5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ストUの思い出

1 :マルシム:2006/07/21(金) 12:35:14
・『ストII』(すとつー)

1991年にアーケードゲームとして登場し、
爆発的ヒットを記録した対戦型格闘ゲーム。

・れきし

ストリートファイターII -The World Warrior-(1991年)
第一作ということでゲームバランスが甘く、キャラの相性が極端であったり、ガード状態から投げることも出来たり、
小技がピヨり状態になるまで連続して入り続けたりした。
ストリートファイターII'(ダッシュ) -CHAMPION EDITION-(1992年)
四天王がプレイヤーキャラクターとして使用可能になり、
同キャラクター対戦も可能になった。四天王のアニメパターンの増加に伴いボーナスステージ(樽壊し)の機械や
サガットステージの椰子の木のグラフィックがカットされる。5作中最もバランスが良いというファンもいるが、
あいかわらずやりやすいハメが健在。また、お互いが別々の筐体同士で戦う「対戦台」が普及したのもこの作品から。
ストリートファイターII' TURBO(ダッシュターボ) -HYPER FIGHTING-(1992年)
後述の海賊版を一掃するために作られたバージョンと言われている。一部キャラクターに必殺技を追加、
キャラクター間のバランスが調整され、ゲーム全体のスピードが高速化された。
なお、この作品のみ2Pカラーがデフォルトとなって
いる。
スーパーストリートファイターII -The New Challengers-(1993年)
新キャラクターが4人登場(サンダー・ホーク、フェイロン、キャミィ、ディージェイ)。
このゲームからシステム基板にCPS-2(Capcom Play System 2)を採用し、
それに合わせグラフィック・サウンドなども改めて作り直されており、BGMは1〜2ラウンド間は止まらずに通しで流れるように
なった。ゲームスピードは『ダッシュ』の頃のように低速に戻った。また、専用の基板を4枚接続し設定を行うことで、
CPUを含めて8人でのトーナメント戦を行うこともできたが、席移動をしなければいけなかったり、最高でも3回戦っただけで
ゲームオーバーになってしまう等の理由でほとんど普及しなかった。
スーパーストリートファイターII X -Grand Master Challenge-(1994年)

2 :日本昔名無し:2006/07/22(土) 01:00:47
2

3 :日本昔名無し:2006/07/22(土) 01:25:25
今でもXやってる
もう12年経ったのか・・・

3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)