5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

零 式 艦 上 戦 闘 機 【其ノ参】

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 01:39:31
前スレ
http://bubble4.2ch.net/test/read.cgi/cafe40/1150120911/l50

前々スレ
http://bubble4.2ch.net/test/read.cgi/cafe40/1141399249/l50


2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 03:16:57
>1 乙!

2ゲット! かな?

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 08:04:38
スレ立てTHX!

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 09:16:16
4番目だから、4号戦車について語る。
うーんと、最近F-2型というのは実は存在せず、これらは
すべてG型の初期型ということになってるらしいんだが、
これ、決定なのかな?
それとも、再調査とか進んでるんだろうか?

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 09:28:47
4なら4式戦のことを語るべきだろ
戦後米軍の評価が高かったのはあくまでも勝者側の余裕の発言だから
そんな事も理解できずに単純に喜ぶ馬鹿はさすがにこのスレにはいないと思うが

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 09:53:04
工場でエンジンを作ってた父ちゃんと開発に関わっていたらしい数学教師のためにも単純に喜びたいのだが。

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 09:54:35
「おー、サルの癖にやるじゃん」みたいなね

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 10:41:51
失礼なただの猿じゃなく黄色いサルじゃ。


9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 14:54:53
>>5
鹵獲機の性能評価試験の結果は、総合戦闘力は全ての連合軍戦闘機より上
だったか。しかし、これはあくまでも恵まれた米軍の運用条件で試験した
結果だから、日本軍の運用条件では互角に戦うのも難しかったのを忘れては
なるまい。当然、米軍もその辺は理解してたはず。

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 15:24:35
だからそれが勝者の余裕だっての。
戦闘能力っていっても戦術や戦況によって(求められるそれが)変わるわけだし。
例えてで言えば、ターボチャージャーも与圧室も無い戦闘機が高高度戦闘能力があるハズ無かろう。
当時の日本軍戦闘機に求められていたもの(対B29迎撃、対P51・P47迎撃)を考慮すれば
何が4式戦に必要であったかは自明の理のはず。
ついでに言えば戦闘機にとって重要なファクターである最高速度もP51には勝てていない
また高度10000mまでの上昇時間も4式戦が傑出しているわけではない

あくまでも制空権がイーブンでの低・中高度格闘戦に於いて優秀であったであろう。って事だけで
全ての連合軍戦闘機より上。などと言う評価を鵜呑みにするのはどうかな。

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 17:55:31
F11タイガー
こんなの買わされなくて良かったね。

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 18:47:50
日本みたいな狭い国土には、ハリアーがいいなんて思うけれど、仕入れたって使い道がないわなあ。

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 20:33:17
垂直離発着は燃料馬鹿食い、搭載量は最低、行動時間分単位
アスファルトは溶解、コンクリートはヒビ割れ
土の上では巻き上げた粉塵で墜落。
工兵がブルと鉄板持って上陸出来る国で無いと使えません

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 22:29:42
結局、F2はどうなるんだろうか?
調達数をまた削減されたようだし。


15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 23:23:33
F2は数を増やさない方がいいだろう。所詮70年代設計のF16の
マイナーチェンジだから実用機としての寿命もそう長くはあるまい。
新設計にしたかったのに、アメリカの横槍でF16の小改造で済ます案で
妥協せねばならなかったのは開発者たちには辛かっただろう。

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 23:58:23
>>15
それよりも米国のソースコードを得られた方が遙かに大きい。
いくら自前の設計であっても、実戦経験の無い設計では無理が多すぎた。
実践で鍛え抜かれたソフトウエアが何よりも欲しかったのが事実で、
名を捨て実を取ったのが制服組の本音だろう。

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/29(金) 19:55:59
F14、15、16とすべて70年代設計なんだから、そんなに馬鹿にしたもんでもないよ。
ハリアーもほぼ同時期だったかな。
F16が試作された頃に、あのエアインテークでは地上(艦上)作業員が吸い込まれる危険があるなんて、言われていたもんだ。
当時の『航空ファン』の記事から得た情報だけどね。

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/29(金) 20:17:39
>>17
将来的にはF-35 JSFを導入する事になるだろうから、F-2は高いし、あ
んまり多く導入しても無駄になりそう。
1970年代の設計では全くステルス性も考慮されていないし。
(といいながらも米海軍と米海兵隊にあと数十年は使われるだろうFA-18Eも1970年代の設計なんだけどね。)

ところでJSFはJoint Strike Fighterの略なんだが、何かJSDF(Japan Self
Defense Force=自衛隊)に似ているね。



19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/29(金) 22:30:58
日本の場合、立場上、迎撃が主たる役目になるだろうから、ステルス性はあまり考慮しなくてもよいだろう(まったく必要ないとはいわないよ)。
スクランブルでの瞬発力が最優先されるべきだとは思う。思うだけなんで実際的な運営に関しては、よくわかんない。
ただ思うのはF16ベースの単発機よりもF15系の双発の方がいいかなってことだ。
燃費なんてどうでもいい。かつての零戦みたいに、そんなに遠くへ行く必要ないから。

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/29(金) 22:42:46
F1をベースにしたCCV機は、かなりの高性能だったそうだが
米軍の横槍で頓挫したそうだな
実現はしなかったが「ゴジラ(1984年版)」では、勇姿を披露していたな(速攻で墜とされたけど)

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 13:17:42
迎撃が主目的だからこそ、ステルス性が大切な感じもする。
F-22ラプターと模擬戦をやったF-15のパイロットは、ドッグファイトに
なっていて目で見えていても何と!レーダーにF-22は写らないそうだ。
目で見えているのにレーダーに感は無い。怖ろしい経験だったろうね。
「目に見えないボクサーにタコ殴りされている様だった」

あと何と!5機編隊のF-15と1機のラプターで模擬戦では3機撃墜され
たそうだ。
矢張り現代でステルス性は極めて大切。

ただF-22の場合、アフターバーナーを使わないで超音速巡航が出来るが
この性能は侵攻戦を行う気がない日本には無駄ではある。


22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 13:41:36
目視できるのにレーダーは感知しないって
バーディコみたいな感覚に陥るだろうな
ある意味、現代のグレムリンみたいな

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 13:49:32
>>22
間違った。
実はF-22と格闘戦をしたら3分で5機編隊のF-15を全機撃墜だった。
F-22は怖ろしい(逆に言えば頼もしい)戦闘機だな。

F-4とF-15の模擬戦でもそんなに差があったんだろうか。


24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 14:25:09
Wikiから丸写しw

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 14:26:57
軍ヲタなんぞ所詮どこかの記事の聞きかじりしかない

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 14:41:19
F15とF22がほぼ同じ大きさだというのもミソ。

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 14:45:04
ドッグファイトでは、彼我にかかわり無く「大きいもの」に注意が向いてしまう。
F16改とやったらどうなるだろう?


28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 14:47:08
零式艦上戦闘機をガラクタにしたのは、佐官クラスの馬鹿パイロット。

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 15:00:52
中国 最新国産戦闘機を配備

 中国軍が、極秘に開発を進めてきた、攻撃力が高い最新の国産戦闘機を実戦配備した
ことが明らかになり、台湾海峡などで制空権の確保を目指す狙いがあるものとみられて
います。

 これは、中国国営の新華社通信などが29日伝えたものです。それによりますと、中国軍
は、極秘に開発を進めてきた最新の国産戦闘機J10を実戦配備したということです。新華社
通信は、J10戦闘機がはるか上空からでも、また低空飛行しながらでも目標物を正確に
攻撃できるとして、その性能の高さを紹介しました。
 また国営テレビは、J10戦闘機が空中給油機から燃料の補給を受けている映像を放送し、
中国軍が行動範囲の拡大を目指していることを印象づけました。J10戦闘機がどの地域に
何機配備されたのかについては明らかにしていませんが、香港のメディアは、台湾海峡に
臨む南京軍区に配備されたと伝えており、台湾海峡で制空権の確保を目指す狙いがある
ものとみられています。
 中国は、29日発表した国防白書の中でも台湾の独立を決して許さず、空軍の攻撃力強化
を加速させると明記しています。これに対して、アメリカ軍は、中国の急速な軍備増強を警戒
して、最新のF22ステルス戦闘機のグアムへの配備や台湾へのF16戦闘機の売却などを
検討しています。

NHK 12月30日 7時4分
http://www.nhk.or.jp/news/2006/12/30/k20061230000015.html

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 15:03:53
>>23
初期のF15はエンジンに問題があり、出力が上がらないことや
アフターバーナーを使うと破損事故が起きたりした。このため、F4との
模擬戦をやったら負けていたらしく、米軍上層部はかなり焦ったらしい。
このため、導入を決めた直後の日本でも大問題になり、次期主力戦闘機を
F14に変更する意見もあったらしい。

結局エンジン変更で事態は解決したが、その頃にはF4は退役しており
比較対照は新型のF16やF18になっていたようだ。

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 16:47:54
>>29
http://www.warchina.com/newimg/j10-you.jpg

これですね。
正直・・・微妙・・・

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 16:57:47
>>31
画像みるとグレペリンみたいな前翼機ですね。エンジンは単発でしょうか。
中国単独で戦闘機を開発できるまで技術的蓄積があるとは驚異ですね。

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 17:02:06
J−10
http://www.avions-militaires.net/images/photos/j10.jpg

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 17:10:53
もうちょっと詳しい解説あった。
イスラエルの技術供与らしいから、実用性は確認済み、かな。
ただ、一世代前の機体って雰囲気は否めないけど。
M2って、ほんとかよ…

http://www.weblio.jp/content/%E6%AE%B2%E6%92%8310

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 18:37:25
零戦のプラモデルでも買って暇な正月の楽しみにすっか。
明日はプラモ屋あいているだろうか?

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 18:39:31
>>35
買うのなら是非!タミヤの1/32の零戦21型を買うと良いよ。
車止めは付いているし、脚はショックアブソーバーが内蔵されている。
当然、全面リベット表現で、繊細な出来。

模型史上最高の飛行機模型じゃなかろうか。


37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 18:44:24
1/32なんぞ買った日には正月休みだけじゃ足らなくなるから止めとけ

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 18:52:03
F15とF16のエンジンは同じ物。
F14は重過ぎてF4仕様の航自の施設が使えなくて没。
空戦性能は可変翼のF14の方が優れていた。

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 19:02:56
>>37
ハセガワの1/48零戦も作りやすいが、タミヤの1/32は同じように作り
易い。
面倒なのは塗装だけ(スケールが大きい分、塗装面が増えるので)だと思
う。

>>38
ただ、F-14の場合はドッグファイトに入る時、後退角を変える事で敵に
これから速度を変えるのだな、とはっきり分かってしまうという弱点が
あったそうだ。



40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 19:16:59
せっかくのおすすめではございますが、1/72にしておきます。

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 19:31:08
(´・ω・`)それがよかろう。やがな。無改造でも塗装真剣にやれば1週間かかるがな(それでもゼロは迷彩タイプが殆どないからマシやがな)

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 19:31:41
みんなが苦手なキャノピー塗装も1/32なら
多分楽?
俺だけ

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 19:32:28
21型が明灰白色1色で簡単なので、それにします。

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 19:33:30
コクピットの色で揉めたがな

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 19:35:06
青竹色でしたっけ?メタリックの。

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 19:39:39
そうそう。青竹色とは何ぞやってな。そいえば飴色でも揉めてたな

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 19:50:58
青竹色は諸説があって、よくわからんらしいな。

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 19:58:17
青竹色は極限まで軽量化の為、アルマイト処理の素地のまま
塗装無しでメタリックブルー
鉄板は無いと思うが、ジンクプライマー塗りっ放しなら透ける黄緑

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 23:48:43
鉄板だろうね。極薄の。
今でもごくまれに鉄板の青系統のメタリックって機械制御系に使われている色だから、あれは伝統なんだろな。

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/31(日) 00:05:29
タミヤの1/32零戦は凄いね。
発売直前に金型を全部廃棄してしまって
作りなおし。

一年くらい発売が遅れたかな。


51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/31(日) 01:43:48
>>38
F14の方がF15より空戦性能が良いという話を時々見かけるが、実際にはF14
は出力重量比が1以上なので垂直上昇ができないことなど、エンジン出力に
起因する理由で、ドッグファイトをやればF15が圧倒的に有利。
F14がF15より優れている点は電子戦能力で、240km離れた24の標的を同時に
探知し、その内6の標的を同時に攻撃することが可能である。F15にはこの
能力はない。

F14とF15の性格の違いは、F14は艦隊防衛用、F15は制空戦闘用に開発
されたことに起因する。F14は派手なドッグファイトを想定していないので
開発当初から出力不足が明らかだったエンジンでも優位な戦闘が行える
との判断がなされた。採用から30年が経過し、F14は当初想定された状況下
での戦闘が今後も起きる可能性は低いと判断され、その運用コストの高さ
から近い内に退役する見込みであるが、F15は当分主力戦闘機の座を保つ
のが確実である。

日本で次期主力戦闘機の選定時に共に候補に挙がったF14とF15だが、
最終的には日本で想定される戦闘状況にはF15の方が向いていると判断
されたことと、F14の運用コストの高さが決め手となってF15に決まったと
言われている。アメリカの政策としてもF14はできるだけ国外には売らない
方針だったことも影響しただろう。

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/31(日) 01:56:52
>>51
イランのパーレビ国王がF14とF15のドッグファイトを演じさせ,
勝者のF14をイランの主力戦闘機に採用したのは有名な話。

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/31(日) 02:57:26
>>52
初期の頃、F15はエンジントラブルが多発し、当初予定した出力が出ない
ことが多く、模擬戦でF4に負けることも多かった(日本ではこの事実
を重く見て、一度F15に決まった次期主力戦闘機の機種をF14に再考しては
どうかという意見も出た)。そのためF15は早期にエンジン換装を行い
性能向上を図ったが、F14は事実上一度もエンジン換装を行っていないため
現在はF15の方が空戦性能は上とみられている。


54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/31(日) 17:29:12
F22
買えたとしても1機百数十億ですか。
戦争でも起こらないとホント宝の持ち腐れだよな・・・チョット不謹慎な発言ですみません。

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/31(日) 17:36:22
戦争する気をなくさせる為に配備するんだからいいの

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/31(日) 18:12:19
抑止力といえば核武装でしょう。それっきゃない。

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/31(日) 18:18:00
アメリカが核ミサイル50本ぐらい売ってくれないかな

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/31(日) 18:37:51
北朝鮮に安く製造させるという手もある。

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/31(日) 18:49:30
品質が極めて不安な物ができそうだな。
それだけは嫌だ。

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/31(日) 20:19:56
日本には在日米軍基地に核があるのは常識。
起爆装置を外しているから核兵器ではないとの論理。


61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/31(日) 20:57:53
核装備するなら原潜がいるね

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/31(日) 21:01:04
さすが単細胞軍ヲタ。おまえら自衛隊に入ってイラクで苦労してこいやw

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/31(日) 21:04:31
誰も怪我ひとつしない自衛隊って、イラクで苦労してるの?

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/31(日) 21:06:48
自衛隊はイジメで苦労する方が多いらしい。自殺率高いしね。
その辺旧日本軍の伝統を立派に引き継いでいますね

65 : 【大吉】 【176円】 :2007/01/01(月) 11:45:07
明けましておめでとうございます。
今年も来るべき開戦にむけて大いに語り合いましょう。

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/01(月) 14:26:24
>>61
核武装なら大陸弾道弾ミサイルでしょ?


67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/01(月) 14:34:03
日本は既に巡航ミサイルを保有しているそうだ。
その機能拡張と射程距離延伸が一番早くて安上がりらしい。

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/01(月) 18:35:37
>>62
40も過ぎてしまえば自衛隊もやとってくれないよう。

湾岸戦争以来、自衛隊の海外派兵が始まるたびに、自衛官の親どもが「うちの子をそんな危ない場所へはいかせない」と言って除隊させる事態がけっこうあったそうだ。
イラク行ってまで誰も怪我なんかしたくないよなあ。させたくもないし。大笑い。

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/01(月) 22:22:49
F14と15の決定的な差は、実は翼ではなく、エアインテイクの構造にある。
直管の14に対して、15は中央に絞る形に曲がっている。
これが吸気ストールの原因となり、エンジンのパワーをスペック通り使い切れない
原因となっている。

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/02(火) 06:13:01
>>69
複座と単座の違いじゃないの?

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/02(火) 16:14:59
>>55
その通り。
北朝鮮相手には勿体ないが、中国相手には十分に睨みを利かせられる。


72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/02(火) 16:26:20
となると、対潜哨戒機だな 戦闘機より高価だなw

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/03(水) 01:49:34
>>67
巡航ミサイルは打ち落とされちゃうよ

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/03(水) 23:00:07
じゃ、高高度の超音速爆撃機

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/03(水) 23:02:07
だんだん話がややこしくなる。
素直にH2ロケットに核弾頭でいいんじゃなかろうか。

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/03(水) 23:02:11
>>73
北やその最大の支援国に対しては、超音速巡航ミサイルなら特に問題ない
と思うが。奴らにはそんな物に対する迎撃能力は当分ないはずだ。

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/03(水) 23:12:31
だんだん話がややこしくなる。
素直に在日米軍に任せておくことでいいんじゃないだろうか。

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/03(水) 23:21:13
>>77
そう一刀両断に結論を導かれてしまうと、話を楽しむことができなくなるじゃないw

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/03(水) 23:46:45
いや、そもそも現用のミニタリーの話は、ちょいとはずれ気味だと思うんだがな。

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/04(木) 00:23:41
俺も「零戦のスレで何でこんな話題を?」と思ったものだが、
慣れてしまえば、それもまた楽しで参加してます。

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/04(木) 00:47:37
>>70
ストライクイーグルは複座。

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/04(木) 00:50:03
北朝鮮が恐れるのは、アメリカの核ミサイルばかりではない。
三沢のF16は、戦術核攻撃能力を持っている。

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/04(木) 00:59:53
>>81
F15に単座と複座の両方があるとは、はじめて知ったよ。

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/04(木) 02:22:14
F18にも複座型があったはず。F16の複座型は訓練用だけだったか?


85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/04(木) 12:23:59
F18の人気がないのはカッコ悪いからかな

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/04(木) 12:34:25
F2よりは好きだぞ、ホーネット
爆弾満載で複座のE型は激萌

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/04(木) 13:07:14
わたしはイントルーダーが好きだ。

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/04(木) 13:17:06
二時の方角より敵機来襲、敵機来襲、グラマン五機!! 全機とも戦闘体制に入れ!!

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/04(木) 20:01:42
そのグラマンがF14だったら、二時の方向に見つけたときにはもう全機死んでるね。

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/04(木) 22:34:39
>>85
YF17の頃から色々と改良を加え今のFA18になったからねえ。
言ってしまうと増築増築を続けたビルみたいな醜さがあるかも。


91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/04(木) 22:56:47
日本が大陸で足を取られていなければ、今頃どんな戦闘機を作って
いただろうか。日米間の開発競争になっていたら、米ソ以上に
開発ペースが上がっていただろう。

宇宙開発競争でも、日本は20世紀中に神風ロケットで
火星有人着陸一番乗りを達成し、文字通り軍神になり、
美談になっていると思われる。



92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/04(木) 23:09:36
普通に経済発展しても、米国には国力でかなわないからねえ。
イギリスと、昭和40年ころには国力が並んでるかもしれないけど、しかし、そのころ既に
米国には全く追いつけないことがはっきりしているんじゃないだろうか?

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/04(木) 23:16:51
>>91
零戦も中国戦線で96陸攻の単独行では余りに被害が大きすぎたので、
陸攻の援護が出来るようにと96艦戦より遙かに大きな航続距離の戦闘機
という事で生まれた機体。

元々第二次世界大戦前まではエンジンと機関銃とプロペラいう基幹的な
部分を開発する力は日本には無かった。
だから物真似ばかり。

ま、なんだかんだ言って日本は第二次世界大戦で手酷く敗北したから、
戦後は軍事などにカマかけずに民生用に力を降り注いだ結果、今の技術
力と経済力があると言っていいと思う。


94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/04(木) 23:25:47
北朝鮮のような軍事一色のへんてこな国になってた気がする

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/04(木) 23:48:35
大陸はソ連に押さえられて、太平洋の最前線基地にしたい米国
他国の軍隊が代理で戦争、現地人は蹂躙、奴隷
都市爆撃、原爆以上の悲惨な光景に。


96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/05(金) 00:49:37
>>93
その民生用工業製品の開発技術者の多くが軍工廠から流れた人たちだった
ことをお忘れなきように。戦後の日本の工業技術発展には敗戦まで軍工廠
他の軍需工場で働いていた技術者の蓄積があったからこそ可能になった。
元々何もなかったら、敗戦からあんな短期間でこれだけの発展はなかった
はずだ。

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/05(金) 05:13:04
厨房みたいで申し訳無いが
人民解放軍のsu-27と自衛隊のF−15
空戦に成った場合どちらが勝つか教えて?

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/05(金) 06:12:17
まあとりあえず、南京大虐殺は嘘だったを張っておきますね。
http://www.history.gr.jp/~nanking/



99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/05(金) 07:56:37
日米が戦ってなければ、今も大艦巨砲主義で、アメリカは
60センチ砲9門搭載の原子力戦艦を20隻保有。
第2次ワシントン条約で、日本は戦艦12隻(うち原子力6隻)
原子力空母6隻に制限。
搭載されている艦載機は、66式艦上戦闘機と63式艦上攻撃機。
デザインは松本零士が描くようなやつ。


100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/05(金) 10:03:00
ある種の絵空事戦記の読みすぎのような気もする。

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/05(金) 10:34:01
もしも戦記は気分がいいからね

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/05(金) 11:15:51
人それぞれで好きな人にはいいかもしれないが、自分にはあまりのご都合主義の脳天気さについてゆけなかったよ。
紺碧のなんとかってのを1冊読んだだけで、なかったことにした。

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/05(金) 11:20:26
国粋主義者なんてそんなもの
そのご都合主義が対米戦争に繋がった

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/05(金) 11:26:32
架空戦記は、玉石混交だよ。
この手の話の元祖である、高木彬光の「連合艦隊ついに勝つ」なんか、
日本軍は史実より奮戦するけど、結局対日戦のスケジュールはほとんど
変わらず日本の敗北に向かう話しだし。

紺碧は、ありゃあ架空戦記の代表みたいに言われてるが、実際はファンタ
ジーに分類すべきものだしな…。

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/05(金) 11:34:01
所詮負けた側の悔し紛れの妄想。

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/05(金) 11:38:47
それはたしかにそうなんで、だから読んでいて不快感を感じちゃうんだよね。

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/05(金) 12:54:45
読んでから結論出せって。
負け惜しみばっかりじゃねえ作品もあると気づくから。

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/05(金) 12:58:39
だったら読んでみるから、それだけの価値がある作品を紹介してよ。

109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/05(金) 13:03:40
一時期流行ったね、ホームレス作家の人も妄想戦記書いててブームが去り仕事がなくなりホームレスになったんだって

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/05(金) 13:07:09
架空戦記を真剣に読む人って何を求めて読んでいるんだろうか

111 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/05(金) 13:14:40
持てない男がエロ小説で発散しているようなものか。

112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/05(金) 13:16:25
お、いい例えかも

113 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/05(金) 18:15:06
巨人の星やカムイ外伝にしても荒唐無稽な話ではあるが、
とてもリアルに感じられる。架空戦記も読者をうならせるほど
リアルな設定ができていれば、評価できると思う。
航空機の開発が禁じられていなかったら、日本は今頃
どんな戦闘機をつくっていただろうか?と考えるのはおもしろいし
リアリティーのある設定を構築できたらすばらしいと思うよ。

太平洋戦争の研究―こうすれば日本は勝っていた
http://www.amazon.co.jp/dp/4569625363

こういうのはマスターベーションの架空戦記ではない。


114 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/05(金) 18:24:17
荒唐無稽な物語っていうのは別段かまわないと思うんですよ。
架空戦記ってのは、日本の敗戦は歴史的事実なのに、それをご都合主義で適当に扱うから馬鹿にされるわけで。
架空戦記の中でどんなに優秀な戦闘機を登場させても、戦前戦中の日本の技術ではエンジン開発の未熟さやトラブル続きだったことなど、ちょっと実際の戦記を読んだ者なら誰でも知っている問題がスルーされているってのが阿呆らしいんです。

ご紹介の本は、まじめな議論の本らしいけど、それにしても日本の敗戦は紛れもない事実なので、読んでもいらいらするだけのような気がする(読んでないので断定しませんが)。
競馬でも「たられば言うな」って名言があります。

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/05(金) 19:17:55
架空戦記の話は良いから、本題のセンチュリーシリーズに戻ろう。

116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/05(金) 19:20:01
センチュリーシリーズって何だっけ?

117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/05(金) 19:21:30
WW2以降のジェット戦闘機の話なら別スレ立ててやってくれ

118 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/05(金) 20:11:01
ふと思い出して今のガラクタ保管棚を探してみたら、作りかけの零戦21型(ハセガワ1/72)が出てきた。
10年以上前に買った物だ。

これをいじくってしばらく遊ぼうかと思ったら、主翼の下側パーツは反ってしまっているし(これは何とかなるか)、デカールがなくなってる(これは困った)。
でも、こいつがあるなら近くにFw190やHe111にモスキートも埋もれているはずなんで、探してみよ。

119 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/05(金) 20:45:24
デカールは自作か塗りで。He111とは渋いところを持ってきたねぇ。もう2箱買ってZ-1作っていただきたい

120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/05(金) 20:56:22
アメリカは墜落したUFOの技術を持ってるから日本は勝てないよ

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/05(金) 23:40:02
中学の頃、別のクラスのヤツ(それまで口きいたこともなかった)と、
フトしたキッカケで互いに模型好きと判り、しばらく盛りあがった。
確か、レベル1/32のスツーカが出た時、作ったかと聞くと作ったという。
「あの胴体横のデカイ蛇、デカールの余白が大変だっただろ?」
「なぁんだお前、デカールなんか使ってるの?」
驚いたことにヤツは全て手書きでマーキング、おっそろしく器用な指先の持ち主だった。
それ聞いてから模型作るのがヤになった。
・・・今、学術系やら建築系など、精密がウリの印刷屋で部長やってる。

122 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 02:21:13
日本のF-2はF16よりもF14をベースに開発すべきだったと思う。
可変翼のノウハウ、複式エンジン等、今後につながる技術が満載だった。

123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 02:26:54
空母を持たない持つ気も無い日本に可変翼はいらないだろ

124 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 09:58:17
>>121
俺も同じような経験から、ウォーターラインに流れた。
手先の器用だった奴は今は家業の歯医者

125 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 10:26:57
>>122
元々F2は双発・先尾翼を予定していたし、用途から考えるとF16よりF18
の方がより近いものだったようだ。だからF18を買えと横槍が入った時も
最初に出した妥協案はF18の改造だったが、当時のMDに拒否されて仕方なく
F16の改造に落ち着いたという経緯がある。
コスト的にF14では高すぎたし、今後は可変翼はあまり意味がない。

126 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 10:51:43
そもそも、航空機のモデラーって、手塗りはほとんどご法度、みたいなところ
なかったかな?
手塗りではどうしても微妙に汚くなるんで、航空機と自動車、バイクなんかは
エアブラシが常識、艦船とAFVは手塗りも、まああり、みたいな感じだったけど。
当時、一番安いピースコンヤングが、9800円。
田舎の中学生には想像もできない価格だったw

127 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 12:07:31
手先も器用だけど、色のセンスも良くて
赤、白、黄、黒、青、銀程度の塗料を混ぜて塗装
俺は図面を引いてプラ板から切っても非対称なのに
適当にポリパテ盛って削っても、凄くキレイなのが居た
ガンダム、タミヤバイクに逃げました。

128 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 13:23:06
1/72のBf109ETropの虎(だっけ)を手描きでやっつけました。
友人たちからは誉められると同時にあきれられましたが、やっぱ、ああいうものを手描きすると塗膜の厚みが出てしまって、そこだけ変な事態を招くんですよね。

エアブラシを買う前は、手押しの殺虫剤噴霧器(通称「シュコシュコ」)のタンク部分をレベルカラーのビンを付けられるように改造して使いました。
ピースコンを無理して買ったけど、使いこなせなかった。フロンガスも高かったし、使用後の洗浄用シンナーも馬鹿にならんしで。

129 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 15:43:46
米粒にお経を書く人がいた

130 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 16:34:44
>>96
そういう高い技術を軍事などに使わず民生用に転嫁したからこそ今の繁
栄がある、と書いている訳だが。


131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 16:38:50
>>128
手書きした後でペーパーで磨くってのはどうだろう。

ところで7〜8年前のJMC(ハセガワ主体の模型コンテスト)でチャリー・
ブラウン他、ピーナッツブックに出てくるキャラクターをジャンボ
ジェット(スケールは1/200)に書いた機体を作っていた奴がいたが、
影絵の様にシルエットを全体塗装前に貼り付け、そこに絵を描き、最後
にクリアーを吹いたから手書きでも全く盛り上がっていなかった。
実に見事な作品だった。


132 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 17:25:53
>>125
MDも拒否せず、素直に応じていたらボーイングに吸収されることもなかったのではないのか。

133 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 17:40:22
>>132
調達機数が少ないから、大して金にならないんで改造じゃなくそのものを
買えって話だった気がする。どっちにしても予定された調達機数程度では
ボーイングのMD吸収は避けられなかっただろう。民間機部門の販売数が
MDは少なすぎたからな。

134 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 18:21:34
1/700の飛行機を念入りに作っている人たちもいるよ。


≪1/700飛行機≫で入魂の一作を作ろう
http://hobby8.2ch.net/test/read.cgi/mokei/1086845338/

135 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/07(日) 03:00:15
零戦21型を1/700にすると
 全幅:17.1mm
 全長:12.9mm
ですか。

うーん。こりゃ老眼には限界状況だわい。
1/200くらいで勘弁して欲しい。

136 :774RR:2007/01/07(日) 14:12:16
>119
Z1ってカワサキ航空機の900Super Fourのことでつかw

137 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/07(日) 22:15:39
>>136
ということは、カワサキの900Super Fourってのは、ハインケル社の双発爆撃機を複数組み合わせて作ったバイクということなのですね。
そんなん誰が乗るんや?

138 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/07(日) 22:41:20
ゲーリング元帥閣下です

139 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/07(日) 23:06:43
わたしは、ハンス・ユアヒム・マルセイユが好きです。

140 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/07(日) 23:08:51
そういう人は多いと思います

141 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/07(日) 23:24:49
あたしはMe262を駆ったエース、ヴァルター・ノボトニーが好きです。

142 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/07(日) 23:24:52
「撃墜王 アフリカの星」という映画がすごくよかったですね。

143 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/07(日) 23:26:48
ゲルハルト・バルクボンがドイツ空軍ではトップエース(撃墜王)だそうですが。

144 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 04:29:55
トップエースはエーリッヒ・ハルトマン(352機)で世界一です。
この記録は今後もまず破られることはないと言われています。
因みにバルクホンは第二位(301機)だったはず。

145 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 10:32:36
坂井三郎がヨーロッパ戦線で400機撃墜という架空戦記は
いかがですか

146 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 10:40:36
空中殺人王って呼んだら怒るだろうな

147 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 14:51:03
坂井三郎より岩本徹三が東部戦線で400機撃墜と言った方が現実味がある。
岩本200機撃墜の真偽はもう確かめようも無いが、坂井は自分より多く撃墜
していたことは認めていたらしい。F4UとかF6Fが米軍の主力になっていた
時期に、明らかに劣勢になっていた零戦で100機以上撃墜していたのなら、
Bf109を駆って東部戦線でソ連軍機を相手にしたハルトマンと比べても
遜色のない技量だったと言えるのではないか。

148 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 21:24:43
>>147
ハルトマンが凄いところは一度も僚機を失わなかったところ。
坂井三郎もそうだけどね。


149 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 21:40:03
チャッカマンも凄いよね

150 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 22:34:34
チャッカマンよりも「空飛ぶ葉巻」の一式陸攻の方が絶対にすごいぞ。

151 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 22:35:50
誰だ!誰だ!誰だ〜

152 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 23:02:19
科学忍法火だるま

153 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/09(火) 00:19:56
>>150
そのワンショットライターに、いかに制空権下にあったとはいえ
ろくに護衛もつけずに海軍の最高指揮官を搭乗させた海軍上層部が
一番凄い。

154 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/09(火) 01:03:11
>>153
一応、6機の護衛戦闘機は付けてたんだが多勢に無勢、守り切れなかった。
このエピソードは光人社で文庫になってるよ。


155 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/09(火) 07:12:47
それは知ってるが、万一を考えたら、やはりもっとつけるべきだった
と思う。尚、護衛に就いた6機の搭乗員で敗戦まで生き残ったのは
たった一人、それも負傷して戦えなくなったからとか。他の五人は
追い立てられるように危険な任務に就いて戦死したそうだ。
海軍は暗に護衛の任を完遂できなかった責任を問うていたらしい。

156 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/09(火) 12:41:00
護衛って零戦じゃないっすよね
マジ、あんなのでP−38とやるっすか
勘弁してくださいよ

157 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/09(火) 16:33:27
山本五十六自殺説

158 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/09(火) 17:00:35
山本みたいな愚か者の博打打ちの為に道連れにさせられた将兵が可哀そうだ
宇垣と言い、死ぬんなら一人で死にやがれ。

159 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/09(火) 19:50:10
一人で死んでは、戦争になりもっさん。

160 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/09(火) 20:16:55
関係あろうとなかろうと巻き込むのが戦争の醍醐味

161 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/09(火) 20:44:41
>>155
343空に参加した、杉野上飛曹がそのうちの1機だよな。

彼なんかは、むしろ死に場所を探してるふうだった、という話もあるね。

162 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/09(火) 20:53:29
真珠湾に空母いなかったことで、山本は失敗だと感じた。
ミッドウェーで確信し、死に場所を求めた。

163 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/09(火) 21:05:41
>>158
何を言っているんだか。
激戦の続くソロモンで一機でも戦闘機が必要だと山本は感じ、上層部は
遙かに多く護衛機を付けるべきところを断ったんだよ。
その辺が山本の人柄というか、そういう事を感じさせるエピソード。

問題は山本が視察に行くのは暗号が筒抜けで米軍に完全に見抜かれ、
P38は山本の編隊の上空で待ちかまえていたという事。

P38はペロ8と呼ばれ、そういう優位な状況でなければ零戦の敵では無
かったんだけどね。
暗号が解読されていなければブタの様に叩き殺されるのはP38の方だった筈。


164 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/09(火) 21:08:30
キミは幸せでいいね

165 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/09(火) 21:37:45
>>163
零戦がP38に対して優位に立っていたのは、熟練搭乗員がまだ残っており
米軍も対零戦対策を徹底していなかった間だけ。非熟練搭乗員ばかりに
なった上にP38が一撃離脱を徹底し始めたら、全く太刀打ちできなかった。
数で圧倒するというのも立派な戦法で、的確な情報分析で日本側を圧倒
できる戦力を繰り出した米軍側の作戦勝ちといった方が正しかろう。

暗号が解読されているのではないかという疑念はミッドウエー惨敗後
あたりから持たれてはいた。その状況ではたとえ他の戦線に戦闘機が
必要であってもやはり最高指揮官の護衛は万全を期すべきだった。
坂井三郎は海軍の情報管理の甘さやその影響についての認識不足、
官僚体質を痛烈に批判している。

166 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/09(火) 22:23:34
まあ、いまだに戦闘機をアメリカから買っても、その心臓部分はブラックボックス化されてるでしょ。
戦闘・戦争の情報に関しては、アメリカさんはよくわかってらっしゃる。

167 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/09(火) 22:45:47
>>166
日本も戦国時代は乱走を多く出して、敵武将の動向を良く知る為の情報
戦を熱心にやっていたんだけどねえ。

織田信長は桶狭間で敵将の首を取った部下より、大切な情報をもたらし
た部下に多くの報償を与えた。

この点では第二次世界大戦の日本軍の方が情けない。


168 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/09(火) 22:59:02
時代が400年もかけ離れているんで情報そのものの質すら違う。
おっしゃりたいことはわかるし正論だけど、ちょっと比べること自体に微笑が・・・

169 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/09(火) 23:03:38
比べられないとしたら、一戦たりと危うし。

170 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/09(火) 23:05:02
>一戦たりと危うし

こんなん日本語じゃねーよw

171 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/09(火) 23:05:20
もっとも、信長自身が、あんな戦いは戦法に非ずみたいな事言っていたと思うが。

172 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/09(火) 23:06:25
一戦たりと言えど、危うし

173 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/09(火) 23:07:59
>一戦たりと言えど、危うし

まだ駄目w

174 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/09(火) 23:12:30


175 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/09(火) 23:16:08
一戦たりとも

176 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/09(火) 23:19:52
>一戦たりとも

ケツに「危うし」を持ってくるならボツ。

177 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/09(火) 23:22:45
一戦と言えど

178 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/09(火) 23:34:04
>>171
織田は負けたら滅亡だったから必死だったんだよ。

でも桶狭間では正攻法である情報戦をとても重要視した。
で、情報を制した方が矢張り勝利した。


179 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/09(火) 23:35:32
>>177

どう転んだって、NGになるんだから、もうよそうよ。
眠くって仕方がないので、寝ます。だれか引き継いでお相手してね。

180 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/10(水) 05:36:48
もしかして孫子のこれ?

彼を知りて己を知れば百戦して殆うからず。彼を知らずして己を
知れば一戦一敗す。彼を知らず己を知らざれば、戦うごとに必ず危うし


181 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/10(水) 12:02:17
敵は強いか? 逃げろ。
敵は弱いか? 攻めろ。

誰だったかな。
真理だとおもう。

182 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/10(水) 12:05:20
流血を厭う者は流血を厭わない者に負ける。


183 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/10(水) 12:30:14
予想される決戦の時期と場所を過たず、敵を圧倒するに足る兵力を集結させるという
戦術上のセオリーを常にやってのけた。
生涯を通じて「桶狭間」を唯の一度しか「行わなかった」処に信長の凄みがある。
(一部引用不正確ですが、司馬遼)
これ、初めて読んだとき唸らされたよなぁ。



184 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/10(水) 21:01:47
40歳を越えて山本五十六を有能だと思っているおめでたい奴がいるとは思わなかった・・・

185 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/10(水) 22:04:14
GF長官にはむいてない人材ではあるなあ。
無能かどうかは別として。

186 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/10(水) 22:24:28
零戦の模型作ってると、主翼のあちこちにある「フムナ」の赤文字注意書きになんだかとっても親しみを感じます。

187 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/10(水) 22:26:14
3式戦にもあります「ナムフ」

188 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/10(水) 22:26:19
オレノ トルナ

189 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/10(水) 22:28:05
あ、「ナムフ」でしたね。
主翼のフラップ部分の上は、ほとんど「ナムフ」?

190 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/10(水) 22:41:09
全部かどうかは知りません。つか書いてる方が少ないような。
ちなみに米軍機にもDon't step の表示があるようですな。他の国は・・・知らない

191 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/10(水) 23:21:19
ドイツもフィンランドも注意書きがありますね。
ドイツ機の増槽には「爆弾にあらず、これを最寄りの警察署・基地に持っていくと
5ライヒスマルク差し上げます」と書いてあったような・・・

192 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/10(水) 23:53:55
>>184
しかし、圧倒的に生産力が違う国と戦争をするのに山本以上のやり方が
果たしてあったかどうか。

確かにマンシュタインやグデーリアンに較べれば山本は凡将だったかも
しれないが、あの旧海軍の中では相当にマシなレベルだったと思う。


193 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/11(木) 00:28:31
>>167-168
織田信長を引き合いに出さなくても、日露戦争時と比べればその差は歴然
とするのでは?日露戦争時はロシア国内での叛乱分子に援助を計画したり
欧米各国で日本に同情的な世論を形成させようと情報操作ともいえる工作
をやったりと、国力が桁違いの相手に勝つための努力を考えられる限り
やったのに、第二次大戦ではそういう努力を全くやっていない。日露戦争
は日本が経験した最初の総力戦だったのに、そこから得られた多くの教訓
を生かせなかったことが軍部の失敗であり、日本の不幸だった。


194 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/11(木) 13:36:31
>>182
北朝鮮にアメリカは負ける、ということになるな。

195 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/11(木) 17:18:00
>>193
全くやってないわけではないよ。
チャンドラ・ボースにインド国民軍を組織させたのも、広義の謀略ではあるだろうし、
有名な東京ローズの話もある。人種間の対立、偏見を助長するビラまきなども行っ
ている。
逆に日露戦争についていえば、明石工作は、ロシア側の秘密警察(皇帝官房第2部)
により、完全に補足されていたことも、近年公開された資料でわかってきている。
欧米各国での世論操作は、謀略にには違いないが、戦時国債を売りさばくためのセ
ールス活動としての意味合いが強い。
ただし、そういった情報について、大本営が、的確な判断を下すことができなかった
のは事実だなあ。

今度、陸自が各種情報機関を統合して、「中央情報隊」ってのを組織するらしい。
米軍カリキュラムにならった戦後の軍人教育が生かされていれば、有効な組織に
なるだろうけど、戦前の体質を引きずりっぱなしなら、どの程度のものになるか…


45 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)