5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

あやまれる時にあやまっとこう…

1 :日本昔名無し:2006/03/01(水) 07:19:38
10年経った今頃だけど、あやまらせてください。

幼い頃からやんちゃで、いつも近所の男の子たちと野球や
サッカーをして遊んでた。
そんな私に最初に 野球 を教えてくれたのは父だった。
母親や親戚は、「もっと女の子らしくしたら?」って言ってたけど、
父は自分も草野球チームに所属していたということもあって、
私が一緒にキャッチボールできることが嬉しかったんだと思う。
「女らしく」なんて言葉、一度も言わなかった。
私もそんな父が大好きだった。

私が小学校4年の時、一緒に住んでいた祖母が亡くなった。
その頃父は単身赴任していたので、祖母の葬儀に出席するため
急遽こちらにやって来た。
しかし父は葬儀の間中、「具合が悪い。」と言って横になっていた。
まだ幼かった私は、その状況を理解できていなかった。

翌年、父は3年間の単身赴任が終了し、再び家族と一緒に
暮らせるようになった。
嬉しさの反面、思春期だった私は突然帰ってきた父とどう接したら
よいのか分からず、戸惑っていた。

2 :日本昔名無し:2006/03/01(水) 07:21:19
中学入学のとき、
相変わらず野球が好きだった私は、迷わずソフト部に入部した。
それを1番喜んだのは、父だった。
けどその時の私は軽い反抗期で、昔のように父とキャッチボールを
するような仲ではなかった。
そんな中、父は自分が昔から愛用していたグローブを私にくれた。
うれしかった。
けどそれさえも、素直に言葉にできなかった。
父の病気は着実に進行していたのに。

その年の夏、父が「今度の○○の試合、父さん応援に行くからな。」
って言ってくれた。
なのに反抗期だった私は、「絶対観にこんで!!」と言って拒絶した。
父は怒った。
「なんでお前が頑張ってるところ観にいったらいかんのか!」って。
それでも私は頑なに拒み続けた。野球を教えてくれたのは他でもない父なのに。
そして父は応援には来なかった。

そしてその年の11月、父は大腸癌で亡くなった。

ごめんね父さん、もっと話いっぱい聞いてあげればよかった。
ごめんね父さん、照れずにちゃんと父さんのこと見てればよかった。
ごめんね父さん、あの日の試合、やっぱり観に来て貰えばよかった。
あの日、ホームラン打ったんだよ。

父さんからもらったグローブ、今でも大事にしまってあるからね。
ごめんね、父さん。
ありがとう。

やばい、思い出しながら書いてたら異常に長くなった(-□-;
でもみんなもあんときあやまっとけばってこと、ないですか?

3 :日本昔名無し:2006/03/01(水) 07:44:24
隠れていたのに僕からの携帯が鳴ったから借金取りに見付かったって友達にごめんなさいm(;_;)m
マグロ漁頑張ってね

4 :日本昔名無し:2006/03/01(水) 09:43:57
山口さん、あの夜道で裁ちバサミでバッサリ(ry

5 :1 ◆7YW6txupJQ :2006/03/01(水) 12:27:54
テスト

6 :日本昔名無し:2006/03/03(金) 01:27:31
>>1
大丈夫!父上にはその気持ちしっかり通じているぞ!

7 :日本昔名無し:2006/03/03(金) 09:38:48

  _、_
( ,_ノ` ) 正直すまんかった。 今も反省してない


3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)