 廊下
 うつむき加減の春樹を叱咤激励する真知子。
 「背中を丸めないの。こんな時こそ胸はらなきゃ。しょぼくれてたら、また貧乏神につけこまれるわよ。」
結婚式はどうすると尋ねる春樹。それをこれから話し合うのだとやや怒り気味の真知子。

控え室
 あの辺りの物件にしちゃ安すぎるとちらっと思ったと本間。
 最初に春樹がそう言った時、けしかけたのは定彦だと切り返す綾。
 買う気をあおったのは本間だと同意する蘭子。自分たちだって話に乗っただろうと本間。連帯責任だとまとめる綾。
 お金は戻ってこないだろうかと本間。向こうだって必死だと蘭子。つかまったところで使い果たしているだろうと綾。
 悠起枝たちだって困っているだろう、孤児院で働くつもりでお役所をやめてきたのだろうと綾。
 こずえ&あさも少し出資しているので困っているとのこと。
 佐渡に帰らないといけないのだろうかと困惑する信枝。
 これだけ多くの人を巻き込んで、春樹今頃責任を感じているだろうと加瀬田修造。
 お父さんだって、紙芝居を施設の子どもたちに見せに行くと張り切っていたと和子。同意する岸枝。

 控え室に戻ってくる春樹&真知子
 皆に謝る春樹&真知子。あなたたちの責任じゃないと励ます綾。
 一緒に乗り合わせた船だから沈まばもろともと蘭子。
 綾に促され、「まあ、残念だけどしゃあないな。元気だせ。」と力なく励ます本間
 あさ&こずえも応援していると二人を励ます。加瀬田一家も春樹たちに旗を振っていると激励。
 皆に礼を述べ、お金はなんらかの形でお返しするが、今は混乱・同様激しく何の方策も立っていないと春樹。
 孤児院はあきらめたのかと綾。うつむく春樹。そんなやわな夢だったのかと怒る綾。
 綾は優しくないと蘭子。言い合いになる綾&蘭子。
 施設は再起を期す、しかし今の現実では皆さんの前では言えないと春樹。納得する綾。


608 :419:2007/01/06(土) 10:41:31 ID:5h5kh9BC
   第240回A                                 
 結婚式を促す加瀬田。結婚式をどうするかは、皆さんにお諮りすると話し合ったと春樹&真知子 
新所帯のアパートだって借りたと信枝。今はそんな場合じゃない、家賃だって払えないと真知子。
 式に反対する人なんていない。すれ違いとか延期とかそういうのはなし、勘弁してほしいと綾。 
一同賛成。結婚式へ!                
・本堂                        
 住職の勤行に合わせ、みんなで本を持ち、おつとめする。
 結婚式の言葉を述べる住職。             
                           
 長屋の住人の所へ家賃を取り立てに行く深野柳子。
 住人の返事がないので室内に入ると倒れている。 


609 :419:2007/01/06(土) 10:42:48 ID:5h5kh9BC
    第240回B                                      
・本堂                                       
 住職の前で、誓いの言葉を述べる春樹&真知子。                   
「私たちはただ今より新しい生活の歩みを始めるにあたり、今日までお育てをいただいた方のご恩を忘れず、
みほとけの教えを導きとし、共に力を合わせ励まし合って清らかな家庭を営むことを誓います。
昭和27年12月25日 後宮春樹 真知子」                      
 空襲の夜、数寄屋橋の最初の出会い、結婚式前夜の再会、                  
 伊豆の海に入り死のうとする真知子を必死で止める春樹、北海道の牧場語り合う二人、     
 汽車で東京へ帰る真知子を見送る春樹 病院で意識を取り戻す真知子             
 過去のシーンが回想される。                               
  ↑                                         
 深野柳子、本堂に入り住職の元へ。                            
 「こんなところで何でございますが、お葬式が…。」                     
                 つづきは、また来週!

610 :419:2007/01/06(土) 10:47:08 ID:5h5kh9BC
ずれが生じないよう、原稿の方で、改行マークの位置を右端にそろえ
コピペしてみたら、「本文が長すぎます!」と表示され書き込み出来ないので、
ABと分けて投入しました。(@は改行マークを操作しなかったのですんなりいきました。)
なかなかうまくいきませんね。
とりあえず、第3週も無事終わりほっと一安心です。


611 :419:2007/01/06(土) 11:07:34 ID:5h5kh9BC
>>607 今は混乱・同様激しく何の方策も立っていないと春樹

      動揺の間違いです! 失礼しました。

612 :500:2007/01/06(土) 11:55:09 ID:TkGKa+WV
>>607-611
お疲れ様でした。本来ならシリアスな展開のはずの昨日今日ですが、
やはりぬるく感じますね。
それまでが大変だったせいなんでしょうね。
来週月曜は当方で書きます。正月休み直後の三連休って
休みボケがなかなか抜けませんが、がんばりましょうね。

613 :419:2007/01/06(土) 18:13:41 ID:5h5kh9BC
>>612
よろしくお願いします!
本スレの消費も順調で嬉しい限りです。
来週もお互いファイトです。

614 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/07(日) 18:56:49 ID:MTDUjo88
>>612
では月曜日>>604-606をよろしくお願いします。
月曜日が終わるまで本スレで聞くのは控えますので。

615 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/07(日) 19:05:16 ID:MTDUjo88
>>612
初めにちゃんとお断りしているので、お答えがなくて
本スレで聞いても約束が、などといわないで下さいね。

616 :419:2007/01/07(日) 19:20:34 ID:GqB/wiCh
500さんへ

相談ですが、くれくれさんが暴れ始めたので、あらすじ書くのをやめましょうか?
本スレももう残りわずかだから、これくらいならもうどうなってもいいですもんね。
どう思いますか?
春樹&真知子も無事結婚出来たし、当方は、「君の名は」自体に興味がなくなってるんですけれど…。

617 :419:2007/01/07(日) 19:51:31 ID:GqB/wiCh
500さんへ   part2

ちなみに、これを書いている時点で、本スレは974まで消費されています。
あと26レスなんて、あっという間ですもんね。
誰かが適当に「あ」とか「い」とか「う」とか順番に、1個ずつ投入していくだけでも、
「は」で終わってしまいます。(笑)


618 :500:2007/01/07(日) 20:25:39 ID:X/9LVHTL
>>616-617
確かにクレクレの人は本スレに書くのは控えているみたいですが、
ここやあらすじ2スレでの書き込みも相変わらずですよね。

私も思い切りテンションが下がりました。
>>612で「月曜日分は書く」と申し上げましたが、貴方からの提案に賛同しますので、
一旦撤回し、あらすじを書くのを中止します。
確かにこの先3月まではぬるい展開でしょうしね。

619 :500:2007/01/07(日) 20:29:54 ID:X/9LVHTL
>>615

リクエストの部分ですが、以前「書いてもいい」と申しましたが、
あまりにひどい内容なので控えさせていただきます。
すみません。

620 :419:2007/01/07(日) 20:31:28 ID:GqB/wiCh
>>618
では、後は気楽にドラマを鑑賞することにしましょう!
3週間交互にあらすじを書くのは、大変緊張感がありました。
500さんの信頼を裏切ってはいけないと思うと…。
でも、おかげで本当に楽しい3週間でした!
ありがとうございました!
また、どこかで感想のやり取りを楽しみましょう!!
本当に本当にありがとうございました!!!

621 :500:2007/01/07(日) 20:40:34 ID:X/9LVHTL
>>620
こちらこそありがとうございました。
3週間でしたが、大変な中でも貴方と交替と書くことができて楽しかったです。
「君の名は」への興味が薄れつつあるのは事実ですが、折角ここまできたので
行く末を見ておきたいと思います。

4月からの次作は何なんでしょうね?そのときにでもお会いできればと思います。
ただ、あらすじはもう(ry

622 :419:2007/01/07(日) 20:43:55 ID:GqB/wiCh
>>621
では、こちらも一応行く末は見届けさせていただきます!(笑)
次回作は分かりませんが、またくれくれさんがもれなくついてくるようでしたら、
なつかしドラマスレは遠慮しておきます。(笑)

623 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/07(日) 21:36:10 ID:X/9LVHTL
ずっと朝ドラ再放送(またはあらすじ)スレに寄生してたみたいだからね。
これからはおとなしく見るだけにしときたいと思います。

貴方と交替で3週間あらすじ書いてて、クレクレの人に感謝してほしいなんて
思ってなかったけど、まさか>>614-615で脅迫されるとまでは思いませんでした。

624 :419:2007/01/07(日) 21:43:51 ID:GqB/wiCh
>>623
脅迫したのが完全に裏目に出ましたね。

では、これからは、一視聴者でまいりましょう!
の〜んびりと気楽に。

625 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/07(日) 22:51:59 ID:Yk5AOOg8
>>614-615
あ〜あ、やっちゃったね。
バカだねぇ骨髄ちゃん。自分本意もいいかげんにしなよ。

626 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 06:29:50 ID:ehxCcDFW
こちらに書いていいのか分からないのですが、お二人ともお疲れ様でした。
とても読みやすく、丁寧なあらすじ、毎日放送は見ている者ですが楽しく拝見していました。
また、お二人のお人柄にもとても癒されました。
お疲れ様でした。

627 :419:2007/01/08(月) 21:56:36 ID:dKkcbkA+
>>626
丁寧なねぎらいのお言葉ありがとうございました!
本スレが荒れまくっていた時期だったので、急遽あらすじを投入することになりました。
500さんとの交代制で、あらすじを書くことで結果的に「君の名は 2」正常化に
少しでも貢献出来たとしたら嬉しい限りです。

また、つたないあらすじを読んでいただきありがとうございました。
その上、500さんとのやり取りまでほめていただき感謝に堪えません。
では、これにて失礼いたします。
長々と申し訳ありませんでした。


628 :500:2007/01/08(月) 22:52:42 ID:BQ6Yirsv
>>626
>>627さんと同感です。
このスレに貴方のような方がいらっしゃったことが唯一の救いです。

629 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/10(水) 00:39:26 ID:rA7NpsDz
419のライターが500のライターが書く気でいたのをやめさせるようにもっていったのでしょ?
脅迫というのは物凄い物言いですね。
貴方達ルールで本スレに書かないようにといっているから、
事前にお断りしたのも親切心からですよ。
それを脅迫というのは何と言う言い草でしょう。
そうでなくてもあらすじを聞いてる人はいましたけど。

>>500
あなたは月曜日書くと書いたのだから責任もって果たすべきだったのでは?

630 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/10(水) 01:30:11 ID:nNTraIfl
>>629
よくいうよ!
あんたにとって約束とは「自分が破ることはかまわないが、他人が破ることは許さない」
ということなのか?

631 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/10(水) 04:27:13 ID:3wzyQNv6
続きは、こちらでお願いします。

★ 骨髄ちゃん観察日記3冊目 ★ [電波・お花畑]

632 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/10(水) 13:40:50 ID:nNTraIfl
500も骨髄から「・・・べきだった」なんていわれるのは心外だろうな。

633 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/10(水) 20:17:29 ID:3wzyQNv6
骨髄って、誰からも相手にされない可哀想な人だね。
もう少し人とうまく付き合う技術を磨くべきだね。

634 :500:2007/01/10(水) 21:45:16 ID:V5hTLk8T
>>629
500です。
もうこのスレに書き込むつもりはなかったのですが、貴方の発言が腹に据えかねたのと、
419さんの名誉を守るためにも2点ほど言わせていただきます。
長くなりますが予めご了承ください。

@ 貴方の>>614-615の書き込みについて。

とても「親切心から」書いたとは思えません。
「(猫俳句、1月1日の尾篭な話の詳細を)月曜日までに書いてください。
月曜日までに書かないと本スレでリクエストします。あらかじめここで宣言しているので
約束を破ったことにはならない。」と貴方が言っているように私は解釈しました。
脅迫と言うのは大袈裟な言い方かもしれませんが、「書かないと本スレに降臨する」と
言うのは、貴方に本スレに来てほしくない人たち(私を含む)への脅しと解釈しましたが。
尚、1月1日の尾篭な話の詳細について私は「書いてもいい」とは申しましたが、
「書く」と宣言したわけではありません。内容的に書くのが憚られたのでやめた次第です。
しかし貴方も、何故そこまで固執されるのでしょうか。
貴方はスカトロマニアなのですか?

A 月曜日(1月8日)のあらすじについて
貴方から「責任云々」と糾弾される筋合いはありません。
419さんにやめさせられたわけでもありませんので、419さんを責めないでいただきたい。
我々はあくまでボランティアで書いてきたのであり、あらすじを書く義務も責任も負っていません。
ただ、1月8日分については私が一度は「書く」と言ったわけですから、
貴方が>>629の発言を撤回し、419さんと私にこのスレで謝罪するのであれば書きますが如何でしょう?



635 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/10(水) 22:47:48 ID:xJ8Kh0sa
>>634
な、腹たつだろ。
こいつ(くれくれ骨髄)はあすかのころからこんななんだ。
自分は悪くない、スレが荒れたのもいろいろ教えてくれた親切な人たちがいなくなったのも
人のせいにして、偉そうにスレをしきろうとするんだ。
こんなだから皆にきらわれているのに、スレ住人は自分の味方だと思い込んでるんだ。
もう相手しないほうがいいよ。

636 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/11(木) 01:28:17 ID:bE/1emnp
この後、ID○○とID○○は、同一人物とか、骨髄認定荒らしとか
おなじみのパターンになると見た!

素晴らしい解析力の持ち主ですから…。

自分の非を認められない人物に成長はないね。
自分お得意の論理から脱却出来ないで、同じパターンの論理を繰り返す人にも。

637 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/11(木) 02:24:03 ID:bE/1emnp
このクレクレおばさんを、アクセス規制出来ると一番良いのだが…。

連投スマソ!

638 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/11(木) 16:03:35 ID:96beV1hz
419が書こうとしていた人を遮った形になったのは嘘ではないでしょう?
あすかスレから大暴れしていたというのはID:xJ8Kh0saでしょう。
あすかスレであそこまで書かれるというのはそのことでスレがおかしくなったからだと思います。


396 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)